【焚き火台】アウトドアの定番のおすすめは?ミニサイズなど初心者用も!

アウトドアで人気のキャンプで、今「焚き火台」に注目が集まっています。子供の頃のキャンプファイヤーの記憶が思い出されて、大人のキャンパーで人気を集めています。人気の焚き火台のおすすめや、初心者に人気の焚き火台を紹介します。

目次

  1. 焚き火台をキャンプに持って行く理由
  2. 焚き火台をキャンプで楽しむコツ
  3. 焚き火台でキャンプ<初心者向け>
  4. 焚き火台の比較<アウトドアの定番>
  5. 焚き火台の比較<ミニ>
  6. 焚き火台の比較<個性的>
  7. 焚き火台の比較<プロ用>
  8. 焚き火台の人気おすすめランキング
  9. 焚き火台はバーベキューコンロの代わりにも!

焚き火台をキャンプに持って行く理由

kazuyosikitaokaさんの投稿
45778732 784418078572009 2926757612588649111 n

家族で楽しめるアウトドアといえばキャンプですね。家族以外では、友人同士や恋人とキャンプを楽しむだけでなく、ソロキャンプという言葉があるように1人で静かにキャンプを楽しむ人も増えてきました。せっかくアウトドアを楽しむのだからと、近年は焚き火台を持ち込むキャンパーが増えてきました。初心者にもおすすめの焚き火台や、定番の焚き火台、その魅力に迫ります。アウトドアに興味のある人もない人もご覧ください!

メリットがあるから

なぜアウトドアで焚き火をする人が増えてきたのでしょうか?焚き火をするメリットとは一体どのようなものがあるのか気になりますね。炎が燃え盛る様子をじっと見ていると、心が落ち着いてきます。癒しの効果があるとも言われています。アウトドアの焚き火台には料理ができるものもあり、焚き火台があると便利だというメリットもあります。アウトドアで焚き火をすると、良いことばかりなんです。

焚き火台をキャンプで楽しむコツ

jljlcan1224さんの投稿
31278505 199632147497305 6825233337251004416 n

燃え盛る火は、男女・年齢限らず好きだという方も多いですね。アウトドアで焚き火台を活用するポイントはいくつかあります。焚き火台をキャンプで楽しむコツとは一体どういったものがあるのでしょうか?ベテランキャンパーから、初心者キャンパーまで、焚き火台を楽しむためのコツを見ていきましょう。アウトドアをするなら、焚き火台を持って行きたい!ときっと思うはずですよ。

薪を数種類用意する

アウトドアに焚き火台を持っていく際、楽しみ方は色々とありますが「薪」の種類をいくつか持っていくのがおすすめ。薪の種類によって、燃えたときの香りが違い、その香りの違いを楽しむというのがベテランキャンパーの楽しみ方のひとつなんです。また、火の燃え方も違うので、炎の違いを楽しむという上級者の楽しみ方もあるのです。初心者はそこまで気にする必要がありませんが、慣れたらぜひ試してみたいですね。

焚き火台でキャンプ<初心者向け>

buhidiskさんの投稿
10882083 890031917704142 1729766106 n

初心者におすすめの焚き火台とはどんなものでしょうか?扱い方が簡単なものがおすすめです。アウトドアに慣れていない初心者は、焚き火台の使い方に手間取らないものが良いですね。また、大きすぎないものだと持ち運びが便利です。定番の焚き火台や、初心者におすすめの焚き火台など、種類がたくさんありますので、自分はどんな焚き火台が欲しいのか、色々と吟味して選んでくださいね。

サイズと重さで選ぶ

アウトドアで焚き火台を使う場合、サイズと重さ選びは大事です。特に、自転車キャンプの場合は重い物は持って行けません。こちらのツイッターの投稿のつぶやきでも、サイズと重さは重要ポイントです。車に焚き火台を積む場合も、使い勝手の良さを考えながらサイズと重さで選ぶと良いでしょう。各メーカーの焚き火台は、形・大きさ・重さは様々ですので、見比べながら検討するようにしてください。

