プルーンの効果的な食べ方は?期待できる美容効果&効能を詳しく解説!

プルーンの効果をご存知ですか?プルーンには、女性が喜ぶ素晴らしい効果・効能がたくさん含まれています。効果的な食べ方をすることで便秘や貧血の解消も可能です。そこで、プルーンの効果的な食べ方や期待できる美容効果・効能をご紹介していきましょう。

目次

  1. プルーンの効果・効能【美容】
  2. プルーンの効果・効能【健康】
  3. プルーンの効果・効能【病気】
  4. プルーンの効果的な食べ方
  5. 生のプルーンの栄養成分
  6. プルーンの木や実の特徴
  7. プルーンは妊婦におすすめ!
  8. プルーンの美味しい食べ方

プルーンの効果・効能【美容】

プルーンの効果・効能:便秘改善

プルーンの効果や効能、効果的な食べ方をご存知ですか?便秘や貧血などの改善に効果抜群のプルーンが大人気です。ここでは、貧血や便秘以外にもプルーンのたくさんの効果や効能についてご紹介していきましょう。美容効果、健康効果にも抜群のプルーンを効果的な食べ方をマスターしましょう。

mii81148さんの投稿
39932193 599066217174855 6445825110669673769 n

プルーンの美容効果・効能としては、便秘の改善があります。プルーンには、水溶性繊維と不溶性繊維の両方が含まれています。水溶性繊維とは、水に溶ける食物繊維を言います。不溶性繊維とは、水に溶けない繊維のことを意味しています。

便秘を解消しようと思って、食物繊維をたくさんとろうと野菜を食べているのに便秘になってしまう人というのは、水溶性繊維と不溶性繊維、どちらか片方の食物繊維しか取れていない可能性が高いです。しかし、プルーンには、水溶性繊維と不溶性繊維の両方がバランス含まれていますので便秘に効果的なのです。プルーンに含まれている不溶性繊維は、便の質を改善してくれます。

happier_sakadoさんの投稿
44381645 2028136843945136 5108553176796571784 n

プルーンの不溶性繊維は便の量を増やすことで、大腸を刺激してくれます。また、プルーンの水溶性繊維は、不要な物質を付着させて体外へ排出してくれる便秘解消効果があります。プルーンの効果的な食べ方をすることで、なかなか改善しなかった便秘や便秘による肌荒れ、体調不良などをスッキリと解消する効果を発揮してくれるのです。

プルーンの効果・効能:ダイエット

プルーンの美容の効果・効能としては、ダイエット効果を期待することができるでしょう。ダイエットを効果的に行いたいのであれば、便秘の改善とむくみ予防が欠かせません。プルーンに含まれている水溶性・不溶性の2つの食物繊維やむくみ予防効果の高い栄養素で痩せやすい身体作りをすることができます。

mgmg.yさんの投稿
46067946 2228606540503638 6922264213237400431 n

プルーンには、糖アルコールの一種である天然ソルビトールが含まれています。これが、お通じをさらに良くしてくれますので、便秘の改善にも繋がるのです。ダイエット中だからと食事制限をすることでますます便秘にしてしまっていることもあるのです。摂取が少ない分、運動をしてもなかなか体重を減らすことができないのはこのためです。

ダイエットが原因で便秘やむくみになる女性も意外と多いのです。プルーンの効果的な食べ方をすることで便秘が解消され、むくみも予防することができますので、結果的にダイエット効果に繋がるでしょう。プルーンには、美容に必要な効果・効能がたくさん詰まっている素晴らしい食品です。

プルーンの効果・効能:アンチエイジング効果

プルーンの美容効果・効能としては、アンチエイジング効果があげられます。アンチエイジング効果とは、活性酸素によって、肌が老化したり、シミができてしまったり、肌のたるみが気になったりしたときに効果・効能を発揮してくれるものです。

michimaru64さんの投稿
46429940 270838710281809 3056285994064003280 n

体内で発生する活性酸素によって組織や細胞の酸化を防いでくれる役割を持っているのが、プルーンにたっぷりと含まれているネオクロロゲル酸などのポリフェノール類なのです。プルーンは、きれいな肌になりたい女性にはおすすめです。

プルーンの効果的な食べ方をすることで、美容効果があるでしょう。プルーンの効果的な食べ方をマスターして、アンチエイジング効果を得て、お肌をイキイキと若返らせましょう。

