プルーンの食べ方!貧血や便秘への効果&生やドライの美味しい食べ方をご紹介!

美容・健康効果抜群のプルーンの美味しい食べ方をご存知ですか?皮のむき方や食べ方を知っている人は意外と少ないようです。そこで、プルーンの美味しい食べ方や貧血、便秘への効果、生やドライの美味しい食べ方やむき方などをご紹介します。

目次

  1. プルーンの食べ方【効果:健康】
  2. プルーンの食べ方【効果:病気】
  3. プルーンの食べ方【生食の食べ頃】
  4. プルーンの食べ方【皮の下にある大事な成分】
  5. プルーンの食べ方【選び方と保存方法】
  6. プルーンの食べ方【生とドライフルーツの違い】
  7. プルーンの食べ方【生食・ジャム・その他】
  8. プルーンの食べ方【おすすめの食べ方】

プルーンの食べ方【効果:健康】

抗菌作用が高い

プルーンは、美容・健康の効果や効能も抜群の栄養満点な食品としても知られています。しかし、プルーンを上手に活用している方は意外と少ないようです。生プルーンとなると食べ方がわからない、皮のむき方がわからないなどという人も多いようです。ここでは、プルーンの美味しい食べ方やむき方、プルーンの保存方法、貧血や便秘などの効果・効能など様々ご紹介していきます。

wata7kさんの投稿
43556129 1701358396631336 3849394173580540509 n

プルーンの美味しい食べ方:健康の効果としては、抗菌作用が高いということができるでしょう。世の中に存在している食品のほとんどは、カビや雑菌などによって痛みが進み、そのうちに腐敗することで土にかえっていく、連鎖の運命を持っています。しかし、プルーンは、違います。抗菌作用が非常に高くなっていますので、他の食品と比べて菌に強くて腐りにくいという特徴を持っています。

カビて腐敗してしまった食品は、人体にとっては病気をもたらす毒でしかないのが現実です。しかし、ドライプルーンや生のプルーンには雑菌が付着しにくいという特徴があります。ドライプルーンや生プルーンは、カビにくい抗菌作用が高い食品となっていますので、安全性が高いということができるでしょう。特に、ドライプルーンは冷蔵庫や冷凍庫などで保存することで長持ちします。

コレステロール値を下げる効能

プルーンの食べ方:プルーンの健康に関する効果・効能としては、コレステロール値を下げる効能というのがあります。プルーンは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維という2種類の食物繊維を持っている優れた食品です。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類を持つことで便秘解消のに貢献してくれているのです。

mii81148さんの投稿
39932193 599066217174855 6445825110669673769 n

プルーンの不溶性食物繊維は、腸を刺激してお通じを良くしてくれるという特徴を持っています。プルーンの水溶性の食物繊維は、腸内の細かい不要な物質を吸収して、外へ排出してくれます。プルーンの効果的な食べ方をすることでお腹の調子をいつも快適に、便秘などで悩まされることもなく過ごすことができるようになるでしょう。

プルーンの水溶性食物繊維は、体内で溶けることで身体の隅々のコレステロールを取り込んでくれる役目をしてくれています。水溶性の食物繊維はドライプルーンよりも生プルーンに多く含まれています。プルーンを効果的に食べることでコレステロール値を大幅に下げることが可能となります。それゆえに心臓や血管を健康に正常化したい人にはおすすめの食品となっています。

ビタミンの効能

プルーンの食べ方:健康に関する効果・効能としては、ビタミンをタップリとることができる、ビタミンの効能をあげることができるでしょう。プルーンは、とにかく多くのビタミンを含んでいます。特にβ-カロチンが豊富で、その他にもビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2~B6まであらゆるビタミンが豊富に含まれています。

