ムツゴロウ王国の現在は?数々の伝説や名言を残した王国の実情に迫る!

80年代、90年代に一世風靡した「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」という番組がありました。ムツゴロウ王国に暮らす様々な動物たちを見て皆癒されたものです。その後ムツゴロウ王国はどうなったのでしょうか?彼の残した数々の伝説・名言と共に王国のその後に迫ってみましょう。

目次

  1. ムツゴウロウ王国の現在が気になる!
  2. ムツゴウロウとは
  3. ムツゴロウ王国の場所
  4. ムツゴロウの伝説
  5. ムツゴロウ名言集
  6. ムツゴウロウには3億円もの借金が!
  7. ムツゴロウ王国は現在は廃墟?
  8. ムツゴロウの現在の生活

ムツゴウロウ王国の現在が気になる!

tainaomiさんの投稿
29089679 1742684659121086 6204453092298063872 n

ムツゴロウさんはアラフォー世代にとって幼少時代の憧れの人物として懐かしい存在です。北海道ののどかな風景の中でたくさんの動物と触れ合うことができる「ムツゴロウ動物王国」には誰もが憧れたものです。毎週のようにテレビに出演しては動物の魅力を熱く語るムツゴロウさんと「ムツゴロウ動物王国」は当時非常に人気が高かったのです。

sarimaronさんの投稿
33021135 628806474139867 1244474852849483776 n

当時ムツゴロウさんと「ムツゴロウ動物王国」に憧れる若者が多数現れました。人気のピーク時には「ムツゴロウ動物王国」に住み込みで働きたいと志願する若者が後を絶えなかったという話は有名なエピソードです。そこまでの人気を博した「ムツゴロウ動物王国」ですが現在はすっかり名前を聞くこともなくなりました。現在も王国は存在しているのでしょうか?

人気番組「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」とは?

真説 動物王国物語 ムツゴロウとゆかいな仲間たちシリーズ1/畑正憲(著者)
198円
楽天で詳細を見る

そもそもムツゴロウさんが有名になったきっかけはテレビ番組の特集でした。1980年から21年間に渡りフジテレビ系列で放送された「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」という特別番組があります。ムツゴロウさんが動物王国を舞台にさまざまな動物たちと触れあっていく姿を捉えたドキュメンタリー形式の番組は常に高視聴率を記録していました。

matsunaga_hayaさんの投稿
11312461 814234281987573 394652986 n

また野生動物について博識なムツゴロウさんは王国を離れ様々な国に出かけます。南米、アフリカ、オーストラリアなどで野生動物と直接触れ合いながらリポートしていくのを全国の子どもたちが楽しみにしていたのです。時にはライオンやヒグマなど狂暴な野生動物にも抱きついて「いい子いい子」するなど現在では放送不可能な貴重映像を見ることもできました。

番組が終了したのちムツゴロウさんと動物王国をテレビで見かける機会はほとんどなくなってしまいます。現在ムツゴロウさんはどのような生活を送っているのでしょうか?また一時は東京にも存在した「ムツゴロウ動物王国」は現在どうなっているのでしょう?ムツゴロウさんの残した数々の伝説や名言を振り返りながら現在の王国の実情に迫ってみました。

ムツゴウロウとは

本名は畑正憲

lee.songihさんの投稿
43140888 552049571915100 5610492641947026205 n

若い世代にはムツゴロウさんや「ムツゴロウ動物王国」のことをあまり知らない方も多いでしょう。まずはムツゴロウさんの簡単なプロフィールを紹介します。ムツゴロウという名前はもちろんあだ名です。本名は畑正憲(はた・まさのり)といいます。1935年生まれですので2018年現在で83歳ということになります。

keiko_621aさんの投稿
42190292 2056444434408202 2326118077125323695 n

ムツゴロウさんは当時テレビによく出演されていたので芸能人という認識の方も多いでしょう。実はムツゴロウさんには文筆家・エッセイストとしての顔もあることは意外と知られていないようです。大ヒットし海外でも上映された映画「子猫物語」では監督・脚本をつとめています。「子猫物語」は日本の実写映画では歴代3位という興行成績を収めています。

akubi_mnさんの投稿
21689231 239954453200307 8242309362220007424 n

また当時12歳の安達祐実さんが主演をつとめ大ヒットした1993年の映画「REX恐竜物語」はムツゴロウさんの著書「恐竜物語〜奇跡のラフティ〜」を原作にしています。松竹映画により配給された「REX恐竜物語」は「ロード・オブ・ザ・リング」上映以前は同社配給の映画での興行成績が歴代1位でした。ムツゴロウさんは映画界ではヒットメイカーとして有名なのです。

