日本人の珍しい苗字ランキング!日本に実在する変わった苗字のまとめ

日本には30万種以上の苗字があると言われており、世界でも有数の苗字大国と言えます。その中には、漢字一文字や読み方が変わっている苗字、人数ランキングで少ない苗字など、珍しい苗字がたくさんあります。そこで、日本に実在する珍しい苗字をランキング形式でご紹介します。

目次

  1. 日本人の珍しい苗字は色々ある!
  2. 珍しい苗字ランキング<一文字部門>
  3. 珍しい苗字ランキング<三文字部門>
  4. 珍しい苗字ランキング<かっこいい部門>
  5. 珍しい苗字ランキング<芸能人部門>
  6. 珍しい苗字ランキング<読み方部門>
  7. 珍しい苗字ランキング<珍しい部門>
  8. 珍しい苗字ランキングの結果はどう?

日本人の珍しい苗字は色々ある!

日本人が誰でも持っているものの一つが、苗字ですよね。日本にいくつの苗字があるか、ご存知ですか?日本の苗字研究家で文学博士の丹羽基二が、一生をかけて研究した成果として刊行した『日本苗字大辞典』(1996年)によると、30万種類以上の苗字があるのだそうです。30万種もの苗字がある日本は、世界でも有数の苗字大国と言えるのです。そして、日本人の苗字の約8割は、地名に由来するとされています。

では、日本人の苗字と言えば、思い浮かぶものはどんな苗字でしょうか?世帯数1位の佐藤、2位の鈴木といった苗字は、誰もが知っていますよね。一方で、世帯数が少ない苗字や漢字一文字、難読など珍しい苗字も、いろいろ実在するのです。皆さんの周りにも、珍しい苗字の方がいるのではないでしょうか?

珍しい苗字の実在するものをランキング化

日本人には、珍しい苗字がたくさんあるとご紹介しました。どんな珍しい苗字があるのか、興味がわきませんか?そこで、あまり聞いたことのない珍しい苗字から、芸能人の珍しい苗字まで、日本に実在する珍しい苗字をカテゴリー別にランキング形式でご紹介します。

Thumb日本人の変わった苗字ランキング!珍しい・かっこいい読み方の一覧! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

珍しい苗字ランキング<一文字部門>

日本人の苗字としても、漢字一文字という苗字は、それだけで珍しいですしインパクトもありますよね。その分、イメージが規定されやすいと思われているのか、芸能人には一文字の苗字の人はあまりいませんね。珍しい苗字の1カテゴリーと言えますが、実は漢字一文字の苗字自体はたくさんの種類があるんですよ。そこで、漢字一文字の珍しい苗字をランキング形式でご紹介しますね。

珍しい苗字5位:弥

早速、難読の苗字からご紹介しましょう。こちらは「わたり」「や」「ひさし」と読む苗字です。「わたり」という読みの苗字は、俳優の渡哲也の芸名として有名な「渡」や「亘理」などいろいろな漢字の苗字がありますが、「弥」と書いて「わたり」と読む苗字は珍しく、愛媛県松山市のほか新潟県など全国でも40人程度しか実在しないそうです。

 

「わたり」は、清和天皇を祖とする、清和源氏村上氏流安藤氏の庶流と言われます。他に津軽、三河国、美濃国をルーツとする安藤氏が存在しますが、「弥」は、これらの安藤氏とは関係のない苗字のようです。

珍しい苗字4位:奏

「かなで」または「はた」と読みます。漢字のイメージから、音楽と関係がありそうに思える珍しい苗字ですよね。実際は、秦の始皇帝の子孫と言われる秦氏に由来する苗字「秦」(はた)の異形の苗字です。秦の字の書き間違いから始まったのでしょうか?他に、相撲の元祖・野見宿彌の子孫(平城天皇の子孫とも)である大江氏、古代の氏族・物部氏にもみられる苗字です。

現在、全国に40人程度しか実在せず、ランキングでも46,000位台と非常に珍しい苗字なんですよ。現在は、千葉県や島根県、青森県などに分布しています。

珍しい苗字3位:肴

「さかな」と読みます。「肴」とは「お酒を飲む際に添える食品」を意味する言葉です。酒の肴には魚介類が多く使用されたため、江戸時代から魚類のことも「さかな」と呼ぶようになったそうです。「肴」という苗字の由来は明らかではありませんが、大村湾に面した長崎県東彼杵軍東彼杵町に分布する苗字なので、魚や漁からきているのかもしれませんね。現在、10人程度しか実在せず、ランキングでも90,000位台と非常に珍しい苗字です。

