魚×スズキについてまとめ!特徴から美味しい食べ方もご紹介!

白身であっさりとしている高級魚のスズキは、コース料理のメインとしてムニエルやソテーとして出されることが多いようです。魚釣り用語では、シーバスとも呼ばれているスズキは、出世魚で呼び名が変化します。知れば知るほど奥が深いスズキの魅力をご紹介します。

目次

  1. 美味しい魚「スズキ」の特徴とレシピ集!
  2. 魚の「スズキ」とは?
  3. 魚のスズキの釣り方
  4. 魚のスズキレシピ<焼き物料理>
  5. 魚のスズキレシピ<煮物料理>
  6. 魚のスズキレシピ<揚げ物料理>
  7. 魚のスズキレシピ<刺身料理>
  8. 魚のスズキレシピ<イタリアン料理>
  9. 魚のスズキレシピ<子供に人気の料理>
  10. 魚のスズキの美味しい食べ方を実践しよう!

美味しい魚「スズキ」の特徴とレシピ集!

フランス料理のメインとして出されることがあるスズキは、高級魚としてのイメージが定着しているでしょう。白身魚であっさりとした味わいが特徴ですが、ソテーにされているスズキは、皮がしっかり焼かれていてパリッと香ばしく仕上がっています。それなのに身はふっくらと柔らかく、食べやすい一品でしょう。

淡泊な味わいのスズキは、どんな味付けでも合わせやすい魚ですが、ご家庭の食卓に並ぶ定番の魚料理としての馴染みは少ないようです。刺身にしてもフライにしても美味しいスズキですが、特に関東地方の方は普段から口にする機会がない魚かもしれません。

スズキの釣り方から数々の美味しいレシピ、更にはスズキの豆知識までを幅広くご紹介します。スズキを知っていた方知らなかった方も、スズキの特徴を詳しく知って、ご自身に合った美味しいスズキの食べ方や、調理方法を見つけてください。

魚の「スズキ」とは?

kunihiko_hamamotoさんの投稿
42181997 876260632497924 8057471096967588361 n

高級魚として扱われている印象が強いスズキですが、魚釣りが好きな方はシーバス釣りとして馴染みがあるかもしれません。またよく見てみると、お魚売り場が充実しているスーパーなどでは一匹丸ごと売られている場合もあります。

一般的なスズキの大きさは、約60センチ以上と大きめで4歳以上がそう呼ばれています。スズキは出生魚なので、成長過程で呼び名が変わります。魚の成長過程で呼び方が変化する出世魚は、ブリが一般的に知られているでしょう。関東では「ワカシ」「イナダ」「ワラサ」「ブリ」と呼び名が変化し、関西では「ツバス」「ハマチ」「メジロ」「ブリ」と呼ばれています。

スズキは出世魚

スズキの名前ですが、関東地方と関西地方では少し呼び方が違っているようです。幼魚のことを「コッパ」と呼び、一年後に約20センチから25センチに成長すると「セイゴ」になります。その後3年経つと約40センチになり「フッコ」、4年後に「スズキ」となります。100センチ以上に成長すると「オオタロウ」になるそうです。

出生魚で呼び名が違うというだけではなく、関東地方と関西地方など、その土地で呼び名が違う魚も数多くあるようです。スズキの場合、関東地方では「セイゴ」「フッコ」「スズキ」ですが、関西地方は「セイゴ」「ハネ」「スズキ」と呼ばれているそうです。

近年の将棋ブームで、出生魚の名前を使った将棋が話題になりました。将棋の街、山形県天童市は将棋の駒の生産量が日本一だそうです。そして、将棋のタイトル戦も数多く開催されています。将棋は相手の陣地に入るとより強力な駒へと進化します。そのルールを利用して、出生魚であるハマチがブリに変わるユニークな将棋があるそうです。

魚のスズキの漢字•名前の由来

スズキを漢字で書くと「鱸」と書き表します。魚編に盧(ろ)という字を書いていますが、この盧という文字には黒という意味があるそうです。スズキの特徴ともいえるのは身体が黒いことなので、このような漢字が使われているという説があります。