プルーンの効果・効能【健康】

プルーンの効果・効能:貧血予防

ここからは、プルーンの健康に関する効果・効能についてご紹介します。プルーンの健康に関する効果・効能としては、貧血予防があげられます。プルーンの効果としては、便秘の改善や貧血予防はあまりにも有名ですね。貧血で悩んでいる女性や妊婦さんにはおすすめの果物となっています。

mika3thyさんの投稿
44883707 1012616988923906 992298939888020547 n

プルーンには、赤血球のもととして欠かすことが出来ない鉄や銅の他にも造血に必要不可欠なビタミンB群や葉酸、ビタミンCが豊富に含まれていますので薬のような素晴らしい食品となっています。プルーンの栄養素が貧血の症状の緩和に大いに役に立つのです。朝起きるのがつらい方や月経後の貧血などの症状のある人はプルーンの効果的な食べ方をするといいでしょう。

ダイエット中の女性は食事制限をすることが多いです。それゆえに貧血の症状になったり、便秘に悩まされたりすることも多いです。しかし、プルーンの効果的な食べ方をすることで貧血を緩和したり、朝の目覚めがスッキリしたり、便秘の改善に繋がったり、一日を楽しく過ごすことができるようになるでしょう。

プルーンの効果・効能:むくみ予防

プルーンの健康に関する効果や効能としては、むくみ予防があげられるでしょう。体が冷えることによって血流が悪くなります。血流が悪くなることで、顔が大きく見えたり、足がだるくなったり、むくみの症状が出たりします。また、体内に余分な塩分が溜まっていると、その塩分が水分を溜め込む原因となります。

ko.ki.yu.aさんの投稿
46197050 316524345625547 4154987905776652514 n

冷えによる血流の悪さや体内に溜まっている余分な塩分によって、むくみの症状はおきやすくなります。しかし、プルーンの効果的な食べ方をするだけで、塩分排出をスムーズに行ってくれますので、むくみも予防することが可能なのです。

プルーンには、塩分を体外へ排出してくれる働きを持っているカリウムや体内へ酸素を運んでくれる働きを担ってくれる鉄分を豊富に含んでいます。酵素を滞りなく体内に運び込むことができれば、新陳代謝を活発化させることができるのです。プルーンの効果的な食べ方をすることで、むくみ予防や便秘改善、貧血予防に力を発揮してくれます。

プルーンの効果・効能:感染症予防

プルーンの健康に関する効果・効能としては、感染症予防があげられます。プルーンには、β-カロチンが豊富に含まれています。β-カロチンが豊富に含まれていますので、プルーンの効果的な食べ方をすることで免疫力を高める効果が期待出来るのです。

tanmihoさんの投稿
45839405 285993168788098 4138903792446339515 n

冬や季節の変わり目など風邪をひきやすい季節などにはプルーンがおすすめです。風邪をひきやすい子供や女性、風邪が治りにくいと悩んでいる方は、プルーンの効果的な食べ方をすることで、プルーンのβ-カロチンを効果的に得ることができるので、感染症予防に効果を発揮します。

風邪をひきやすい体質を徐々に改善することができるのもプルーンの素晴らしい効果ということができるでしょう。どんなに美人でも痩せてきれいになっても、風邪をひきやすいのであれば、日常を元気に過ごすことは不可能です。プルーンの効果的な食べ方をして、感染症予防や貧血、便秘改善に役立てましょう。

プルーンの効果・効能:骨の健康を保つ

プルーンの健康に関する効果・効能としては、骨の健康を保ってくれるというのがあげられるでしょう。プルーンには、マグネシウムやカルシウムというような、骨の形成や構成に効果的な栄養を豊富に含んでいるという特徴があります。

masako.t.1953さんの投稿
44822367 2204774859801709 1746459974304016845 n

女性は女性ホルモンの乱れによって、骨が脆くなってしまったり、弱くなってしまったりします。骨が脆くなってしまわないようにプルーンの効果的な食べ方をマスターするようにしましょう。

プルーンには、健康に関する効果・効能がたくさんあります。女性に多い、便秘の改善や貧血予防、骨の健康を保ってくれたり、ダイエット効果やむくみの予防効果があったり、女性には嬉しい美容効果もたくさん含まれています。プルーンの効果的な食べ方をマスターすることで、美容にも健康にも効果を発揮してくれるでしょう。