焚き火台の比較<アウトドアの定番>

ebinakentaさんの投稿
37382386 303568053716763 9079071705623691264 n

まずはアウトドアの定番、初心者にも使いやすい焚き火台から見ていきましょう。アウトドアで人気のキャンプは、たくさんのグッズが販売されています。人気のアウトドアメーカーからも焚き火台は、デザイン・重さ・サイズなどいろんなバリエーションで販売されています。初心者から上級者まで幅広く使える定番の焚き火台は、思い切って買っておくとアウトドアの楽しみが広がります。お気に入りの焚き火台を選びましょう。

①スノーピーク 焚火台Mサイズ

itsukiakuzawaさんの投稿
26181830 137896486883104 2214137438740152320 n

スノーピークのアウトドアブランドは、日本でかなりの人気です。アウトドアショップではスノーピークコーナーがあるほど注目を集めています。おしゃれな見た目・高い機能性のスノーピークは、おしゃれキャンプの代名詞になっているほど。スノーピークの焚き火台は、シンプルなフォルムながら、使い勝手もばっちり。コンパクトに収納できるので、持ち運びも楽チンです。定番中の定番の焚き火台といえるでしょう。

②コールマン ステンレスファイアープレイス3

camp_bigginerさんの投稿
26186710 2009203269299991 4431068229720342528 n

コールマンもスノーピークと同様に、かなりの人気のアウトドアブランドです。コールマンの焚き火台は、スノーピークに比べて若干お手頃の価格なことが特徴です。コールマンの焚き火台は、コールマンならではのしっかりとした作りが格好良く、機能性も安定しています。焚き火台を使って火を焚くのが初めての方でも、コールマンなら安心です。煮炊きもできるようになっていますので、料理にも使えますね。

③LOGOS ピラミッドグリル L

camper_20thさんの投稿
23279647 133637850732659 1821927987411419136 n

LOGOS(ロゴス)もアウトドアブランドの中では人気のメーカーです。焚き火台も種類が多く、値段も手頃で定番の焚き火台といえます。気軽なアウトドアにLOGOS(ロゴス)はおすすめです。焚き火台は持ち運びしやすいですので、自分に合ったサイズを検討してみましょう。焚き火台だけでなく、アウトドア用品は他にも品揃えがありますので、アウトドア用品すべてを同じブランドで揃えるというのもおすすめ。

④キャプテンスタッグ ヘキサステンレスファイアグリル

nky0327さんの投稿
35155837 275224213047925 401292156108537856 n

キャプテンスタッグのヘキサステンレスファイアグリルは、焚き火台としても使え、バーベキューなどの料理にも使えるとして人気を集めています。アウトドア初心者の人は、馴染みのないブランドかも知れませんが、なかなか優秀な焚き火台なのです。アウトドアには焚き火台を持っていきたいけど荷物が多くなるという場合、料理と兼用の焚き火台はかさばらずおすすめなんです。収納時もコンパクトにおさまります。

⑤ユニフレーム ファイアグリル

axl7563さんの投稿
35616527 282521275643430 7288640049128669184 n

ユニフレームのファイアグリルも定番の焚き火台としておすすめです。お手頃な価格で、耐久性も良く、使い勝手も良いのでアウトドア初心者でも使いこなすことができます。料理にも対応していますので、アウトドアでひとつ持っておきたい焚き火台として、ユニフレームのファイアグリルはおすすめです。軽量でコンパクトに収納することができますので、アウトドアキャンプにはぜひ持っておきたい1台です。

焚き火台の比較<ミニ>

kl250h_sho_jgsdfさんの投稿
36745511 194992317837602 8917957243148697600 n

ミニ焚き火台も、気軽なアウトドアで定番ですね。ミニ焚き火台は初心者にもおすすめです、手軽に使え軽量なので持ち運びがしやすいからです。また、ミニ焚き火台は初心者だけでなく、ソロキャンパーにも定番でおすすめ。ひとりで過ごすキャンプに、ミニ焚き火台があると大変便利です。その場合は、持ち運びしやすい形や重さのミニ焚き火台を選ぶようにしましょう。ミニ焚き火台定番のものを紹介していきます!