実は九州男児?

asamilk719さんの投稿
10684259 375404132610004 1988097181 n

「ムツゴロウ動物王国」が北海道の雄大な自然で開かれたためムツゴロウさんには北海道生まれのイメージがあります。しかしムツゴロウさんの出生地は福岡県です。医師の父親の仕事の関係で幼少期は中国大陸の満州で過ごしたそうです。当時から狼と犬のハーフ犬を飼うなど動物に興味を持っていたそうです。

blaugranatokioさんの投稿
26301408 161137184518354 8471668338177605632 n

ムツゴロウさんはその後太平洋戦争が起こったため帰国しました。中学・高校時代は大分県の日田市で過ごします。北海道に移り住むのは1971年、ムツゴロウさん36歳の時でした。文筆家を志す前は有名な学研で理科関係の学習映画を制作していたそうです。ムツゴロウというあだ名は書籍を出版していた会社の編集者が付けたものだそうです。

ムツゴロウは格闘技に造詣が深い

nightbird_swさんの投稿
13388749 1252392891445158 1101612493 n

ムツゴロウさん、麻雀や囲碁の腕前が凄いことは割と有名です。しかしあまり知られていないエピソードがあります。それは格闘技への造詣が深いことです。大学で運動生理学を研究していたことからプロも顔負けの格闘技通だったそうです。ムツゴロウさんは時にプロの評論家も顔負けの格闘技論を語ることもありました。

toi_papaさんの投稿
11195786 1596048153976533 2110016053 n

ムツゴロウさんはプロレス界では伝説として語られるアントニオ猪木vsモハメド・アリ戦について鋭い考察を述べているそうです。それだけでなく2000年に行われたボクシング伝説のタイトルマッチ畑山隆則vs坂本博之戦では「始まったときに勝負がついていた」と述べるほど格闘技全般におそろしく詳しかったそうです。様々なキャラクターを持っているのですね。

ムツゴロウ王国の場所

fubuki_akitaさんの投稿
42648148 2083982708598364 7885283171873916497 n

ムツゴロウさんは学研を退社後は文筆家として神奈川県で過ごしていたそうです。大学で動物学やアメーバ生理学を学んでいたことから娘さんには動物と触れ合うような育て方をしたそうです。まだ動物愛に目覚める前で動物王国の構想もない時期には飼っていた犬が秋田犬だったことも知らなかったそうです!

tadyyyyさんの投稿
43818114 531567603922281 5941642118284257764 n

しかし娘さんが動物に対して優しくなりすぎてしまい「お魚がかわいそう」という理由で魚を食べることを嫌がるようになります。ムツゴロウさんはこのことをきっかけに北海道への移住を決意します。娘さんに自然の本当の姿を見せようと思ったのですね。

_pure_style_photographyさんの投稿
23101327 138051800171681 3423893562675167232 n

ムツゴロウさんはとても極端な人のようです。移住先に選んだのはなんと無人島でした!北海道の南東部の嶮暮帰島(けんぼっきとう)という島に約1年間滞在し、その後対岸の浜中町に移り1972年に「ムツゴロウ動物王国」を開きます。

北海道から東京の「東京ムツゴロウ動物王国」へ

人気番組「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」効果で「ムツゴロウ動物王国」には多くの若者が手伝いとやって来るようになります。当初はヒグマ、馬4頭、犬5匹、タヌキ、キツネといった動物からスタートした「ムツゴロウ動物王国」ですが動物も人もどんどん増えていきました。まさしく大自然の中の動物王国が誕生したのです。

そこでムツゴロウさんは都会に暮らす子どもたちが動物と触れ合うことができる場所を作ろうとある決意をします。それが「東京ムツゴロウ動物王国」の開園です。「東京ムツゴロウ王国」は2004年に東京サマーランドの敷地内に開園します。