漢字の由来やスズキの名前の由来は諸説あり、真相は分かりませんが、うろこが綺麗に濯(すす)がれているようなのでスズキという説や、うろこが煤(すす)けているからスズキだという説など、様々な由来があるようです。「鈴木さん」が発見した魚だからスズキと呼ばれている訳ではなく、鈴木さんとは関係性はなさそうです。

魚へんの漢字のほとんどが魚の名前ですが、魚ではなくても魚へんを使った漢字もあるようです。意識して覚えないと読むのが難しい魚編の漢字は、クイズ番組でも問題に出ることが多いでしょう。上記の漢字の読み方は「①ひれ、②はまち、③ほっけ、④すずき」なので、正解は①です。

スズキは魚の中でも値段が高かった

白身魚で上品な味付けが似合うスズキは、フランス料理はもちろん、日本料理でも幅広く使われている魚です。しかし、一般家庭では日常の食卓に並ぶことはあまりないでしょう。スズキが高級魚と言われているのはなぜでしょう。

クエやタイにヒラメなどは、高級魚のイメージが定着している魚でしょう。スズキも同様で、馴染みが少なく食べる機会も少ないはずです。高級料理に使われている魚なので、ご自身で調理が難しいと思われるせいか、積極的に購入することも少ないでしょう。

天然のスズキの旬は冬から春や初夏にかけてです。大きさにもよりますが、その季節のスズキは一般的な魚の価格とさほど変わらず購入できるようです。養殖のスズキキは夏場に出荷されているようで、その頃は高価になっているようです。

スズキの魚料理は美味しい!

スズキは、関東地方よりも関西地方で多く食べられている魚のようなので、関東地方の方にはあまり馴染みがない魚かもしれません。スズキの味は淡泊な白身であっさりしているので、どんな調理方法でも美味しいでしょう。スズキの旬の時期の食べ方では、スズキのあらいが楽しめるでしょう。

魚の特徴である生臭さが気になる場合、スズキの特徴を知った調理方法を心掛けましょう。それは、臭いが残りやすい皮の処理をきちんと行うことです。特に刺身で食べる場合は、皮を取って食べることをオススメします。スーパーや魚屋さんで購入したスズキの場合は、下処理がされているので気にせず調理して問題ないでしょう。

美味しい食べ方としては、皮を使わない料理のようです。また、釣った産地によって味が違ってくるそうです。スズキの特徴を知って上手な調理方法することで、高級魚というイメージがなくなり、馴染みのある魚になるでしょう。ご自身の好みのスズキのレシピをマスターして、美味しい食べ方でスズキを堪能して下さい。

スズキの味の特徴は、淡泊な白身の魚です。どんな味付けでも美味しい食べ方が出来るでしょう。あっさりとした刺身や塩焼きでも十分に美味しいでしょうけれど、パンチのある食べ方もスズキにはピッタリです。ご飯のおかずとしてだけではなく、お酒のおつまみとしても大活躍のレシピです。

魚のスズキの釣り方

シーバスとはスズキのことです。魚釣りが趣味ではない方でも、シーバス釣りと言う単語は耳にしたことがあるでしょう。岸釣りで釣れやすい魚でしかも大物が狙えるとあって、釣りをされる方にとってスズキは人気の魚でしょう。

魚釣り全般に言えることでしょうが、スズキを釣るために必要なポイントは、スズキがどの辺に生息しているかの特徴を知り、見極めることが重要なポイントでしょう。そして出生魚のスズキは、成長過程で食べるエサも違ってくるでしょう。何をエサとして釣ればよいのか、更に特徴を詳しく知ることが大切です。

スズキは一年中釣れる魚ですが、やはり季節や水温によって釣れる場所が違っているそうです。魚釣り道具が高級だからかといって釣れるわけではなさそうです。スズキの特徴を知り、ランカーサイズを狙ってゲットしちゃいましょう。

魚が釣れたときは大きな喜びとなり、また魚釣りを楽しみたいと思われるでしょう。そのためにも、タバコのポイ捨てやゴミを持ち帰るなどの当たり前のルールは守り、海をきれいに保ちシーバス釣りを満喫してください。

