粘土遊びのメリットは?幼児の知育に最適な遊び方とおすすめ商品を紹介!

屋内での子供の定番の遊びといえば「粘土遊び」です。粘土遊びは幼児の知育に最適なんです。粘土遊びのメリットや、おすすめの粘土の種類、子供の年齢別のおすすめ粘土の選び方・遊び方まで、順番に紹介していきます。粘土選びの参考にしてください。

目次

  1. 粘土遊びが幼児の知育に最適!
  2. 粘土遊び<メリット>
  3. 粘土遊び<種類>
  4. 粘土遊び<1〜2歳>
  5. 粘土遊び<3歳〜>
  6. 粘土遊び<おすすめ粘土15選>
  7. 粘土遊び<100均粘土>
  8. 粘土遊びで簡単に知育!

粘土遊びが幼児の知育に最適!

家庭だけでなく、幼稚園や保育園でも定番の「粘土遊び」は、幼児の知育に最適だと言われています。手の感覚、色彩感覚、創造性を養うための粘土での遊び方を順番に紹介していきます。1歳・2歳・3歳の幼児別おすすめの粘土はどれかなども見ていきましょう。大人が粘土を使うのとは違い、幼児は粘土を誤って口に入れてしまう可能性もありますので、安全な粘土を選んで粘土遊びができるよう、順番に紹介していきます。

粘土遊びで汚れない粘土もある!

carljohanryner.2さんの投稿
41454128 270280213611354 682672168613432909 n

粘土遊びは汚れるといった印象を持っていませんか?粘土遊びをしていても汚れにくい粘土というものもあるんです。粘土の種類によっては、べたついて汚してしまうことがありますが、粘土用のシートも売っていますし、色んな道具を取り入れながら上手に粘土遊びをするのがおすすめ。粘土の色が手につくものや、素材が不明瞭な粘土は、子供の粘土遊びには避けた方が良いでしょう。安心安全で汚れない粘土が良いですね。

粘土遊びで子供と作品を作ろう

子供の大好きなしまじろうを使って粘土遊びをしている動画を紹介します。子供の興味をひくには、しまじろうなどのキャラクターを使うのが良いですよね。色の名前、型の種類の名前、道具の名前を分かりやすく説明しながら、粘土の状態を丁寧に説明しているので、子供が見ても分かりやすくなっていますね。子供の興味をひくように説明してあげると、粘土遊びをしたことのない子供も、粘土遊びに興味を持ってくれますね。

Thumb粘土の種類を用途別で特徴を解説!アクセサリーやデコ・子供用まで紹介! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

粘土遊び<メリット>

幼児の粘土遊びにはメリットがたくさんあります。必要な道具も少なく、粘土さえあれば自由に遊ぶ幼児の脳や指先の発達に大いに貢献するんです。粘土遊びをすることによってもたらされる良いことには、どういったものがあるのか順番に紹介していきます。幼児と一緒に、大人も粘土遊びをしてみると意外な発見があるかも知れません。幼児の粘土での遊び方は自由なので、それを見ているだけでも楽しめますね。

色が綺麗な粘土は色彩感覚を養うのに役立つ

mminaa_kaさんの投稿
43985838 190894855158679 5823879732291348707 n

粘土遊びは、子供の色彩感覚を養うのにも役立つ遊びです。たくさんある色の中から、どの色を組み合わせるかや、色の名前を覚えるのにも役立ちます。粘土遊び用の粘土は、色の種類が多いと楽しいですよね。保護者が見ていてあげると、子供の好きな色も分かってくるかも知れません。カラーセラピーという物もあるように、色が心にもたらす作用は大きいので、子供の頃から積極的に色んな色に触れさせておくのが良いですね。

手・指先を動かす訓練にもなり手先が器用になる

r_ori_aさんの投稿
43644379 2166458753635385 7866790197492663695 n

粘土遊びは、手や指を動かす訓練にもなり、手先が器用になるのと同時に脳への刺激にもなります。幼児期から積極的に手指は使ってもらいたいので、粘土遊びはとても有効な遊び方なんです。2歳以下の幼児は、思うように手や指が使えず癇癪を起すこともありますが、粘土遊びにはルールがないので、自由に遊べ楽しめますね。色彩感覚を養うことができ、手指の訓練にもなる粘土遊びは、良いことづくしです。

