伝説の天才と呼ばれる人達の面白エピソード!凡人には理解不能なの?

天才と馬鹿は紙一重と言いますが、この世で天才と評されている人には驚きのエピソードが付きものです。天才は凡人には理解できないエピソードが伝説として残っていますがこれを見ると偉人とはまた違うようです。天才と呼ばれる人たちの仰天エピソードを紹介していきます。

目次

  1. 天才のエピソードは面白い!
  2. 天才エピソード<エジソン>
  3. 天才エピソード<野口英世>
  4. 天才エピソード<スティーブ・ジョブズ>
  5. 天才エピソード<サルバドール・ダリ>
  6. 天才エピソード<その他の人物>
  7. 天才によるエピソードは凡人には理解できないかも!?

天才のエピソードは面白い!

天才としか思えない伝説を持つ偉人は多数

ileboisさんの投稿
44483905 205067357060035 103267270457196353 n

あなたの周囲に天才と呼ばれる人はいますか?ただ単に頭が良かったり、会社を興した程度の人は今回取り扱う天才の部類には入りません。本当に世界を変えた人、今までの価値観を打ち破った人こそが天才なのです。天才は社会に大きな貢献をしているため、偉人として持ち上げられ、彼らのやってきた行いは伝説として伝えられています。

そうしたエピソードを持つ天才は、確かに偉人であり、数々の伝説を作ります。その多くが凡人には理解できないものであったりします。天才の行動を理解するのはとても難しいです。天才には天才の考え方があり、その考え方に従った行動は仰天エピソードであることが多いです。天才は凡人には理解できない異常な行動をする時があります。

ladysperlingさんの投稿
44418498 300872907184799 1206675624368100883 n

凡人ではなかなか考えないような行動をとる天才たちですが、それが良くも悪くも伝説のエピソードとなって残っていきます。天才は必ずしもいいことばかりのエピソードを残しません。天才はかなりの確率で変人でもあります。凡人なら絶対にしないことを平気でします。社会に貢献したからといって人間として優れているとも限りません。あなたが尊敬する天才にはどんなエピソードがあるでしょう?

90eyunさんの投稿
43694338 293359078182608 6584404600074859864 n

残念ながら天才であり社会のためになる伝説を残した人でも、人としてマイナスな面を持っている場合が少なくありません。天才だから理解できないのではなく、人として間違っているから理解できないという人も残念ながら存在するのです。社会貢献して伝説を作ってきた人も、ここに紹介するエピソードで株が落ちるかもしれません。天才もただの人間かそれ以下の部分も持っているのです。

Thumb天才肌の意味と共通の特徴とは?なぜ天才と呼ばれるのか性格などを解説! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

天才エピソード<エジソン>

偉人エジソンの存在によって我々凡人は「発明」という概念を強くしました。エジソンは1000を超える発明をしていて、現在の私たちの生活に欠かせないものがほとんどです。エジソンは発明したものの特許を取ることによって会社を立ち上げました。次々に革新的な発明を続け、一時は電力業界を支配していました。経営者としても有能でした。そんなエジソンには凡人の理解を超えたどんな仰天エピソードがあるのでしょう?

エジソンの天才エピソード①教師を困らせる

エジソンは小学校を中退したというエピソードがあります。小学生時代のエジソンは教師から好かれない生徒でした。算数の授業で「1+1=2」という答えに納得がいかず、先生に抗議します。「粘土を2つ組み合わせると大きな1つになる」と言ったそうです。偉人ではない教師はさぞ困ったことでしょう。凡人なら疑問にも思わないことも天才には大きな疑問でした。些細なことも疑問に思うことが凡人にはない天才の印でしょう。

エジソンの天才エピソード②小学校を退学

他にも「なぜAはPではないのか?」と発言します。物が燃える仕組みが知りたくて自宅の物置小屋で火事を起こします。エジソンは「頭のおかしい子供」と教師たちに扱われ、入学から3カ月で強制退学させられました。つまりエジソンは正規の教育機関で学ぶことはせず、全て独学で勉強を極めたのです。凡人は先生に言われた宿題ができなくても、エジソンのような破天荒な言動は起こしません。

