反り腰の原因とは?女性に多い症状や気になる影響などをご紹介!

反り腰を知っていますか?反り腰とは骨盤が前傾していることが原因で、腰が反ってしまっている状態を言います。女性に多い症状と言われています。反り腰とは?どんな症状がでるのでしょう。反り腰の原因を知って、体に及ぼす影響とその対処法をご紹介します!

目次

  1. 反り腰とは?
  2. 反り腰の原因<筋肉の低下>
  3. 反り腰の原因<症状>
  4. 反り腰の原因<ストレッチで予防>
  5. 反り腰の原因<普段の生活で予防>
  6. 反り腰の原因を知ってしっかり予防!

反り腰とは?

ritsu_bodyworkoutさんの投稿
44439670 324347968150501 6746919448587339808 n

腰がなんとなく痛かったり、だるかったりしていませんか?その症状は反り腰が原因かも知れません。そんな時、自分の歩き方をチェックしてみると良いでしょう。反り腰かが分かります。私たちの背骨はS字になっています。腰部が反っている事で体はバランスを取っています。反り腰とは、その反りが強くなってしまった状態を言います。腰に負担がかかるため痛みの症状がでるのです。

反り腰になってしまうと、体に良い影響はありません。反り腰になる原因は筋肉が影響しています。反り腰になると常に腰の痛みを抱えるようになります。腰が痛い状態は辛いものがあります。腰が痛い事が原因で、歩く事も辛くなります。腰が痛いと猫背になり体型も変わってしまいます。そんな反り腰になる原因を知って、解消法を考えた方が良いでしょう。

腰痛は様々な事で引き起こされます。普段の姿勢の癖によっても腰痛になります。腰痛の原因が、反り腰でない場合もあるのです。そこで、反り腰かどうかを見分ける方法を紹介します。壁にピッタリと背中を付けて、腰と壁のすきまが空いているかをみます。手を握って拳がはいるくらい空いていたら、反り腰間違いなしです。腰の痛みの原因が反り腰だったら解消方法を考えましょう。

反り腰は女性に多い

反り腰とは一般的に女性に多いと言われています。それは女性の方が男性よりも筋力が弱いのが原因です。特に反り腰とは腹直筋(ふくちょくきん)これは骨盤の前傾を抑える筋肉の一つです。骨盤の前傾が強まるのは腹直筋(ふくちょくきん)などの筋肉が弱いのが原因です。筋力が男性より弱い女性は、反り腰にならないように筋肉を鍛える事も必要です。

mamichaaaan0528さんの投稿
42611087 2348158751879696 5709817120170103307 n

特に反り腰とは太ってお腹が出ている人はなりやすいようです。男性もそうですが、お腹に脂肪がついてしまう事が原因で、歩き方や姿勢も変わってしまいます。お腹の重みを支えようとするため、腰を反らせてしまう傾向になってしまいます。妊婦さんなどはこの状態は良く理解できるのではないでしょうか?

commeca_blancdoeuf_officialさんの投稿
43914254 555233978222910 7009756828636009314 n

妊婦さんはお腹が大きくなるに連れて、重心は前になってしまいます。この時に骨盤前傾になります。お腹の重みで前に引っ張られるからです。そのため反り腰になってしまいます。お腹が大きくなる事で、腰痛が出るのもそのためです。そして出産後も骨盤を後方に動かせずにいることで、反り腰になってしまう女性が多いようです。

Thumb骨盤の前傾・反り腰を直すだけで痩せる?おすすめのストレッチ方法は? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

反り腰の原因<筋肉の低下>

medconcierge.jpさんの投稿
43031543 438939869968517 12114060383690195 n

反り腰の原因は筋肉の低下にあるようです。骨盤の前傾を抑える筋肉が弱る事で反り腰になります。それは腹直筋や腸腰筋(ちょうようきん)・大腿直筋(だいたいちょくきん)これらの筋肉が硬くなり弱いと、骨盤が前傾になる原因になります。腰部は反っています。しかし反りが強いと様々な支障が出ます。腰の反りを強くしないため、筋肉を柔軟にし骨盤が前傾になる事を防ぐことです。