しかし「東京ムツゴロウ王国」は当初見込んでいたほどの集客が見込めませんでした。やはり大自然で動物と触れ合う体験が欠かせなかったのでしょう。しかもムツゴロウさんは実質的には「東京ムツゴロウ王国」の経営には関わっていなかったそうです。そのような経緯で2007年に「東京ムツゴロウ王国」は閉園します。このことで後に多額の借金に苦しまされたそうです。

閉園に伴って北海道の元ムツゴロウ王国へ

mochapootomさんの投稿
43165690 1095454080611401 5096282654337437987 n

「東京ムツゴロウ王国」の閉園に伴いルーツである北海道浜中町の王国に全ての動物たちを連れ帰ります。元々ヒグマやキタキツネ、タヌキなど北海道の大自然ならでは動物たちとムツゴロウさんの触れ合いが番組でも人気だったため当然の帰依なのでしょうね。

ka_yo_cさんの投稿
16585147 1214204311962218 3324929600550600704 n

北海道に戻った後はテレビなどの露出が極端に減ったためムツゴロウさんを見る機会はほとんどなくなってしまいました。ブームが去った今では「ムツゴロウ動物王国」を訪れたという人の話もほとんど聞くことがありません。ムツゴロウさんと「ムツゴロウ動物王国」のその後については後ほど記述いたします。

ムツゴロウの伝説

ムツゴロウ伝説①東大現役合格

wagoneeerさんの投稿
42515504 1746856192106672 3028620686449621294 n

ムツゴロウさんは有名なこと、あまり知られていないことを含め様々な伝説を残しています。その代表格がムツゴロウさんの学歴です。なんと日本の最高学府の東京大学に現役合格しているのです。東京大学では理学部動物学科にて動物学を専攻しています。ここで動物だけでなく格闘技の観点でも知識を広げていったのですね。

komabooさんの投稿
44480001 604110600005011 4139474378700040696 n

さらに東大卒業後も大学院に進学し動物学のみならずアメーバ生理学の研究にも関わります。しかし当時から文学の世界への羨望を捨てきれなかったムツゴロウさんは大学院の修士課程の途中で大学から姿を消します。文筆家としての道を志しエッセイ、小説などで人気を博すようになるのです。

ムツゴロウ伝説②1度見た風景は記憶できる

zapataprintsさんの投稿
44870601 288702135105413 7545030990980132756 n

東大現役合格をしたムツゴロウさん、実は受験勉強を熱心にしたわけではないそうです。しかも合格したのは理科二類という難関の学部です。当時の東大理科二類は農学部・理学部・薬学部に加え現在の理科三類の医学部も含んでいます。まさにエリートコースといえるでしょう。そんな学部に淡々と進めたムツゴロウさんの頭脳はどうなっているのでしょう?

実はムツゴロウさんは記憶力が抜群に優れています。ムツゴロウさんは瞬間記憶能力、別名「アイカメラ」という能力の持ち主だったのです。瞬間記憶力とは一度目にした光景をカメラのシャッターを切るように脳内に記憶できる能力を指します。実際にムツゴロウさんは学生時代に一度読んだだけのエドガー・アラン・ポーの小説を丸暗記したという伝説も残しています。

ムツゴロウ伝説③王国設立資金の一部は麻雀で得た?

mizki0816さんの投稿
36547335 220983895211008 4072700002537832448 n

瞬間記憶能力という常人には持ち合わせない能力を持ったムツゴロウさんが動物以外に愛したものがあります。それは麻雀です。ムツゴロウさんのことをよく知る人物は彼の麻雀への偏愛ぶりから王国設立資金の一部は麻雀で得たのでは?というほどです。

abukawashinyaさんの投稿
27880668 498041110631037 9182870276210163712 n

実は麻雀愛好家の間ではムツゴロウさんは動物王国の人ではなく伝説の麻雀の初代十段位の持ち主として知られています。この逸話の何が伝説かというと通常麻雀の段位は9段までしかないのです。ムツゴロウさんがあまりに強すぎるためタイトル戦を通して十段位を作ろうという話が出たのです。そして見事に勝ち抜き初代十段位の座を得たというのです。

mamichin0906さんの投稿
18095923 1338179272965809 2935903767960223744 n

ムツゴロウさんは39歳の時に胃ガンの手術で胃を全摘出しています。ガンの再発に怯えていた時期に出会ったのが麻雀で本人は「麻雀が僕を救ってくれた」と語っています。麻雀に徹夜はつき物ですが伝説によると10日間不眠不休で麻雀を打ち続けたこともあるそうです。麻雀大会の賞金を総なめしていた時期もあるそうなので借金返済の一部に回している可能性もあります。