プルーンを1個食べるだけでもビタミン効果は高く、元気になるでしょう。プルーンの効果的な食べ方をマスターすることで健康を保つことができるでしょう。ビタミンが不足すると、身体全体の代謝が上手くいかなくなってしまいます。皮膚の劣化をはじめ、壊血病、内臓疾患、脚気などを引き起こしてしまうのです。

ko.ki.yu.aさんの投稿
45913282 307891133157997 4326306771662000860 n

毎日プルーンの効果的な食べ方をすることで、ビタミンを豊富に摂取することが可能となります。プルーンの効果的な食べ方によって、身体の代謝が正常に働くことができるのです。プルーンの食べ方によって、さまざまな病気も防ぐことができます。皮ごとプルーンを食べることが重要です。ドライプルーンであれば、冷凍保存もできますので便利です。

貧血予防になる

プルーンの食べ方:健康に関する効果・効能としては、貧血予防になるということができるでしょう。女性や妊婦さんで貧血気味の人は多いです。プルーンの効果的な食べ方をすることで、貧血予防になりますので侮れません。プルーンの効能としては、血液を作り出す造血作用が高いのも有名ですね。

rinricchanさんの投稿
45646104 777287632609721 3420523772438645152 n

プルーンは、血液を作り出すことができる、優れた能力をもっている食品となっています。プルーンには、鉄分やビタミンB群や葉酸が豊富に含んでいますので、血を作り出す能力が高いということができるでしょう。鉄分や葉酸が豊富に必要な妊婦さんには特におすすめなのがプルーンなのです。

ayu.design.31さんの投稿
47159912 299578064014382 2891203106118406217 n

プルーンの効果的な食べ方によって、血液を作り出すことができますので、身体の血のめぐりが正常化していくという特徴があります。プルーンの摂取によって、日常の貧血や立ち眩み、生活にとっての厄介な症状を避けることができます。毎日プルーンの効果的な食べ方をすることで、鉄分不足になることはないでしょう。

便秘解消

プルーンの食べ方:健康に関する効果・効能としては、便秘の解消があるでしょう。便秘で悩んでいる人は意外と多いようです。さまざまなストレスや生活習慣によって引き起こされる可能性が高くなります。プルーンには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が豊富に含まれています。水溶性食物繊維は水に溶けやすく、不溶性食物繊維は水に溶けにくいのが特徴です。

miitan2031さんの投稿
44895009 562418240872860 6911621942611696309 n

食物繊維が2種類バランスよくあることが、便通にはとても重要なのです。食物繊維をどちらか片方だけ豊富に摂取しても便秘を解消することが難しいのです。プルーンの不溶性食物繊維は、便の質を改善してくれます。便の量を増やすことで大腸を刺激することが可能となるのです。

プルーンに含まれている水溶性の食物繊維は、不要な物質を付着させて、それらを体外に排出するという効果が抜群です。プルーンの効果的な食べ方をマスターすることで便秘の解消はもちろん、便秘が原因の肌荒れなども解消することができます。ドライプルーンは皮ごと簡単に食べることができて食物繊維も豊富なのでおすすめです。冷凍保存することで長持ちします。

プルーンの食べ方【効果:病気】

抗酸化作用で病気予防

ここからは、プルーンの食べ方:病気に関する効果・効能についてご紹介します。プルーンの病気に関する効果・効能としては、抗酸化作用で病気を予防してくれるというのがあります。人体は、代謝することで活性酸素やフリーラジカルという副産物も生み出してしまいます。それらの副産物は、シミやしわを増やす原因となります。

身体の内部が酸化することで老化を進めてしまうのです。また、体内の酸性度があがることで生活習慣病を発症する原因ともなります。しかし、プルーンの効果的な食べ方によって、抗酸化作用の高い威力を発揮することが可能なのです。抗酸化作用によって、身体のあらゆる面での諸問題に対抗することができるのです。

happier_sakadoさんの投稿
44381645 2028136843945136 5108553176796571784 n

プルーンの抗酸化作用は、他の食品や果物と比べてもとても優秀ということができるでしょう。ドライプルーン、生プルーンともに抗酸化作用は最高レベルということができます。癌や心筋梗塞などの生活習慣病は、体内の酸化が原因となっています。プルーンを毎日適量摂取することで生活習慣病を予防することも可能なのです。シミやシワなどもプルーンによって改善さるでしょう。

