リア充アピールしている人の心理と特徴!うざいと思われる投稿とは?

リア充アピールというものをご存知ですか?SNSで充実した生活をアピールするリア充アピールはうざいと感じる方も多く人間関係に悪影響を及ぼすケースもあります。ここではそんなリア充アピールに躍起になる人々の心理や特徴について解説します。

目次

  1. リア充アピールはうざい?投稿の深層心理とは
  2. リア充アピールとは?
  3. リア充アピール<心理•特徴>
  4. リア充アピール<うざいインスタ•ツイート例>
  5. リア充アピール<うざい女子会例>
  6. リア充アピール<うざいママ友例>
  7. リア充アピール<うざい男性例>
  8. リア充アピール<失敗例>
  9. リア充アピールの代行サービスが存在!
  10. リア充アピールはほどほどに!

リア充アピールはうざい?投稿の深層心理とは

イベントに参加した際や食事の際など、リア充アピール用と思われる写真を何回も撮り直しながら撮影している女性を見かけたことがある方は多いでしょう。またせっかく行った場所なので、思い出に残る写真を撮りたいと撮影に時間を割いている方も男女問わず多いです。

chi.chan.153さんの投稿
43778522 256208835003953 2631010737038306647 n

ここではインスタやツイッターなどのSNSでリア充な写真などをアップした際に「リア充アピール」と思われてしまう投稿をご紹介します。SNSの投稿内容がきっかけで職場やママ友などとの人間関係に悪影響を及ぼすしてしまう危険性を孕んでいる現代ですので、ぜひ参考にしてみてください。

0r2y1o5toooさんの投稿
43746313 288446848668712 90581010448980595 n

また充実した生活をしているのは努力の結果でとても良いことであるのに対し、女性特有とも言える粘着質な妬みや嫉みなどのネガティブな感情を向けられる場合もあります。また受け手側の心理的要因だけでなく、発信者もリア充アピールな投稿をすることが目的になった生活をしている女性や男性がいるのも事実です。ここではそんな双方の心理面についても解説していきます。

kobaaki19625489さんの投稿
43778268 827003851024267 5788730853363810216 n

リア充アピールとは?

そもそもリア充って?

そもそもリア充とはどういったものを指すかご存知ですか?もともとはネットスラングと呼ばれるインターネット上の電子掲示板やSNSなどで発生し、使用される俗語のひとつだったワードです。

リア充とはインターネット上を非現実の世界と位置づけ、現実=リアルな世界の生活が充実している様子を表しています。例えば女性が恋人の男性と一緒にいる様子やたくさんのママ友に囲まれている様子を見て、リアルな生活が充実しているという意味です。リア充というワードはもともと2ちゃんねるで発生し、その後一般的にも使われるようになったものです。

リア充アピールで反感を買う?

リア充とは本来は意図せずそのような投稿をした発信者に対し、受け手側が投稿内容から恋人の有無やママ友などの交友関係について推察し羨むワードでした。しかし一般的に使われるようになったことで、女性を中心に過剰に他人のSNSの内容を意識しライバル意識を燃やす方や、反対に男性に多く見られる承認欲求を満たすためにSNSにリア充アピールな投稿を繰り返す方もいます。

現実の世界=リアルが充実しているのは素晴らしいことですが、それを誰かに知って欲しいからとあからさまなアピールをしてしまうと自分本位なイタい人とみなされてしまう場合があります。また女性に多く見られる傾向として、実際にそのような意図はなくとも自分の状況と勝手に比較して一方的に嫉妬心などを持ってしまう場合もあります。

リア充アピールってどんな投稿?

インスタやツイッターなどのSNSをチェックしていると、それが見ず知らずの相手であっても親近感を抱くようなネット仲間に出会います。それは単純に趣味嗜好が似ているというだけではありません。例えば男女の性別を問わずこの人はいつもネットをしているからリアルな現実生活が充実していないのではないかといった同族の意識を持たれる場合です。

または寂しいからネット世界に入り浸っているのではないかといった優越感を持つ場合もあるでしょう。そしてそんなネット仲間と自分を比較して自信を持てたり、または自分を奮い立たせることができたりもします。またそのように思われることを想像しそれを恥ずかしいと感じる方もいます。

