靴ズレが起こる原因はなぜ?マメが出来る原因と対策方法などご紹介!

お気に入りの靴を履いて出かけても靴ズレが起こると痛くて歩くのも大変ですね?靴ズレはなぜ起こるのでしょうか?マメの原因や対策について知りたいですよね?そこで、靴ズレが起こる原因はなぜ?マメが出来る原因と対策方法などご紹介します。

目次

  1. 靴ズレが起こる原因はなぜ?
  2. 靴ズレ【対策グッズ・応急手当】
  3. 靴ズレ【原因】
  4. 靴ズレ【予防方法】
  5. 靴ズレ【靴を自分の足の形に加工する】
  6. 靴ズレ【ワセリンなどを利用する】
  7. 靴ズレ【履く前の手入れで予防】
  8. 靴ズレがひどいのを治す方法【症状・皮むけ】

靴ズレが起こる原因はなぜ?

靴ズレでマメが出来る原因と痛みの対策法は?

新しい靴を履いたり、まだ足に馴染んでいない靴を履いたりすると靴ズレを起こすことが多いのではないでしょうか?靴ズレが起こることで足に痛みが起こるので、歩くのも困難になり嫌ですよね?なぜ靴ズレが起こるのでしょうか?ここでは、靴ズレが起こる原因やマメができてしまった時の対策について様々ご紹介していきます。

69naoさんの投稿
43914942 2141064925925810 7783117341951284925 n

靴ズレが起こる原因としては、靴のサイズが合ってていない、靴の形が足に合っていないなどがあげられます。靴ズレとは、歩くことによって足と靴が擦れてできてしまう傷のことを言います。靴のサイズ選びを慎重に行うことによって靴ズレが起こる原因の対策になります。サイズの合わない靴を履くことによって靴ズレのみならず、足にタコやマメができてしまうこともあります。

靴のサイズが合っていないと足の形も変形してしまい、外反母趾などの原因にもなりますので注意が必要です。また、靴ズレの原因としては革靴のような堅い素材の靴や先の尖っているパンプルやヒールなどが要注意です。靴のサイズが合っていても靴ズレが起こることがあります。デザイン的に足に合っていない靴は靴ズレが起こる場合が多いので気を付けましょう。

haruka_takahashi0127さんの投稿
44000072 2181833871846950 3570239500982188780 n

革素材はどうしても初めは堅く足の形にフィットするまでに時間がかかります。自分の足に馴染むまでは靴ズレが起こる可能性が高い素材と言えるでしょう。おしゃれも大事ですが、足が痛くて歩くのが大変であればそれも辛いですよね?足のマメやタコがしっかり治るまでは他の靴を履くようにするといいでしょう。また、足の大きさが左右で微妙に違っている時にも靴ズレが起こる時があります。

merc1kumiさんの投稿
43984476 322257091906540 6548763875811330283 n

右足は大丈夫だけど、左足がいつも靴ズレを起こしてしまうなどは左右の足の大きさが違うことが多いです。靴ズレが起こる足の方が靴のサイズと合っていないということができるでしょう。また、歩き方によっても靴ズレが起こる場合があります。片足に重心が偏りがちの歩き方は靴ズレが起こる可能性が高いので一部分に力がかからないように歩くことも重要です。

靴ズレ【対策グッズ・応急手当】

絆創膏

ここからは、靴ズレの対策グッズや応急手当についてご紹介します。靴のサイズを慎重に選んだり、歩き方に気を付けたり、靴の形に気を付けたりしても靴ズレが起きてしまった時は、応急手当てをして何とか歩けるようにすることが重要です。靴ズレをしたときの応急対応ができるように日頃から靴ズレが起こるタイプの人はマスターしておくといいでしょう。

shachi.esさんの投稿
43820633 336293023786595 2539409318408983276 n

靴ズレの対策・応急手当としては、絆創膏が効果的です。新品の靴だったり、足の形に靴があっていなかったりして靴ズレを起こしてしまった時は、傷口やマメから細菌が入らないように絆創膏などを貼ることが大切です。また、水ぶくれなどの傷の時もすぐに絆創膏を貼るようにした方がいいでしょう。マメの皮がめくれるのを防ぐことが可能になります。

hidekiemataさんの投稿
43715896 979748982212076 8035180648983144301 n

また、靴ズレしやすい靴を履くときはあらかじめ絆創膏を貼っておくのもおすすめです。靴ズレ用の絆創膏もドラッグストアなどで販売されていますので上手に活用することによって靴ズレ対策を事前に行うことも可能です。なぜ、靴ズレができるのか?靴ズレが起こる可能性のある靴にはあらかじめ絆創膏を貼って予防するようにしましょう。