①モノラル ワイヤフレーム

early_1971さんの投稿
29717778 799583580240025 8633490486708928512 n

ミニ焚き火台の中でもモノラルのワイヤフレームは定番で初心者にもおすすめです。焚き火台であるにもかかわらず、重量は1キロもないのです。女性キャンパーにもおすすめのミニ焚き火台なので、定番焚き火台としておすすめされています。耐久性もあり、各種部品も交換可能です。料理にも対応できるミニ焚き火台は、ソロキャンプに持っていっても良いですね。

②SOTO ミニ焚き火台テトラ

hiromi_kazさんの投稿
22582617 138920940188768 5625693806641807360 n

SOTOのミニ焚き火台テトラは、ソロキャンプや初心者に特におすすめのミニ焚き火台です。手軽に持っていくことができるので、ちょっとしたアウトドアにも最適ですね。価格も大変安く手に入れることができて小さいサイズというのが、アウトドア初心者やソロキャンプにおすすめの理由です。定番の焚き火台よりもさらに小さなサイズで、本格的に楽しみたい方はもう少し大きな焚き火台を買ったほうが良いでしょう。

③キャプテンスタッグ イージーファイアベース

a.matsui_1015さんの投稿
20766755 1857125557938767 286802720432586752 n

キャプテンスタッグのイージーファイアベースも、ミニ焚き火台として定番の商品です。ミニ焚き火台なのでコンパクトに収納でき、価格も安価なのです。直火に近い炎が出るとして、定番ミニ焚き火台の中では人気を集めています。少し安定性が良くないという口コミもありますので、値段以上を求める方は、もう少し本格的な焚き火台を買っても良いでしょう。初めて焚き火台を買って、とりあえず試したい場合にもおすすめ。

④ユニフレーム ファイアスタンド2

bruno22ayさんの投稿
10453988 251419555047623 611824306 n

ミニ焚き火台のユニフレームのファイアスタンドも人気です。収納時は大変コンパクトにおさまります。特殊耐熱鋼メッシュが採用されているため、収納は巻いてたたむタイプなのでコンパクトなのです。重量はなんと500グラム、軽量のミニ焚き火台なので女性やソロキャンプでも持ち運びが大変便利です。いつでもどこでも焚き火台を使って焚き火を楽しみたいアウトドア派におすすめの1台です。

⑤ドッペルギャンガーアウトドア 秘密のグリルちゃん

tomoya_pugpugさんの投稿
22430374 906766022823374 836353698740305920 n

ドッペルギャンガーアウトドアの秘密のグリルちゃんも、ミニ焚き火台として大変人気を集めています。写真でも分かる通り、かなりのコンパクトさなんです。焚き火をしながら、グリルもできるのでコンパクトながら便利なミニ焚き火台です。ソロキャンプで気軽にアウトドアを楽しみたい人におすすめのミニ焚き火台です。重さも590グラムと軽量なので、気軽なキャンプには欠かせない焚き火台です。

焚き火台の比較<個性的>

koichiro51.koichiro51さんの投稿
36484714 2182356495384870 926861819446820864 n

ではここからは、ちょっぴり個性的な焚き火台を紹介していきます。定番の焚き火台やミニ焚火台も良いけれど、個性的でおしゃれな焚き火台を使いたいという方におすすめの焚き火台です。キャンプなどのアウトドアの楽しみ方は人それぞれです。ひとつひとつのアウトドア用品にこだわる方も多いです。自分が一番楽しめる焚き火のやり方をするためにも、お気に入りの焚き火台を見つけていきましょう。

①コールマン ファイヤーディスク

nobu.kawabataさんの投稿
26403375 581524072190235 84255451482423296 n

コールマンのファイヤーディスクは、広い焚き火スペースが魅力の焚き火台です。収納性もよく、収納ケースがセットになっている焚き火台です。コールマンは人気のアウトドアブランドで、品質も高く、ベテランキャンパーの間でも愛用している方が多いです。コールマンのファイヤーディスクは、本格的に焚き火を楽しむことができるアイテムですので、ぜひチェックしてみてください。

