クロスバイクのライトをご紹介!おしゃれなおすすめや選び方は?!

クロスバイクは通勤や通学に多くの方が使用しているスポーツバイクのひとつです。そんなクロスバイクは安全な走行にあたって明るいライトは必須アイテムです。ここではおしゃれなデザインのライトやその選び方、また取付け方についてもご紹介します。

目次

  1. クロスバイクライトで明るく!
  2. クロスバイクライトのおすすめ<電池別>
  3. クロスバイクライトのおすすめ<選び方>
  4. クロスバイクライトのおすすめランキング(7位~5位)
  5. クロスバイクライトのおすすめランキング(4位~1位)
  6. クロスバイクライトの比較一覧!
  7. クロスバイクライトの注意点<取り付け方>
  8. クロスバイクライトはママチャリにも!

クロスバイクライトで明るく!

自転車といえば馴染みのある移動手段である方が多いのではないでしょうか?しかし自転車とは言ってもいわゆるママチャリから折りたたみ自転車、マウンテンバイク、ロードバイクにクロスバイクなどその種類はたくさんあります。

safari_3104さんの投稿
45575314 2395287614032085 7248140419523358827 n

そんな自転車の中でもここではクロスバイクにスポットを当ててご紹介していきます。そもそもクロスバイクとはどのような自転車のことを指すかご存知ですか?移動距離や用途によって適切な自転車は変わってきます。

naoto__umaumaさんの投稿
46165538 777107892632904 8931035105032404992 n

クロスバイクって?

クロスバイクとはスポーツバイクに分離される自転車の一種です。日本の舗装された道路に合わせて改良されたモデルであり、実はクロスバイクという名称は和製英語です。そのため英語圏で指しているクロスバイクとは別物なので海外からパーツを取り寄せるような時は気をつけましょう。

heroakyさんの投稿
46027596 2209939585992247 7170699507411952668 n

日本で多く流通しているママチャリとクロスバイクの大きな違いは、前傾姿勢の取りやすいようにクロスバイクはサドルが高い位置についている点でしょう。前傾姿勢を保って運転できるため長距離を走行しやすいのが特徴です。そのため通勤やサイクリングなどに適した自転車といえます。

ママチャリの平均速度は時速15キロ前後にあるのに対し、クロスバイクは時速30から40キロほどのスピードを出して走行することができます。つまりスピードが出るということはライトなどのパーツを選ぶ際に、安全面を考慮した選び方であることがクロスバイクで走行する際にとても大切なことです。

macchi1975さんの投稿
46132190 726686941050651 8633478086205629877 n

その走行中の安全性を高めるにあたり重要な役割を果たすのはなんと言ってもライトでしょう。自転車は立派な車両であるため、道路交通法で夜間走行時のライト装着と点灯が義務づけられています。視界が悪くなる夜間の走行ではライトは必要不可欠なアイテムです。

ibichan1106さんの投稿
46148018 528439324298551 2627262705180148969 n

明るいライトを選ぶ

クロスバイクのライトと言ってもそれぞれのメーカーによって様々な種類があります。またせっかくならおしゃれなデザインのライトにしてカスタマイズを楽しみたい方も多いでしょう。ここでは人気のあるおすすめのライトとその選び方、取付け方までご紹介します。

まずクロスバイクライトの選び方で大切なのは、夜間走行の安全性を高める条件を満たすことです。そのためにおしゃれなデザインであることよりも、まずはより視界を見やすくしてくれる明るいライトを選ぶようにする必要があります。クロスバイクは長距離の走行をしても負担が少ないことから慣れてくると想定していた距離よりも遠いところまで走ってみたくなる方は多いです。

ライトを購入する際の選び方としては明るさを確保した上で、その中からおしゃれなデザインを選ぶようにすると良いでしょう。バイク用ライトでは見た目のおしゃれさよりも、あくまでも実用性と安全性を満たしていることが大切です。

また走行速度が速くなるほどより遠くを明るく照らすライトが必要となってきますので、ライトの明るさはしっかりチェックするのが選び方のポイントです。つまりクロスバイクのライトを選び方としては通常の自転車用ライトではなく照度に注意してください。目安はライトの照度が最低でも100ルーメン以上のタイプを選ぶようにするのがおすすめです。

chiyochichi.70さんの投稿
44844614 293043654748557 5604491971840842999 n

クロスバイクのライトは前照灯だけでいい?

