リビングのソファーなしレイアウト画像集!置かないおしゃれな空間作りとは!

皆さんは、リビングにソファーを当たり前のように置いていませんか?しかし、ソファーなしのリビングは意外にもうれしいメリットもあり、快適で過ごせるんですよ!今回は、ソファーなしリビングのメリットや、おしゃれなリビングにするレイアウト方法などを紹介します。

目次

  1. リビングにソファーは必要?
  2. リビングにソファーを置くことのデメリット
  3. リビングソファなしのメリット
  4. リビングソファーなしのおしゃれレイアウト画像
  5. リビングソファーなしでも快適に過ごすコツは?
  6. リビングソファーなしはラグの併用がおすすめ
  7. リビングソファーなしが向いていない場合も
  8. リビングソファーなし生活を楽しもう!

リビングにソファーは必要?

リビングとは?

リビングとは、居間や茶の間のことで、家の中の家族団らんのスペースです。かつては、日本家屋では「茶の間」と呼ばれていた空間です。家族が一緒にくつろぎ、コミュニケーションの中心になる場所なので、家づくりや物件購入する時には、リビングはとても重要視します。

morihouse_miyagiさんの投稿
46489004 777595212602315 7790556756596833839 n

最近の家の間取りは、リビングとダイニングが一体になったLDや、リビング・ダイニング・キッチンが一体になったLDKが主流です。プライバシー重視かコミュニケーション重視か、住居空間が縦長か横長かなどで、家の中のリビングの位置をどの場所にするか決まります。

okiekiekieさんの投稿
29415897 177860206171332 9222993993833381888 n

プライバシー重視の場合は、リビングは家族の共有部屋として、ひとつの部屋のようにリビングを家の間取りに配置します。反対に、コミュニケーション重視の場合は、リビングを中心に各個室につながる家のつくりにして、家族がリビングを通って個室に行けるようにしてある間取りもあります。その場合、リビング空間をより楽しめるように、家で一番眺望が良くしたり、日照が良い場所をリビングにします。

kuronikacomさんの投稿
44711442 2241402436108291 2091071983758072856 n

ソファーの役割

リビングにソファーを配置している方も多いですよね。ソファーはリビングの主役級の家具として、引越やリビングの模様替えで家具を新調する時は、真っ先にリビングに合うソファーを決める方も多いではないでしょうか?ソファーは、座れる人数、形、素材、色などの様々な選択肢があり、またソファーの値段も他の家具に比べて高額です。

cayoco93さんの投稿
45589052 334550560780155 7427074632115056230 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

また、最近ではリビングの床がフローリングの場合が多く、ソファーを座る場所として置いたりします。また、間取りがLD(リビング・ダイニング)またはLDK(リビング・ダイニング・キッチン)になっている場合、部屋を大型家具であるソファーで、それぞれの空間をゆるやかに区切ったりします。

lovitomoさんの投稿
45739264 1137540166422930 4964884629698904064 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

リビングにソファーの必要性は?

pppichistagramさんの投稿
47029947 355474445016319 4938315838197841237 n

先程紹介したように、リビングは家族が快適に過ごす団らんスペースであり、そのリビングにソファーを置くのは座る椅子の役割と、空間を区切る役割があります。家のモデルルームなどで、リビングにソファーを置いてあるレイアウトが主流で、リビングにソファーは必要な家具として認識している方も多いですよね。

しかし、ソファーは大型家具で、かつ高級家具です。そのため、部屋の広さや、家族のリビングの使い方によっては、ソファーなしの方が家族がより快適に過ごせる場合もあります。今回は、ソファーなしリビングのメリットやレイアウト画像、さらにソファーなしで快適に過ごす方法などを紹介します。

Thumbおしゃれなリビングのコーディネート実例集!家具・収納・照明など | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

リビングにソファーを置くことのデメリット

経済負担が大きい

_____sc2413kさんの投稿
43608725 1932169617090190 6129240429763082521 n

ソファーの値段は、特別に激安や高級でなければ、約5万円から30万円前後の価格帯になります。もちろん、ソファーのサイズやデザイン、使用されている素材でもソファーの価格は変動します。そのようなことからも、ソファーは家具の中で高額な家具ということがわかりますよね!