プルーンの効果・効能【病気】

プルーンの効果・効能:糖尿病予防

ここからは、プルーンの病気に関する効果・効能についてご紹介します。プルーンの病気に関する効果・効能としては、糖尿病の予防ということがあげられます。プルーンは、低GIの食品としても有名です。

_okayu.com_さんの投稿
45488502 200284790911006 5089905459342472404 n

GI値とは、プルーンなどの食品が体内で糖質に変わって、血糖値があがるスピードを計った値となっています。どれくらい血糖値があがるのかを示しているもので、GI値が低いほど血糖値があがるスピードが遅くなっています。プルーンは、GI値が低いので、食べてもすぐに血糖値があがるということはありません。それゆえに糖尿病予防に効果的なのです。

プルーンの皮が付いた丸ごとの状態で乾燥させているのが、ドライプルーンです。ドライプルーンは食物繊維が豊富に含まれています。ドライプルーンをそのまま食べることで食物繊維を多く摂取することが可能となりますので、便秘の改善、貧血予防に効果的です。また、血糖値が高い方にもプルーンは効果的です。

プルーンの効果・効能:動脈硬化を防ぐ

プルーンの病気に関する効果・効能としては、動脈硬化を防いでくれるということがあげられるでしょう。プルーンの効果的な食べ方によって、悪玉コレステロールを減らすことができます。それゆえに動脈硬化を防いでくれるのです。プルーンに含まれている水溶性食物繊維は、水に溶けることでジェル状になる特徴を持っています。

luca_radiantさんの投稿
44511558 2141415096186642 5373317965017220264 n

体内でジェル状になることで、コレステロールを吸着してくれます。プルーンの効果的な食べ方によって余分なコレステロールを排出してくれる効果があるのです。細胞内にコレステロールが増えると血管がかたくなります。それゆえに動脈硬化を起こす可能性が高くなるのです。中でも悪玉のLDLコレステロールは、細胞へコレステロールを運ぶ特徴があるので、減らす必要があるのです。

カルフォルニア大学の研究では、プルーンを毎日効果的な食べ方をすることによって、総コレステロールと悪玉のLDLが急激に減少したと発表しています。コレステロール値が高い人や、LDLコレステロール値が高い人は、プルーンの効果的な食べ方をマスターしましょう。

プルーンの効果・効能:肌や粘膜を健康に保つ

プルーンの病気に関する効果・効能としては、肌や粘膜を健康に保つというのがあります。プルーンはビタミンが豊富な食品としても人気です。ビタミンEには、抗酸化作用の他にも、血管を広げて血流を促進してくれる効果もあります。プルーンは、末端の血管を広げてくれますので、冷え性にも効果的です。

korokoro_yukaさんの投稿
44897277 938575163008411 2322289917866754759 n

プルーンには、ビタミンE以外にもたくさんのビタミンが含まれています。プルーンにはビタミンAも含まれています。ビタミンAには、肌や粘膜を健康に保ってくれる効果があります。肌荒れの改善にも効果抜群です。また、目の機能を保ってくれたり、夜盲症の予防にも効果があったりします。プルーンは、ビタミンCも豊富に含んでいます。

プルーンは少量のビタミンCを含んでいます。ビタミンCは、骨や筋肉の発達やコラーゲンの生成に必要なビタミンです。プルーンにはビタミンB群も含まれています。ビタミンB1や葉酸、8種のビタミンの総称でもあるビタミンB群は、赤血球の生成を助けたり、粘膜や皮膚を健康に保つ効果もあります。プルーンの効果的な食べ方をすることで豊富な栄養を得ることが可能となります。

プルーンの効果・効能:高血圧予防

プルーンの病気に関する効果・効能としては、高血圧予防をあげることができるでしょう。プルーンには多くのカリウムが含まれています。カリウムは血圧を下げる働きがあります。それゆえに高血圧の予防に効果的なのです。また、筋肉を正常に保つ効果も優れています。

tamachan_hontenさんの投稿
44711809 2206869816305900 3651961153661777771 n

プルーンは、様々な効果・効能がありますが、腎臓機能が低下している人は、プルーンの食べ過ぎに要注意です。プルーンを食べることで血中のカリウム濃度が高くなる可能性を含んでいるからです。

血中にカリウム濃度が高くなりすぎる事で、不整脈や最悪の事態としては、突然死を招く危険性を含んでいます。万能薬と言われているプルーンですが、その効果・効能は抜群ですのでくれぐれも食べすぎには要注意です。プルーンの効果的な食べ方をすることで、便秘改善や貧血予防など多くの効果を発揮してくれるのです。