ladies_seitai_cocoaさんの投稿
43985509 554068228390157 94638813178237364 n

筋肉を鍛えるジムに行ったり、ストレッチなどをしたりする事も良いでしょう。しかし反り腰になる原因が、日常生活の中にないかを考えて見ましょう。長時間のデスクワークの時の姿勢、靴があっているのかなどです。特にハイヒールは姿勢が崩れる事があります。注意が必要です。日常の癖が、反り腰になる原因になっているかも知れないのです。日常の癖も見直してみましょう。

kana_signさんの投稿
42003179 191483151783952 8913682329638232569 n

反り腰を矯正するために、筋肉の低下を防ぐことが良いでしょう。反り腰はあまり自覚症状がないものです。しかし、姿勢が悪い状態ですので見た目で分かります。腰痛で苦しまないように、筋肉をつけるようにしたほうが良いでしょう。ジムに行くことが出来ない人は、自宅で出来るストレッチなどをして、反り腰を解消しましょう。

今、自分では正しい姿勢が良く分からない人のために、ツールを活用する方法もあります。ストレッチポールなどがそうです。またひめトレという商品は座りながらにして、良い姿勢を取ることが出来るように助けとなります。良い姿勢になるのでしたら言うことなしですよね。試してみたらどうでしょうか?

反り腰の原因は骨格アライメントの崩れ

yamanohayoshiroさんの投稿
12716793 1502532713388947 788872645 n

反り腰の原因は骨格アライメントが崩れることにあるようです。アライメントとはどんな意味があるのでしょうか?アライメントは並び方・配列の事を言います。人間の骨格も並び方や配列が実に良く整っています。骨、関節などの並び方これが骨格アライメントです。このアライメントが崩れるとそれが原因で、体調を崩す事になります。

日常生活の中で、自分の歩き方がおかしいと感じた事はありませんか?歩き方や姿勢が悪いと体幹がゆがんでしまいます。アライメントを崩す原因となります。そしてひざ痛、股関節痛、腰痛などを起こします。足腰を鍛えるためにスクワットをする人がいます。自己流は危険です。アライメント崩れを起こし、同じようにひざや腰、股関節に痛みが出てしまう原因となるからです。

反り腰の原因<症状>

tori.misakiさんの投稿
42003624 524119671382878 3726855778491510299 n

反り腰が原因で腰が痛いなどの症状を持っている人がいます。反り腰は骨盤の前傾を抑える筋肉が弱り、それが原因で反り腰になる事がわかりました。腹筋、背筋を鍛えて固まった筋肉をやわらげる事が大切です。背筋が伸びて、猫背ではない姿勢はとてもきれいに見えます。常に腰痛を抱えているのは辛いものがあります。症状を和らげる解消法を考えるのは大事な事です。

反り腰は腰痛の原因に

shimaumanakagawaさんの投稿
44236369 497196604093557 6325295464887022204 n

腰痛の痛みは様々なものがあります。鈍い痛みや、ズキズキする痛み、強い痛みなどです。腰は体を支える柱です。腰を痛めると歩くことも出来ず辛い事になります。原因がはっきりしている椎間板ヘルニアやぎっくり腰などがあります。これは急性腰痛です。常に痛みを持つ慢性腰痛は厄介です。慢性腰痛は痛みの症状はあるのに、原因が分かりにくいため困ります。

sbc_seitaiさんの投稿
20184263 2013024878932850 3926418789440159744 n

主要姿勢筋と言って姿勢を維持する筋肉が人間は体の後についています。例えば背骨を支える脊柱起立筋。大腿二頭筋は太もも裏にあります。頭は頸部筋と言って首まわりにあります。後についている筋肉が働いて姿勢良く立つことが出来ます。反り腰とは大腿二頭筋などが弱いために骨盤が前傾になります。体のバランスを保つために腰を反るようになります。この負担が腰痛の原因です。

猫背も反り腰が原因?

04__lmさんの投稿
43913348 171971333740491 5553123410688606208 n

猫背はうつむきながら歩きますのであまり良くない歩き方です。猫背で歩くと肩こりなどになり、体調にも良い影響はありません。猫背になるのは反り腰が原因でしょうか?反り腰の人は腰痛を抱えていますので、腰を守るために、猫背になってしまうのかも知れません。猫背は、体調にもあまり良くないので矯正が必要です。

yuk.hazさんの投稿
42711007 470443680115600 7491224614317765726 n

歩く時はまっすぐにきれいに歩きたいものです。そうすることは筋肉にとっても良い事です。猫背や反り腰で歩く事は姿勢が悪く見えます。また、長距離を歩くにしても難しい状態です。猫背にならないように工夫が必要です。猫背の様なうつむきながら歩くのではなく、正しい姿勢で歩くことは体全体に良い影響があります。