またクロスバイクなどのスピードの出やすい自転車の夜間走行では、進行方向を照らす前照灯だけあれば問題ないと思っていませんか? 安全性の面から車道を走行している車のドライバーにできるだけ早く確認してもらうことは、自分自身の安全性を高めることにつながります。

0n0k0j1さんの投稿
44283438 1931688587127913 8509001603675658472 n

車や人との接触や衝突する危険を低くするために、クロスバイク側から自分の存在を早い段階で認知してもらえるようにクロスバイクの後方部を知らせるための目印が必要です。そのためには前照灯だけではなく、クロスバイクの後ろ側の目印となるテールライトも必要となってきます。

クロスバイクライトの値段は?

クロスバイクのライトの値段はメーカーやデザインにより実に様々です。千円以下の安いものから1万円を超えるものまであります。おしゃれなデザインと性能を加味し上記でご紹介した選び方を参考にして、クロスバイクライトを選んでみてください。

izmy1119さんの投稿
43601269 557729224670978 7432120856440922169 n

クロスバイクライトのおすすめ<電池別>

クロスバイクライトにはいろいろな種類のライトがあります。現在のクロスバイク用ライトは電池タイプが主流です。その中で乾電池タイプと充電式電池タイプの2種類があり、それぞれメリットとデメリットがありますのでこの点も選び方の参考にしてみてください。

クロスバイクライトの選び方って?

通常の走行であれば乾電池タイプでも問題ありません。しかしツーリングなどによく行くような方の場合にはライトの選び方が変わってきます。それは連続点灯時間が長いものを選ぶようにすると予備電池を準備する必要がなく安心です。

またライトには機能の高いモデルが多く作られています。この点についても選び方の参考にするとクロスバイクで走行する際の安全性の向上だけでなく、走行自体を楽しめるようになるでしょう。

ライトの選び方には点灯するだけのものより高輝度や低輝度、点滅などのバリエーションがあるタイプを選ぶようにすることがおすすめです。そうすることで急なアクシデントや、悪天候の場合などに便利です。取付け方が簡単なタイプなら、夜のパンク修理などでヘッドキャップ用ライトとしても兼用できます。このような使い勝手も考慮した選び方も参考にしてみてください。
 

ここからクロスバイクライトの乾電池式とリチウム充電式の違いについて、またそれぞれの選び方や取付け方ついてご紹介します。

uchigashima_mさんの投稿
33190656 444210992716846 9166371734868197376 n

乾電池式

まずは乾電池式のクロスバイクライトについてご紹介します。乾電池式のクロスバイクライトとは、電源として乾電池を使うタイプのLED自転車用ヘッドライトのことを指します。予算としては3000円以下で購入することができるので、できるだけ安く済ませたい方におすすめなクロスバイクライトです。

しかしこの乾電池式のクロスバイクライトにはデメリットがあります。それは照度が低くあまり明るくないことです。用途としては夕方などのまだ比較的明るい時間帯の補助照明としての選び方がおすすめです。夜間走行はほとんどしない方や、夜間走行するとしても街灯が多くついている通りしか走行しない方におすすめです。

リチウム充電式

続いてリチウム式のクロスバイクライトについてご紹介します。リチウム式のクロスバイクライトとは充電池を内蔵しているタイプのLED自転車用ヘッドライトです。リチウム式のクロスバイクライトの場合は予算がおおよそ3000円以上となるため、乾電池式のクロスバイクライトと比べ割高になります。

しかしその分出力が高くなり照度が上がります。そのため選び方としては夜間走行が多い方におすすめなクロスバイクライトです。金額は上がりますが街灯が無いような暗い場所でもかなり明るく照らすことができます。

クロスバイクライトのおすすめ<選び方>

数年前までは乾電池式のクロスバイクライトが主流でした。しかし安全面とライトの性能の進化により現在ではリチウムイオン式のクロスバイクライトが急速に普及しています。さらにクロスバイクのライトとしてだけでなく照明として十分活用できるものも増えており、取付け方も多様化しています。

to.u.so.nさんの投稿
39875960 326482411436789 1974997589593948160 n

おしゃれなコンパクトLEDが人気

またそれだけでなく大きさもコンパクトな形状のものも多く開発されており、ハンドル周りの取付け方の自由度や持ち歩きする際の携行性も年々進化しています。最近ではスティックのりくらいのサイズでバイクのヘッドライトと変わらないような明るさを誇るモデルも登場しています。

