組紐ブレスレットの作り方!伝統工芸で可愛いオリジナルを作ってみよう!

組紐でブレスレットを作るのが人気になっています。伝統工芸で着物の帯締めなどのイメージがあり、作り方が難しそうな組紐ですが、専門の道具を揃えない簡単な作り方もあります。初心者でもできる作り方を紹介しますので組紐でかわいいブレスレットを手作りしてみましょう。

目次

  1. 組紐ブレスレットを手作りしよう!
  2. 組紐ブレスレットの作り方<材料・道具>
  3. 組紐ブレスレットの作り方<7本糸>
  4. 組紐ブレスレットの作り方<6本糸>
  5. 組紐ブレスレットの作り方<4本糸>
  6. 組紐ブレスレットの作り方<コツ>
  7. 組紐ブレスレットの留め方
  8. 組紐ブレスレットでミサンガを作ろう!

組紐ブレスレットを手作りしよう!

tongarikyokoさんの投稿
21984868 1960829080824136 6292479589490884608 n

組紐でブレスレットを作るのが人気になっています。ハンドメイド人気の中、また海外での日本文化の人気が高まるとともに古くからの工芸品も注目されてきています。今回は、組紐を使ったブレスレットの作り方をまとめました。

日本伝統の組紐で作られる

youko.kimuraさんの投稿
25037492 1993715650668866 1902320102926188544 n

組紐は日本の伝統工芸です。組紐の歴史はかなり古く、古墳時代には青銅器や馬具の装飾として組紐の原型が使われていたようです。平安時代にはすでに現在のような形の組紐になっていました。古くは武家のもので鎧などの武具や宗教用具、茶道具の装飾、巻物を留めるのなどにも組紐が使われてきました。

mi_ya_bi_127さんの投稿
25036116 523000471399712 3485205457776148480 n

江戸時代から庶民によっても組紐が使われるようになり、帯締めや羽織紐として使われるようになったようです。最近では、映画「君の名は。」の影響もあって組紐で作ったブレスレットが話題になりました。

kumihouseさんの投稿
34362187 217210612338872 3285686218079076352 n

組紐を作る道具は組台と呼ばれ、高台、角台、丸台、綾竹台といった種類があります。組台の種類によって組紐を編む糸の数や出来上がる柄、太さや形状などが異なってきます。組紐を編み上げるのには数本~おおい時では百本を超える糸を操り何段もの複雑な模様を編むこともあります。

kumihouseさんの投稿
44273299 2117613135219440 3533303340720544097 n

映画に出てきた丸い組台は丸台と呼ばれる道具で、50本程度までの糸を使って組紐を作る道具です。出来上がった組紐が台の下から垂れ下がって出てくるのが特徴で平たい形と丸い形の両方の組紐を編むことができます。今回ご紹介するのも主にこの丸台と同じ編み方で編んだ組紐ブレスレットの作り方です。

海外でも実は組紐人気が広がっています。組紐のワークショップが開かれることや、組紐でブレスレットやネックレスなどを作って販売している組紐作家さんもいるようです。組紐は「Kumihimo」と呼ばれて本も出ているようです。

国内だけでなく海外でも人気の組紐ブレスレットを自分でも作ってみたくなりますね。かわいいオリジナルデザインの組紐ブレスレットを手作りしてみましょう。

Thumbブレスレットを手作り!作り方は簡単・材料は100均でも揃う【結び方/編み方】 | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

組紐ブレスレットの作り方<材料・道具>

伝統工芸として作られる組紐は本格的にやろうとすると道具が高価で気軽には手を出せません。材料も正絹を使うなど、ちょっとやってみたいという人には敷居が高そうに見えますね。でも本格的な道具を揃えなくてももっと手軽に組紐を楽しむことができます。

chirolove0822さんの投稿
17494288 607953549402439 389253976958173184 n

組紐を始めるにはまず道具が必要です。組紐は紐を組み合わせて編んでいくのですが、何本も紐を使って編むのでそれぞれの紐を固定しておくものが必要です。このほか組紐ブレスレットを作るには留め具などが必要になります。