珍しい苗字2位:四

これも難読の苗字ですね。「あずま」と読みます。「四阿」(あずまや)に由来する読み方でしょう。四阿の「阿」は棟のことで、四阿は、柱だけで壁面をほとんど持たないか、持っていても簡素な造りの建物です。公園や庭園によくありますよね。

「四阿」は「東屋」とも書き、「東国風のひなびた家」という意味から生じた読みです。四は、現在、新潟県に1世帯だけ実在すると言われる非常に珍しい苗字です。ちなみに「四阿」と書いて「あずま」と読む苗字もあり、こちらは全国に約60人実在するそうです。

珍しい苗字1位:粧

「よそおい」または「よそい」と読みます。実在するのは全国でも10人程度の、珍しい苗字の一つです。近年は、東京都に見られます。「化粧坂」(けしょうざか)「佐粧」(さしょう)「粧田」(しょうだ)など「粧」の文字を含む苗字もありますが、これらも実在する人数の少ない珍しい苗字なんですよ。由来については明らかではありませんが、漢字の意味から化粧や化粧師に関わりがあるのかもしれませんね。

珍しい苗字ランキング<三文字部門>

日本人の苗字で多いのは、漢字二文字の苗字でしょう。前項では、漢字一文字の珍しい苗字ランキングをご紹介しました。一方、文字数の多い三文字の苗字もありますね。三文字の苗字というとどんなイメージを持ちますか?何となく、良い家柄のようなイメージがしないでもないですね。ここでは、三文字の苗字ではどんな珍しい苗字があるのか、ランキング形式でご紹介しましょう。

珍しい苗字5位:葉加瀬

kanochan715さんの投稿
43985937 192926498272635 5797222120295262581 n

「はかせ」と読みます。芸能人では、バイオリニストの葉加瀬太郎が有名ですね。京都府京都市を中心に、滋賀県、東京都などに30人が実在する珍しい苗字です。ランキングでは、56,000位台になります。京都の山城発祥とも、福井県敦賀市蓬莱町で雑穀、魚肥を扱っていたとも伝えられる伝統的な苗字です。

珍しい苗字4位:幸福田

「こうふくだ」と読みます。「幸福」な「田」という、食べるのに困らなさそうな、なんとも縁起の良い苗字ですね。現在は、大阪府に約10人が実在するだけという珍しい苗字で、ランキングではランク外となるほどです。この苗字の由来は、明らかではありません。日本人が生活の基盤としてきた稲田に福があるようにと願ったか、稲田の恵みを「幸福」と表したのかもしれませんね。

珍しい苗字3位:志堅原

沖縄県には、三文字に限らず珍しい苗字が多いですよね。「志堅原」は「しけんばる」と読みます。沖縄県南城市玉城間切志堅原をルーツとする、琉球王国時代からある苗字です。九州にも田原坂(たばるざか)など、「原」を「ばる」と読む地名があり、九州と沖縄のつながりを感じさせますね。沖縄県には、この他にもボクシング王者の具志堅用高で有名な「具志堅」(ぐしけん)や地名で有名な「嘉手納」(かでな)といった、三文字の珍しい苗字がいろいろあります。

珍しい苗字2位:角力山

「すもうやま」「すもやま」と読みます。日本人がこよなく愛する相撲に由来する苗字です。草相撲で優勝したことで、伊達政宗から1594年(文禄3年)ころに賜った苗字と伝えられており、福島県や山形県には地名が見られます。現在では、宮城県と北海道に分布しています。約90人が実在し、ランキングでは33,000位台という珍しい苗字です。

珍しい苗字1位:西四辻

「にしよつつじ」と読む苗字です。公家の西四辻家に由来する苗字とも、江戸時代に京都府京都市で四辻(よつじ)氏が西へ出て称したとも伝えられます。京都には、他にも通りの名に由来する公家の苗字を発祥とする「姉小路」(あねこうじ)や、「持明院」(じみょういん)など三文字の珍しい苗字がいくつもあります。これらの苗字のイメージから、三文字の苗字に良い家柄のイメージがあるのかもしれませんね。