ムツゴロウ伝説④野生のゾウに踏みつぶされた?

akari_ri_ri_riさんの投稿
44607122 185433402343751 3133813964259108890 n

人気番組「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」では王国以外に諸外国でのロケも頻繁に行われていました。そこでも数々の伝説を残しているのがムツゴロウさんの凄いところです。特に伝説が多いのがインドやブラジルでのロケです。インドロケではなんと2トンクラスの野生のゾウに川に投げ込まれ思い切り踏みつぶされています。

looking.for.smileさんの投稿
44499473 305692456947499 7758423644053350476 n

後に本人が「あのゾウは殺そうとして踏んできた」と語っています。運よく川の流れに乗り急所を外したため一命を取り留めます。恐怖でしばらく震えが止まらなかったそうですが、その時のことをムツゴロウさんは「ビショ濡れだし、惨めなんですよ(笑)。もう、ボクはそういうのすご~く好きで!」と豪快に語っていたのもある意味伝説の名言ですね。

ムツゴロウ伝説⑤就職前の無頼生活

04_3131さんの投稿
45384355 355994574975933 2283490833671147083 n

ムツゴロウさんは大学院から姿を消した後どのような生活をしていたのでしょう。実はムツゴロウさんは無類のギャンブル好きでもあります。当時は生活費を麻雀とパチンコで稼いでいたそうです。さらに山谷という町に辿り着きます。山谷はいわゆる「ドヤ街」と呼ばれる日雇い労働者が集うあまり治安の良くないことで知られる町です。

tsubasa_campさんの投稿
30087737 234655377110500 3485874282968383488 n

ムツゴロウさんが流れ着いた山谷には1色10円という何の食材を使っているか分からないような食事っも出てきます。しかしムツゴロウさんは気にしません。ここでの生活が後の「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」でのインドや南米での過酷なロケや借金苦に耐えうる身体を作ったといわれています。ムツゴロウさんはマラリアなどの伝染病にも絶対にかからなかったそうです。

ムツゴロウ名言集

ムツゴロウ名言①ライオンに中指を噛みちぎられて

「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」という番組は現在では信じられないようなロケを行っていた伝説の番組です。王国を離れ、各国の危険地帯でムツゴロウさんは野生動物と触れ合います。その中でムツゴロウさんは様々な名言を残しています。一番有名な名言は「僕が死にかけてもカメラを回し続けてください」です。この名言、実は少し違った意味で伝わっています。

lionsbibleさんの投稿
43984754 2241086239504926 7872914380700112193 n

ムツゴロウさんがブラジルでライオンに中指を食いちぎられたという伝説の逸話があります。この話には裏話があります。ムツゴロウさんはライオンと本当に仲良くなっていました。そこには見学していた近隣住民や獣医さんなどが多数いました。その中の獣医さんが送迎の車に乗って帰っていくときに事件は起きました。

aly_renaeさんの投稿
44567279 1931454400494144 5400915669818378073 n

ライオンはムツゴロウさんも帰ってしまうと思い引き留めようと指をくわえてしまったのです。ムツゴロウさんが言うには檻越しでなければ外すことができたそうですが運悪く檻が邪魔をして指を外せません。しょうがなくムツゴロウさんは無理やり手を引き抜いたそうです。中指は骨だけが残っていたそうで自分で救急病院に行き骨を切ってもらったそうです。

それ以来カメラクルーやスタッフが下手な動きをする方が危険だと判断し「死にかけてもカメラを回して」という名言を放ったそうです。ムツゴロウさんはライオンに指を噛みちぎられたことも「大したことじゃない」という伝説の名言も残しています。