実際には見ず知らずの相手の私生活に興味を持つ人はいませんし、日常に追われていればそれどころではない方がほとんどです。しかし時間に余裕のある方ほど自意識過剰な傾向が強く、自分のことを気にかけている誰かがいると思い込んでることがあります。そして一人で見栄を張り、男女問わずリアルが充実していることをアピールすることを生きがいとしている方が存在しています。

つまりリア充アピールとは、誰も聞いてもいないのに独り言にしては具体的にリアルな現実生活のことを呟いたり、写真を投稿したりする内容を指します。リア充アピールの場合、ママ友などの現実社会でも繋がりのあるネット仲間も最初は良い反応を返してくれることがほとんどでしょう。

しかしこれまでリアル世界の生活が充実していなかった方ほど、良い反応を一度もらうと癖になりその後SNSへのアピール投稿が多くなるケースが多いようです。そうなると受け手はその対応が面倒になり、さらに女性は特にだんだん鼻につくようになってくる傾向があります。つまりリア充アピールはその発信が完全な一方通行になってしまうと、ただのうざい人になってしまうのです。

リア充アピール<心理•特徴>

ここまではリア充について、そしてリア充アピールについて解説しました。発信者と受信者とで温度差が大きければ大きいほど反感を買う傾向があります。ここでは温度差が大きくなりがち、つまりリア充アピールだと思われるケースについてご紹介します。またその際の発信者はどんな心理状態なのか、その特徴についても解説していきます。

心理•特徴①一番に目立ちたい

07meme02さんの投稿
43778363 320173075230882 3256856611555319169 n

男女問わずとにかく他人より目立ちたい、しかし実際仕事や学校においてはこれといった特技を発揮することができないようなただの目立ちたがり屋タイプはSNSにハマる傾向があります。このタイプはとにかくどんなことでいいから自分が目立つ存在でいたい、自分が一番の存在だというのを実感したいという心理が働いていると言えます。

このような目立ちたがり屋タイプは人から認められたいという承認欲求が強いタイプとも言えます。SNSに目立つ写真などを繰り返し投稿し他人から羨ましがられるようなコメントを欲する傾向にあります。例えばママ友が年一回の家族旅行を投稿する程度では嫉妬心を抱くことは少ないですが、その頻度が高いとリア充アピールとみなされ敬遠されるようになってしまうでしょう。

youtaka1447さんの投稿
43666843 2006981482720546 2276474995681092849 n

承認欲求が強いタイプの方はいいね!やコメントの数が多ければ多いほど欲求が満たされます。とにかく他人が自分の投稿に反応してくれることが生きがいとなってしまうのです。しかしだんだん自分のリア充アピールに誰も反応してくれなくなると、死にたいほど寂しく辛いと思ってしまう一面もあります。

そのため目立つような写真を撮るために海外の写真スポットまで行ったり、グループの場合は見栄えが良くなるように衣装を揃えたり、さらにアプリを使って容姿を良く見せたりといった工夫を怠りません。逆に言えばそこまで作り込んだ写真を連続して投稿するとリア充アピールと受け取られる場合があります。

またただ単純に目立ちたがり屋タイプもいれば、かまってちゃんタイプも存在します。このタイプは女性に多い傾向ですが男性にも存在します。とにかく自分に自信がなくさみしがり屋で、常に誰かとつながっていないと不安になるというのがかまってちゃんタイプです。

SNSに頻繁に投稿するとその度にいいね!やコメントで反応があるため、かまってちゃんタイプは安心を得ることができます。しかし目立ちたがり屋タイプと同じように誰も反応してくれないと、拗ねてしまい文句や愚痴を投稿する傾向が強く、結果うざいと思われてしまいます。

07meme02さんの投稿
43818290 1068843703283002 6049443700001838905 n

どちらのタイプも他人から賞賛されたい、認められたいという心理が強く働いています。そのため反応の少ない投稿と反応の良い投稿を分析し、反応の良い投稿がわかるとそのようなリア充アピールの内容を繰り返しアップするようになる傾向があります。

心理•特徴②自信を取り戻したい

yoshinoepicさんの投稿
43060692 253734988825497 6559079307744542348 n

目立ちたがり屋タイプやかまってちゃんタイプはとにかく自分を見て欲しいという自分が一番、自分大好きなタイプが多い傾向にあります。また自身喪失している方がその自信を取り戻すためにSNSを使ってアピールをする場合も自分大好きな心理が働いていると言えるでしょう。

ss2m1016さんの投稿
43779239 751419041917797 4331513020483288611 n

このタイプは自分の容姿についての投稿が多い傾向にあります。例えば以前付き合っていた男性に浮気された女性がそれをトラウマとして抱えてしまったとします。そしていつか綺麗に痩せて後悔させてやりたいというところから始まり、エステやヘルシーな食事などへと投稿内容が変遷していくケースです。