反り腰の原因<ストレッチで予防>

反り腰とは腰の反りが正常な人より反っていることです。背骨はS字です。このゆるやかなカーブが強くなるのが反り腰です。そのため姿勢が崩れ、腰痛や肩こりになってしまいます。反り腰の人は、お腹とおしりなどの筋肉が弱い特徴があります。ポッコリお腹になってしまうのもそれが原因です。足腰の筋肉を鍛えたりストレッチしたりすることによって、反り腰の改善をした方が良いでしょう。

反り腰にはストレッチが効果的!

yogaroomsssさんの投稿
43914740 719736728380525 7947757605957402624 n

それでは、反り腰を解消するのには、どんなストレッチをしたら良いでしょうか?体を柔軟にするためにストレッチをします。凝り固まった体を和らげるためにも、毎日ストレッチをしたほうが良いでしょう。腰痛がひどい症状がある時は無理をせずに行いましょう。体のバランスを整えるためにいくつかのストレッチを紹介します。

反り腰解消ストレッチ①キャットバック

kokacare_officialさんの投稿
37798022 259246138238960 5034599581069869056 n

反り腰になってしまい、S字のカーブを矯正するためのストレッチです。キャットバッグと言って猫が背中を伸ばすポーズです。背中や腰の筋肉をほぐすためのストレッチです。床に垂直に四つばいになります。背中を丸め、息を吐きながらへそを覗き込むようにします。その後背中を反らします。このとき息を吸いながら行います。10セット3回を繰り返します。

反り腰解消ストレッチ②サイドルック

izmic_be_studioさんの投稿
35001289 1557581611034869 1628755214729216000 n

日常の中であまり動かしていない筋肉は硬くなりがちです。サイドルックと言うストレッチでコリを解消しましょう。やはり床に垂直になるように四つばいになります。左右の足のつま先を見るように行います。その時息を吐きながら上半身を左右に曲げます。左右5回位で良いでしょう。脇腹のストレッチになります。

反り腰解消ストレッチ③股関節

kokacare_officialさんの投稿
44241369 269028197085441 4338767029659978503 n

股関節のストレッチです。反り腰を解消するためには柔軟性が必要となります。股関節を柔らかくすることは体全体にも良い効果があります。まずあぐらをかきます。足裏を合わせます。手で持って膝を床につけるようにして揺らします。約30秒位行います。股関節のストレッチが終わたら、脱力した状態します。その後膝を動かします。15回位が良いでしょう。

反り腰解消ストレッチ④腸腰筋

kokacare_officialさんの投稿
35616669 188780938645133 1241180196321624064 n

腸腰筋これはモモの付け根当たりの筋肉です。反り腰では骨盤が前傾しているため、この腸腰筋が緊張状態にあります。骨盤が前傾になっている状態を戻すための、ストレッチです。立て膝になります。その時後ろの足の甲を床につけます。きれいな姿勢を保ちながら、体重を前に移動します。左右30秒位行います。

反り腰解消ストレッチ⑤大腿四頭筋

synapsept401さんの投稿
41397903 414130789126728 2344699760944819339 n

大腿四頭筋の緊張をほぐすことも反り腰に有効なようです。ももの表側の筋肉である大腿四頭筋のストレッチです。右足を曲げて座ります。その時外側に曲げましょう。両肘をつき左手の方に体重をかけます。次は右とこれを左右行います。左右30秒位で良いでしょう。ストレッチで反り腰を解消出来たら良いですね!