骨粗しょう症改善

プルーンの病気に関する効果・効能としては、骨粗しょう症があげられます。最近では、プルーンを食べることによって人体の骨を形成することが可能ということがわかってきました。プルーンには、マンガンやカルシウムも豊富に含まれていますので、骨形成に関する栄養を豊富に含んでいると言えるのです。

cosodate2009さんの投稿
46265216 2226011887409690 1700659661417794748 n

女性の閉経後や加齢の人体では、骨がカスカスになる症状が自然と進行してしまいます。この状態を骨粗しょう症と言います。ちょっと転んだかけで骨折してしまうというのが骨粗しょう症の症状の特徴です。骨粗しょう症によって骨折してしまうので、寝たきりになってしまう危険性も含んでします。

最近の若者の中でも骨粗しょう症という症状の人も多いようです。食事の食べ方や生活習慣によって骨粗しょう症になってしまうリスクは高くなります。しかし、栄養豊富なプルーンの効果的な食べ方によって、骨粗しょう症を回避することが可能となります。皮つきのドライプルーンは冷凍保存などもできますので食べやすく便利です。

血糖値を上げない

プルーンの病気に関する効果・効能としては、血糖値をあげないということができるでしょう。甘いお菓子を好む人は多いでしょう。しかし、砂糖が多く含まれているお菓子は、食べすぎる事で血糖値を上昇させてしまいます。血糖値が高くなることであらゆる病気になりやすくなるというリスクがあります。

mgmg.yさんの投稿
46067946 2228606540503638 6922264213237400431 n

プルーンの糖分のグルコースやスクロースはわずかしか含まれていません。血糖値の上昇をあらわすGI値も、果物のかなでは一番低くなっているのです。甘みが十分なのに血糖値をあげることがないプルーンは、甘いものが大好きな方にはおすすめの果物です。ドライプルーンは皮ごと食べることができるので食物繊維も豊富です。ドライプルーンは冷凍保存もできますので長持ちします。

甘いものが大好きな人は、血糖値を上昇させずに甘みを存分に楽しむことができるプルーンに切り替えてみてはいかがでしょう。ドライプルーンや生のプルーンの摂取量を守ることで効果を発揮することが可能となります。特に皮つきのドライプルーンの食べ過ぎには要注意です。生のプルーンのむき方がわからないという方もいますが、できれば皮ごと食べることをおすすめします。

プルーンの食べ方【生食の食べ頃】

皮にはポリフェノールがたっぷり

ここからは、プルーンの生食の食べ方をご紹介します。プルーンはどちらかというと生食よりもドライの方が一般的なようです。生プルーンですと食べ方がよくわからない、皮のむき方がよくわからないという方が多いようです。生でも食べられるプルーンですが、食べ方に苦労されている方も多いようです。

mika3thyさんの投稿
44883707 1012616988923906 992298939888020547 n

生プルーンはドライプルーに比べてなかなか目にする機会も少ないのが特徴です。プルーンの大きさは、約5cm~8cmで楕円形の形をしています。生プルーンは少し酸味が強いのが特徴です。良く熟していると甘みがあって、中身が黄緑色となってきます。生プルーンは皮ごとかじりついて食べるのがおすすめです。皮の下に栄養がありますので、皮ごと食べるといいでしょう。

生プルーンの皮のむき方がわからないという方も多いようですが、できれば皮はむかずにそのまま食べた方が栄養が満点です。プルーンの皮には抗酸化作用の高いポリフェノールが豊富に含まれています。生プルーンは冷凍にしてシャーベットにしても美味しいです。食後のデザートにもぴったりです。