粘土遊びで人と交流しコミュニケーション力アップできる

hit3_saさんの投稿
43037092 260976591282609 5448106991831569633 n

お友達同士だけでなく、お母さんと粘土遊びをするのもおすすめです。粘土遊びで何を作ったのか聞いてあげましょう。1人で黙々と粘土遊びをしているだけではコミュニケーション能力を鍛えることはできません。会話をすることによって、人に伝えることが自然とできるようになってきますし、また、相手の話を聞くということもできるようになってきます。話を聞く、相手に伝えるということが自然とできるようになります。

観察力・想像力・創造力が養える

tomoko.a_0924さんの投稿
43985365 197690871122660 1853492189379467960 n

粘土遊びは、自由に形作ることができます。観察力・想像力・創造力が養える大事な遊びです。3歳以上の子供になると、ごっこ遊びが増えてきます。その時にも粘土は役立ちます。普段、幼稚園や保育園で食べているお弁当に似せたものを粘土で作るようになるなど、普段の観察力が目に見えて分かるのが粘土遊び。観察力があっても手先が動かせないと上手に作ることができませんし、総合的な発達に役立つのが粘土遊びなんです。

Thumb粘土作品のクオリティがすごい!みんなのアイデア画像と作り方を紹介! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

粘土遊び<種類>

粘土にはたくさんの種類があります。子供の粘土遊びに向いている粘土とはどんなものがあるのでしょうか?粘土の種類を紹介していきますので、用途に合った粘土を選ぶと良いでしょう。特に小さな子供には、安心で安全な素材の粘土を選ぶようにしてください。使い心地も少しずつ異なりますので、汚れにくい粘土や使いやすい粘土を選ぶのも大事ですね。

小麦粘土

shu_shu_koさんの投稿
43914401 315047145749186 7881890512887334733 n

小麦粘土は、小麦・塩・水といった素材でできている粘土です。幼児が誤って口に入れてしまっても安心ですね。子供の粘土遊びでは、小麦粘土が人気になっています。ダイソーやセリアなどの100均でも売られていますので、手軽に買うことができますよ。小麦粘土は比較的乾燥しやすい粘土ですので、粘土の寿命は長くはありません。また、素材が小麦のため、小麦アレルギーのある子供には使わないようにしましょう。

寒天粘土

kyonosuke46さんの投稿
42860737 494926820983958 3156830374496043008 n

寒天粘土も子供の粘土遊びにはおすすめです。ただ、小麦粘土に比べると少し高価になるので、小麦アレルギーのない子供には、小麦粘土の方がコスパ良く人気です。寒天粘土の素材は、寒天が使われているため、安心で安全です。小麦粘土に比べて、乾燥しにくいので寿命も長いです。手にくっつきにくいという利点もありますので、片付けも簡単に行えます。

お米粘土

お米粘土は、素材にお米が使用されている安心で安全な粘土です。やわらかくて乾きにくいという特徴があるので、小さな子供でも遊びやすい粘土といえます。最近売られている粘土は、子供の安全性に配慮した粘土ばかりですが、念のため裏面表示を確認して粘土選びをするように心がけておきましょう。お米粘土は、扱いやすく安全。小麦アレルギーのある子供にも、おすすめです。

シリコン粘土

シリコン粘土は固くならないという特徴がある粘土です。ベビー用品に使われているシリコン素材です。固くならないという特徴のあるシリコン粘土は、焼くと固まるという特徴も兼ね備えています。作品を作って残しておきたいときにシリコン粘土は便利ですね。少し大きくなってきた子供の粘土作品用におすすめです。粘土遊びだけでなく、飾ることのできる作品も作れるので、遊び方は広がりますね。

紙粘土

savon_de_serendipityさんの投稿
43394811 518620915273832 3676914812059978108 n

昔から馴染み深い粘土といえば、紙粘土ですね。粘土遊びで形を作って、乾燥させておくと作品が仕上がります。絵具やニスでコーティングすると、夏休みの自由工作にもぴったりの作品に仕上げることもできます。安価で手に入る手軽な粘土ですので、一度は試したことのある方も多いのではないでしょうか?

