チークネイルのやり方おすすめ簡単術!マニキュアポンポンでほら可愛い!

可愛いと話題になっているチークネイル。ネイルサロンに行かなくてもセルフで、しかもマニキュアで簡単にできるんですよ。やり方は一見難しそうですが、実は家にあるアイテムでポンポンするだけとやり方はとっても簡単!誰でも簡単にできる可愛いチークネイル簡単術をご紹介!

目次

  1. チークネイルとは
  2. チークネイルはマニキュアでも簡単にできる!
  3. チークネイルにおすすめのカラーは?
  4. やり方が簡単なチークネイルに必要なもの
  5. チークネイルの簡単なやり方①スポンジ
  6. チークネイルの簡単なやり方②アイシャドウチップ
  7. やり方も簡単なチークネイルのおすすめのデザイン集
  8. チークネイルを上手にぼかすやり方
  9. チークネイルに失敗したとき上手にごまかすやり方は?
  10. やり方も簡単!チークネイルはカラー工夫で楽しもう!

チークネイルとは

チークネイルってご存知ですか?可愛いとSNSでも話題になっているネイルのデザインです。チークネイルのチークはメイクで使うあのチークのことです。つまり爪に血色をプラスするという意味なんです。爪の中央にふんわりとチークを入れたような血色が加わることで、ホンワリと可愛く仕上がるんです。

チークといえば、ピンクやレッド、オレンジなどが一般的で、これらのカラーを使ったチークネイルがメジャーですが、チークカラーの部分を他のカラーを使うことで、オールシーズン季節に合ったチークネイルを楽しめるのも人気のポイントです。もちろんチークカラーだけでなくベースカラーもいろいろ遊べますよ。セルフネイルデザインとしておすすめです。

Thumbべっ甲ネイルのやり方!セルフの簡単な方法&可愛いデザイン紹介[ジェリー]

チークネイルはマニキュアでも簡単にできる!

チークネイルは一見とてもやり方が難しそうに見えます。血色のようにホンワリとチークカラーを乗せるのは初心者がセルフネイルをするには難しいのでは?と思われがちです。しかも上手にチークカラーをぼかすにはジェルネイルじゃないとできないイメージがありますが、実はマニキュアでも簡単にできるやり方があるんですよ。

最近のマニキュアは速乾性のものが多く、内側から血色がにじみ出るようにチークカラーを入れるのは難しそうですが、やり方はどこの家にでもあるスポンジやアイシャドウチップを使ってポンポンすることで、速乾性のマニキュアでも失敗なしでチークネイルをキレイに仕上げることができますよ。

Thumbデニムネイルのやり方まとめ!スポンジを使う簡単な方法・ダメージ加工風など![ジェリー]

チークネイルにおすすめのカラーは?

チークネイルにおすすめのカラーは、定番の赤やピンクです。赤やピンクは血色そのものの色なので、爪の血色がほんわりとアップしたように感じられますよ。自然なチークネイルはオフィスでもOKです。赤やピンクの血色カラー以外にも、クールな印象にしたければブルーなどの寒色系もおすすめです。寒色系のチークネイルは夏にもピッタリですよ。

大人っぽいキレイ系がお好みならベージュ系のチークネイルもおすすめです。ベージュ系のチークネイルはもちろんオフィスもOKですよ。ベージュ系ならショートネイルでも指が長く見えるというメリットもありますから、手をキレイに見せたいときにもおすすめです。

チークネイルは基本的にどんなカラーでもOK!だから季節や気分に合わせていろいろなカラーを楽しめますよ。マニキュアにはラメ入りのものもありますが、もちろんラメ入りのマニキュアでもチークネイルができますよ。

やり方が簡単なチークネイルに必要なもの

やり方も簡単なチークネイルはセルフで楽しむのがおすすめ。チークネイルに必要なものは、マニキュア、アルミホイル、チーク部分をポンポンするためのスポンジやアイシャドウチップ、お好みでスタッズ類です。マニキュアは、まずベースコートとトップコート意外に、チークネイルのベースカラー1色とチークカラーを1色用意しましょう。

基本的なチークネイルに必要なのはベースカラーとチークカラーの2色があれば十分です。ベースカラーはチークの色が目立つように乳白色がおすすめです。より立体感を出したければチークカラーを濃淡の2色用意しましょう。

チークネイルの簡単なやり方①スポンジ

まずはスポンジを使ったチークネイルのやり方をご紹介します。スポンジは用途によって目の粗さに違いがありますよね。台所スポンジやファンデーション用のスポンジ、メラミンスポンジなどいろいろありますが、セルフのチークネイルにおすすめなのは適度な目の粗さがある、台所スポンジかファンデーション用のスポンジがおすすめです。

チークネイルのやり方ですが、まずベースコートを塗ってネイルの持ちをアップさせ、爪への色素沈着を防ぎます。次にベースカラーを1度もしくは2度塗りして好みの濃さにします。アルミホイルにチークカラーを少し出して、小さくカットしたスポンジにつけ、爪の真ん中にポンポンします。上からトップコートを重ねれば、チークネイルの完成です。

チークネイルの簡単なやり方②アイシャドウチップ

チークネイルはスポンジ以外ではアイシャドウチップを使っても上手に仕上げることができますよ。アイシャドウチップは100均などで複数入ったものが購入できるので、チークネイルようにいくつか揃えておくと良いですよ。またいらなくなったアイシャドウチップがあればいろんなセルフネイルで使うやり方があるので、キレイに洗って取っておくと良いですよ。