靴下やストッキングを履く

靴ズレの対策や応急手当の方法としては、靴下やストッキングを履くというのがあります。靴と足に摩擦が起こることで靴ズレが起こります。足と靴の摩擦を少しでも緩和するには靴下やストッキングは効果的です。

preheels_jpnさんの投稿
42532505 345880989313631 7734183184022219414 n

パンプスやハイヒールなどを履く際は素足で履くことはできるだけ避けた方がいいでしょう。ストッキングを履くことで足ムレの防止にもなりますし、パンプスやヒールなどは着脱がしやすくなるというメリットもあります。

靴との摩擦を軽減するといった意味では、ワセリンやベビーパウダー、ロウなども効果的です。ワセリンやベビーパウダー、ロウなどをあらかじめ塗っておくことで滑りやすくすることが可能となります。滑りやすくすることで足と靴との摩擦を緩和してくれるでしょう。マメや靴ズレの対策に効果的です。

靴ズレ防止グッズ(100均・かかと)を使う

靴ズレの対策や応急手当としては、靴ズレ防止グッズを賢く使用することもおすすめです。最近では100均でもかかと専用の靴ズレ防止グッズが様々販売されています。値段も100円とお手頃ですので一度試してみるのもいいでしょう。

oristagram51さんの投稿
43913722 298874224174766 529475479083647918 n

ヒールがある靴を履くときは、足と靴を密着させてくれるようなインソールが効果的です。インソールとは、靴の中に敷く中敷きのことを言います。インソールは取り外しも簡単にできますので靴ズレやマメの対策にも大活躍してくれるでしょう。最近では、100均でも購入できますが、元々値段も手ごろですので気軽に購入することができるのも嬉しいですね。

インソールの他に靴ズレ対策グッズとしておすすめなのが、かかと部分に貼るタイプのパッドです。かかとがパカパカしていては靴ズレの原因となることは明らかです。クッション性に優れているかかと部分に貼るタイプのパッドを活用することで靴の履き心地が抜群に良くなるので一度試してみてはいかがでしょう。

歩き方を見直す

靴ズレの対策と応急手当としては、歩き方の見直しがあげられます。靴は正しい姿勢で歩くことが重要です。いくら靴のサイズが合っていても、靴の形が足に合っていても靴ズレになってしまう時があります。それは、歩き方が良くない時に靴ズレが起きるのです。

arcanayvvさんの投稿
43913467 253267565336491 2915160832578435594 n

なぜ、歩き方が悪いと靴ズレが起こるのでしょうか?靴ズレが起こる悪い歩き方とはどのようなものなのでしょうか?靴は正しい姿勢で歩くことを前提に作られているということをご存知でしたか?正しい姿勢で靴を履かないと靴ズレを起こすリスクが高くなります。

正しい姿勢は、重心を身体の真ん中に置くように心がけることが必要です。また、しっかりと足をあげて歩くことも重要です。姿勢は靴ズレ対策になるばかりか、健康維持にも効果的ですのでマスターすると一生ものになります。靴ズレをしていまう人は、この機会に自分の姿勢を見直して改善するようにしましょう。

靴ズレ【原因】

靴が固すぎる

ここからは、靴ズレの原因をご紹介します。靴ズレの原因をしっかりと把握することで靴擦れを防止したり、対策を練ったりすることが可能となります。マメや靴ズレが起こる原因をしっかりと理解するようにしましょう。

toko_392yoruさんの投稿
44850372 532746083797499 5502754165024065603 n

靴ズレが起こる原因としては、靴が新品などで新しい時には靴が堅すぎるというのがあげることができるでしょう。新品の靴は堅すぎるので、どうしても靴ズレを起こしてしまう人が多いようです。なぜ靴が堅いと靴ズレを起こしやすいのでしょうか?