swacchi_jpさんの投稿
43985481 2091272304272452 8514853074666171572 n

安全性も重視

クロスバイクライトの選び方に欠かせない要素はまず明るさです。このクロスバイクライトの照度を表す単位として使用されているのはルーメンという単位です。最近ではクロスバイクライトだけでなく家電照明でもその物の明るさを示す単位として使われているので目にしたことがある方も多いかもしれません。

yamaneko.kazさんの投稿
42736179 327159924712819 9003367824773476835 n

ではクロスバイクで夜間走行をする際には実際どのくらいのルーメン数が必要になるでしょうか?街中などの比較的街灯が多く明るい場所でおおよそ200ルーメンほどあると安心感があるようです。

rta_bikeさんの投稿
18300012 1955174564702161 3868189370892681216 n

ライトの照度が路面状況を適格に把握できる明るさであることは、走行の安全性を向上することにつながります。また車や人などの相手に視認させる明るさである事もクロスバイクで走行する際には必要です。

mokka.kenさんの投稿
25012246 166683830606165 2648257889612857344 n

クロスバイクライトのおすすめランキング(7位~5位)

ここからはおすすめなクロスバイクライトをランキング形式でご紹介していきます。普段の通勤通学で走行する時だけでなく、ツーリングなどの夜間走行でも実力を発揮してくれるライトが人気です。お気に入りのおしゃれなライトを見つけて、クロスバイクで安全なサイクリングを楽しんでみてください。

alohaloco0522さんの投稿
18812649 1540241396047164 2403626757274992640 n

第7位:Q5 LED ハンディライト

まず第7位は米国CREE社製の高輝度LEDライトであるXR-E Q5を採用しているQ5 LED ハンディライトです。これは全長92mmという超コンパクトサイズでありながら200ルーメンの明るさを誇るクロスバイクライトです。

使用感としては単三乾電池1本とは思えないほどの明るさがあり実用性抜群なおすすめのライトです。またズーム機能も搭載されており、本体ヘッド部分で調節することができます。そのため近距離から長距離までをカバーできます。この性能で価格は720円というのもおすすめなポイントです。

第6位:LEDヘッドライト

続いて第6位はCATEYE製の乾電池式LEDヘッドライトです。CATEYE社は自転車用ライトとして信頼のあるメーカーです。この乾電池式ヘッドランプは自転車前照灯としてのJIS規格に適合しています。この乾電池式LEDヘッドライトは街灯付きの街中を走るのに十分な照度のあるクロスバイクライトです。

tanagokoro.seitaiさんの投稿
29415050 588606991495778 6465846700308168704 n

さらに点灯と点滅の2つのモードがあります。また消灯時のモードで点灯を開始しれくれるモードメモリー機能もあり、停止した場所からスタートするときなどにとても便利な機能です。クロスバイクでの通勤通学など、街灯がある市街地などの走行には不安無く活躍してくれます。

さらにおしゃれなデザインであることが大切な要素である方にはカラー展開が豊富なのも嬉しいライトでしょう。カラーはブラックだけでなくシルバー、ホワイト、レッド、ブルー、チェレステと全6色用意されています。クロスバイクのカラーに合わせて自分だけのクロスバイクをカスタマイズする取付け方を楽しむことができます。

価格は1551円とお手頃ながら、点灯で最大30時間と持ちもいいのもおすすめなポイントです。ただし防水タイプではないので、本格的な雨の日の使用は控えた方が無難でしょう。この点は十分注意してください。

第5位:MACRO DRIVE BLACK

第5位はLEZYNE(レザイン)製のMACRO DRIVE BLACKです。このクロスバイクライトは夜間走行が多く、とにかく明るいヘッドライトを探している方におすすめです。なんとオーバードライブというモードでだと800ルーメンという明るさで、山道など自然だけのフィールドでも前方を明るく照らしてくれる大光量モデルです。
 

そして照度の高さだけでなく、バッテリーインジケーターで常に残量が確認できます。また一体型のバッテリーはFEMTOモードで最長63時間もの点灯使用が可能な点も特徴です。さらに取付け方がワンタッチで可能な一体型マウントストラップなので取付け方も簡単です。

それだけでなく水中カメラと同等の防水性をもあります。価格は10847円とクロスバイクライトとしては高価ですが、それだけの価値は十分にある性能の高さです。

higgity64さんの投稿
45760894 142711860032050 3820107558352526113 n

クロスバイクライトのおすすめランキング(4位~1位)