プルーンの効果・効能:強い抗酸化作用

プルーンの病気に関する効果・効能としては、強い抗酸化作用があげられます。プルーンの効果的な食べ方をすることで、身体がサビるのを防いでくれます。プルーンは、他の果物や野菜と比べて強い抗酸化作用を持っています。抗酸化作用とは、活性酸素の働きや発生自体を抑えてくれる作用のことです。活性酸素が細胞や組織を酸化して傷つけてしまうのを防いでくれます。

ooiso_shonanさんの投稿
44887342 754671844890716 6401581696857473012 n

活性酸素とは、身体が酸化する、サビる原因となる酸素のことを意味しています。身体のサビとも言われています。活性酸素が体内で増えると動脈硬化やがん、生活習慣病、老化の原因となります。プルーンには、強い抗酸化作用があるポリフェノールが豊富に含まれているのです。

活性酸素はシミの原因ともなります。強い抗酸化作用のあるプルーンの効果的な食べ方をすることで、シミを防いで、美白にも効果的なのです。プルーンを食べることで身体がサビることを防いでくれますので、老化を防止することも可能となります。

プルーンの効果的な食べ方

摂取するタイミング・時間

kyoritsu_kitchenさんの投稿
44877614 147400286224055 1240217103292780431 n

ここからは、プルーンの効果的な食べ方をご紹介します。プルーンの効果的な食べ方としては、摂取するタイミングや時間のポイントを抑えることが重要です。プルーンの効果的な食べ方としておすすめな食べるタイミングとしては、夜があげられます。

aloha_kukeさんの投稿
45435556 522202888275579 4155070883081164778 n

プルーンは、夜の食事後にドライプルーンを何粒か食べるといいでしょう。プルーンの効果的な食べ方の摂取するタイミングをマスターすることで効果がより期待できます。夜食事後にプルーンを食べることで朝の便通の活性化にも貢献してくれるでしょう。

1日の摂取量

プルーンの効果的な食べ方としては、1日の摂取量をしっかりと守るようにしましょう。プルーンは、貧血予防や便秘改善、生活習慣病、さまざまな病気などの予防に効果的な食品です。しかし、急激にたくさん食べすぎる事で体調をくずすこともありますので要注意です。

miminagahukuさんの投稿
44444085 256834364957622 8694750175717644712 n

プルーンには、貧血予防や動脈硬化予防など優れた栄養素がたっぷりと含まれている薬的な食品となっています。プルーンを食べ過ぎるとお腹がゆるくなる原因ともなります。また、食べすぎる事で高カロリーな食品となっていますので太る原因にもなります。

プルーンの1日に摂取する目安としては、ドライプルーンを2~3粒までにしておきましょう。それでお腹を下してしまう方は、少しずつプルーンの量を減らしていくといいでしょう。自分に合う適量を見つけてみましょう。

摂取する時の注意点

プルーンの摂取するときの注意点としては、過剰摂取をすると下痢の原因となりますので注意が必要です。プルーンには、ソルビトールという成分が含まれています。プルーンを過剰に摂取することで下痢となりますので気を付けましょう。

aki.acco55さんの投稿
43765346 358602538240743 3590936739290836283 n

プルーンの1日に摂取する量を守って、効果的な食べ方をすることで、貧血予防や便秘の改善、動脈硬化、糖尿病などさまざまな生活習慣病も予防することが可能となります。なお、プルーンを食べることで体調が不良になるようであれば、しばらく控えてもいいでしょう。

ドライプルーンは、生のプルーンよりもかなりカロリーが高くなっています。また、ドライプルーンは食べやすいので油断して食べ過ぎると体重増加の原因にもなります。1粒1粒は小さいですが、たっぷりの栄養素を含んでいる、貧血予防や便秘の改善にも効果的な食品なのです。

おすすめの食べ方

貧血予防にも大活躍してくれるプルーンですが、おすすめの食べ方をご紹介しましょう。プルーンのおすすめの食べ方としては、生のままで食べるよりもジャムにして、ヨーグルトなどに入れて食べる方法です。生プルーンは100g約50cal、ドライプルーンは100g約230calとなっています。かなりカロリーが違いますが、栄養価が高いとされているのはドライプルーンとなっています。

hikaru_photo1さんの投稿
44711440 564897103938488 5823565866488733004 n

プルーンはジャムにして、ヨーグルトや様々なものにかけて食べるのがおすすめです。しかし、作るのが面倒であれば、市販のプルーンジャムやドライプルーンをそのままおやつかわりに食べるといいでしょう。プルーンジャムの材料は、ドライプルーン200g、砂糖200g、赤ワイン100㏄、レモン汁大さじ1になっています。