履きなれた靴は何度も靴を曲げたり伸ばしたりしていますので、素材が柔らかくなっています。足の動きに合わせて靴も変形しやすくなっていますので歩いたときの摩擦も少ないですので靴ズレを起こす可能性は低くなります。歩いたときも靴と足とのフィット感が抜群ですので靴と足の間に隙間やズレが起きにくいのです。

サイズが合っていない

靴ズレの原因としては、サイズが合っていないというのがあげられます。ではなぜ、靴のサイズが合っていないと靴ズレやマメができる可能性が高いのでしょうか?子供の靴などはすぐに大きくなってしまい履けなくなるからと少し大きめを買う人も多いでしょう。

2___7___9さんの投稿
43779531 621524328304716 8564434419766493779 n

靴のサイズが大きすぎると靴とかかとに隙間ができてしまうので歩くときに必要以上にかかとをすることになります。靴とかかととの摩擦が大きくなりますので、靴ズレやマメの原因となるのです。足のサイズよりも大きな靴は歩くたびにパカパカとして摩擦が起きやすくなりますので靴ズレが起きやすいのです。

靴は小さすぎても靴ズレを起こします。靴が小さすぎるとなぜ靴ズレが起きるのでしょうか?靴が小さいと足が靴によって圧迫される面積が大きくなります。靴が小さいことで圧迫による血マメができたり、擦れによる靴ズレが起きたりします。靴のサイズが大きくても小さくても靴ズレの原因となります。対策としては、足のサイズに合った靴を選ぶようにしましょう。

形が合っていない

靴ズレの原因としては、足に靴の形が合っていないというのがあります。なぜ、足の形に靴が合っていないと靴ズレやマメができるのでしょうか?靴はサイズさえ合っていれば靴ズレは起きないだろうと思う人もいるようですが、靴のサイズが合っていても形が合っていないと靴ズレを起こしてしまいます。

靴と足との形が合っていないと靴ズレやタコなどができる原因となります。靴が足に対して浮きがあったり、細かったりすると足に靴がフィットしないのでサイズが合っていないのと同じような結果を引き起こしてしまうのです。

akistar111さんの投稿
44281219 317924708790895 3329397599149719478 n

足に靴が合っていない時は、足のある部分は圧迫してしまったり、足のある部分はブカブカだったりということがおきます。足の甲が食い込んでいたり、小指や親指の部分が狭く作られているために圧迫されていたりして外反母趾などの変形になる可能性も秘めているので気を付けましょう。

靴ズレ【予防方法】

正しい歩き方で歩く

ここからは、靴ズレの予防方法をご紹介します。なぜ、靴ズレをしてしまうのでしょうか?なぜ、水ぶくれやマメができてしまうのでしょうか?の原因がわかっていれば靴ズレやマメなどを予防することも可能です。

preheels_jpnさんの投稿
43820632 323247041820656 7517681078135003343 n

靴ズレを予防する方法としては、正しい歩き方を身につけるというのがあります。まずは、自分が普段どのような歩き方をしているのかをチェックしてみることが重要です。靴の底は左右対称にすり減っているでしょうか?左右対称でない時はなぜ左右対称でないのかを見極めることが重要です。

骨盤や姿勢がゆがんでいることが原因で正しく歩けていない人は意外と多いです。立ち止まった時に左右のどちらかに重心をかけている人は両足に重心をかけるようにしましょう。頭のてっぺんから上に糸をつられたような感覚で歩くことが重要です。

プラスαをする

brilliant_rieさんの投稿
43712793 332716283942446 542556067768793780 n

靴ズレを予防する対策方法としては、靴や足に+αをするということです。靴ズレやマメができやすい位置にあらかじめ+αをしておくことで靴ズレを防ぐことが可能となります。インソールを靴に+αすることで靴と足がフィットして靴擦れを起こさない時もあります。

その他の+αとしては、ロウを足や靴にプラスαしたり、ベピーバウダーを足に+αしたり、ワセリンを足にプラスαしたりすることができます。なぜ靴ズレをするのか?と知ることができることでいくらでも対策をとることが可能となります。

靴ズレ【靴を自分の足の形に加工する】

シューストレッチャーを使う

ac1__himiriさんの投稿
43913861 2185196548400078 705573378251970187 n

ここからは、靴ズレを予防するための方法として、靴を自分の足の形に加工する方法をご紹介します。靴ズレやマメを予防する方法としては、シューストレッチャーを使用するといいでしょう。靴が小さいのが原因の時はシューストレッチャーで広げることで問題を解決することができるでしょう。

靴によってなぜこの靴が靴ズレを起こすのかを考えることで靴が小さいのであればシューストレッチャーで靴を広げればいいのです。つま先を広くしたり、かかとからつま先までの長さを伸ばしたりすることで靴ズレを緩和することができるでしょう。