アイシャドウチップを使ったチークネイルのやり方は、スポンジのやり方と基本的には同じです。ベースコートを塗ってその上からベースカラーを1度~2度塗りをします。ベースカラーが乾いたらアルミホイルにチークカラーを出してアイシャドウチップにつけて、爪の中央部分をポンポンします。トップコートで仕上て完成です。

スポンジやアイシャドウチップ以外では綿棒を使ってポンポンするやり方もありますが、綿棒はどうしても繊維が残りやすいので初心者は失敗してしまうことが多いです。まずはスポンジやアイシャドウチップで練習して、慣れてくれば綿棒を使うようにした方が良さそうです。

やり方も簡単なチークネイルのおすすめのデザイン集

それでは実際にやり方も簡単なチークネイルのデザインを見てみましょう。いろいろなカラーを使ったチークネイルのデザインを見れば、自分に似合うチークネイルが見つかりますよ。やり方はいずれも簡単なので、デザイン集を参考に真似をしたりアレンジを加えるなどして自分に似合うチークネイルを見つけましょう。

こちらのデザインはカラーにイエローを使っています。やり方はチークカラーを比較的広めにポンポンと乗せればOKです。いえろーはとても爽やかな印象になりますよね。またパールやストーンを置くことで華やかさもプラスされています。とても上品なチークネイルに仕上がっていますね。パールをつけなければオフィスネイルにも良さそうです。

こちらのデザインは可愛いピンクのチークネイルです。チークカラーに使っているカラーは定番の血色カラーですが、ベースカラーを乳白色ではなく淡いピンクを使っているので、自然かつ甘いチークネイルに仕上がっています。中指と薬指につけられた天然石との相性もばっちりですね。やり方はベースカラーをピンクに変えるだけと簡単です。

こちらのデザインは乳白色のベースカラーにチョコレート色のチークカラーを入れたチークネイルです。こちらのやり方も簡単ですよ。真ん中のチョコレートカラーと周辺のぼかされた部分がおしゃれですよね。チョコレートにもプリンにも感じられます。スタッズやゴールドのループがさらにおしゃれ感をプラスしていますね。

こちらの幻想的な印象のチークネイルはチークカラーにパープルを使っています。パープルは暖色と寒色の中間的なカラーで、とてもキレイで素敵ですよね。三日月や星のアクセントで夜空に見立てているのも素敵です。やり方は基本のチークネイルと同じですが、オーロラやストーンが素敵に配置されているのが魅力です。

こちらのデザインは逆チークネイルです。通常のチークネイルのやり方は爪の中央にチークカラーをポンポンと乗せますが、逆チークネイルのやり方は中央部分をあけて周りにポンポンとチークカラーをのせるというものです。普通のチークネイルも素敵ですが、逆チークネイルもおしゃれで素敵ですね。やり方は簡単ですが皮膚にカラーがつくので、後でキレイに拭き取りましょう。

チークネイルを上手にぼかすやり方

チークネイルをキレイに仕上げるにはいかに上手にチークカラーを「ぼかす」かにかかっています。キレイにぼかせないと中央部分が単に別の色を塗っただけの残念な仕上がりになります。チークネイルを上手にぼかすやり方は、1度のポンポンで仕上げようとしないこと、チークカラーが完全に乾ききる前にトップコートを塗ることです。

やり方はチークカラーをスポンジやネイルチップを使ってポンポンするときに、大量につけてしまうとぼかすのが難しくなります。吸い込ませて、つき過ぎを防ぐためにいったん何もついていないアルミホイルの上で量を調節してから爪にポンポン乗せ、これを3回ほど好みのチークカラーになるまで繰り返します。この手間が血色のようにキレイにぼかすコツですよ。

チークネイルに失敗したとき上手にごまかすやり方は?

初めてのチークネイルは、うまくスポンジやアイシャドウチップが使いこなせず失敗してしまうこともあります。マニキュアはジェルと違ってすぐに乾いてしまうので、失敗したら大変ですよね。チークネイルを失敗するのはチークネイルを入れる工程がほとんどです。ベースコートもベースカラーも塗った後に除光液で全部落とすのはもったいないですよね。

チークカラーの入れ方を失敗したときにごまかすやり方は、除光液で落とさずにベースカラーを重ねると良いですよ。ベースカラーを重ねると、チークカラーが薄まるので失敗も上手にごまかすことができます。またスタッズやストーンなどでごまかすやり方もおすすめです。マニキュアは時間との勝負なのでジェルのような修正はできません。上手にごまかしましょう。

やり方も簡単!チークネイルはカラー工夫で楽しもう!

チークネイルはスポンジやアイシャドウチップをポンポンすれば簡単にセルフでできるやり方も簡単なデザインです。セルフでできる簡単なやり方にも関わらず、選ぶチークカラーによってはいろいろな表情を作り出してくれます。やり方も簡単なチークネイルなら初心者にもピッタリです。早速おしゃれなチークネイルで指先のおしゃれを楽しみましょう。

Thumbフレンチネイル・セルフの簡単なやり方!ジェルやシールの使い方は?[ジェリー]

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