エジソンの天才エピソード③友人で人体実験

エジソンは10歳で自分専用の実験室を作ります。エジソンの興味は物質や現象にとどまらず人体にも及びました。なんと友人を使って人体実験をしたのです。体内でガスを発生させれば人は浮くことができるのではないかとお手製の薬品を友人に飲ませました。しかい友人は腹痛を訴え、空を飛ぶことはありませんでした。理解者であった母親も激怒し、その後人体実験は禁止されました。

エジソンの天才エピソード④初発明がサボる機械

17歳になったエジソンは夜間電子係の仕事に就きます。問題がなければ1時間ごとに信号を送るという退屈なものでした。そこでエジソンの最初の発明は、時計を改造して一定時間ごとに信号を送り続けるという電子機械でした。そして信号をこの機械に任せ、自分は居眠りをしていました。仕事をサボるための機械が初の発明品だというのは偉人として認められるエジソンの理解を超えたエピソードです。

エジソンの天才エピソード⑤モールス信号でプロポーズ

会社を興し、数々の特許を取っていったエジソンは24歳で会社の従業員だったメアリーと結婚します。しかし彼女は身体が弱く子供3人を残して死別します。39歳の時に2番目の妻ミナと再婚します。このミナにプロポーズする時、モールス信号を使ったという天才エピソードが残されています。世紀の発明家もなかなかロマンチストの一面があったようです。

エジソンの天才エピソード④集中し過ぎて妻を忘れる

エジソンは3時間しか寝なかったというのも天才ならではのエピソードです。24時間体制で仕事をこなしていました。1つに没頭してしまうと他のことに関心をなくしてしまいます。ある時仕事中に妻から声をかけられたとき、「あんたは誰だ?」と言ったそうです。頭の良いエジソンがそんなことを言うなんて仰天の天才エピソードです。

エジソンの天才エピソード⑤恥ずかしがり屋で合理的

エジソンは意外に恥ずかしがり屋の性格をしていました。演説しなければならなかった時に「ようこそいらっしゃいました」と言っただけで壇上から降りてしまったというエピソードがあります。天才らしく柔軟な思考をしており、研究員が電球の容積を計算していた時、「私なら水を入れて容積を計算する」と言ったという天才エピソードもあります。天才にありがちの変わった性格の持ち主だったようです。

エジソンの天才エピソード⑥意外にオカルト好き

天才科学者である偉人エジソンですが意外にもオカルトが大好きだったというエピソードがあります。エジソンは晩年、死んだ人と交流するための霊界との交信機を発明しようとしていました。降霊術を成功させたくてオカルト学会にも参加しています。合理的な発明と超常現象は相反する分野ですが、エジソンにとっては同じものでした。もっともエジソンは亡くなった最初の妻メアリーに会いたかっただけかもしれません。

Thumb天才の特徴や性格は?凡人との違いは?天才脳は生まれつき? | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

天才エピソード<野口英世>

野口の天才エピソード①伝説となった左手の火傷

tokyo_dozoさんの投稿
44810860 615648922183963 279443523352855558 n

黄熱病や梅毒などの研究をしてノーベル賞を受賞した野口英世は、子供の本で偉人伝が刊行されているので有名な医学者です。まさに偉人の代表といえる存在です。伝説として残っているエピソードとして有名なのは子供の頃の左手の大火傷のエピソードでしょう。火傷をしたことで医学の道に進むことになったという伝説のエピソードです。

野口の天才エピソード②千円札はお気に入り写真

miyoshi344731さんの投稿
42895098 120192715534740 3935173292314912633 n

千円札に使われている写真は、野口英世お気に入りの写真でした。1918年にエクアドルで黄熱病の病原体を発見した伝説の時代に撮影されたものです。野口英世も知人に写真を送る時には、好んでこの写真を使ったそうです。そこに直筆のサインもしていたというエピソードがあります。