靴屋にお直しを依頼

靴ズレ対策としては、靴屋にお直しを依頼する方法もあります。靴屋にお直しを依頼するということは少々お金がかかりますが、革靴など高価な靴であればその価値は十分にあるでしょう。

katsura_asukaさんの投稿
43533094 279356226119773 5668286715735118066 n

シューフィッターでは限界があります。靴の修理や加工も請け負ってくれる靴屋さんであれば足にフィットするようにお直ししてくれるでしょう。高価な靴であればそのまま履けなくなるよりは、靴屋に相談してみるのもいいでしょう。

靴ズレ【ワセリンなどを利用する】

ワセリンが効果的

sacchin.4.8さんの投稿
43247993 2130223340549079 1444442724468675223 n

ここからは、靴ズレ対策としてワセリンなどを使用する方法をご紹介します。靴ズレにはワセリンを使用するのも効果的です。なぜ、靴ズレを起こしているのかの原因を知ることで靴ズレの対策はいかようにもすることが可能です。

ワセリンを効果的に使用して靴擦ズレを未然に防ぐことも可能です。靴とすれやすい足の部分にあらかじめワセリンを塗っておくことで皮膚への直接的な摩擦をなくすことが可能となります。皮膚への摩擦をなくすことで靴ズレを予防することができるでしょう。

ニベアやユースキンなどでも代用可能

靴ズレを予防する際には、靴ズレがなぜ起きているのかを見極めることが重要です。なぜ、靴ズレが起きているのかがわかれば、靴ズレをその原因に沿って対策することができます。ニベアやユースキンなどでもワセリンの代用をすることができるということを覚えておくと便利です。

skincare_of_dermatologistさんの投稿
43778480 882785935443740 2322608941375087774 n

ワセリンは日光に当たると油やけの原因になります。油やけによってシミになりやすいという副作用もあります。素肌にワセリンを使用するのは抵抗があるという人もいるでしょう。そんな時はユースキンやニベア、オロナインなどをワセリンの代用に使用することも可能です。

肌に塗ることで滑りを良くするのが目的なので、滑りが良くなるのであればワセリンでなくてもいいのです。長時間靴を履くときにはワセリンやニベア、オロナインなども塗り直しが必要になります。こまめに塗ることで滑りが良いのを保つことができますので、靴ズレを防ぐことができます。

靴ズレ【履く前の手入れで予防】

皮用の柔軟剤

ここからは、靴を履く前のお手入れで靴ズレを予防する方法をご紹介します。靴ズレは、靴を履く前のお手入れでも予防することが可能です。皮用の柔軟剤を賢く使用することで靴ズレを防ぐことができます。

sthkznさんの投稿
44492001 494462424367402 5665517758642297886 n

皮革を柔らかくしたり、伸ばしたりする効果のあるものとしては、皮用の柔軟剤がおすすめです。レザードレッシングなどの皮用の柔軟剤が最近では販売されています。皮用柔軟剤を使用することで靴の皮が柔らかくなりますので、靴ズレを予防することが可能です。レザードレッシングなどの柔軟剤を使用して、手で少しずつ皮を伸ばしていくようにしましょう。

皮専用の柔軟剤を使用することで皮に負担をかけずに皮を柔らかくすることが可能です。皮専用のクリームなどの柔軟剤を使用することで皮の変色なども心配することが少なくてすみます。皮用の柔軟剤を使用することで靴の皮にも負担がかかりにくくなりますし、靴ズレも起こりにくくなりますので上手に活用してみるのもいいでしょう。

低音のドライヤー

靴ズレの対処法としては、靴を履く前にお手入れで予防することも可能です。お手入れで予防する方法としては、低音のドライヤーを使用する方法もあります。皮は熱を加えると変形しやすいという特徴があります。その特徴を引き出してくれるのが低音のドライヤーです。

ungrid_yurieさんの投稿
43985867 1075412559297102 6109569712561942602 n

ドライヤーで温風を当てることで皮を柔らかくします。皮を柔らかくすることで好みの形に皮を伸ばしていきましょう。このように低音ドライヤーを使用して皮の特徴を上手に活かしながら足にフィットするような靴に少しずつ変形していくことで靴ズレを予防することが可能となります。

皮に熱を加えて変形させたいときは必ず低音のドライヤーを使用するようにしましょう。皮は一定温度以上の熱を加えることで変形していまうこともありますのであくまでも慎重に低音のドライヤーを使用しながら少しずつ手で皮を伸ばしていくことが重要です。焦って高温で熱を与えてしまうと逆効果ですので注意しましょう。