②SOTO エアスタベース&ウイングMセット

akky.area777さんの投稿
17267987 398300023896069 4801375826035605504 n

SOTOのエアスタベース&ウイングMセットも、見た目がおしゃれな焚き火台のひとつです。エアスタウイングの形がおしゃれで女性にも人気です。気になる値段も2万以下で手に入るので、こだわりの焚き火台が欲しい方にはおすすめの焚き火台です。SOTOのエアスタベース&ウイングMセットは2人~4人までの人数が、焚き火を楽しむ目安の人数です。大人数でキャンプをする場合はLセットの購入がおすすめです。

③オンウェー 聖火焚火台

be_taki_productionさんの投稿
42409265 314828525780828 4335090837529559040 n

オンウェーの聖火焚火台は、とにかくデザイン性に優れています。聖火焚き火台というだけあって、見た目は聖火台のような美しい姿をしています。アウトドアの夜を神聖な炎で楽しむことができるオンウェーの聖火焚火台は、見た目が美しいだけではなく、収納時も大変コンパクトにおさまるのが人気のポイントのひとつ。3.2キロの重量もオートキャンプなら平気ですね。楽しい夜が過ごせる焚き火台です。

④ペトロマックス ファイヤーボール fs48

aniki0568さんの投稿
32144887 235398837213412 6316821209266782208 n

ペトロマックスのファイヤーボールfs48は、焚き火台としても使え、またグリル料理にも使える2役こなす焚き火台です。スチール板部分には、焚き木をのせます。グリル料理をする場合は、スチール板に油を塗って食材を焼くことができるんです。使い方は自由な焚き火台として、人気を集めています。スチール板の形状が個性的なので、こだわり派のキャンパーから人気を集めています。

⑤プリムスカモト オープンファイヤピットS

ingectarさんの投稿
38999743 233227024017547 7549192277340454912 n

プリムスカモトのオープンファイヤピットも人気の焚き火台です。グリルがついているので料理も楽しめます。空気を効率よく取り込む空気取込孔もあり機能性も高い焚き火台です。腐食に強いステンレス製なので、耐久性もあり、大事に使えば長持ちします。本格的な焚き火台は、決して安い買い物ではありませんので、大事に使って焚き火を楽しんでいきましょう。

焚き火台の比較<プロ用>

caorinobeer_everywagonさんの投稿
34070690 232931447482681 6100470422233415680 n

ベテランキャンパーが本格的に焚き火を楽しむ場合は、どのような焚き火台がおすすめなのでしょうか?初心者以上の中堅からベテランキャンパーに人気の焚き火台を、順番に紹介していきます。使い勝手だけでなく、見た目、重さ、サイズ、形などバランスの良い焚き火台をチェックして、値段と相談しながら購入を検討してくださいね。
 

①コールマン ロードトリップチャコールグリル

coleman_japanさんの投稿
39493958 1715470261895068 1224649174149468564 n

コールマンのロードトリップチャコールグリルは、焚き火台というよりはグリルをするバーベキューコンロに近い形状です。高さを調節できるので、愛用者も多いです。コールマンのロードトリップチャコールグリルは、本格的にグリルを楽しむのにもおすすめです。

②LOGOS 焚き火台 ピラミッドグリル L

yuji_tootさんの投稿
14726247 871387249627426 1246937514082566144 n

LOGOS(ロゴス)焚き火台ピラミッドグリルLサイズは、本格的に焚き火を楽しむのにぴったりのサイズです。大きな焚き火台なので、大人数でアウトドアを楽しむのにも向いています。LOGOS(ロゴス)焚き火台ピラミッドグリルLサイズは、焚き火を楽しむだけでなく、グリルとしても使えるので料理にも使えて便利です。オートキャンプだと多少大きくても、車に積んで置けるので安心です。