このようなケースは最初はネット仲間も素直に応援するものの、だんだんとその応援に羨望の色が混ざりだした頃から様子が変わっていくことが多いようです。最終的に投稿内容がネタ切れした頃から綺麗になることの意義を熱く語り出すようになります。

_idkwil_さんの投稿
43913624 758810624463993 3424743088634926357 n

そうしてフォロワーにも半強制的に同意を求めるような心理状態まで陥るとダイエットアカウントであったものもリア充アピールとみなされ敬遠されるケースが多いようです。またそういった自分大好きがゆえの自信回復ツールとしてのSNSの使い方とは別に、現実逃避をするためにSNSを活用する方もいます。

例えば幸せな自分を妄想し、それをSNS上でアピールすることで現実と錯覚し自信を回復するケースです。痩せたいのに現実では結果が出ていない方がSNS上ではダイエットが成功していると偽ったり、写真を加工することで痩せたように装ったりするケースです。

この場合は初めは軽い気持ちのウソであったものが、だんだんとそのウソを日常的につくことにより、自分自身の認識までも変えてしまっているケースです。つまり自分にまでウソをつき正確な現実を認識せず、結果的に現実から目を背けている心理と言えます。

kaduki2014さんの投稿
43985881 1863066543800637 996789853361000175 n

トラウマを抱えている方は、リア充アピールする中で自分が幸せだと思い込もうとしている傾向もあります。リア充アピールの投稿を繰り返すのは、現実から逃げているだけでトラウマの解消にはなり得ません。その結果リア充アピールの投稿をし続けることでしか生きがいを感じられない心理状態に陥ってしまいます。

yukino_fitさんの投稿
43760884 472090099966797 4699327896554795514 n

心理•特徴③自己主張をしている

SNS上では親しげで饒舌にコメントなどを残す方でも、いざ面と向かって話すととても口下手だったという経験をされたことがある方は多いのではないでしょうか?このタイプは現実世界では自分をうまくアピールできないためにネット社会で自己アピールを図るタイプと言えます。

morningsun53さんの投稿
43984502 176806353246529 7808018564812329788 n

現実世界での会話がうまく成立しない方は独特な世界観や価値観を持っている方も多く、インターネット内の限られたコミュニティで強い結束を持っている場合があります。そこが心の拠り所となり自分に自信を持てる場所であると同時に、自信を持てるようになるにつれてだんだんとそのコミュニティで目立ちたいという心理が働きます。

例えば自分自身に特別な特技がない主婦の方は子どもの教育に情熱を注ぐケースは多いです。そんな方はSNSで自分の教育熱心ぶりをアピールする投稿を繰り返すと、ママ友からリア充アピールと見られる場合があります。

rierie_c_a_tさんの投稿
44336482 255915125072172 8187909862909153915 n

また子どもの写真も頻繁に投稿し、子どもへの褒め言葉=自分の努力への賞賛と感じさらに子どもへの教育に熱を入れるようになる傾向があります。そうやって子どもの習い事や塾などをアピールすることが自分自身の自己主張となり、リア充アピールとなっていくのです。

noahallen0903さんの投稿
43507218 2220224701341636 1527988491792034679 n

SNSでは同じ年齢の子どもを育てているママ友との交流を気軽に持つことができとても有意義なものです。しかしリア充アピールが目的となっている子育てはただの目立ちたがり屋だという印象をママ友に与えてしまいます。これはせっかく持てたママ友との交流もリア充アピールによって人間関係が台無しになってしまうだけでなく、子どもの自由を奪ってしまうことにも繋がるケースです。