皮がシワシワ!美味しい食べ頃のサイン

生プルーンの美味しい食べ頃のサインはいつなのでしょうか?栄養が豊富で身体にも美容にも抜群の効果を発揮してくれるプルーンですが、生プルーンを購入して食べようとしたら酸っぱかったなどということがよくあります。そのような経験をされた方も多いのではないでしょうか?

ko.ki.yu.aさんの投稿
46197050 316524345625547 4154987905776652514 n

生プルーンには美味しい食べ頃のサインがあります。生プルーンの美味しい食べ頃のサインとしては、プルーンの表面の皮がシワシワになってきたらねっとり感のある甘い生プルーンを楽しむことができます。完熟した生プルーンは、ほどよく甘くて、ほどよい酸味も楽しめる逸品となっています。

生プルーンの表面の皮がシワシワになった完熟濃厚なプルーンの完熟までの日数は、プルーンの品種で違ってきます。一概には言えません。しかし、およそ7~10日くらいは時間を見た方がいいでしょう。生プルーンを購入の際は購入後7~8日は熟成期間と認識しておくといいでしょう。

プルーンの食べ頃は?

ドライフルーツのプルーンは、いつでも手軽に皮ごと楽しむことができますが、生のプルーンは何時が食べ頃なのでしょうか?生プルーンを購入してからは約7~10日くらいは熟成期間として待つ方がいいです。購入したばかりの生プルーンは、表面の皮もピチピチでまだ酸っぱい状態です。

酸っぱいプルーンがお好みであれば、そのまま食べてもいいでしょう。購入後しばらく置くと、生プルーンの軸が枯れて茶色になってきます。軸の周辺には皮の表面が少ししわになってきているのがわかるでしょう。この時期の生プルーンは少し甘みが感じられるようになってきますが、まだ全体的に酸っぱい状態です。さらに日数が進むと軸の周辺からプルーンの中間までしわになります。

masako.t.1953さんの投稿
44822367 2204774859801709 1746459974304016845 n

プルーンの中間までしわになってきた生プルーンは、果実に弾力性が感じられるようになります。ねっとりと濃厚な食べ頃になってきた証拠です。さらに熟成させていくと全体にシワが出てきます。プルーン全体がシワシワの状態は、完熟をむかえた食べ頃ということができるでしょう。完熟濃厚なプルーンの旨味を堪能できる状態です。むき方は気にせずに皮ごと丸ごと食べることをおすすめします。

完熟ねっとりのサイン

生プルーンの完熟ねっとりのサインは、プルーン全体がシワシワになった状態を指します。歯触りのプリプリ感はありませんが、果肉の水分が抜けていくことで濃厚さを堪能することができます。濃縮されたプルーンの旨味を味わうことができるでしょう。

tamachan_hontenさんの投稿
44711809 2206869816305900 3651961153661777771 n

直売所などで販売されているプルーンは、シワシワになった完熟プルーンを試食として提供していますので、完熟のプルーンを食べたお客さんは美味しいと言って購入される方が多いようです。完熟した生プルーンは、食べ頃に頂くことで、プルーン本来のほどよい酸味と濃厚な甘くて美味しい果肉を楽しむことができます。冷凍にしてシャーベットにしても美味しいです。

プルーンを購入したら、7~10日くらいは熟成させて、表面の皮全体がシワシワになってから食べてみましょう。皮のむき方は気にせずに、丸ごと食べることがおすすめです。皮にはたっぷりのポリフェノールが含まれていますので、この栄養を食べない手はありません。

プルーンの食べ方【皮の下にある大事な成分】

皮ごと食べる!