油粘土

油粘土も昔ながらの粘土ですが、においが気になるという方も多かったのではないでしょうか?今は改良されてにおいが抑えられている油粘土が多く出回っています。固まらずに遊べる粘土として人気ですので、粘土遊びに上手に取り入れてください。

Thumbダイソーの樹脂粘土でアクセサリー作り!ピアスやフェイクスイーツなど! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

粘土遊び<1〜2歳>

1~2歳の幼児は、どのような粘土遊びをするのでしょうか?自分の子供だけでなく、他の子供の粘土遊びの動画を見ていると、遊び方も様々で大人の方が勉強になります。子供のイマジネーションを邪魔することなく、粘土遊びを楽しめるような環境作りや、道具を揃えることも大事ですね。小さな子供には、扱いやすい粘土を与えるようにしましょう。声かけでのコミュニケーションも大事です。

粘土の選び方

1歳~2歳の子供は、手に取ったものを何でも口に運んでしまう時期です。小麦アレルギーのない子供には、小麦粘土など安心な素材の粘土を使うようにしましょう。お米粘土や寒天粘土などもありますので、アレルギーの心配のある子供には、素材を選んだ粘土が安全です。小麦粘土・お米粘土・寒天粘土・野菜粘土というものが一般的ですので、自分の子供に合った素材、値段などで選ぶと良いでしょう。

粘土での遊び方

小さな子供は、自由な粘土遊びで楽しんでもらうことが一番大切です。そこから少しずつ、遊び方を教えてあげると良いですね。色の名前や、物の形の名前も少しずつ覚えていきますので、粘土遊びの楽しさを伝わることから始めてみましょう。初めて粘土を見るという子供には、どうやって遊ぶのか、保護者が遊んでいる姿を分かりやすく見せてあげると良いですね。

粘土遊び<3歳〜>


3歳以上の子供になると、粘土遊びも上級者向けになってきます。観察力・創造力・想像力なども豊かになってきますし、手先も器用に使えるようになってきます。3歳以上の子供にはどのような粘土遊びが向いているのか、順番に見ていきましょう。粘土遊びの道具もたくさん売られていますので、3歳以上になったら、欲しがる道具を準備しても良いですね。

粘土の選び方

k.wave24.3さんの投稿
41373097 251432365513721 6979393513224717686 n

3歳以上の子供に使いたい粘土は色々とあります。小麦アレルギーのある子供は、小麦粘土は避けるようにしておきましょう。米粉粘土や寒天粘土は扱いやすく、色も鮮やかなので3歳以上の子供にも人気です。作品として残したいという場合には、オーブンで焼くと固まるシリコン粘土もおすすめです。紙粘土も乾燥させることによって固まりますので、作品を残したい場合と普段用とで粘土を使い分けると良いですね。

粘土での遊び方(幼児)

子供が大きくなってくると、粘土遊びの仕方もバリエーションが増えてきます。ごっこ遊びも盛んになってきますので、粘土用の道具を増やすのもおすすめです。粘土用の道具には、型抜きやローラーだけでなく、ごっこ遊び用の道具もたくさん揃っています。粘土の色も豊富ですので、色彩感覚を養うためにも、カラーバリエーションがある粘土はおすすめです。

こちらの動画では、3歳の子供が一生懸命何かを言いながら、粘土遊びをしています。お母さんとお話しながら、作った粘土の説明をしています。このように、コミュニケーションを取りながら粘土遊びをすることで、会話能力もついてきますし、伝えるという力もついてきます。普段の何気ない日常でも、子供の成長がうかがえる動画ですね。

粘土遊び<おすすめ粘土15選>

naokoshigaさんの投稿
42002630 242728696394616 4490394083610890661 n

1~2歳の幼児や、3歳児以上の子供におすすめの粘土を紹介していきます。2歳以上の子供になると粘土の遊び方も変わり、道具を使うようにもなってきます。粘土だけでなく、使い勝手の良いおもちゃ道具もありますので、合わせてチェックしてみてくださいね。子供の想像力を養うのに粘土遊びは最適です。2歳以下の幼児には、安全で綺麗な色の粘土で、遊び方のルールなく自由に粘土遊びをさせてくださいね。

フワフワムースのかみねんど(チョコ4色)
540円
楽天で詳細を見る

フワフワムースの紙粘土(チョコ4色)は、ムースのようなさわり心地で、しかも軽くて伸びが良いのが特徴の粘土です。遊び方も自由なので、粘土でお菓子を作って遊ぶのも、チョコレート型で抜くのも自由です。粘土の素材は、有機微小中空球体・パルプ繊維・粘結剤・保存剤・水・色素です。別売りで抜き型もありますし、フワフワムースのかみねんどには違う色もありますので、遊び方次第で楽しめます。