野口の天才エピソード③凡人に理解不能の集中力

ickwmssさんの投稿
45389940 173923200227121 6977652648906420726 n

野口は英語、ドイツ語、フランス語を1言語3カ月でマスターしました。1度引いた語彙は全て覚えました。中国への8日間の船旅で中国人の船員と接して簡単な日常会話をマスターしてしまいました。アメリカの研究所で研究していた時、野口のあまりの集中ぶりに「日本人は2日に1度しか眠らなくても済む」と噂されたほどでした。凡人には理解不能です。

野口の天才エピソード③借金が得意

m.toriyama_324さんの投稿
44220445 704111053300705 7104077847187742078 n

野口は郷里の友人にたびたび借金をしています。返した気配はなく、不義理を重ねました。お金を借りることにかけては名人級で返さなくても何とも思わなかったそうです。アメリカに行っても変わらず、50ドルの給料を貰った晩に36ドル使いました。友人からも借金を繰り返し「野口に金を貸すな」と研究者仲間で交わされていたそうです。

野口の天才エピソード④結婚詐欺まがいの行動

i_am_shinmeさんの投稿
43357808 356109374961417 639567191281327414 n

野口は金が欲しいあまりに結婚詐欺のような真似までしています。渡米費用として200円、アメリカから帰国したら娘と結婚する約束で斎藤家から結納金を300円せしめました。しかし結婚する気はありませんでした。斎藤家からの婚約履行の催促に研究で帰国できないとごまかす一方、欧州への留学資金数千円を要求する非道っぷりでした。偉人として伝説になっている野口にこんな一面があるというのが驚きでしょう。

野口の天才エピソード⑤ストーカー気質の一途さ

hirobuu0914さんの投稿
43915383 973995129474979 1911733325014241646 n

会津若松にいた頃に好きになった女性に何度も恋文を送りますが、女学校校長経由で教会牧師に連絡されて叱責されました。その後に東京の大学でその女性と学友になった時に頭蓋骨を贈りました。女性が清国に出向く直前に正装して会いに行き、帰国した時には自分と女性の苗字を刻んだ指輪を贈りました。しかし女性は野口の気持ちを理解せず迷惑に思い、その後の面会を拒否し、野口以外の男のもとに嫁ぎました。

天才エピソード<スティーブ・ジョブズ>

伝説の経営者はクズだった?

yuriy_smithさんの投稿
44383120 260391151290675 3021971535209157445 n

スティーブ・ジョブズは「世界一有能で、世界一クズな経営者」と評され、死して伝説となりました。コンピューター、スマホ、音楽、アニメ映画と4つの産業で革命を起こした偉人です。ジョブズが天才であり偉人であることに疑問の余地はありません。その一方でジョブスがアップル社において偉人どころか最低の独裁者であったこと、人格破綻者であったことはあまり知られていません。エピソードで紹介していきましょう。

ジョブズのクズ伝説①麻薬をやっていたことが成功の秘訣?

rolyasd98さんの投稿
44803124 193679914889132 4582068392838838922 n

ジョブズは大学時代にマリファナやLSDを毎日やってラリッていました。天才ジョブズの直感的ビジョンや創造性を発揮する瞬間とはラリッている時に近いものでした。当人もはっきりと「LSDを使うことは私の人生の中で最も重要な経験の1つだった。ドラッグなしには成功しなかっただろう」と言ったというエピソードが残されています。こればかりは偉人は特別とは言えないでしょう。

ジョブズのクズ伝説②無料電話で悪戯電話

apple_turkey_xさんの投稿
44689396 307567946510132 3859544996896373763 n

会社設立前、ジョブズは相棒のスティーブ・ウォズニアックと長距離電話を無料でかけられる装置を発明しました。ここまでは天才であり偉人です。しかしこれを使って無料で悪戯電話をかけまくっていました。しかもその機械を友達に売りさばいて大儲けしていました。しかし銃で脅される危険な目に遭ってから販売を止めたというエピソードがあります。日本なら普通に捕まっていたことでしょう。偉人の欠片もありません。