手作りするなら揃えよう!

chickeninuさんの投稿
24845605 152745685357325 7074716227855187968 n

まず道具ですが、映画に出てきたような据え置き型の木の道具で組紐を作ろうとすると、道具だけで3~4万ほどするそうです。組紐ブレスレットを作るだけでそんな高価な道具を買うのは大変ですね。でも、大丈夫です。手のひらに収まるディスク状の簡易版の組紐メーカーでも同じように作れますよ。これなら手芸店やネットショップで500円~800円程度で購入できます。

ハマナカ 組ひもディスク
676円
楽天で詳細を見る

木でできた本格的な組紐道具に比べてとてもコンパクトで簡易的なので、これで本当に同じように組紐が作れるのか心配になる人もあるかも知れませんが、大丈夫です。小さくても原理は同じなのでちゃんとした組紐ブレスレットが出来上がりますよ。

ayayayayaya1119さんの投稿
38627233 430438114145074 163827275488296960 n

この組紐メーカーは自作することも可能です。厚紙などにコンパスで円を描いて切り取り、等間隔に紐を引っ掛けておく切れ目を入れて中心に穴を開けるだけです。組紐で簡単なブレスレットを作る場合は紐の本数もそれほど多くなくて済むので切れ目は8箇所で大丈夫です。

kuri_puri2さんの投稿
44550483 520500461748039 2768550141080814824 n

切れ目の部分を三角に切り取り、番号を入れたり色分けしておくともっと作業がしやすくなります。自作する場合の組紐メーカーは直径が大体10cmくらいで持ちやすいサイズにしましょう。自分で道具を作ると面倒ですが手に合うサイズに合わせることができて使いやすいようにアレンジもできるので、節約も兼ねて組紐メーカーを自分で作ってみるのもいいですね。

yumlko_yasudaさんの投稿
41951918 168170920733187 6025172222585718966 n

組紐ブレスレットに使う材料の糸や紐ですが、これは何でも大丈夫です。本格的な伝統の組紐は絹を使うのですが、手作りブレスレットを楽しむ場合はいろいろな素材で作った方がデザインもバリエーションが広がりますね。刺繍糸で作る人が多いようですが、毛糸や細めのリボンなど何でもできます。初めて作る時はまず家にある材料で試してみてもいいでしょう。

組紐ブレスレットの留め具は?

mon.m.tさんの投稿
29414540 162650017773481 4145063505621417984 n

組紐ブレスレットを作る時の材料として留め具も揃えましょう。留め具は組紐の端を留めるのに使うほか手首に付けるための部品でもあります。デザインによっては、ミサンガのように留め具を使わず組紐の端を結ぶだけの留め方でもできますね。これが一番簡単な留め方でしょう。

suke_makiさんの投稿
39743480 507374443020683 3435389364765458432 n

組紐ブレスレット用の金属の留め具など既製品を購入する時は、普通の手芸屋さんにもアクセサリーパーツとして置いてありますし100均でも手に入ります。ネットショップでもたくさん売っていますね。

w.yae.wさんの投稿
40432072 168809797353665 1359482531195221505 n

組紐ブレスレットの留め具は組紐の編み始めや編み終わりをほつれないように留めておく役割もありますし、組紐を輪にしてブレスレットの形にする役割もします。伸縮性のない組紐で手首ちょうどの長さのブレスレットにしたい場合は留め具が必須になります。

azubaby_aさんの投稿
20346779 826771327498788 8442177761283407872 n

留め具は「受け」の部分と「留め」の部分が分かれていて2つセットで使うものが多くあります。「留め」用の留め具と「受け」用の留め具が別々に売られていることもあるので購入の際は注意しましょう。

asuka5371さんの投稿
37873218 505742239851409 5054655094067298304 n

色々なデザインの組紐ブレスレットを作ってみたい、たくさんの種類の留め具から選びたいというときにはビーズ専門店などがおすすめです。ビーズ専門店にはたくさんのアクセサリーパーツや道具が揃っています。留め具も豊富に種類がありますので気に入ったデザインがきっと見つかるでしょう。