珍しい苗字ランキング<かっこいい部門>

ここまで、文字数を基準に日本人には珍しい苗字をご紹介してきました。続いては、珍しい苗字の中でも「かっこいい」苗字をランキングでご紹介していきます。かっこいいと思う基準は人それぞれですが、漢字の組み合わせによる見た目がかっこいい苗字や、読みの響きがかっこいい苗字から5つ選んでみました。

珍しい苗字5位:世良

masanoriseraさんの投稿
43779219 2126816297579394 1518950862014899039 n

「せら」「せよし」と読みます。「せら」という響きが、かっこいいですよね。芸能人では、ロックミュージシャン・俳優の世良公則が有名ですね。アニメやゲームのキャラクターでも、よく見る苗字です。実在する約5,400人中、約1,900人が広島県に分布しています。現在の広島県東部に当たる備後の国の世羅郡がルーツと言われる「世羅」(せら)の異形です。

珍しい苗字4位:華宮

「はなみや」と読んでしまいそうですが、「かく」と読みます。群馬県前橋市に約10人実在するだけで、ランキングではランク外になるほど珍しい苗字です。この苗字の由来は、明らかではありません。同じ「かく」という読みでは、女優の賀来千香子で有名になった「賀来」という苗字もありますが、こちらも実在するのは約5,400人と珍しい苗字の一つです。

珍しい苗字3位:柳楽

oh_my_asian_boyさんの投稿
42860739 2204757749844878 7745813767024489695 n

「なぎら」「なら」をはじめとして、読み方が多くある苗字です。中でも馴染みがあるのは、「やぎら」という読み方でしょう。芸能人では、映画『誰も知らない』で鮮烈なデビューを飾った柳楽優弥が有名ですね。「柳楽」は「奈喜良」(なぎら)の異形で、「やぎら」は新しい読み方です。伯耆の国(現鳥取県)発祥の苗字で、現在は実在する約3,000人のうち、約1,400人が島根県出雲市に分布しています。

珍しい苗字2位:纐纈

この苗字は、読むのも書くのも難しいですね。読み方は、「こうけつ」「こうきつ」「くくり」「あやめ」といろいろあります。どれも、かっこいい響きですよね。非常に難しい漢字の見た目も、かっこいい苗字です。5,400人も実在するというのは、ちょっと意外ですよね。美濃国可児郡久々利村(現岐阜県)がルーツの絞り染め「纐纈染め」に由来する苗字です。岐阜県や愛知県に集中して分布し、近畿地方より西ではほとんど見られないそうです。

珍しい苗字1位:世界

雄大な苗字ですよね。読みは、ずばり「せかい」です。元は、「瀬賀」という苗字で、「せが」「せかい」という読みに「世界」の文字を当てた創作姓です。北海道や愛知県に多く、北海道札幌市では祈祷師が称したとも伝えられています。「新たに開かれた土地」「新開地」を語源とする「新開」「新界」(しんかい)という苗字と関連があるという説もあります。全国に20人、ランキングでは68,000位台という珍しい苗字です。

Thumbかっこいい苗字に憧れる!実在する和風や珍しい姓を勝手にランキング! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

珍しい苗字ランキング<芸能人部門>

芸能人や著名人には、珍しい苗字の人が意外と多いですよね。2018年9月に引退した安室奈美恵の「安室」(あむろ)や「あまちゃん」で一躍有名になった能年玲奈の「能年」(のうねん)など、パッと思い浮かぶ珍しい苗字は少なくありません。でも、テレビや雑誌で目にすることが多いので馴染みがあるものの、実際に会ったことがあるという人は少ないのではないでしょうか?そこで、芸能人の珍しい苗字のランキングをお届けします。

珍しい苗字5位:貫地谷

shihori_kanjiyaさんの投稿
37974455 228793057963531 4533080411739258880 n

芸能人では、女優の貫地谷しほりさんが有名ですね。「かんじや」と読む、伝統的な苗字です。広島県西部の安芸発祥の苗字と言われています。由来は明らかではありませんが、「鍛冶屋」という屋号を由来とするとも言われています。約30人が実在し、ランキングでは64,000位台と非常に珍しい苗字です。主に、広島県に分布しています。

珍しい苗字4位:八奈見

「やなみ」と読みます。芸能人としては、声優の八奈見乗児が有名ですね。八奈見乗児は本名ではありませんが、東京都に約10人が実在します。長崎県、福岡県、佐賀県に約700人が実在する「八並」(やなみ)と語源を同じくするとされます。「八並」は、佐賀県武雄市武雄町大字富岡の小字の八並発祥の、伝統的な苗字です。八奈見は八並の異形かもしれません。