魚のスズキレシピ<焼き物料理>

白身であっさりとしたスズキの特徴である、美味しい魅力を知るレシピにオススメなのは焼き料理です。シンプルな調理方法なので、素材の持っている特徴を感じられる食べ方でしょう。スズキ本来の甘味が堪能できる一品でしょう。

スズキの美味しい焼き方のポイントは、まずスズキをきれいに洗うことです。魚独特の臭みの原因は、魚本来の生臭さと魚の脂肪が酸化している臭いが原因といわれています。生臭さを消すために行うことは、清酒や本みりんに含まれている、アルコールの成分と一緒に生臭さを飛ばしてもらうことです。

また、スズキや魚の臭みが出てしまう原因の一つに、よく焼かないということが考えられます。皮目に切れ込みを入れることで身の部分に火が通りやすくなります。包丁でも構いませんが、カッターナイフで皮目に切れ目を入れることで皮が綺麗に切れるため、パリッと美味しい仕上がりの食べ方になります。

スズキの焼き物で洋風レシピ

同じスズキの焼き魚でも、洋風にアレンジすることも可能です。レモンの輪切りを一切れ乗せただけでも、グッとおしゃれな焼き魚に大変身です。また、魚の生臭さを解消する調理方法として理にかなっています。魚に含まれている金属の酸化を防ぐには、レモンやこうじを使うことです。脂肪の酸化に対処できるので、スズキがより美味しいと感じられるでしょう。

特別な夕食を演出したい時などは、香草のタイムを加えて作るホイル焼きがオススメです。魚の生臭みがきちんと取れる下処理をしたら、香草のいい香りをまとわせてスズキをホイル焼きにましょう。香草を加えて焼くだけで、グッと洋風レシピの食べ方に変身してくれます。もし、アルミホイルが無い場合は、クッキングシートでも調理できるそうです。

香草パン粉焼きはスズキ以外の魚でもアレンジ可能なレシピです。味付けのソースをトマトソースやマスタードソースに変えれば、レパートリーが格段に増えるでしょう。また、スライスアーモンドをパン粉にプラスすることで、風味が増し魚の臭みが気にならないでしょう。食べたときの歯ごたえも良くなるので、覚えておきたいレシピの一つです。

ご自身で作るスズキ料理も美味しいでしょうが、やはりプロの味は別格でしょう。美味しいスズキを味わいたい場合は、外食で勉強してみるのも良いでしょう。ワンパターンになりがちなスズキの焼き物ですが、レシピを知ることでレパートリーが増やせて、美味しいスズキを堪能出来るでしょう。

魚のスズキレシピ<煮物料理>

スズキのアラを使った煮物を作る場合のポイントは、霜降りという、魚の下処理を行うことです。スズキを熱湯に数秒間漬けて表面が白っぽくなったら取り出して、その後冷水に付けましょう。魚の表面についていた汚れやぬめりが取れます。時間に余裕がある場合は、霜降りの前に塩を振って15分程置いてから霜降りを行うと、より魚の臭みが取れるでしょう。

セロリやタマネギなどの香味野菜と、白ワインを煮だしたブイヨンで魚介類を煮た料理をナージュといいます。魚の上品な煮物を来客時にスッと出せたら素敵でしょう。あっと驚くレシピを披露したい場合も考えて、ちょと難しいと思われるレシピに挑戦してみるのも良いでしょう。

いつもとは違った魚の食感が楽しめるナージュはフランス料理です。焼いた魚をブイヨンで煮ることで、野菜のうま味と、凝縮された魚のソースを味わえるでしょう。スズキの味の特徴を把握して食べ方を工夫することで、魚の臭みもおさえられるでしょう。

4大中華料理の一つである四川料理は、辛さが特徴です。唐辛子や花椒と一緒に油入りの汁で、魚を辛く煮込んだ水煮魚というレシピがあります。本場の四川料理の水魚煮は、淡水魚を食材としているので、スズキではないのですが、代用できる魚でしょう。同じ味付けのバリエーションで、牛肉を使った水煮牛肉や豚肉で作る水煮肉片、豆腐を煮込んだ水煮豆腐などもあります。