反り腰解消トレーニング①クランチ

反り腰とはストレッチをしただけでは効果は出ません。筋肉を同時に鍛えなければいけないからです。ポッコリお腹を引き締めるためにも、トレーニングが必要です。始めにクランチと言うトレーニングを紹介します。仰向けになり、膝を90度曲げます。上体を起こします。そして手をくるぶしまで伸ばす。これを10回3セットで行います。きつめのトレーニングです。

反り腰解消トレーニング②ヒップリフト

次はおしりの筋肉を鍛えるトレーニングです。反り腰の解消トレーニングに役立ちます。膝を90度に曲げ、おしりを床から持ち上げます。その時、膝から鎖骨までまっすぐに持ちあげ上げます。右左の足を交互に動かします。これも10回3セット右左出来れば良いでしょう。おしりの筋肉を鍛える機会はあまりありません。反り腰解消のため頑張ってみましょう。

反り腰解消トレーニング③ヒップリフトウエストスクイーズ

setoeichiさんの投稿
20759914 2001857823363854 8434698449399578624 n

ウエストのシェイプアップ効果もあるトレーニングです。おしりと腹斜筋を鍛えます。膝を90度に曲げた状態で、ヒップリフトと同じように、おしりを膝から鎖骨までまっすぐに持ち上げます。両肩は床から離れないようにします。そして膝を左右に倒します。おしりが床につかないようにします。右左15回3セットで行います。一番きついトレーニングです。無理せず試してみましょう。

 

Thumb反り腰にはストレッチが効果的!ポッコリお腹や肩こりの悩みから脱出! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

反り腰の原因<普段の生活で予防>

kamomi_style_yoga_studioさんの投稿
43002484 693179721063636 7567309863795773978 n

反り腰の原因は普段の生活でも予防が出来ます。反り腰とは普段の姿勢も影響しています。例えば猫背は前にうつむいた状態になっています。その姿勢を変えなければいけません。腰痛の症状を出さないためにも、注意が必要です。ストレッチをしながら、日常生活を見直して反り腰を予防しましょう。

studioearkさんの投稿
21294999 466106873770485 557781029000052736 n

どんなことが、反り腰になる原因を作ってしまっているのでしょうか?反り腰は日常生活の中の自分自身の癖が影響しているのではないでしょうか?自分の癖は分からない事が有ります。注意をしてみることです。メタボリックシンドローム対策のように、食事のコントロールではありません。反り腰対策ではやはり姿勢が大きく影響してきます。まず姿勢を見直してみましょう。

反り腰の原因はハイヒール

j_jador_707さんの投稿
43696033 551384035300234 2420643494706194811 n

靴は姿勢に大きく影響してきます。自分の足にサイズが合わないものや、特に細いタイプのハイヒールは注意した方が良いでしょう。どうしても、細いハイヒールを履いていると、姿勢が崩れてしまいます。毎日履くことによって、腰にも負担がかかり腰痛の症状が出てしまう原因となります。安定感のある靴を履いている方が良いでしょう。

反り腰の原因は前かがみの姿勢

esu_esuさんの投稿
15337093 193137211176887 1672714166349070336 n

反り腰とは骨盤前傾が原因ですので、猫背の様な前かがみの姿勢はやはり良くありません。自分の姿を鏡でみて猫背ではないかを確認しましょう。正しい姿勢は体全体のバランスを整えてくれます。前かがみの姿勢ですと、歩いている時の手の振り方も違ってきます。猫背になっていたならば矯正をした方が良いでしょう。

反り腰の原因は運動不足によるもの

ryoooo889さんの投稿
44374532 739041256430624 7390823057038465021 n

運動不足も反り腰の原因になります。ストレッチを取り入れながら腹筋、背筋を鍛えることです。ウォーキングなども取り入れ、体を動かすことを日常の中ですることが大事です。運動も日常の中で工夫をすればジムに通わなくても出来ることはあります。スニーカーを履いて正しい姿勢で、歩くことから始めても良いかも知れません。

反り腰の原因は前方に体重を乗せないこと

takaco.chさんの投稿
44805717 692411971131343 4974162430251423982 n

体をつま先などの前方に乗せる事で前に力が入ります。骨盤前傾を改善するならば注意したいことです。反り腰とはこの骨盤前傾にしないことが大事になってきます。体重を前方に乗せないような姿勢を保つことが大事です。腰痛症状のでる反り腰は日常の中で改善できることもあります。日常生活を見直してみましょう。

反り腰の原因を知ってしっかり予防!

gokurakustさんの投稿
39370224 2023303107979868 2863036679961182208 n

誰でも、歩いてる姿が美しいことに憧れます。モデルとまではいきませんが、足や手の動きまでもが、バランス良く動いていたら良いですよね。今回反り腰とは?その原因について紹介してきました。自分だけではなく、他の人の歩く姿にも目がいくようになったのではないでしょうか?腰痛に悩む人は多いようです。反り腰と分かったら、正しい解消法で予防していきましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