珍しい苗字3位:蛍原

「ほとはら」「ほたるはら」と読む苗字です。芸能人では、雨上がり決死隊の「ホトちゃん」こと蛍原徹の苗字として有名です。この苗字の由来は、明らかではありません。「ほと」とは、大和言葉で火山の噴火口または二股の地、渓谷などを意味します。このような地形がルーツとする説、また、ホタルイカの水揚げの地域を由来とする説があります。静岡県、北海道、石川県に分布があり、約20人が実在する珍しい苗字です。

珍しい苗字2位:夏焼

miyaaa0825さんの投稿
41885921 2213780852028697 4856764197113392129 n

芸能人では、Berryz工房・夏焼雅の苗字として有名ですね。「なつやき」と読みます。青森県上北郡の地名をルーツとする苗字です。夏焼とは、夏に行う焼き畑のことで、焼き畑が盛んにおこなわれていたことに由来すると考えられています。現在は、青森県、北海道にそれぞれ約10人が実在する珍しい苗字です。

珍しい苗字1位:蓼丸

clivewu1012さんの投稿
12904999 259015684447749 982439242 n

この苗字を聞いたことのある人は、殆どいないでしょう。芸能人通の人は、知っているかもしれませんね。女優の綾瀬はるかの本名で、「たでまる」と読みます。現在、広島県広島市にごく少数実在するだけの、非常に珍しい苗字です。「蓼」は「蓼食う虫も好き好き」ということわざにもなっている植物の蓼であり、「丸」については 城郭の内部を指す「丸」に由来するという説があります。

珍しい苗字ランキング<読み方部門>

難しくて読めないという苗字の人に出会ったことはありますか?漢字には様々な読みがあるため、難読漢字も多いのですが、読み方が難しい苗字には難しい漢字の読みだけではなく、ちょっとひねった読み方をする苗字もたくさんあります。日本人らしい洒落の利いた粋な苗字も多い、読み方の難しい珍しい苗字をランキング形式でご紹介します。

珍しい苗字5位:月見里

素直に読めば「つきみさと」ですが、実は「やまなし」と読みます。「月が見える里」すなわち「周囲に山がない里」という意味で「やまなし」と読ませる苗字で、「山梨」の異形です。日本人の粋がうかがえますね。静岡県、千葉県などに約300人が実在し、ランキングでは18,000位台という珍しい苗字です。同じような発想の難読苗字に、「小鳥遊」(たかなし)があります。小鳥遊はさらに珍しい苗字で、実在するのは約30人です。

珍しい苗字4位:塙

yuujirou423さんの投稿
41920855 410793796126870 471355233846555403 n

一見して、何と読むか判断のつかない漢字ですよね。「はなわ」という読みを知れば、ピンとくるのではないでしょうか。複数の芸能人や著名人のいる苗字です。芸能人では、芸人のはなわ(本名 塙尚輝)が有名ですね。塙は、山が突き出た箇所・小高い所を意味する漢字です。茨城県の地名を起源とし、約14,000人が実在します。

珍しい苗字3位:笛吹

「ふえふき」とも読みますが、「うすい」の方がメインの読み方となります。芸能人ではありませんが、ニュースキャスターの笛吹雅子さんが有名ですね。福井県南条郡南越前町上野を本拠とする苗字で、古代の祭や儀式において笛の演奏を担当した笛吹連の子孫と言われています。現在は、実在する約600人のうち約200人が福井県に分布しています。ランキングでは、10,000位台という珍しい苗字です。

珍しい苗字2位:筒香

baystars_officialさんの投稿
42469765 331293304085689 2825157032936119552 n

「つつごう」と読みます。芸能人ではありませんが、野球選手の筒香嘉智で知られる苗字です。和歌山県伊都郡高野町にある「筒香」(つつが)を発祥とするとされます。筒香は、鎌倉時代から記録がある地名です。現在は、愛知県に約10人、和歌山県にごく少数が実在します。ランキングではランク外になるほどの珍しい苗字です。

珍しい苗字1位:水卜

y.tsubokuraさんの投稿
11820591 1669711426593504 526325179 n

芸能人ではありませんが、アナウンサーの水卜麻美で知られるようになった苗字ですね。水卜アナの愛称が「みとちゃん」であるように、つい「みと」と読んでしまいますよね。「卜」は「うらなう」と読む漢字で、「卜占」(ぼくせん)と書けば、ピンと来る人もいるのではないでしょうか?香川県さぬき市の光明寺の僧侶により、明治に作られた苗字です。千葉県市川市では、室町時代から水を使った占いをしていたことに由来すると伝えられています。