ムツゴロウ名言②ライオンに首を噛まれて

kby_jpnさんの投稿
12071184 709318889211869 1276341793 n

ムツゴロウさんはチンパンジー、ゴリラなど様々な野生動物に首を噛まれたことがあるそうです。ある時ついにライオンに首を噛みつかれます。その時の感想が伝説の名言として残されています。それが「ライオンはパーフェクトな生き物」という名言です。

lions.sandさんの投稿
44585915 1085146228328075 7920544843454509226 n

ムツゴロウさん曰く「クマに抱きすくめられても動けないことはない」そうです。本当でしょうか?しかしライオンは勝手が違いました。1ミリも動けずに30分ほど失神してしまったそうです。しかしカメラに写っていたのはライオンをよしよしする姿でした。意識を失いながら「いい子だね。何で噛んだの?そんなことしなくていいよ」と語りかけていたのです。

前述したインドゾウに踏みつぶされたエピソードといいムツゴロウさんは完全に人智を超えた存在なのです。「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」にはこのようなエピソードが山のように残されています。現在の放送基準では信じがたい伝説の番組だということが分かりますね。

ムツゴロウ名言③オレはハングリーだ!

muppett2さんの投稿
44300670 297483684199617 5973097190404972255 n

ムツゴロウさんは様々な国で本当に銃口を突き付けられています。一番有名なエピソードが撮影でインドを訪れた時の事です。折しもそのとき町全体に戒厳令が出されていたのです。しかしムツゴロウさんは一切気にしません。

intensivtaeteraggressorさんの投稿
44760101 1985704708164321 4173774419947516508 n

ホテルで1泊し朝食を食べようとドアを開けると廊下には銃を持った兵士がウヨウヨといたそうです。そして「戒厳令だから部屋から出ないように」と銃を向けられます。ムツゴロウさんは全くひるまず「偉い奴を連れて来い!」と一喝します。そこで出た伝説の名言が「俺はハングリーだ、朝食を食う権利がある!」です。その後の行動も破天荒でした。

mawaali__さんの投稿
44813983 1145957078862813 1008089655287658484 n

散々文句を言うとムツゴロウさんだけ部屋から出ることを許されます。食堂に向かったムツゴロウさんは当時のインドでは信じられない額のチップをコックに渡し「何でもいいから食わせろ!」と言いました。すると30人前ほどの食事が出てきたそうです。銃口を向けていた兵隊に食事を分けようとするも拒否されたので1人で兵隊を睨みながら朝食をとったそうです。

ムツゴウロウには3億円もの借金が!

東京ムツゴロウ動物王国閉園が原因

そんな破天荒なムツゴロウさんですが3億円物借金を背負ってしまいます。借金の原因は先に述べた「東京ムツゴロウ王国」の経営破綻でした。実質的な経営はムツゴロウさんではありません。しかし借金総額8億円の内3億円はムツゴロウさんの借金として背負うことになってしまいます。さすがのムツゴロウさんにも家族がいますので借金の額は相当な痛手でした。3億円もの借金はどのように処理をしたのでしょう。

数々の修羅場をくぐり抜けてきたムツゴロウさんは借金にも落ち込みません。動物王国は元の北海道に戻し自身の執筆活動と地道な講演会で借金を確実に返済していったのです。ムツゴロウさんほどの麻雀の腕前の持ち主なら賞金だけでもかなり借金返済の足しになったのではないでしょうか?現在ムツゴロウさんの借金は全て返済済のようです。

ムツゴロウ王国は現在は廃墟?

ムツゴロウ王国は現在も営業している

「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」の放送終了、さらに「東京ムツゴロウ王国」の閉園後の借金苦によりムツゴロウさんのメディアへの露出が極端に減ることになりました。そのことで北海道のムツゴロウ王国は閉演しており現在は廃墟になっているとの憶測がネット上に出回るようになります。借金は完済したことは分かりましたが王国はどうなったのでしょう?

mikan5544さんの投稿
28153856 185030735447702 2415818228103118848 n

借金を完済したムツゴロウさんは「ムツゴロウ動物王国」の営業はそのまま継続しています。ムツゴロウさん自身は借金返済のための公演会や執筆活動で多忙でしたので北海道の王国に行っても会うことはできないでしょう。王国には元々働いていたスタッフが残り地道に運営を続けているそうです。