心理•特徴④空気が読めない

またリア充アピールをする方の中には男女問わず空気が読めないという特徴もあります。現実世界での話ならともかく、ネット社会のその空気というものがピンとこない方も多いのではないでしょうか?ここではそんなネット社会での空気も踏まえご紹介します。このケースで多く見られるのはネット社会だけでなく現実世界でも交流がある場合が多いようです。

kota_6521さんの投稿
44478710 901764813348927 6674377273402376017 n

例えばリアルで女性が同僚に付き合っている男性に二股されたという会話をしたとします。それに対して一緒になって怒ってくれ、共感してくれたとします。しかしその後別れてふとSNSを見てみると、その女性と男性が仲良くデートをしている様子やイベントの予定について投稿しているものを見たような場合です。

lovemimirukuさんの投稿
41728644 668926273489309 822156400257924454 n

これは自分が落ち込んでいるのに幸せいっぱいな投稿をするなんて、という受け手側の心理面も影響するケースです。一般的には自分は自分、他人は他人ではあるのでそこまでの配慮を求める方は少ないでしょう。しかし受け手の落ち込みようによっては多少の気遣いをするのが人間関係においては必要なヒューマンスキルと言えるでしょう。

このようなタイプの方は自分という個人が独立していて共感性に欠ける部分がある場合が多いようです。このタイプにとって重要なのは他人の感情や状況ではなく、自分が思ったことや感じたことです。そのためSNSに投稿して共感したいという気持ちだけで投稿を繰り返します。

日本人の傾向として個人よりも協調性を重視する傾向が強いのは周知の事実です。近い距離にいる友人が落ち込んでいる時に、空気を読まないようなリア充アピールは男女に関係なく敬遠される場合が多いでしょう。人間関係を円滑にするためにもリアルとネット社会での態度は統一するよう意識するだけでかなり改善されます。

またそのようなタイプの方から日々ストレスを受けている方は、思い切ってフォローを外しても相手は気づかないことも多いです。万が一問い詰められても素直に自分を気持ちを伝えることで、自分中心の世界しか理解できない相手にとっては良い学びの機会となるはずです。

心理•特徴⑤自慢したい

このタイプは女性に多い傾向がありますが、自分が幸せだということを他人にアピールしたくて仕方ないというタイプです。自分が幸せで充実している日々を過ごせていることを周囲にアピールすることでさらに満足度が高くなります。このような場合もSNSで近況を逐一投稿し羨望や賞賛のコメントをもらうために、リア充アピールな投稿を繰り返します。

kumika_iiio2さんの投稿
43914074 2152203011720650 8895821881694755584 n

例えば多く見られるのは旦那や彼氏からのプレゼント、さらにお買い物の内容の投稿です。これは自慢以外の何物にもならないでしょう。自分が嬉しかったことを投稿し、その気持ちに共感と羨望の言葉を待っている心理状態と言えます。

saamisan_さんの投稿
43589046 329225237873846 1797793830735638566 n

またファッションセンスに自信のある方は日常着を投稿し、さらにその内容に説明をつける方も多く見られます。自分のスタイルを確立できていないフォロワーにとっては参考になる投稿になるのかもしれませんが、思わず首をかしげたくなるような内容が多いのもこのタイプの特徴と言えるでしょう。

nakoko4122さんの投稿
44412295 648916252169707 2047342130590686240 n

また手持ちのブランドバッグもわかりやすくアピールするような構成で撮影している投稿は、プレゼントで貰ったものをちゃんと使っているアピールである場合があります。喜んで使っている様子を投稿することでリア充アピールだけでなく、次のプレゼントもおねだりするようなテクニックとしてもSNSは活用されています。

心理•特徴⑥頭の中がお花畑になっている

このタイプは恋人ができたばかりの女性に多く見られます。とにかく恋人ができた喜び、その男性とデートして楽しかったことなど自分の幸せを他人に共感して欲しくて仕方がない心理状態になっているタイプです。しかしそれがあまりにも長期化すると周囲も辟易してきてしまいます。

000.913さんの投稿
42078544 295623111039444 323668634675645669 n

ここまでリア充アピールをする傾向の強いタイプについて解説しました。自分の投稿によって知らない間に人間関係がギクシャクすることのないよう客観的に内容をチェックしてからアップした方が賢明かもしれません。またこれらのタイプの投稿を見かけたら、現在はこんな心理状態なんだと理解してあげるくらいの心の余裕があると自分自身の平穏な生活も保つことができます。

リア充アピール<うざいインスタ•ツイート例>

ここからは具体的にうざいと思われがちなリア充アピールの内容をご紹介します。まず代表的なのは一般人の自撮りではないでしょうか?一般人の自撮りは自分大好きな印象を与えます。男女問わずナルシストな傾向が強い方が、毎回同じ角度からの自撮りをアップする傾向が強いでしょう。