組紐ブレスレットの作り方<7本糸>

編み紐デザイン①カラフル模様

chiikumananaさんの投稿
20225215 1508942652499641 7696353658086096896 n

7本の紐での組紐ブレスレットの作り方です。それぞれ違う色の7色で作ればとてもカラフルな組紐ブレスレットができあがります。作り方は動画も参考にしてみてください。英語の動画ですが、わかりやすく作られています。ブレスレットだけでなく組紐メーカーの簡単な作り方も始めに説明されていますよ。

chickeninuさんの投稿
25010356 558313184509378 5127855909615173632 n

使う紐の長さはブレスレットの場合1mちょっとあれば大丈夫です。まず7本の紐をまとめて端を留めてておきます。留め方は普通のかた結びで大丈夫です。使う留め具やブレスレットのデザインによって結び目の先をどれくらい残すか決めてください。縛った端を組紐メーカーの中心の穴に通します。

wine0704さんの投稿
23966769 938512262966690 3969280973916340224 n

組紐メーカーの切り込みにそれぞれの紐をセットします。今回は分かりやすく切り込みが8箇所の場合で説明します。ひとつの切り込みに1本ずつ紐をセットするとひとつだけ切り込みが余る計算になります。この空いている切込みを手前に持ってきて準備完了です。組紐ブレスレットを編み始めましょう。

組紐メーカーの手前にある空いている切込みから時計周りに3つ目にある紐を外し、空いている切込みにかけます。今度は、新しく空いた場所から3つ目の紐を空いているところに引っ掛けます。同じようにして空いているところから数えて3つ目を空いている場所に移動していきます。この繰り返しで組紐を編んでいきます。

chiikumananaさんの投稿
20065644 1824879527841420 5988738411396071424 n

組紐が好みのブレスレットの長さになったら編み終わりの紐をほどけないように結んでおきます。留め具を付ける場合やどんな留め方にするかを考えて長さを切りましょう。組紐は根気がいる作業ですが単純な動作の繰り返しなので慣れればスピードアップします。

組紐デザイン②単色

mi_ya_bi_127さんの投稿
16788951 643843699135170 5209522917452283904 n

同じ編み方の組紐ブレスレットでも配色を変えるだけで印象が変わります。7色を一部または全て同じ色にすると上品ですっきりしたデザインになりますね。シンプルにつけてもいいのですが、何本かを重ねづけするか、組み合わせてブレスレットを作るのがおしゃれです。

mi_ya_bi_127さんの投稿
27881439 432482900542541 3227572085043757056 n

こちらのブレスレットは輪にした組紐二本をお互いの輪に通しただけですが和風でおしゃれなデザインですよね。カラフルな組紐と単色の組紐を組み合わせたデザイン以外にも単色同士で色のコントラストを楽しんだり、細い組紐を何本も束ねて重ねたりと同じデザインでもバリエーションが楽しめます。

組紐ブレスレットの作り方<6本糸>

編み紐デザイン①ねじねじ模様

alice.wondercatさんの投稿
21690500 498770157143701 2165285067671207936 n

6本の紐で編むねじねじ模様の組紐ブレスレットの作り方です。同系色の紐を3本ずつ用意しましょう。組紐メーカーにセットする時は、他の作り方と同じように端をほどけないように結び中心に通します。同系色を隣同士に3本ずつ、6箇所の切り込みに間隔を空けずにセットします。隣り合った2箇所の切り込みが空いたまま残るはずです。

emi923hさんの投稿
21224360 114370655905998 8615457637019942912 n

次に紐の動かし方です。ここでは分かりやすくするため、左側の3本を黄色、右側の3本を赤で作るとして説明します。左端の黄色い紐を先頭とし、時計回りに数えることにします。組紐メーカーの空いている二箇所の切り込みを手前にして編みはじめてください。

pocopocoaさんの投稿
43735859 1740428159416635 8144124785695878113 n

始めに黄色の3番目の紐を黄色の1番目の紐の前、空いている切込みのひとつに引っ掛けます。すると黄色と赤のグループが分かれてその間に空いている切込みが1つずつある形になります。言い換えると、空いた切り込み同士は紐を挟んだ反対側にあります。