ムツゴロウオフィシャルブログも更新あり

「ムツゴロウ動物王国」はホームページを開設し様々な情報発信をしていました。ムツゴロウさんへの執筆や講演会等の依頼も受け付けているようです。さらにスタッフによる「ムツゴロウ動物王国」オフィシャルブログも定期的に更新されていました。ブログでは「ムツゴロウ動物王国」を取り囲む大自然と野生動物について定期的に紹介しています。

pennylanemamaさんの投稿
44715792 2194242587510947 98756485140301424 n

また北海道の「ムツゴロウ動物王国」に残ったスタッフの中にはバンド活動をしている方もいるようです。バンド名は「アニマルパワー・ブルースバンド・echos」です。定期的に様々なライブハウスで演奏活動をしているそうです。

ムツゴロウ王国は現在一般には非公開

papillon_tsukasaさんの投稿
21911152 160742317841885 3340170352129998848 n

残念ながら北海道の「ムツゴロウ動物王国」は基本的に非公開となっています。様々なメディアによるデマや誹謗中傷、さらには以前王国に住み込んでいたスタッフが詐欺師だったという経験もしているため非公開の処置はやむをえないのでしょう。

i.am.petsitterさんの投稿
42488462 505337346600657 4659915185580999457 n

「ムツゴロウ動物王国」に様々な人たちが出入りしていたのは有名です。写真家の加納典明さんも一時期「ムツゴロウ動物王国」で暮らしていたといいます。ムツゴロウさんは親しくなった方とはとことんお付き合いしてしまう性分です。プライベートなことも知っているので詳細は書けないそうですが加納典明さんが王国に滞在したことはインタビューで話していました。

ムツゴロウの現在の生活

ムツゴロウは現在東京で一人暮らし

watanabe_akikoさんの投稿
21910094 162160871033370 2012296696205148160 n

様々な伝説や名言を残してきたムツゴロウさんは現在どのような生活を送っているのでしょう?ちょっと気になりますよね。実はムツゴロウさんは王国を離れ現在東京都内で1人暮らしをしています。詳細は記しませんが都内でも有数の高級ブランドやレストランの立ち並ぶ街のヴィンテージマンションにお住まいのようです。

takano_momokoさんの投稿
30077904 1961458370534004 1622575091797721088 n

さらに驚くべきことにムツゴロウさんが一人暮らしをしているマンションはペット不可の物件ということです。ムツゴロウさんが動物と触れ合う姿を楽しみにしていた方には少しショックなことかもしれませんね。しかし動物王国設立のきっかけは娘さんに本来の野生動物の姿を見せることでした。その目的が達成された今では驚くことではないのでしょう。

ムツゴロウは現在長編小説執筆中とも

hondoko_teruteruさんの投稿
37682811 440111159841081 8963308885158920192 n

また現在ムツゴロウさんが熱心に取り組んでいるのが執筆活動です。エッセイや講演会なども頻繁に行っているそうですが特に力を入れているのが長編小説の執筆なのです。実はムツゴロウさん、過去に10篇の小説を書き下ろしています。その中には映画化された「恐竜物語〜奇跡のラフティ」があるほどです。

shintardogmassageさんの投稿
23668154 1997431903915264 2392730661468241920 n

ムツゴロウさん、海外では「子猫物語」の監督・脚本家として非常に有名です。特に興行成績が1位だったオーストラリアとアルゼンチンでは名刺の「MASANORI・HATA」の名称だけで人が寄って来るほどの知名度です。もしかしたら今後ムツゴロウさん原作の映画を観られる日が来るかもしれませんね。

pictures_deptさんの投稿
33473174 1667564556664009 7448397581111001088 n

今回は80年代・90年代に一世を風靡したムツゴロウさんと動物王国の現在にスポットを当ててみました。ムツゴロウさんの残した数々の伝説と名言に驚かれた方もいるのではないでしょうか。実はまだここでは紹介しきれないほどの伝説を国内外で残しています。興味がある方は講演会に足を運んでみるのもいいですね。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