魚のスズキレシピ<揚げ物料理>

唐揚げは魚だけにとどまらず、お肉も味がしっかりしている方が美味しいと感じられるでしょう。お弁当のおかずとして調理する場合は、冷めてからも美味しいと思ってもらえるよう、更に味付けをしっかりしたいものです。スズキに下味をつけて唐揚げすることが、美味しい食べ方のポイントでしょう。

スズキの臭みが気になる方は、魚を下処理する際、面倒かもしれませんが皮をはがして使わずにフライにすると良いでしょう。スズキの淡泊で上品な味を堪能できるできるはずです。より美味しくスズキを楽しめる食べ方になるでしょう。唐揚げにすることで皮がパリッと香ばしく揚がるので、魚の臭みが気にならない方はそのままでも良いでしょう。

日々の献立のなかで、天ぷらをご自身で揚げる機会は少ないかもしれません。しかし、ご自宅で調理することで揚げたての魚の天ぷらを楽しむことができる食べ方でしょう。高級魚の特徴であるスズキのあっさりとした白身は、上品な味の天ぷらに仕上がること間違いなしです。

スズキの揚げ物アレンジレシピ

スズキの唐揚げを、よりあっさり食べられる美味しいソースは、大根おろしを使ったみぞれソースでしょう。特徴的なレシピではありませんが、いつもの魚の唐揚げにひと手間プラスするだけで、定番レシピである魚の唐揚げを、ワンランクアップさせてくれる和風ソースになるでしょう。

レモンを使ったレシピ同様、すだちを使ったソースでアレンジすることで美味しいうえに、魚の特徴である臭みが軽減されるでしょう。スズキの唐揚げをあっさり食べられる美味しいレシピになっています。

魚を使った料理には和食のイメージが定着していますが、実際は各国様々なレシピでスズキの美味しい魅力を知ることができるはずです。本来の特徴はあっさりとした味のスズキですが、パンチの効いた一品に大変身のレシピです。

スズキを豪快に丸ごと一匹唐揚げにしたレシピです。大きなフライパンがないとスズキが入らないので、半分に切って揚げるなど工夫すればご家庭でも挑戦が可能かもしれません。魚の水気をよく拭き取り、片栗粉を全体によくまぶしましょう。この時、頭やひれにもきちんと片栗粉をつけないと、油ハネの原因となります。160度から170度の中温でゆっくり揚げましょう。

魚のフライの美味しい食べ方の一つに、フィッシュサンドがあります。ご飯との相性バッチリの魚のフライですが、パンとの相性もピッタリです。高カロリーを気にされる方もいるでしょうけれど、魚のフライの場合はそれほど心配しなくてもよさそうです。朝食や忙しい仕事の昼食などでも、それだけでも十分食べ応え満点の一品です。

魚のスズキレシピ<刺身料理>

新鮮な魚を味わいたい食べ方は、やはり刺身にして食べるのがオススメです。ご自身で釣られた魚の場合、どんなお店と比べても鮮度はダントツのはずです。魚を一匹丸ごとさばくのは難しいと思われるかもしれませんが、思い切って魚をさばくことに挑戦してみるのも素敵な経験でしょう。もちろん、スズキ以外の魚でも刺身は絶対に美味しいでしょう。

新鮮な魚は鮮度が落ちないうちに食べるのが好ましいでしょうけれど、どうしても一度に食べきれない場合は、昆布しめにして保存しておくのも良いでしょう。保存しておきながら昆布の味が魚に加わり、刺しみのまま食べるのとはまた違った美味しいスズキを味わえるでしょう。

スズキだけに限らず魚の臭みの原因は、皮に残りがちだといわれています。刺身にするときも皮引きをするのが良いのでしょうが、それはプロの技で難しいでしょう。ご家庭で美味しいスズキの刺身を食べたい場合は、皮を一度カリッとするまで炙りましょう。魚の特徴を知り、より美味しい調理法で魚本来の味を堪能しましょう。

ご自宅で漬け丼を作りたいと思った場合、定番の漬けレシピは、しょう油、酒、みりんで作ります。味見してそれぞれの調味料の分量を調整したらタレの完成です。ご飯にのせることを考えると、少し濃いかなと思う方が美味しいかもしれません。新鮮なスズキの刺身を漬け込み、冷蔵庫に30分程度おきましょう。ご飯にのせて美味しい漬け丼の完成です。