第4位:LED充電式ヘッドライト

第4位はBV製の充電式ヘッドライトです。このクロスバイクライトは3つのゴム製サイジングシムが用意されており、ほとんどのハンドルバーに取付けることができます。またドライバーなどの工具も不要で取付け方が簡単で盗難防止に役立ちます。

このLED充電式ヘッドライトは、バッテリー残量が少なくなった時にボタンの2度押しで、ライトが切れる心配を最小限に抑えてくれるという便利な機能が付いています。照射範囲はさほど広くありませんが、一般道など直線の照射には問題ありません。

街灯がたくさんついているような場所を中心とした街乗りのクロスバイクとして乗られる方にはおすすめのモデルです。価格は1399円で充電式の中では手頃なモデルとして人気が高くおすすめです。

第3位:USB充電式LEDヘッドライト

第3位はSunspeed社の充電式ヘッドライトです。このクロスバイクライトはUSBケーブルが付属しています。つまりパソコンやスマホなどの充電器から充電するとこができ、普段の生活の中でも使い勝手のよいライトです。

また明るさも高輝度モードで400ルーメンと、低輝度の200ルーメンとの切り替えが可能なのも使い勝手が良いポイントです。それだけでなく5つの点灯モードがあり、その中でとても便利なのがオート式モードです。このモードは光センサーが外部の明るさを感知し、自動で点灯消灯してくれる機能です。

またそれだけでなくバイクの使用を停止すると振動センサーが感知し、3分後に自動消灯してくれる機能もあります。さらにライトの照度が外部フィールドの明るさに応じて対応するWセンサー機能が付いています。そのため消し忘れや照度の切り替えが面倒な方にはおすすめなライトです。

もう一つのおすすめポイントが安全性の高さです。それは近距離は広角に遠方まで均一に照射することで、対向車や歩行者へも配慮した光を出します。さらにライト両側側面に黄色いランプが点灯することで、視野の広がりとサイドからの視認性も高めています。価格は2680円です。

第2位:500ルーメンヘッドライト

第2位はNight Rayのへッドライトです。このライトは500ルーメンという抜群の抜群の照射範囲の広さを誇ります。とにかく他のヘッドライトでは比べものにならないほどのとびぬけた明るさです。

さらに明るさだけでなく取付け方が簡単な設計になっており、約5秒で着脱可能なのも人気のポイントです。取付け方が簡単な上にしっかりと安定し、ブレやずれなどの心配もありません。また優れた防水と耐塵基準を満たしており激しい風雨の中でも安心して使うことができます。自転車用ライトの中でも高い性能を誇るこのライトの価格は3980円です。

第1位:LEDヘッドライト VOLT400

第1位はCATEYEのハイパワーライトです。このライトは小型かつ軽量でありながら、ハイ点灯モードで約400ルーメンの明るさを実現しています。また充電式タイプの課題となっていた完全放電の弱点を、カートリッジ式バッテリーの採用によりクリアしています。走行中でも簡単にカートリッジを交換できるので、クロスバイク初心者でも安心して使えるライトです。

またこのライトにはハイモード、ミドルモード、ローモード、ハイパーコンスタント、そして点滅と5つのモードがあります。これは走行する場所の条件によって点灯モードを変えたいときにも電池の消耗を防いでくれるだけでなく、操作が簡単なのも人気の高い理由の一つです。

価格は5591円です。クロスバイクライトはコンパクトタイプで、とにかく明るいライトを選びたいという方におすすめなモデルです。

クロスバイクライトの比較一覧!

①CAT EYE(キャットアイ) ヘッドライト

CAT EYE(キャットアイ) ヘッドライトはすっきりとしたおしゃれなデザインが特徴です。多くのおしゃれなカラーから選ぶ楽しさで人気があります。しかし明るさの面では補助等として使用する場合は問題ないですが、真っ暗な場所では他の強いライトが必要でしょう。

またバッテリーは充電式ではなく単三電池を2本使用する仕様になっています。急に電池切れとなってしまった場合には、近場で購入し使うことが可能な所は便利です。ただ防水機能はないため雨の日の使用には注意が必要です。

②ATARAXIA 自転車ライト

ATARAXIA自転車ライトは1200ルーメンという明るさでは申し分ないライトです。自転車用に販売されていますが明るいライトがかなり遠くまで照らしてくれます。そのためキャンプや登山などアウトドアはもちろん、災害時にも役に立つ製品です。