ここからは、プルーンの皮の下にある大事な成分についてご紹介します。プルーンには、表面の皮に白い粉のようなものがついています。農薬ではないか?皮ごと食べてもいいのだろうか?と気にしている人も多いようです。プルーンの表面の白くなっている粉のようなものは、ブルームと言う天然物質ですので、食べても大丈夫です。

fika3639さんの投稿
46320105 1946170245490061 8752020463568096957 n

プルーン以外にもスモモなどにもついていますが、自分の鮮度を保つため、守るために働いている大事な物質なのです。表面の白い粉のようなブルームは、雨や朝露などの水分をはじいてくれたり、病気を予防してくれたりする素晴らしい物質なのです。

プルーンの果実の水分蒸発を防いでくれる優れた物質なのです。鮮度を保つために自ら出している物質がブルームなのです。ブルームはその他にもリンゴやスイカ、ぶどう、キュウリなどにもみることができます。それゆえに皮のむき方を気にせずに皮ごと食べても安心なのです。皮の下にはたっぷりの栄養が含まれていますので、皮ごと頂きましょう。

生プルーンの食べ方・むき方

生プルーンの食べ方、むき方をご紹介しましょう。生プルーンは、表面の皮がシワシワになるまで完熟させることが重要です。完熟させたら中心に直径1cm前後の種が入っていますので、アボカド同様に切っていくとスムーズです。プルーンの種を中心にして半分ずつ実を剝すようにするといいでしょう。

プルーンの種離れもある程度完熟させておいた方が楽にできます。プルーンの食べ方、切り方をご紹介しましょう。生プルーンはきれいに洗います。洗ったら種に向かって真ん中に包丁を入れます。種の周りを一周するように包丁の刃を入れます。一周したら包丁をいったんおきます。半分に切れ目を入れたプルーンの右と左をそれぞれ掴んでひねるようにぐるりと回すと簡単に切り離せます。

masayo_hiraraさんの投稿
44379242 2221868851430957 7063003011098273052 n

果実をまわすことで種がついている方のプルーンも種を外すことが可能となります。プルーンが完熟しているほど簡単に種を取ることができます。あとは食べやすい大きさにカットすればいいでしょう。皮のむき方を気にされる人も多いですが、できれば、皮ごと食べることをおすすめします。

プルーンの食べ方【選び方と保存方法】

表面が白く粉がふいているものを選ぶ

ここからは、プルーンの選び方と保存方法をご紹介します。プルーンの選び方としては、プルーンの表面が白い粉で覆われているものを選ぶようにするといいでしょう。プルーンの表面の白い粉のようなものは農薬ではありません。ブルームと言う果物の鮮度を保ってくれる物質なのです。

rika.ogasawaraさんの投稿
44428968 260932247938072 5000725419408114347 n

プルーンの表面が真っ白な粉がついている、ブルームが豊富な物ほど鮮度が高いことを意味しています。鮮度が落ちてきたり、手でベタベタ触ったりすることで、自らの鮮度を維持しようとする能力をが失われて、表面の白い粉が少なくなります。

プルーンの表面が白い粉のブルームで覆われているほどに鮮度が高いということができるのです。鮮度が高いプルーンを選びたいのであれば、ブルームが豊富な白い粉のついているプルーンを選ぶといいでしょう。

果実に張りがあり固すぎないもの

生プルーンの選び方としては、果肉にハリがあって硬くなりすぎていないものを選ぶといいでしょう。プルーンは劣化しやすい果物ですので、未熟な状態での収穫をします。未熟な状態で収穫をして追熟させて出荷させるという流れになっています。

private_salon_cantikさんの投稿
44754654 1992333141070942 7184581471703428972 n

プルーンの品種によっては追熟しないものもあるようです。選ぶ際にはできるだけ完熟しているものを選ぶといいでしょう。そのためには、表面が全体にしっかりと色づいているもの、果肉を少し触ってみた時に硬すぎないで弾力があるものがおすすめです。

また、プルーンの選び方としては、軸が緑で新しいものを選ぶとうのもあります。軸がついている時には、軸がまだ新しいものが新鮮なプルーンとなっています。生プルーンは購入後は7~10日完熟させて、皮のむき方を気にせずに丸ごと食すといいでしょう。冷凍にすることでシャーベットを楽しむことができます。