2本目の紐は、赤の紐の一番最後を外し、先ほど黄色を動かして空いた場所に持ってきます。赤のグループ3本の最後が赤の先頭にくることになり、全体では再び6本の紐が隙間なく並びます。これで1セットであとは繰り返しです。慣れないうちはここで空いている切込みを手前に持ってきて最初の定位置とすれば分かりやすいです。

mo.f_mo.fさんの投稿
41986244 105888637004799 6576705319593642414 n

組紐デザイン②ねじり編み

こちらの編み方はブレスレット自体をねじったような動きのあるデザインです。一見複雑そうに見えますが簡単な編み方の繰り返しです。組紐メーカーなしで紐の端だけを固定して編んでいきます。6本の紐を左右一本ずつと中心4本とに分け、真ん中を芯にするようにしてセットしましょう。

左の紐を数字の4の字になるように持ち、右側の紐を上に置きます。右側の紐を中心の紐の下から三角の輪の部分に通します。ひとつ編むごとに引き締めながら編んでゆき、好みの長さになるまで編みましょう。中心の紐は芯になるので表に色が出ません。左右の紐の色を2色にするのも面白いですね。

組紐ブレスレットの作り方<4本糸>

編み紐デザイン①斜めストライプ模様

pa__ru.handmadeさんの投稿
35575604 209649679660062 7985095642152173568 n

4本の異なる色の紐で斜めのストライプ模様の組紐ブレスレットを編んでみましょう。この編み方は太くてしっかりした紐なら慣れている人は組紐メーカーがなくても編むことができます。これは伸縮性のある組紐の作り方で、ブレスレットを手首サイズに作って留め具なしで結んだだけでも手に通すことができます。

mi_ya_bi_127さんの投稿
27878553 162047271251865 9148847701364834304 n

まず、紐の端を結ぶなどして固定します。紐の端を組紐メーカーの真ん中の穴に垂らし、4本それぞれの紐は十字になるように組紐メーカーの切り込みにかけます。

次に紐の一本を反対側の紐の方向に持って行き、反対側の紐の隣の切り込みに引っ掛けます。この時、元々引っ掛けてある部分は外さないことと、紐にゆるみを持たせてください。引っ掛ける位置は、切り込みが8箇所ある場合は元の位置から3つ目の場所になります。同じ紐で組紐メーカーの上に平行の線が二本できることになります。

mtfbwykyokoさんの投稿
26072375 154017875253040 6725147087287091200 n

時計回りに隣の紐を同じように引っ掛けていきます。ゆるく掛けてある方の紐はそれぞれ隣の紐の上と下を通ることになりますので、4本目、最後の紐は最初の紐の輪の中を通します。4本引っ掛けたら、今度は最初に引っかかっていた場所の紐を外して引き締めていきます。外すのは紐1本につき1箇所で最初に引っ掛けた方のみですので注意してください。

elle_plusさんの投稿
15276516 1837863729829771 7653640173967638528 n

1本紐を外すごとに引き締めていき、4本引き終わると中心に正方形の組み目ができているはずです。残りの糸は再び十字に掛かっています。これを繰り返して組紐が好きな長さになるまで編みます。

組み紐デザイン②四つ組み

sanglia2483さんの投稿
37994791 459296064562185 7632307131537948672 n

こちらの組紐の編み方は四つ組みと呼ばれるもので皮紐ブレスレットなどでの作品にもよく用いられている作り方です。作り方は他の編み方と同様、紐の端を結ぶなどして固定し、組紐メーカーの中央にセットして準備します。