またデザインもすっきりしていておしゃれです。バッテリーはUSBでの充電式になっており、明るい最大の光量での使用時間は3時間くらいです。しかし明るい光量を半分以下まで下げることで使用時間を6時間までのばす事ができます。取り付けキットも数種類用意さているので、サドルにつけるだけでなくおしゃれな取付け方も楽しむことができます。

③キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト

キャットアイ(CAT EYE)ヘッドライトは明るさと価格を比較するとコストパフォーマンスの良い製品です。光量は街中であれば走行に問題なく周囲を広く照らしてくれます。防水機能は付いていませんが多少の雨なら問題なく使用できるのも安心です。

バッテリーは充電式になっていますが、電池が切れそうになるとランプで知らせてくれるので使おうと思った時に充電が切れていたということがない点もおすすめです。

④キャットアイ(CAT EYE) サイクルアクセサリー

キャットアイ(CAT EYE)サイクルアクセサリーは夜間走行の多いような十分な明るさを確保したい方にはおすすめです。800ルーメンの明るさなので真っ暗な場所でも十分周囲を照らしてくれ、路面の段差なども遠くから確認することができます。

一番明るいモードだと使用時間は2時間と短いのが欠点ではありますが、街中ではLOWモードを使用する事で8時間使用できるようになります。バッテリーは充電式になっておりUSBから充電可能です。そのため職場で仕事をしながら充電しておくという使い方もできるでしょう。

⑤SHENKEY 自転車ライト

SHENKEYの自転車ライトはデザイン性が高く、おしゃれライトをお探しの方におすすめです。その上で街中で使用するには問題無い明るさが確保されています。その反面、電源ボタンは軽く触れると反応し点灯しますが手袋などをつけていると反応が鈍いまたはしない場合があります。

バッテリーは充電式になっており4時間の連続使用が可能です。防水性能も確保されており、強い雨でも問題なく使用することができます。またパーツを装着することで取り付け位置を変えることができ、ヘルメットに装着することもできる点は夜間走行が多い方におすすめです。

クロスバイクライトの注意点<取り付け方>

ここまでクロスバイクライトの種類についてご紹介しました。照度や機能の違いだけでなく、おしゃれなデザインであることもライト選びには外せない条件です。さらにクロスバイクライトは取付け方の手軽さも大切な要素になります。ここではクロスバイクの取付け方の注意点をご紹介します。

seocyclechofukokuryoさんの投稿
44503678 355488308355813 5700852898385220811 n

充電や交換は?

クロスバイクライトは走行中の安全性を高めるためにつけるものです。しかしいざ使おうと思った時に充電が切れていて点灯しない場合があります。安全を確保するためのものが全く機能を果たさなくなってしまっては本末転倒です。

たくさんのライトの中には電池で作動するものもありますが、充電式のものも多いです。充電式のタイプは充電お知らせランプが点灯したら必ず充電するよう気をつけましょう。いつでも最大限の明るい光量を確保するために忘れないように意識づけることが大切です。

持ち運びできる?

また自転車のライトは一度取り付けたら外すのは電池交換の時か、充電の時だけという方も多いでしょう。しかし駐輪場などに駐車する際も取り外すことをお勧めします。それは自転車のライト類は販売目的での盗難被害に遭う事があるためです。

_takeshi_endoさんの投稿
29093832 441257632961333 6072790393097814016 n

自転車の車体にはしっかり鍵を付ける方がほとんどですが、ライトなどの小さなパーツは無防備になりがちです。自転車から離れる時はライトも取り外し持ち歩く事で盗難を防ぐことができます。多少面倒かもしれませんが、性能の高いライトであるほどその都度取り外すことで無用な出費を抑えることにつながります。

クロスバイクライトはママチャリにも!

固定式が便利

クロスバイクライトはクロスバイクだけでなくママチャリに取付けてももちろん問題ありません。クロスバイクは前傾姿勢で走行するため食料品などの重い買い出しの際にはバランスが取りづらくなり不向きです。ママチャリの安全性を向上したい際にはぜひ高性能なクロスバイクライトを活用してみてください。その際には固定式が便利がいいでしょう。

ここまでクロスバイクに取付けるライトをご紹介しました。おしゃれなデザインのモデルや照度の高さ、また点灯パターンなど様々な種類があります。明るいライトは広範囲を照らしてくれ安全性を高めてくれます。またおしゃれなデザインのライトをつけていればクロスバイクに乗る時間がさらに楽しくなるでしょう。ぜひ参考にしてお気に入りのクロスバイクライトを見つけてください。

hiroooominさんの投稿
46484741 316399272285009 6893118387389869163 n

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