オイルや保湿クリーム

靴を履く前のお手入れで靴ズレを予防することができる方法としては、オイルや保湿クリームがあります。皮はラノリンという成分を使用することで柔らかくすることができます。ラノリンやオイルが配合されている保湿クリームを靴に塗りこむことによって靴の皮を伸ばす効果が期待できますので、革靴などが堅くて靴ズレになってしまう方にはおすすめです。

benavi_newsさんの投稿
44320699 296841930951303 5127270014369721317 n

しかし、ラノリンやオイル配合の保湿クリームは安価で購入できるのですが、皮専用の商品ではないので皮が変質したり、変色したりする恐れがありますので注意が必要です。使用するときには目立たないところでまずはお試しをしてから全体に使用するようにしましょう。

fujiwara_saaanさんの投稿
43914489 114690486115174 9103727721300623360 n

堅い革靴などを柔らかくしたいときにオイルや保湿クリームを使用したいのであれば、デメリットもしっかりと理解したうえで使用することが重要です。十分使用できることを確認してから使用したい場所に塗って皮を柔らかくすることで足に馴染むようになります。それゆえに靴ズレを未然に防ぐことが可能となります。

Thumb疲れない靴!パンプスのおしゃれなレディースブランド紹介!旅行・立ち仕事に | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

靴ズレがひどいのを治す方法【症状・皮むけ】

豆をつぶさない

ここからは、靴ズレの症状や皮むけによって、靴ズレがひどいのを治す方法をご紹介します。靴ズレは、皮膚と靴が摩擦されることで初めは赤くなります。悪化すると水ぶくれとなって、マメができるようになります。そのままにしておくと水ぶくれが破れて出血してしまうことになります。靴ズレを放置しておくことで水ぶくれのマメは破れてしまいます。

chikoshoesさんの投稿
43817657 466501803873155 7018784113546915755 n

靴と足が擦れて赤くなった段階ですぐに靴ズレに対応することがベストです。靴ズレの初期段階で対処しないと赤くなった部分がドンドンと悪化して水ぶくれができてついにはマメができます。さらにそのまま放置しておくとマメがつぶれるだけです。マメがつぶれてしまいますと靴ズレが治りにくくなりますので足が赤くなっている状態で靴ズレ対策をするようにしましょう。

sh__alan_さんの投稿
43356474 2070182223046556 9108244558569442928 n

靴ズレでできた水ぶくれは、浸出液と言って血小板などの皮膚の再生を促してくれる体液で満ちています。これが水ぶくれやマメとして閉じ込められていることで水ぶくれもやがてはしぼんで、きれいに治すことが可能となるのです。水ぶくれの中身はとても大事ですので、絆創膏を貼るなどして潰さないようにしましょう。

水ぶくれを保護

mikapu0519さんの投稿
43779032 1146939278798725 8234545676090705198 n

靴ズレでできた水ぶくれは、潰さないことが大切です。水ぶくれの中には靴ズレをきれいに治してくれる要素がたっぷりと含まれています。できた水ぶくれやマメを保護するには、大きな水ぶくれにも安心のジェルタイプの絆創膏がおすすめです。靴のスレや圧迫から守ってあげるようにしましょう。

湿潤法で治す

revanche_officialさんの投稿
43055622 2096576467320590 3210411135190695936 n

靴ズレでできた水ぶくれは破れないようにすることが大事ですが、もしも破れてしまった時は、湿潤法で直すのが効果的です。湿潤法タイプの絆創膏がおすすめです。肌にぴったりと密着してガーゼの部分で皮膚を擦る心配なくやさしく保護してくれます。もしも水ぶくれが破れてしまった時は、キズパワーパッドのような湿潤法タイプの絆創膏を貼って治すようにしましょう。

靴ズレ対策をマスターしよう!

fly_up_fieldさんの投稿
43543349 2179091975751909 8103206723337615320 n

意外と靴ズレで悩んでいる人は多いようです。ここでは、靴ズレができる原因や靴ズレによってできてしまったマメなどの対処の仕方、靴ズレができないように事前の対策など様々ご紹介してきました。靴ズレが起こる原因を理解することで事前に靴ズレを回避することが可能となります。

chikoshoesさんの投稿
43913549 930466023816004 5106668156081622731 n

また、靴ズレで水ぶくれやマメができてしまったとしても、水ぶくれの中身がとても重要なので水ぶくれを破らないことが大切になってきます。靴ズレをしてしまうと痛い思いをしたり、その後も歩きにくかったり大変ですので、できるだけ事前の対策が重要になってきます。靴ズレの原因や対策方法を良く理解して活用することで靴とも上手に付き合っていくことができるようになるでしょう。

Thumbディズニーに履いてく靴でおすすめは?やっぱり疲れないものが一番! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