ジョブズのクズ伝説③妊娠させた女を裁判で罵倒

michaelyoyoさんの投稿
42873375 254281641917781 6222792147147927470 n

ジョブズは高校から付き合っていたブレナンという女性を妊娠させました。アップル社が株式公開するかという時期で、トラブルを避けるためかお腹の子は自分の子ではないと主張し続けました。子供を認知することなく、養育費も払いませんでした。ブレナンは裁判を起こすと「誰とでも寝る売女だ」と証言したというエピソードがあります。ジョブズが娘を認知したのは9年後のことでした。天才とはいえ人間として大問題です。

ジョブズのクズ伝説④株式公開の時の心の狭さ

stripe.storeさんの投稿
44777168 302897797216947 501565161571788437 n

創業時のエピソードです。ジョブズは共同経営者のウォズニアックに自分の仕事を押し付けておいて、収入のほぼ全てを自分のものにしました。アップル社が株式公開した時も、古くから一緒に会社を育てた創業時のメンバーに1株も渡しませんでした。そのため、億万長者になれたはずの人もなれなかったそうです。心が狭すぎて天才だからと大目に見ることはできないエピソードです。

ジョブズのクズ伝説⑤この世には天才かクズしかいない

tommaniserさんの投稿
44287455 2218921971695626 2155860944978353614 n

ジョブズが要求する水準までいかない人間には放送禁止用語だらけの罵詈雑言を浴びせました。ジョブズの目には「天才」か「クズ」の二種類の人間しかいませんでした。天才と認められない人間は罵倒され続けてノイローゼになったり、退職したりしました。仕事に関しても「最高の仕事」か「くだらない仕事」の2種類しかありませんでした。このエピソードを見るかがりジョブズは「クズ」の分類に入りそうです。

ジョブズのクズ伝説⑥つまらない理由でクビにする

sonuu_priyamさんの投稿
13388616 287748848232311 1381849845 n

とにかく簡単に従業員をクビにしていきました。ジョブズに話しかけられしどろもどろした社員は辞めさせられました。とにかくジョブズが気に食わないとすぐにクビにしました。エレベーターに乗り合わせた社員に「君はこの会社のために何をしている?」と問いかけ、はっきり答えられない社員に激怒しその場でクビにしたというエピソードもあります。クビに関するエピソードは他にもたくさんあります。

ジョブズのクズ伝説⑦iPodを水没させる

siblandirさんの投稿
44844620 2191370307748265 4333417093889810883 n

iPodを開発していた時のエピソードです。地獄のような開発の末に完成したiPodの試作機をジョブズに見せたところ、ジョブズは水槽の中に放り込みました。試作機から泡が出るのを見て、「この酸素の分もっと薄くしろ」と言い放ちました。完成間近だったiPodは土壇場でひっくり返されたのです。

天才エピソード<サルバドール・ダリ>

salvadordali_artさんの投稿
38064511 2188636684749041 7276660307303333888 n

画家のサルバドール・ダリは間違いなく20世紀を代表する天才画家です。奇妙な八の字の髭などファッションセンスが特異で、ダリは描く絵同様、生き方も奇妙奇天烈だったとういう噂をちらほら聞きます。注目を集める生き方は彼が持つ途方もないショーマンシップに由来するのでしょうか?凡人に理解できない天才の代表であるダリですが、数々の天才エピソードを残しています。

ダリの仰天エピソード①罪悪感のない子供時代

salvadordali_artさんの投稿
31729537 220069381921846 6842994826611261440 n

幼少の頃からダリにとって快楽と苦痛はほぼ同じものでした。やたらと他人を攻撃する子供でした。最悪のエピソードとして、5歳の時、一緒に橋を渡ろうとしていた友人を突き落とし重傷を負わせるというものがありました。駆け付けた母が手当てをしている間にダリは静かにボウルに入ったサクランボを微笑みを浮かべて食べ続けました。ボウルの水は友人の血で汚れていました。

ダリの仰天エピソード②ドルの亡者

salvadordali_artさんの投稿
18812614 424425864593002 4952643320070275072 n

天才ダリは金の亡者として知られていました。「ドルの亡者」とも呼ばれました。ドルを稼ぐためいろいろなことをしました。また少々詐欺師的なところもありました。ある顧客に100匹のスズメバチを混ぜた絵具で描いたと偽り、1枚の絵を法外な値段で売り飛ばしたというエピソードがあります。これは凡人でなくても理解できないエピソードです。天才なら何をやってもいいのでしょうか?