③モンベル バイオライトキャンプストーブ

otolx250さんの投稿
30926900 276746156059794 317054240977584128 n

モンベルのバイオライトキャンプストーブは、焚き火としても炎を楽しむことができるストーブです。焚き火台とは違い、あくまでストーブになりますが、一般的なストーブは炎を楽しむことができないのでモンベルのバイオライトキャンプストーブは人気を集めています。炎を楽しめるストーブは、手頃な大きさなので少人数のアウトドアにもおすすめです。形がおしゃれなので、デザイン重視の方にも人気をです。

④バーゴチタニウムファイアーボックスグリル

バーゴチタニウムのファイアーボックスグリルは、身軽なキャンプを好むベテランキャンパーに人気の焚き火台です。コンパクトに収納でき、グリルとしても使え、焚き火も楽しめる焚き火台なのです。見た目もすっきりとしているので、ベテランキャンパーも納得の焚き火台ですね。

焚き火台の人気おすすめランキング

ecojiro44さんの投稿
15876611 1332192220152607 7628294575521529856 n

部門別に色々な焚き火台を紹介してきましたが、いろんな面をトータルで考え、どんな焚き火台がおすすめなのかランキング形式にしました。これからアウトドアを始める人も、すでにアウトドアを楽しんでいる人も、焚き火台を買う際の参考にしてくださいね。焚き火台を選ぶポイントは人それぞれですので、大きさ・重さ・デザインなどから選んでいくと良いでしょう。

第10位:ヘキサステンレスファイアグリルM

ヘキサ ステンレス ファイアグリル(M)
5,184円
楽天で詳細を見る

ヘキサ・ステンレスファイアグリル(M)は、1台で焚き火とグリルの両方が楽しめる焚き火台です。ステンレス製なのでサビにくいのが特徴。また、収納バッグがついているので持ち運びも簡単なんです。サイズは、幅30センチ・奥行26センチ・高さ22センチです。網は、28センチ・25センチです。収納時は、幅35センチ・奥行33センチ・高さ5センチです。重さは1.8キロと手頃な重さなので女性でも安心ですね。

第9位:ペトロマックス ファイヤーボール

ペトロマックス ファイヤーボウル fs56
16,200円
楽天で詳細を見る

ペトロマックスのファイヤーボウルfs56もおすすめの焚き火台です。料理をするときは鉄板に食材をのせ、焚き火台として使うときは、台に薪をのせます。1台あれば2種類の使い方ができる焚き火台として人気です。3本の脚は取り外しができるので、持ち運びの際もコンパクトになります。サイズは、56センチ・26センチです。スチール製の素材で、重さは約6キロです。オートキャンプ時におすすめです。

第8位:LOGOS 焚き火台 ピラミッドグリル

ロゴス 焚火ピラミッドグリル
12,280円
楽天で詳細を見る

ロゴスの焚火ピラミッドグリルは、1台で3役の使い道があります。焚き火台として、バーベキューグリルとして、ダッチオーブンとしても使えるのです。地面に優しい灰受け構造になっており、灰がたまる仕組みになっています。別売り道具の品揃えも豊富なので、様々な使い道で楽しめるんです。コンパクトに収納できるので、持ち運びも楽々です。持ち運びバッグもついているので、移動時も邪魔になりません。

第7位:プリムス カモトオープンファイヤピット

プリムス カモトオープンファイアピット
22,680円
楽天で詳細を見る

プリムスのカモトオープンファイヤピットは、腐食に強いステンレス製です。コンパクトに収納できるのも人気の理由です。大きさは、約47センチ・65センチ・高さ7センチで、重さは7kgです。地面にダメージを与えにくい焚き火台なので、使う場所を選びません。バーベキューのためのグリル網もついているので、焚き火台としても料理にも使う事ができます。

第6位:モノラル ワイヤフレーム

MONORAL ワイヤフレーム
15,660円
楽天で詳細を見る

モノラルのワイヤフレームの焚き火台は、見た目のシンプルさがおしゃれで人気を集めています。ワイヤーのフレームは、ほとんど蓄熱しない作りになっているため、焚き火を楽しんだ後はすぐに収納することができるんです。気軽に持ち歩ける焚き火台として便利です。別売りの道具を使えば、ダッチオーブンを使うための焚き火にもなります。料理に、焚き火に、何役もこなす便利でおしゃれな焚き火台です。