プルーンは冷蔵保存

プルーンの保存方法としては、完熟しているプルーンはサッと水洗いしてから、なるべく早く食べることをおすすめします。しかし、まだ実がかたくて未熟なプルーの場合は、室温で7~10日熟成させるといいでしょう。

amicco84さんの投稿
44721803 292308891615943 7649994074501667563 n

プルーンを室温で追熟させたら、冷蔵庫での保存をおすすめします。プルーンを冷蔵庫で保存する際には乾燥しないようにビニール袋やジップロックに入れるといいでしょう。生プルーンはむき方を気にせずに皮ごと食べるのがおすすめです。

プルーンの冷凍保存

プルーンの保存方法としては、冷凍保存があります。完熟しているプルーンは、サッと水洗いします。水洗いしたプルーンは、皮ごと保存袋に入れて冷凍しておくことも可能です。皮のむき方を気にせずに丸ごと食べるのがおすすめですが、どうしても皮の上手なむき方をマスターしたいのであれば、冷凍後凍ったままの生プルーンを水にさらすだけで皮がきれいにむきやすくなります。

kesukufuさんの投稿
44836717 774170076282348 7459232277416558229 n

ドライプルーンを大量に購入したときは、冷凍保存がおすすめです。ドライプルーンは冷蔵庫でも意外と持ちますが、あまりにも大量の場合は、冷凍保存しておくといいでしょう。

プルーンは生プルーンもドライプルーンも冷凍保存することが可能です。冷凍することで生プルーンの皮のむき方も簡単になります。プルーンは皮ごと食べるのがおすすめですが、どうしても皮のきれいなむき方をマスターしたいのであれば、冷凍してから水にさらすことできれいなむき方をすることが出来ます。

プルーンの食べ方【生とドライフルーツの違い】

生のプルーン

ここからは、生プルーンとドライプルーンの違いをご紹介しましょう。まずは、生プルーンについてご紹介します。生プルーンは、セイヨウスモモの一種となっています。国産のプルーンは、多くの品種が生食用に作られています。

国産のプルーンは、甘みが強いのが特徴で旬は7月中旬~10月頃となっています。この時期のみ生のプルーンを楽しむことができます。熟したプルーンは桃のような甘くて濃厚な味を堪能することができます。完熟していないプルーンは酸っぱい状態になっています。

生プルーンの皮は巨峰よりも薄いですので、栄養分たっぷりの皮ごと頂くことをおすすめします。丸ごと生で食べる方法が一番おいしいです。しかし、きれいな皮のむき方としては、冷凍してから水にさらすことできれいで簡単なむき方をすることが可能となります。

ドライプルーン

ドライプルーンは、年中食べることができますので、一般的にはプルーンと言えば、ドライプルーンの印象が強いのではないでしょうか?ドライプルーンはアメリカ産のものがほとんどです。プルーンはドライにすることで、保存力、抗菌化作用が高まります。鉄分も豊富に含まれていますので、貧血予防にも効果的です。

kaoriomori8787さんの投稿
44532058 1939678666067986 7818814329725124608 n

ドライプルーンは、ねっとりとした甘みが特徴的です。濃厚な甘みを楽しめるのですが、血糖値を上昇させるGI値はかなり低いので、血糖値が気になる方で甘いものがやめられない方には、ドライプルーンがおすすめです。ドライプルーンはそのままでも十分美味しいのですが、お菓子や料理でも大活躍してくれます。

mgmg.yさんの投稿
44777177 120954235487911 2607161727438942755 n

生プルーンとドライプルーンでは、味が全く異なります。通常はドライプルーンを楽しみつつ、生プルーンが旬の時は生プルーンを堪能するのもいいでしょう。皮のむき方も冷凍してから水にさらすことできれいに簡単なむき方をすることが可能となります。毎日プルーンを効果的に食べることで健康にも貢献してくれるでしょう。