十字に紐をかけ、時計まわりに紐を1本目~4本目とします。まず1本目の紐を2本目の次へ動かします。2本目の紐を3本目の次へと動かし、3本目を4本目の次へ、最後に4本目の紐を元の十字の形になるように動かして1セットです。1セット編んだら後ろから紐を少し引いて整え、再び1本目の紐を同じように動かします。これをどんどん繰り返していきます。

tomotejido.weaverさんの投稿
35359286 2132503210329719 4210116239927803904 n

同じ色の紐4本を使うと慣れないうちはわかりにくいので、はじめは分からなくならないよう、何色かの紐を使ってどれが1本目か区別しておいた方がいいかもしれません。好みの長さに組紐が編めたら端をほどけないように処理してできあがりです。

組紐ブレスレットの作り方<コツ>

同じペースで編む

wamisunaさんの投稿
37315863 1350350378428569 7376712678565216256 n

組紐ブレスレットを作る時は同じペースで編みましょう。紐を引き締めるときも同じ強さで引くようにします。慣れないうちは少しでこぼこになってしまうかもしれませんが、練習するうちにリズムよくできるようになり仕上がりもきれいに整ってくるのでがんばりましょう。

重りをつけておく

y18169469kさんの投稿
40232246 2211172155782008 4967774983775322112 n

組紐の編み始めの紐端と、編んでいる途中の紐の端にそれぞれ重りになるものをつけておくと編みやすくなります。紐の端が同じ力で下に引っ張られていることになるので力加減を調整してくれるわけですね。

cyjouinさんの投稿
35166466 856179111250130 4151764135639515136 n

編んでいる途中の紐をまとめておく役割も兼ねてクリップで留めたり厚紙などに巻きつけたりしておくと、特に細い糸を何本かセットで一本の紐として使う場合など、紐同士が絡まるのも防いでくれます。

回しながら編む

mikasa39さんの投稿
30973130 1044704669020393 4306900884106772480 n

組紐初心者の人は、慣れないうちは組紐メーカーを回しながら編むと間違えにくくなります。最初に紐を組紐メーカーにセットした位置を定位置と決め、1セット編むごとに定位置に戻します。こうするといつも同じ位置から編み始めるので分かりやすくなります。組紐メーカーを自分で作る場合は、切り込みを色分けしたり番号をつけておいたりするといいでしょう。

g.caravanさんの投稿
29415443 160069931324544 3912517749829533696 n

組紐ブレスレットの留め方

紐を結んで留め具に

組紐ブレスレットの紐の留め方のひとつは、単純に結んでしまう方法です。4本で編む「石畳編み」など伸縮性のある編み方でブレスレット作る場合は開閉式の留め具がなくても結ぶだけでゴムのように手首にはめることができます。

hiyo_pacaさんの投稿
34468066 1962093934100785 2368421176637652992 n

留め具なしで長さ調節できる留め方①

留め具を使わなくても紐を結ぶだけの留め方で長さを調節できるブレスレットにすることができます。編み始めと編み終わりの紐を少し長めに残しておき、編み目が解けないようにかた結びなどで固定します。一方の端をもう一方の端にくぐらせるように輪を作って普通にかた結びをする要領で結びます。結び目の中に紐の反対の端が通っている形になります。

0516adgさんの投稿
10520361 1470152683223228 1939312118 n

これと同じ留め方でもう一方の端でも留めます。すると結び目の部分が留め具とストッパーの役割をして、ブレスレットを輪の形に保ちながら長さを調節できるようになります。とても簡単な留め方ですが、紐の本数が少ない場合の方が適しているかもしれません。

留め具なしで長さ調節できる留め方②

留め具なしで長さ調節できるブレスレットの留め方をもうひとつご紹介します。別の紐を使い平編みで留める留め方です。組紐の編み始めと編み終わりに余裕を持って10cm程度紐を余らせておき、編み始め、編み終わりをほつれないようにかた結びします。余り部分の紐の端から2cmほどのところもそれぞれかた結びにして重ねます。

mayumi.12170415さんの投稿
28764597 1993012154059786 4743876487503937536 n

別の紐を1本用意し、ブレスレットの余分の紐を重ねた部分に平編みをしていきます。新しい紐でブレスレットの紐の束をまとめるように輪にして結び、上になる紐を右と左交互にして編んでいきます。詳しい作り方は動画を参考にしてください。好みの幅に平編みできたら編み終わりをかた結びするか接着剤で留めてカットします。デザイン性も高くておしゃれな留め方ですね。