第5位:バーゴ チタニウム コンバーターストーブ

バーゴ チタニウム コンバーターストーブ
6,480円
楽天で詳細を見る

バーゴのチタニウムコンバーターストーブもおすすめです。焚き火台の薪を準備できないときに、気軽に炎を楽しむことができます。ストーブ本体とゴトクは分離できます。別売のヘキサゴンウッドストーブと組み合わせると、効率的に燃焼力を得ることができ便利です。

第4位:ユニフレーム ファイアスタンド2

ユニフレーム ファイアスタンド2
6,000円
楽天で詳細を見る

ユニフレームのファイアスタンド2は、特殊耐熱鋼メッシュを使っているため、焚き火の灰が下に落ちることはほとんどありません。そのため、地面に優しい焚き火台なんです。使い終わったら、巻いてたためてコンパクトになるので、ソロキャンプにもおすすめ。重さも500グラムもないので、ツーリングにも気軽に持っていくことができますね。

第3位:コールマン ファイヤーディスク

COLEMAN ファイヤーディスク
7,980円
楽天で詳細を見る

コールマンのファイヤーディスクも、人気の焚き火台です。重さは約3.2キロで、サイズは60センチ・23センチです。網を置いてグリルにすることもできます。折りたたむとコンパクトになり、円形の収納バッグもついているため、持ち運びも簡単です。コールマンはアウトドアブランドの中でも人気です。安定の使い心地ですので、焚き火台に迷ったらコールマンがおすすめです。値段も手頃なのが嬉しいですね。

第2位:モンベル バイオライトキャンプストーブ

バイオライト キャンプストーブ
18,360円
楽天で詳細を見る

モンベルのバイオライトキャンプストーブは、焚き火で発生した熱が電気に変換されてファンが回る構造になっています。そのため、燃焼効率が上がります。焚き火とストーブが合わさった作りになっていて、おしゃれなキャンパーからも人気です。ガスやガソリンなどは使わず、小枝などの自然素材を使います。重さは約1キロで、サイズは12センチ・高さ21センチで、意外とコンパクトなことも人気の理由のひとつです。

第1位:スノーピーク 焚き火台

スノーピーク 焚火台
9,288円
楽天で詳細を見る

ランキング1位は、キャンパーの憧れのアウトドアブランド、スノーピークの焚き火台です。シンプルなデザインなのに、耐久性のある作りになっており、収納時もコンパクトにおさまります。別売りの道具を使って料理を楽しむことができる焚き火台なので、使い道は焚き火だけではありません。スノーピークはおしゃキャンの代名詞になりつつありますので、焚き火台以外のアウトドア用品もチェックしてみましょう。

焚き火台はバーベキューコンロの代わりにも!

iroeriさんの投稿
14295550 1621617561469016 805960484 n

焚き火台は、焚き火を楽しむだけでなく使い道はいくつもあります。ベテランキャンパーは焚き火台をどのように活用しているのでしょうか?アウトドア初心者の方も、ベテランキャンパーの焚き火台の使い方を参考に、色々な使い道を楽しんでみてください。

料理も出来る

焚き火台は料理にも使うことができます。グリル機能がついている焚き火台も多く、バーベキューが楽しめるんです。また、ダッチオーブンを置けるような焚き火台もありますので、別売りの道具もチェックしてみましょう。

yoshiedawaさんの投稿
12292841 116057855430553 250152865 n

アウトドアを楽しむなら焚き火台は、ぜひ欲しいアイテムです。人気のアウトドアブランドからお気に入りの焚き火台を探すのも楽しいですね。1台で何役もこなす焚き火台を見つけて、仲間や家族とアウトドアを楽しんでください。アウトドアを楽しむ人数、移動手段によって、どのような焚き火台を買えば良いか、希望にぴったりの焚き火台を選んでいってくださいね。

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