ドラえもん お米のねんど 6色セット
491円
楽天で詳細を見る

ドラえもんのお米の粘土は、色が綺麗でやわらかいのが特徴です。お米で作られた素材の粘土ですので、2歳以下の幼児にも安心です。2歳以下の幼児でもお母さんがついて道具の使い方や遊び方を教えてあげると、簡単にドラえもんが作れますよ!粘土以外にも、押し型3個・粘土ローラー・粘土ヘラ・粘土カッター がセットになっています。対象年齢は3歳以上なので、2歳以下の幼児にはお母さんがついてください。

のび〜る軽量粘土カルのび
301円
楽天で詳細を見る

軽量粘土カルのびは、軽くてやわらかく、よく伸びるのが特徴です。ペットボトルや缶・ビン・木・粘土同士のくっつきも良いです。水彩絵の具を練り込んで、カラー粘土も作ることができます。残った粘土の保存ができるチャック袋なのも便利ですね。2歳以下の幼児よりも、ある程度、粘土の遊び方を応用できる大きな子供向けです。自由に色をつけることができる粘土ですので、道具なども使いながら粘土遊びが楽しめます。
 

油粘土は、繰り返し何度も遊べる粘土です。油粘土という名前の通り素材は、鉱物の粉・ワセリン・ひまし油などの植物油を混ぜ合わせて作られています。油粘土は乾燥で水分が飛ばないため固くなりません。何度でも遊べるのが魅力の粘土です。固めて作りたい粘土作品には不向きです。色々な種類の粘土がありますので、油粘土も遊び方によって用途を使い分けるのがおすすめです。

粘土遊び用お弁当道具セット
2,149円
楽天で詳細を見る

粘土遊び用のお弁当道具セットもおすすめです。2歳以下の幼児は誤って口に入れる可能性もありますので注意が必要です。対象年齢は3歳以上です。新しい片面抜型の道具がついていて、簡単におかずやおにぎりなどが13個作ることができます。粘土は、黄色・マゼンダ・青・緑・茶色・白がついています。お弁当の道具の型は、タコ・片面押し型・お弁当箱・伸ばし棒・ヘラ・ビニールシートがついていて、すぐに遊べます。

こむぎねんど ケーキ屋さんセット
550円
楽天で詳細を見る

ケーキ屋さんセットの対象年齢は3歳以上です。2歳以下の幼児は、誤って道具を口に入れてしまう恐れがありますので注意してください。こむぎ粘土は、小麦・水・塩が材料なので安全な素材の粘土です。セット内容は、こむぎ粘土の白・青・赤・黄と、粘土型3個・ケーキ型・ケーキ皿・フォーク・粘土ローラー・保存袋です。道具を使って粘土でケーキ屋さん遊びができる、楽しい粘土セットです。

ムースのおかやしやさん
864円
楽天で詳細を見る

ムースのおかやしやさんの粘土道具は、可愛いスイーツを作ってみようというコンセプトで遊び方も少し大きな子供向けです。押し出し器や型を使って、粘土でスイーツを作るため2歳以下の幼児には少し早いかも知れません。対象年齢は一応6歳以上となっていますので、子供が大きくなってきたら、道具を使った粘土遊びもおすすめです。道具を使った粘土遊びも、手先を使い、想像力が刺激されるのでおすすめなんです。

温度で色がかわるシリコンねんど 6色セット
2,200円
楽天で詳細を見る

温度で色が変わるシリコン粘土は、画期的な素材の粘土です。幼児用品にも使われているシリコン素材なので安心ですね。置いていても固くなってこないため、いつまでも綺麗な状態で遊ぶことができます。遊び方も他の粘土と同様です。成形した粘土は専用シートに乗せて、オーブンなどで焼くと固まります。カラーチェンジ粘土・ヘラ・ローラー・ブレスレット・焼き専用シート・マット・抜き型のセットで便利です。

お米のねんど ちょきちょきヘアサロン
756円
楽天で詳細を見る

お米の粘土ちょきちょきヘアサロンは対象年齢3歳以上なので、2歳以下の幼児には道具の扱いが少し難しいです。お米の粘土は、米粉・塩分・水が材料になっている安心の粘土です。粘土を使って、ヘアサロンごっこができる道具がついているので、子供たちも楽しめます。セット道具には、お米の粘土(青・赤・黄・緑)・人形・はさみ・バリカン・くし・お店、ヘアカタログがついていて楽しく遊べ、脳の刺激につながりますね。

軽量粘土 天使のねんどメルヘンキット クリスマスドーム
926円
楽天で詳細を見る

2歳以下の幼児は、形を作るなどはまだ難しいのですが、3歳以上の子供や小学生には、目で観察した通りに作るなど、創造性を養うためにもおすすめです。セット道具は、粘土・クレイマジック・作り方レシピ・保存用チャック袋・化粧箱です。クリスマスシーズンの手作りに最適。ドーム型に作れるため、別売りのライトを買えば、キラキラと光るオブジェになりますよ。