新鮮な魚をさばき、お店独自の秘伝のタレに漬け込んだ漬け丼は、それだけで魚の美味しいうま味を堪能できる食べ方でしょう。スズキ以外に美味しい魚が沢山のっている漬け丼は、まさに魚それぞれの違ったハーモニーを味わえるのでオススメです。

魚のスズキレシピ<イタリアン料理>

イタリア料理は、オリーブオイルを使ったレシピが数多くあります。オリーブオイルには美容や健康増進に効果が期待できる、一価不飽和脂肪酸が多く含まれているといわれ、注目されている食品の一つでしょう。

フランス料理の調理方法の一つであるソテーは、少量の油で魚や肉、野菜などを炒める方法です。ムニエルとの違いが分かりにくいかもしれませんが、小麦粉をまぶしてバターでこんがりと焼く調理方法がムニエルです。

イタリア料理と言えばトマトを使ったレシピが数多くあるでしょう。しかし昔はトマトに毒があると思われていたようです。トマトが食べられると分かるようになってからは、イタリア料理には欠かせない食材となりました。イタリア料理のメニューで目にするポモドーロとはイタリア語でトマトという意味で、ボンゴレはアサリのことです。

カルパッチョは刺身を使ったレシピの印象ですが、実はカルパッチョ発祥の国イタリアでは、生のお肉を使った料理だそうです。刺身にひと手間加えてカルパッチョにアレンジすると、いつものスズキの刺身がまた違った表情を見せてくれるでしょう。近年の刺身ブームで、イタリアでも刺身のカルパッチョも増えているようです。

イタリア料理が油そばとコラボレーションしたレシピです。パスタに合うソースなので、スズキのトマトソースも油そばとの相性もバッチリのはずです。油そば以外にもそうめんなどに合わせれば、さっぱりと食べられる、美味しいアレンジレシピになってくれそうです。

魚のスズキレシピ<子供に人気の料理>

子供達にとって、フライは安定の美味しいレシピです。揚げ物が美味しい食べ方だと分かっていても、調理の手間や後片付けの面倒さ、食べる頃には冷めてしまうなどの、デメリットが目立ってしまいがちですが、大人でも美味しいですし、お酒のおつまみとしても相性バッチリなので、心に余裕があるときは挑戦したいレシピでしょう。

あっさりとしたスズキは、トマトソースとの相性はバッチリでしょう。ホイル焼きにすることで、スズキと野菜の甘味が十分に引き出されるレシピでしょう。お子さんによっては、好き嫌いがハッキリ分かれるトマトソースですが、魚と野菜をホイルで包む時短レシピなので、チャレンジする価値は十分にあるレシピでしょう。

yumin.0917さんの投稿
13561557 835120193288161 2087516059 n

お子さんがお魚やお野菜が苦手だとしても、ホイル焼きというレシピが斬新なので、もしかしたら苦手克服レシピとして活躍してくれるかもしれません。スズキと野菜を蒸し焼きにしているので、味や風味のうま味が感じられるでしょう。食卓にアルミホイルがあり、それを開ける楽しみも加わるので、ホイル焼きはおすすめの食べ方です。

カルパッチョなので、小さいお子さんが食べるのはちょっと難しいかもしれませんが、生ものが食べられる年齢になった子供達なら、フルーツソースで食べるスズキを美味しいと喜んでくれるかもしれません。いつもの刺身でも、ひと手間プラスで大変身です。

魚のスズキの美味しい食べ方を実践しよう!

スズキの特徴を知り調理することで、料理の腕がワンランクアップすること間違いなしでしょう。スズキがより美味しいと感じられるレシピで、ご自宅の食卓が彩り、目を見張る一品が完成するでしょう。

食事は人間が生きていくうえで大切なことです。命あるものを食べて生かされていることに感謝しましょう。そして、美味しいものを美味しく調理して食べることで、ご自身のエネルギーに替え、更にパワーアップして充実した毎日を過ごして下さい。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