ダリの仰天エピソード③オノ・ヨーコを騙す

salvadordali_artさんの投稿
18443141 1868360866765300 5031350648763842560 n

またオノ・ヨーコがダリの口ひげを1本欲しいと言ったら、1万ドルを要求しました。ヨーコが金を払うとダリは髭の代わりに乾かした草の葉を送り付けたそうです。ダリはヨーコが自分の髭を使って呪いにかけるのではないかと心底恐れていたのです。でもそれなら最初から値段なんて付けなければよかったのです。凡人だから天才を理解できないというのは違うのではないでしょうか?詐欺ともいえるエピソードです。

ダリの仰天エピソード④本の売り込みで脳波を配る

salvadordali_artさんの投稿
17587170 758761214287713 2449434666545971200 n

こんなエピソードもあります。「サルバドール・ダリの世界」を売りさばくため、マンハッタンの書店の真ん中に病院用ベッドを置き、両脇に脳波を計る医者と看護婦を付かせて横になりました。これは本を買ってくれた人は、ダリの脳波のコピーがもらえるという奇妙なサービスだったのです。凡人では理解できない天才の頭を覗いてみたい人は多かったことでしょう。天才を自負するダリはそれを実行したわけです。

天才エピソード<その他の人物>

アインシュタインの舌出し写真

alberteinsteinさんの投稿
37244533 439169676552736 7825185595881160704 n

「相対性理論」を発表したアインシュタインは誰もが認める天才です。アインシュタインは写真が大嫌いでした。そんな彼を写真に収めようとしたINS通信社の記者に、舌を出してみせました。今ではアインシュタインといえばこの写真と言われるほどの知名度になりましたが、舌を出すことで写真が使い物にならなくなるようにしたのだそうです。凡人にはなかなか思いつかないエピソードです。

alberteinsteinさんの投稿
36036151 167006830831486 9162640181382086656 n

新聞にこの写真が載った時、世間は「ふざけている」と批判的でした。しかし写真嫌いであったはずのアインシュタインはこの写真を気に入って、何枚も焼き増しを求めたというエピソードがあります。アインシュタインのもう1つのエピソードとしては、最後に残そうとした言葉があります。病気で命尽きる直前に看護婦に言葉を残したのですが彼女がドイツ語がわからず、アインシュタインの最後の言葉は謎のままです。

トヨタの本田宗一郎の集中力

guruguru1zさんの投稿
36721421 244885446290723 7435229653763096576 n

自動車会社ホンダを設立した本田宗一郎は従業員から親しみを込めて「オヤジ」と呼ばれていたというエピソードがあります。ホンダの社訓は「負けるもんか」でした。頑張っていればいつか報われるという発想のもと、新しいことをやれば必ずしくじるけれど何度でもやって昨日の自分を超えろという熱い思いが伝わるエピソードです。ここまではちょっとした偉人なら誰でもやることかもしれません。

leeredman38さんの投稿
26872666 380188452446411 7107737074593169408 n

本田宗一郎の集中力はずば抜けていました。アイデアを出す時妻に紙と鉛筆を持たせ、一気にデザインを仕上げてしまいました。ある日、ラーメン屋のチャルメラがうるさくて集中できないからと、ラーメンを買い占めてチャルメラを静かにさせたというエピソードも残っています。戦中を生きた本田宗一郎は倹約家だったそうですが、集中するために買い占めたラーメンのその後の運命が気になります。