天然粘土 ひなたぼっこ小 4色セット
1,080円
楽天で詳細を見る

こちらの天然粘土は、安心な素材を使用しています。天然の陶土をベースに、樹脂を配合しています。2歳以下の子供や、3歳以上の子供でも安心ですね。天然粘土は、形を作ってから乾かすと、窯もオーブンも使わずに耐水性のある丈夫な作品が作れます。置物作りに向いているので、遊び方も幼児~子供向けだけではなく、大人のハンドメイドにも人気の粘土なんです。

おやさいねんど コーンスターチ
1,620円
楽天で詳細を見る

お野菜粘土の材料は、コーンスターチ・野菜粉末・水・防腐剤・糊剤・保湿剤です。道具のセット内容は、お野菜粘土5色(コーンスターチ・トマト・竹炭・緑茶・コーヒー)です。2歳以下の幼児に使用する場合は、保護者のもとで使用してください。飲みこんでも安全な素材を使用していますが、2歳以下の幼児の遊びは、道具を飲みこむことがあるので、どんな遊び方でも見ていることが必要ですね。

お米のねんど かいてんずしセット
1,539円
楽天で詳細を見る

粘土は、道具を使うと専門的な遊び方ができますね。粘土単体の遊び方は想像性を存分に発揮する遊び方となり、道具を使うと、手先の器用さの訓練にもなります。セット内容は、粘土・押し型・お皿・ローラー・ヘラ・押し出し器・どんぶり・回転テーブル・アイスカップ・おみせシート・ねんど板です。粘土の素材は米粉・水・塩でできているので、安心素材です。子供の遊びに使う粘土は、素材選びが大事ですね。

ハローキティ ワッフル屋さんセット 押し型
513円
楽天で詳細を見る

こちらのセットは、粘土は別売りになっていますのでこむぎ粘土やお米の粘土など、遊びに最適な粘土で遊ぶのがおすすめです。セット内容は、ねんど型・ワッフル型・クッキー型・プレート・遊び方シート(ねんど板)です。粘土遊びに慣れてきた子供への追加の道具としておすすめ。遊び方は、粘土でお菓子屋さんができるものです。ごっこの遊び方は、想像力を養うのにもぴったりです。

こねこねくらぶ基本12色
700円
楽天で詳細を見る

こねこねくらぶの粘土は、赤・オレンジ・黄色・黄緑・緑・紺・青・紫・マゼンタ・ピンク・茶・白の12色セットです。たくさんの色がセットになっているので、色彩感覚を養うための粘土としては最適です。粘土遊びは、脳や手先の発達にとても役立つ道具ですので、子供の粘土遊びは重要です。こんなにカラフルな粘土での粘土遊びだと、色彩感覚も養われるのでおすすめです。

粘土遊び<100均粘土>

ダイソーやセリアにも子供用粘土が売られています。粘土遊びは幼児期に大事な遊びなので、手軽に粘土が手に入るのは嬉しいですね。

summer.lover.gggさんの投稿
43820653 2269401469958089 707138541280381968 n

こむぎ粘土やお米粘土など、素材にこだわって粘土遊びをする場合は、100均以外の粘土もおすすめです。いろんな粘土を試して、使い心地の違いも確かめてみましょう。

粘土遊びで簡単に知育!

こちらのツイッターの投稿写真は大人が粘土遊びしています。子供が粘土遊びをしていると、大人も童心にかえり、一緒に遊びたくなりますよね。粘土は意外にも想像力や、手指の器用さが必要とされる遊びですので、大人も楽しむことができます。子供と一緒に粘土遊びも、たまには良いですよね。子供と一緒に粘土遊びをして自由に遊ばせながらも、粘土の触り心地や色について教えてあげると良いかも知れません。

naturalroom_さんの投稿
25023351 509039606144574 851867537225285632 n

幼児時期の粘土遊びは、メリットがたくさんあります。色彩感覚が養われ、手指の使い方にも慣れることができます。また、想像力を身につけることができ、観察力も養うことができるんです。2歳以下の幼児は誤飲の恐れがあるため、安全な素材の粘土遊びを心がけるようにしながらも、自由な粘土遊びを見守ってあげましょう。今は色んな色や素材の粘土が売られていますので、粘土遊びを積極的に取り入れてくださいね。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