ボタンを留め具代わりに

アクセサリー用の留め具を買わなくても家にあるものを使った留め方もできます。ボタンを使ってブレスレットの留め具にする留め方です。かわいいボタンを留め具にすればデザインの一部としてアクセントにもなりますね。同じデザイン、同じ留め方の組紐ブレスレットでも留め具のボタンを違うものにすれば印象も変わりそうです。

sanachi10さんの投稿
36497360 2133201766967900 2435356738707259392 n

ボタンをブレスレットの留め具にするときは、組紐を編み始めるときに使いたいボタンの大きさに合わせて輪っかを作っておきます。編み終わりにボタンをつければ出来上がりです。たくさん手持ちのボタンが余っている人、アンティークなどかわいいデザインのボタンを見つけた時はぜひこの留め方をやってみてください。

piyosmadeさんの投稿
17333793 1279176252176976 1614893001622945792 n

ビーズを留め具代わりに

同じように、ビーズを組紐ブレスレットの留め具として使うことができます。ビーズを使う時は細めの組紐ブレスレットにするか、ウッドビーズなど穴が大きいビーズを用意しましょう。ビーズを使った留め方はボタンの時とほとんど同じです。組紐ブレスレットを編み始めるときにビーズがちょうど通るくらいの大きさの輪を作っておき、編み終わりにビーズを通して留めます。

korinkon.3453さんの投稿
41643689 277516966202211 1553393822367667583 n

組紐ブレスレットでミサンガを作ろう!

手首に固定して使う

できた組紐を使ってミサンガを作ってみましょう。ミサンガ風にするなら手首に固定したままでいいので、留め具を使わず結ぶだけで簡単ですね。留め具は必要ありませんが、組紐に使う色の組み合わせだけでなく、刺繍糸や毛糸、リリアンなど紐の素材や太さを変えても作品のイメージが変わるのでデザインは無限です。

syk_luckygirl25さんの投稿
31998661 206763013465473 7046995521084325888 n

組紐にチャームやボタン、ビーズなどを編み込むこともできます。編んでいる途中に好きなところでビーズなどを紐に通すだけなので簡単です。シンプルなデザインの組紐ミサンガにいくつか加えるといいですね。海外で人気のデザインはビーズをたくさん編み込んだものも多いようです。

inoue_braidさんの投稿
36113549 202106000449774 3019282131286228992 n

手首の太さよりも長く作ってぐるぐる巻いてみましょう。ボリュームが出て存在感があります。カジュアルなファッションに合いそうなデザインですね。長さがあるので髪を結んだりプレゼントのラッピングにも応用できそうです。

mi_ya_bi_127さんの投稿
14590968 964611486973045 5138674086125240320 n

少し太めのロープのようなこちらの組紐作品は色使いがかわいいですね。留め具として使っているビーズがアクセントになっています。編み終わりを二つに分けて三つ編みにしていますが、それぞれの三つ編みの色が違うところもデザイン性が高いですね。

korinkon.3453さんの投稿
43556128 245905259430716 2419020860854552536 n

こちらはあえて留め具を使ったり編み終わりをカットしたりせず紐を長く残した個性的なデザインです。輪の中に通した紐の端をどう結ぶかでつけ方がいろいろアレンジできそうです。オレンジとグリーンのコントラストも鮮やかですね。

組紐は世界でも人気を集めている日本の伝統工芸です。長い歴史があり職人さんが守ってきた技術でありながら、簡単なデザインのものは誰でも作れるのが魅力ですね。今回ご紹介した作り方はお子さんでもできるものですので一緒に作ってみるのもいいですね。

mi_ya_bi_127さんの投稿
13649410 621334358042400 306620688 n

材料や道具も今回ご紹介した作り方なら簡単に手に入ります。組紐の編み方や作り方、デザインを参考にしてオリジナルの組紐ブレスレットを手作りしてみましょう。

関連するまとめ


アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