プルーンピュレの作り方

ここからは、プルーンの美味しい食べ方をご紹介します。プルーンの美味しい食べ方としては、プルーンピュレがおすすめです。そのままで生プルーンやドライプルーンを楽しむのもいいでしょう。しかし、ひと手間加えるだけで料理やお菓子にも簡単に取り入れられて、美味しく食べることができるようになります。

mizu_mizu7さんの投稿
44431649 334925967058305 1352356516090599209 n

プルーンジュレを作っておくことで、さまざまな料理やスイーツでも大活躍してくれるでしょう。一年中手に入れることができるドライプルーンを使用することで簡単に様々に応用がきくプルーンピュレを作ることができます。たくさん作って冷凍保存しておくことも可能です。

momoko1392さんの投稿
43282935 351360038757802 1570276508867969160 n

プルーンピュレの作り方は簡単です。ドライプルーン200g、お湯を大さじ6入れてフードプロセッサーで撹拌させれば完成です。フードプロセッサーがない場合は包丁で刻んでも大丈夫です。ピュレにすることで食べやすく、身体にもなじみやすくなっていきます。料理やお菓子にも簡単に使用できますのでとっても便利です。冷蔵保存では1週間ほど大丈夫です。

ピュレを使ったおすすめの美味しい食べ方

amicco84さんの投稿
46320099 1058632380983381 7228068512709090428 n

プルーンピュレを使用したおすすめの美味しい食べ方をご紹介しましょう。プルーンピュレはコクがありますので、バターや砂糖の代わりに代用できます。カロリーはバターの5分の1となっています。ソルビトールという甘みが含まれていますのでとてもヘルシーです。

otennkimamaさんの投稿
44741347 2154193311575424 3102791269513339809 n

プルーンピュレは、ケーキやマフィンにもおすすめです。その他にも調味料として使用することで料理にコクが生れます。味噌や醤油、お酢などと混ぜても美味しいです。我が家の新しい調味料にすることができます。お肉料理やいつもの料理にちょっと加えるだけでグッと美味しくなります。

プルーンの食べ方【生食・ジャム・その他】

国産のプルーンは生食が一番

ne___mkさんの投稿
44729392 120984388910346 1468915620319729881 n

ここからは、プルーンの美味しい食べ方として、生食、ジャム、その他の食べ方をご紹介します。国産のプルーンは、生食が一番おいしいと言えるでしょう。国産のプルーンは甘みも強いので生食に向いた品種なのです。

chikamayu401さんの投稿
44850361 265002324200417 4130345015752398252 n

生食での食べ方としては、皮ごと食べた方が栄養効果も抜群です。どうしても皮が気になる方は、上手な皮のむき方として、冷凍してから水にさらすことで簡単にきれいなむき方をすることができます。

プルーンのジャム

oliveoillifeさんの投稿
43645414 191138868456947 4325976726486104200 n

プルーンの食べ方としては、プルーンジャムもおすすめです。生プルーン500gに砂糖150~200g、レモン果汁2分の1個分で簡単に作ることができます。プルーンは中の種を取り除いて8等分のくし切りにします。

non_juelichさんの投稿
46388979 164105237879660 1681974917241092238 n

カットしたプルーンに砂糖の半分をまぶして1時間ほど寝かせます。鍋に移してレモン汁を加えて中火で加熱します。残りの砂糖も加えてよくかき混ぜながら煮込みます。全体的にトロっとしたら完成です。

その他にもいろいろ

atman_worksさんの投稿
44856239 1107437166098985 3953574464894868712 n

プルーンの食べ方としては、その他にもさまざまあります。プルーンピュレにしたり、冷凍にしてシャーベットにしたり、丸ごと甘露煮にしてもいいでしょう。

miminagahukuさんの投稿
44444085 256834364957622 8694750175717644712 n

ジュースにしても栄養満点ですし、梅酒のようにプルーン酒を作ることもできます。プルーン1kgにホワイトリカー1.8リットル、氷砂糖200~300gを入れて漬け込むと完成です。果樹種は、3ヶ月~半年くらいで美味しく頂けます。