珍しい苗字ランキング<珍しい部門>

全国世帯数が非常に少ない苗字とは

ここまで、カテゴリー別に日本に実在する珍しい苗字についてご紹介してきました。日本人の珍しい苗字の中には、パッと見ると珍しいけれども、実在する数は多いという苗字も実はたくさんあります。一方で、全国に10人程度しか実在しないと言われる珍しい苗字もあります。そこで最後に、珍しい苗字の中でも、全国で世帯数の非常に少ない苗字のランキングをご紹介しますね。

珍しい苗字5位:双葉

「ふたば」と読む苗字です。同じ読みで「二葉」という苗字もありますが、こちらは東京や首都圏に多く、世帯数のランキングではあまり珍しい苗字ではないようです。「双葉」は佐賀県に見られる苗字ですが、その佐賀でも10人いるかどうかという珍しい苗字なのだそうです。難しい漢字でもなく難読でもありませんが、世帯数は少ないんですね。

珍しい苗字4位:焼塩

塩の商品名でありそうな苗字ですよね。漢字の読みは「やきしお」です。現在、石川県に10人ほど実在するだけの非常に珍しい苗字です。焼塩は、塩を高温で焼いたもので、塩を遠くに運ぶときや塩壺なしで長期保存をするときなどに使われました。この塩を焼く仕事に就いていた人やその場所に住んでいた人がルーツと考えられています。焼塩は江戸時代には、石川県能登半島で盛んだったようです。

珍しい苗字3位:四月一日

この苗字を読める人は少なそうですね。「わたぬき」と読みます。同じ読みでは「綿貫」「四月朔日」という苗字があります。「四月一日」は、旧暦の四月一日に服から綿を抜くことを、「綿貫」の漢字にかけた苗字と言われています。宮崎県日南市に、10人程度存在する苗字です。ちなみに「四月朔日」は全国に300人程度実在し、「四月一日」よりは多いようです。同じ読みでも漢字によって実在数が大きく異なるんですね。

珍しい苗字2位:廻り道

読みは、「まわりみち」です。平仮名が入る点でも、珍しい苗字ですよね。ルーツは、和歌山県日高郡日高川町千津川廻り道という地名です。同じルーツで同じ読みの「回り道」という苗字もあり、こちらも全国に20人程度と、珍しい苗字の一つとなっています。「まはりみち」と歴史的仮名遣いの読みを使う人もいるようです。

珍しい苗字1位:勘解由小路

これは、難読の苗字としても第1位級ですね。「かでのこうじ」と読みます。京都府京都市下立売通付近を、古くは「勘解由小路」と呼んでいました。これは平安時代には記録のある地名で、「勘解由小路」という苗字はここに居を構えた公家に由来するものです。現在は、山口県山陽小野田市に1世帯(2014年現在)だけ実在します。また、日本人の苗字で実在する中でも、2つしかない漢字5文字の苗字の一つでもあります。

珍しい苗字ランキングの結果はどう?

30万種とも言われる日本人の苗字の中で特に珍しい苗字を、カテゴリー別にランキング形式でご紹介してきました。この結果は、いかがでしたか?皆さんがご存知の苗字はありましたか?日本人の苗字には、本当に珍しい苗字がたくさんあり、ここでご紹介したのはほんの一部です。

日本人の苗字は、当然ともいえますが、一般に漢字で表記されています。そのため、難読漢字が含まれた苗字が読みにくいのは当たり前として、日本人らしい洒落や粋によって当て字をしたために読みにくい苗字もたくさんありました。

また、冒頭でも述べましたが、日本人の苗字の8割は地名由来と言われます。地名には、地形やそこで行われていた生業などを由来とするものが多く、日本に古来からある職業がどんなものか分かるのも面白いですよね。地名由来の苗字としては、京都の通りや寺を由来とする珍しい苗字もいくつもありましたね。この記事をきっかけに、自分や周囲の人の苗字に興味を持ったら、ネットでもいろいろなサイトがあるので調べてみると面白いですよ。

Thumb可愛い苗字ランキング!ペンネームに使いたい女子が憧れる苗字を紹介 | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