最近ではトイレや電車内などでも自撮りをしている方を多く見かけるようになりました。自撮りしている様子を見かけるとその写真をSNSにアップすることは反射的にわかるようになっている昨今です。そのため自撮り現場に遭遇した方のほとんどは気がつけば白けている方がほとんどでしょう。

peap.pさんの投稿
43345235 617410948673529 4357130157091903917 n

自分が可愛いとわかっているという印象を持たれる場合と、自分が可愛いと勘違いしているという印象を持たれる場合に分かれるのが自撮り写真です。そのため自撮り前にはお化粧にもじっくりと十分な時間をかけ完璧に顔を作り上げる努力を怠らないのは素晴らしいと言えるかもしれません。

純粋に自分の顔に自信がある方しか自撮りは投稿しない場合がほとんどです。自撮りをあげている時点で自分の顔に自信がある=自分を可愛いと思っていると受け取られます。

リア充アピール<うざい女子会例>

日常的なカフェなどの飲食店ではなくホテルのラウンジなどの特別なシチュエーションでの女子会はうざいと受け取られるケースが多いようです。リア充アピールの傾向があまりにも強い場合は部分的な内容での投稿が望ましいと言えます。

limousine_memorial.aさんの投稿
43422341 634830400244608 1283698474176479232 n

自分の状況と比較して自尊心を傷つけられたような気分になる方もいます。交友関係が広い方はそれぞれに応じたアカウントをやりくりくるのも人間関係を円滑にするひとつの手段かもしれません。

リア充アピール<うざいママ友例>

ママ友のうざいリア充アピールと言えばママ友会の投稿が代表的ではないでしょうか?高級なレストランでのランチ会から、自宅でのおしゃれなテーブルセッティングした風景などです。

saorin.1030さんの投稿
43778206 355577708518474 3931940010562614495 n

そのリア充アピールをしたいがためにママ友会を主催している方も多いようです。ママ友会は大人同士の交流とは言え、自分の承認欲求を満たすことが開催の動機の場合はカオスな状況になる場合が多く見られます。

リア充アピールに躍起になっている方ほど自己主張が強く共感性にかける一面があることは確かです。自分自身にとって付き合うメリットのないママ友との交流は思い切って断つことも必要です。

リア充アピール<うざい男性例>

リア充アピールは女性が多い印象ですが男性にも存在しています。ただ男性の場合は傾向としては承認欲求タイプが圧倒的に多いでしょう。

joy__box___さんの投稿
44284874 645159222592008 4756878182396801606 n

自分はカッコいいと言わんばかりのナルシストタイプから、仕事が忙しいといった多忙を匂わせリア充をアピールをするタイプです。

surf.kgrmさんの投稿
44685726 1958995167519174 5905255465616408576 n

リア充アピール<失敗例>

もはやリア充アピールはネタになりつつある風潮がで始めるほどリア充アピールは忌み嫌われています。日常的な風景すらリア充アピールと反感を買ってしまうケースも少なくありません。

意識的にリア充アピールをしようとリアルを偽造するようなケースは不思議と画面越しに違和感が伝わってしまいます。あくまでも自然な日常を切り取る程度に留めたら悪い印象を持たれることは少ないのではないでしょうか?

リア充アピールの代行サービスが存在!

しかしリア充アピールを生きがいとし人生をかけている方はいまだに存在しています。そんな方にはママ友などの協力者はいないケースが多いものの、リア充アピールは一人では成り立ちません。そのためママ友などの友人から演出まで手がけてくれる専門の代行業者が存在しています。興味のある方はぜひ利用してみてください。

リア充アピールはほどほどに!

ここまでにリア充アピールに躍起になる人々の心理や特徴についてご紹介しました。人生楽しんだ方が勝ちですので同僚やママ友などの他人の生活を自分と比較して一喜一憂するのは時間の無駄のように感じる方も多いでしょう。しかし自分の人生を楽しむにあたって反感を買うようなリア充アピールは少ないにこしたことはありません。

nanae0007さんの投稿
43198045 932182110306779 8952508559605195715 n

内容について客観的にどのように受け取られる場合があるのかアップする前に一考するのが賢明と言えます。SNSに振り回されることのないよう、ここでご紹介した内容を参考にしてみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