プルーンの食べ方【おすすめの食べ方】

プルーンのスムージー

riiiiina8716さんの投稿
44849179 640915896305312 5614200333661695077 n

プルーンのおすすめの食べ方としては、プルーンスムージーがあります。とっても簡単で抗酸化作用を高めてくれます。スムージーは、ミキサーが必要不可欠です。

ritsu.m2さんの投稿
46562668 1943801222368496 6834730056908546714 n

ペースト状のプルーンまたは冷凍プルーン、冷やしたバナナ、冷やした豆乳を入れて撹拌すれば完成です。簡単で美味しいプルーンスムージーは朝食にもぴったりです。

プルーンヨーグルト

ayaaaaa6454さんの投稿
43632293 264243027501700 7562043953255890238 n

プルーンのおすすめの食べ方としては、プルーンヨーグルトがあります。ヨーグルトにはプルーンがよく合いますし、栄養も満点です。朝の忙しい朝食に用意するといいでしょう。

aki.acco55さんの投稿
43765346 358602538240743 3590936739290836283 n

プルーンヨーグルトの作り方はとても簡単です。お好みのヨーグルトの上に、ドライプルーンを数粒、もしくは生プルーン、プルーンジャムなどをお好みでのせれば完成です。

プルーンのケーキ

e3michan2さんの投稿
44921029 2201889473385014 8476481878961135036 n

プルーンの美味しい食べ方としては、プルーンケーキがおすすめです。プルーンケーキの材料は、小麦粉150グラム、ドライプルーン100グラム、グラニュー糖100グラム、ベーキングパウダー小さじ1、バター70グラム、卵3個となっています。

hiromin1733さんの投稿
46863563 723484668020507 363226771560229431 n

小麦粉とベーキングパウダーはよく振るっておきます。直径18センチの方にクッキングシートを敷きます。オーブンは180度に温めておきましょう。ボウルに卵を溶きます。グラニュー糖とバターを溶かしておきます。すべての材料を合わせて型に入れて、オーブンで25分焼けば完成です。

鶏肉とプルーンのワイン煮

nekonohige46さんの投稿
45616346 122674718640921 5815939622711412661 n

プルーンはお肉料理にもぴったりです。ゆでたじゃがいも、玉ねぎ、プルーン、きのこ、鶏モモ肉が基本の材料となっています。鶏肉には、にんにくバター、赤ワイン、砂糖で味付けをした小麦粉をまぶします。

foodlab_mioさんの投稿
44386546 2308293069200659 3520951886462943544 n

全ての材料を一口大にカットします。鶏肉は小麦粉をまぶしてフライパンでカリカリに両面焼きします。鶏肉が焼けたらすべての野菜を一緒に加えて炒めます。頃合いを見て赤ワインを入れて調味料で味を整えたら煮込んで完成です。

プルーンの美味しい食べ方をマスターしよう!

oyukachan222さんの投稿
42776099 558288647947530 8603924817219302743 n

ここでは、プルーンの健康や病気に関する効果や効能についてや、プルーンの生、ドライの特徴、プルーンの冷蔵、冷凍保存について、生プルーンの簡単な皮のむき方などさまざまご紹介してきました。

luca_radiantさんの投稿
44511558 2141415096186642 5373317965017220264 n

プルーンは、生もドライも冷凍することができます。冷凍することでシャーベットにしたり、長期保存ができたりします。栄養満点なプルーンの美味しい食べ方をマスターして日常に取り入れるようにしましょう。

Thumbプルーンの効果的な食べ方は?期待できる美容効果&効能を詳しく解説! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