まさに天才的頭脳を持った手塚治虫

ado_roc2さんの投稿
43143812 1952099791750315 8899879350421849442 n

手塚治虫は戦後の日本の漫画家として草分け的な存在です。大学時代にプロデビューしていましたが、同時に医師免許試験に合格していました。まさに天才の頭脳の持ち主です。患者を診るとカルテに漫画を描いてしまうからと、漫画家の道を選択したというエピソードが残っています。この理由も凡人に理解できないものです。

fukudan_gramさんの投稿
44251918 311498549448591 6283459847822299808 n

手塚治虫は速読の達人でした。20分で500ページの本を読んだというエピソードが残っています。平均睡眠時間が4時間という超ハードスケジュールの中で次々にアイデアを繰り出すことができたのは、速読のおかげだったと言われています。

マーク・ザッカーバーグの考え方

zuckさんの投稿
13422907 978156478969446 1867160722 n

マーク・ザッカーバーグはFacebookの創業者です。ハーバード大学を中退してFacebook社を立ち上げた彼はいつも同じようなTシャツとジーンズといった服装です。何を着るかどんな小さな決断でも繰り返すと無駄なエネルギーを消費するからといった理由からです。もっと重要な決断にそのエネルギーを注ぎたいというわけです。成功した天才は合理劇に日常生活を過ごしています。

zuckさんの投稿
13392788 1119059751470519 1253788520 n

Facebook開業後、すぐに多くの買収提案がマークの元に舞い込んだそうです。Yahoo!は1000億円を提示しました。しかし買収話は自分の信念に合わないとマークは合理的に判断しました。マークがやりたかったのは金儲けではなく、世界に良いサービスを提供してインパクトを与えることでした。

天才エピソード:三島由紀夫

bakularamayanaさんの投稿
26383370 2107906536111827 5600025896669937664 n

三島由紀夫はノーベル文学賞の候補にもなった小説家で、国内外から高い評価を得ていました。三島由紀夫は文学者であると同時に、政治活動家でもありました。本人は皇国主義者と名乗っていました。「花ざかりの森」で文壇デビューした時は、16歳の天才が現れたと当時の文壇に大きな衝撃が走りました。この作品を発表した時から、三島由紀夫の筆名を使うようになりました。

seiji_hayanoさんの投稿
44675999 262076457826532 8790613843700660920 n

三島由紀夫は東大法学部を卒業後、高等文官試験に合格して大蔵省に入省します。しばらくは作家と官僚の二足のわらじを履いた生活をしていましたが、過労と睡眠不足で渋谷駅のホームから転落する事故を起こしました。それを契機に大蔵省を辞め、作家として生きていくようになり、数々の名作を残していきます。

hotmenustudioさんの投稿
43060685 317640412399476 6175767016552105108 n

三島由紀夫は当時若者から絶大な支持を得ていた太宰治の才能は評価していました。しかし「自己劇画化」の文学が嫌いで、会ったら文句を言ってやろうと思っていました。太宰のいる酒席で三島は太宰に食って掛かりました。「僕は太宰さんの文学は嫌いなんですよ」「嫌いなら来なけりゃいいんだ」「そんなこと言ったって、こうして来てるんだからやっぱり好きなんだよな」と会話を交わしました。これが唯一の対面でした。

天才によるエピソードは凡人には理解できないかも!?

世に天才と呼ばれる人たちの頭の中は、凡人が覗き込んでもよく理解できそうにありません。社会的に大成功して、金も地位も名声も手に入れた天才たちが持っているエピソードは必ずしも拍手喝采できるものではありませんでした。何かに秀でていると、その他の部分に欠陥が生まれてしまうのでしょうか?

しかし天才ばかりにパーフェクトを求めても気の毒というものです。我々凡人も長所と短所があります。その2つと折り合いをつけて生きています。天才は長所が抜きん出ていますが、短所も突出しています。人には様々な側面があります。人と触れ合う時、どういった側面と付き合うことになるかはわかりません。相手を変えることはできませんが自分を変えることはできます。天才に会ったら互いにいい側面で接したたいものです。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