プルーンジャムの作り方は、赤ワインと砂糖、種無しのプルーンをお鍋に入れて火にかけます。弱火でプルーンをつぶすようにして煮詰めていきます。プルーンがお好みの柔らかさになってきたら、レモン汁を入れて混ぜ合わせれば完成です。とても簡単ですので挑戦してみましょう。貧血予防にも効果的です。

生のプルーンの栄養成分

目の健康を維持・生活習慣病の予防

ここからは、生プルーンの栄養成分についてご紹介します。生プルーンにはβ-カロチンが豊富に含まれています。その量はネクタリンの3倍、果物の平均位の約2.6倍となっています。プルーンのβ-カロチンの一部は体内でビタミンAとして働いてくれますので、視力の低下や夜盲症を防いでくれます。

amicco84さんの投稿
46320099 1058632380983381 7228068512709090428 n

プルーンには豊富なβ-カロチンが含まれています。目の健康を維持して、生活習慣病の予防にも効果的です。プルーンは貧血予防や便秘の改善が有名ですが、その他にもたくさんの効果を秘めているのです。

プルーンに含まれているβ-カロチンは、強い抗酸化作用も持っています。動脈硬化や老化の原因となる活性酸素を抑制する働きを持っています。生活習慣病の予防や貧血予防、アンチエイジング効果が期待できる素晴らしい食品なのです。

鉄分と葉酸が血液を作る!

プルーンには、貧血予防で有名な葉酸や鉄分が豊富に含まれています。それ以外にも血液を作ってくれるための必要な栄養素も含まれています。プルーンの造血作用が貧血の予防にとても役立っているのです。

ne___mkさんの投稿
44729392 120984388910346 1468915620319729881 n

鉄分は、血液のもとである赤血球のヘモグロビンの成分となっています。葉酸は、赤血球を生成する栄養素ですので、鉄分や葉酸は貧血に効果があるのです。また、鉄分の利用を効果的に行ってくれる銅や造血、三大栄養素の代謝を促してくれるのに必要なビタミンB群も豊富です。

ビタミンB1やビタミンB6、ナイアシンなども含んでいますので、より造血作用を高めることが可能なのです。しかし、生のプルーンには鉄分がそれほど多く含まれていません。ドライプルーンの方が間食としても食べやすく、一日に足りない栄養素を補ってくれるでしょう。

腸内環境を整える

生プルーンの栄養成分としては、腸内環境を整えてくれるペクチンが豊富に含まれているということができるでしょう。プルーンの食物繊維総量は、果物の中では中間位を位置しています。しかし、生プルーンには、水溶性食物繊維が豊富に含まれています。果物の平均値よりも2倍弱多いのです。

kaoriomori8787さんの投稿
44532058 1939678666067986 7818814329725124608 n

水溶性食物繊維は、水分を含むとゲル状になります。ゲル状になることで便を柔らかくして糖質である炭水化物の吸収を抑えてくれるのです。その中でもペクチンの作用は注目を集めています。

生プルーンのペクチンは、腸の働きを活発にしてくれますので便秘の解消にも効果的なのです。整腸作用のあるソルビトールである糖分も含んでいますので、便秘解消の効果も高いのです。ペクチンは腸内環境を改善してくれますので、大腸のがん予防にも効果的です。

ミラクルフルーツ

生プルーンは、種類豊富な栄養が含まれているミラクルフルーツと言われています。アンチエイジング効果も高いですので、身体がサビるのを抑えてくれます。

atman_worksさんの投稿
44856239 1107437166098985 3953574464894868712 n

生プルーンは、カリウムやマグネシウム、カルシウム、マンガン、亜鉛などの栄養成分を含んでいます。これらの栄養成分は、体内の水分バランスを整えてくれます。高血圧の予防やむくみ防止、免疫力アップなどの健康維持に欠かせない栄養を含んでいます。

生プルーンには、粘膜や皮膚を正常に保つ成分が豊富に含まれています。また、肌のハリに必要なコラーゲンも生成できますので、美肌作りには欠かせないビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養成分も含んでいるのです。

プルーンの木や実の特徴

プルーンの木の特徴

ここからは、貧血防止や動脈硬化、生活習慣病の予防など多くの効果が期待できるプルーンの木や実の特徴についてご紹介します。プルーンの樹木は、バラ科サクラ属のスモモ亜属となっています。

painduceさんの投稿
44894141 357872141642033 3465881319258754594 n

スモモの近縁腫のセイヨウスモモまたの名をドメスチカスモモの種類をまとめてプルーンと呼んでいるのです。プルーンの樹高は、4メートルほどとなっています。枝葉は梅とよく似ています。春には梅とよく似た白い花を咲かせるでしょう。とてもきれいで趣があります。

プルーンの実の特徴

sayuri_igさんの投稿
46764590 186925048924491 3031471913351578859 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

プルーンの実の特徴としては、品種によって大きさや色もさまざま異なります。味もかなり違うのが特徴です。プルーンの小さいもので20グラムの品種から、最大のプルーンの品種では100グラムのものまであります。プルーンの実をつけ始めたころは梅と大差がないです。完熟プルーンの見た目は、黒紫色や紫色、赤紫色などとなっています。

プルーンの収穫

dreamyu1116さんの投稿
45411964 295930794371533 8815373416121060179 n

プルーンの収穫は、品種によってかなり時期に差が出るのが特徴です。日本国内のプルーンの早生種は、7月に収穫を迎えます。しかし、ほとんどのプルーンの品種は8~9月が収穫時期となっています。

プラムとプルーンは似て非なるもの

japan_fruitcake_kanefactoryさんの投稿
44914635 775603376112493 6738300761204339768 n

プラムとプルーンはよく似ているのでよく間違われますが、プラムとプルーンは似て非な物と言えるでしょう。日本では、プルーンとプラムは別の品種として区別をしています。しかし、ヨーロッパでは、生のスモモがプラムで乾燥させたのがプルーンと呼んでいます。日本人と西洋人とでは、プルーンの認識の仕方が異なっているのです。

プルーンは薬の果実

oyukachan222さんの投稿
42776099 558288647947530 8603924817219302743 n

プルーンは、さまざまな栄養が豊富で、ヨーロッパでは昔から薬用としてプルーンが大活躍していました。プルーンには、鉄分、ミネラル、多くのビタミン類などの栄養素が豊富に含まれているからです。様々な病気の予防もしてくれるプルーンは、様々な効能を秘めています。

プルーンは妊婦におすすめ!

mgmg.yさんの投稿
45708788 711334732583572 5092447353111629678 n

プルーンには、妊娠前や妊娠中に必要とされている葉酸や鉄分が豊富に含まれています。それゆえにプルーンは妊婦におすすめの食品となっているのです。葉酸とは、赤血球や細胞の育成に関わっているビタミンBの一種となっています。ビタミンB12や葉酸が不足することで、悪性の貧血が引き起こされてしまう危険性があります。

__plum__さんの投稿
44865145 1905763242873889 6101967212306172383 n

極端な食生活を送っていないのであればまずは不足することはないので大丈夫です。しかし、妊娠前や妊娠中の女性は、通常よりも2倍近い葉酸を必要としています。妊娠を検討している女性や妊娠1ヶ月以上~妊娠3ヶ月の妊婦さんは、葉酸を多く摂取することが重要です。

vege_maniaさんの投稿
42098514 349591185783182 33801078473945517 n

葉酸は、細胞の分裂やDNAの形成などに関係している重要な栄養素です。また、細胞分裂が非常に活発な胎児には欠かせない栄養成分となっています。プルーンには、多くの葉酸が含まれていますので、食生活が乱れている女性や妊娠中の妊婦さんにはおすすめです。しかし、食べすぎには要注意です。

yukismzsweetsさんの投稿
45463420 483323805408062 9173504927537211621 n

プルーンには、たくさんの栄養素が豊富に含まれている分、糖分もたっぷりと含まれています。プルーンの効果的な食べ方としては、1日に2~3粒がおすすめです。

プルーンの美味しい食べ方

プルーンのスムージー

riiiiina8716さんの投稿
44849179 640915896305312 5614200333661695077 n

ここからは、プルーンの美味しい食べ方をご紹介します。プルーンの美味しい食べ方としては、プルーンスムージーがおすすめです。ペーストのプルーンを使用して簡単にできますのでぜひ挑戦してみましょう!

mikimaru_koさんの投稿
45361608 204379910438923 2945067239917608563 n

プルーンスムージーの作り方は、ペースト状のプルーン、もしくは冷凍プルーン、冷やしたバナナ、冷やした豆乳を用意します。すべての材料をお好みでミキサーに入れて撹拌すれば美味しいプルーンスムージーの完成です。甘さは豆乳とプルーンの量で調節しましょう。

プルーンヨーグルト

m38m383838さんの投稿
46586737 123070378702311 6929257532392083579 n

プルーンの美味しい食べ方としては、プルーンヨーグルトは欠かせません。とても簡単で美味しいと評判です。美味しいプルーンの食べ方としては人気の食べ方となっています。プルーンとヨーグルトの相乗効果によって腸内環境もしっかりと整っていくでしょう。

ritsu.m2さんの投稿
46562668 1943801222368496 6834730056908546714 n

プルーンヨーグルトの作り方をご紹介しましょう。プルーンヨーグルトの作り方は、とても簡単です。お好みの器にヨーグルトを適量入れます。生でもドライでもお好みのプルーンを適量のせれば完成です。プルーンヨーグルトで人気なのはドライプルーンを使用したヨーグルトです。栄養満点でお子様のおやつにもぴったりです。時間がない朝の朝食としても良いでしょう。

プルーンのケーキ

プルーンの美味しい食べ方としては、プルーンケーキがあります。簡単に作ることができますのでおすすめです。このプルーンケーキは、お子様のおやつにもぴったりですし、忙しい朝の朝食代わりにもなります。食べ過ぎてしまわないように注意しましょう。

hiromin1733さんの投稿
46863563 723484668020507 363226771560229431 n

プルーンケーキの材料はドライプルーン100グラム、小麦粉150グラム、グラニュー糖100グラム、ベーキングパウダー小さじ1、バター70グラム、卵3個となっています。プルーンケーキの作り方は、プルーンは小さくカットします。小麦粉とベーキングパウダーはよく混ぜておきます。18センチのケーキ型にクッキングペーパーを敷いて、オーブンを180度に温めます。

indigo_kitchenさんの投稿
46428377 357665881635097 1343536290165806859 n

ボウルに卵を溶きます。ぬるま湯の湯船にかけながらグラニュー糖を溶かします。バターをレンジで溶かしておきましょう。小麦粉を振るい混ぜて、バター、プルーンの順に入れていきます。型に生地を入れて飾りのプルーンをのせれば、後はオーブンで25分焼いたら完成です。

鶏肉とプルーンのワイン煮

プルーンの美味しい食べ方としては、鶏肉とプルーンのワイン煮がおすすめです。プルーンは肉との相性が抜群です。鶏肉とプルーンのワイン煮は、ご飯にもパンにもよく合います。

cosodate2009さんの投稿
46265216 2226011887409690 1700659661417794748 n

鶏肉とプルーンのワイン煮の材料は、鶏もも肉、ゆでたサツマイモ、もしくはじゃがいも、玉ねぎ、プルーン、おこのみのきのこが基本の材料となっています。鶏肉にまぶす小麦粉の味付けにはニンニク、バター、赤ワイン、オリーブオイル、砂糖を使用します。

nekonohige46さんの投稿
45616346 122674718640921 5815939622711412661 n

鶏肉とプルーンのワイン煮の作り方は、全ての材料を一口大の大きさにカットします。鶏肉は小麦粉をまぶしてフライパンでカリカリになるように両面焼きしておきます。鶏肉が焼けたらバター、野菜などの全ての材料を加えて炒めます。様子を見ながらワインなどの調味料を入れて煮込んだら完成です。

プルーンを上手に活用しよう!

silk.ch.38さんの投稿
45908732 756391838053603 8596034306204808980 n

ここでは、プルーンの美容や健康、病気などに関しての様々な効果や効能、美味しい食べ方やレシピなどをご紹介してきました。プルーンには、驚くほどの効果や効能が詰まっている栄養満点の食品だということが分かったのではないでしょうか?

m.s.bakeryさんの投稿
46032078 2164866690498144 5070827798254796433 n

プルーンは種類豊富な栄養素がたっぷりと含まれていますので上手に活用することでいつまでも若々しく、元気に生きていくことができるでしょう。プルーンの効果的な食べ方をマスターして日常で活かしていきましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