また、ソファーは素材や使い方によって寿命が違いますが、平均3~10年で買え変える方が多いそうです。このことから、リビングにソファーを置いている家庭では、数年単位でソファーの購入金額分の出費があり、経済的には負担ですよね。

リビングの空間が狭くなる

ソファーは、1人掛けソファー、2人掛けソファー、3人掛けソファー、クッション張りの長椅子であるオットマン、足を伸ばすシューズロングがついているカウチソファー、部屋の壁沿いに配置できるL字の形状になったコーナーソファーなどがあります。

aisan0129さんの投稿
46224544 320898425426448 3240403635025911411 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ソファーをリビングに配置する時に、基本的にソファーの幅・奥行・高さを考慮します。例えば、2人掛けソファーの場合、そのソファーのメーカーによりサイズは異なりますが、約110cm~160cmの幅が必要です。さらに、3人掛けソファーだと約170cm~200cmの幅が必要となります。

そんな大型家具であるソファーをリビングに置くと、その分だけリビングが狭い空間になります。また、比較的座れる人数が少ない小さめな幅のソファーだとしても、ソファーの背もたれが高いとリビングが視覚的に圧迫された空間に見えてしまいます。

小さな子供や赤ちゃんがいる家庭には注意が必要

小さな子供や赤ちゃんは、もっともよく過ごす家で怪我をすることが多いのです。家の中でもリビングが長い時間を過ごす場所である家庭も多いはずです。そのようなことから、小さな子供や赤ちゃんがいる家庭では、リビングが小さな子供や赤ちゃんにとって、より安全な場所にした方が安心です。

ソファーで起こる事故は、寝返りが出来る赤ちゃんが目を離した隙に、ソファーに寝ている間に寝返りをして転落したり、または幼児期の時に、ソファーの上で飛び跳ねて転落することはよくあります。小さい子供や赤ちゃんがいる家庭では、ソファー周りでの小さな子供や赤ちゃんの行動に、親が注意する必要があります。

掃除が面倒

ueno.monoさんの投稿
47584503 519533355217546 2658947121221008869 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

家族団らんのリビングでは、飲み物や食べ物を食べたりすることもあります。その時にリビングにソファーがあると、ソファーに座って食べることもあります。先程紹介したように、ソファーは高額家具なので、汚れても経済的に新品にすぐには購入しにくいです。

ソファーが汚れたら掃除をしますが、綺麗にするのは大変です。また、ソファーの溝は汚れが溜まりやすいので、定期的に掃除が必要です。そして、ソファーの下は埃などが溜まりやすいですが、掃除機で掃除する時は、ソファーを移動したり、屈まないと掃除できないので面倒ですよね。

リビングソファなしのメリット

経済負担が減る

先程紹介したようにソファーは、約5~30万円の高額家具であり、平均寿命は3~10年です。その高額家具であるソファーをリビングに置かないと、その分の経済負担はなくなります。この金額負担が減ることは、とてもうれしいですよね!

リビングが広く見える

先程紹介したようにソファーのサイズは、2人掛けのソファーで幅が約110cm~160cmあり、3人掛けのソファーになれば幅が約170cm~200cmもあります。また、奥行きもコンパクトサイズは約75cmで、ゆったりと座れるハイバックソファーでは約95cmもあります。

roomclipjpさんの投稿
45931947 154165618891238 2121440050667368409 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

また、ソファーの高さも背もたれなしのソファーで約40~50cmあり、背もたれがあると約65~100cmの高さになります。ソファーなしリビングは、その大きさのサイズ分だけスペースができ、視覚的にもリビングが広く見えます。

子供の遊び場が確保

先程紹介したようにソファーは、置くスペースを取り、小さい子供や赤ちゃんにとっても怪我をしないように注意が必要です。ソファーなしリビングの場合、そのソファー分だけ広くなり、小さい子供や赤ちゃんが自由に安全に遊べる場所ができます。

jumistyle99さんの投稿
45854634 277980869526007 2259632260083845779 n

また、ソファーを置くことによる怪我の心配もなくなります。このことから、小さい子供や赤ちゃんがいる家庭では、ソファーがない広々としたリビングの方が、お世話しているお母さんにとっても負担が減り、お互いが快適に過ごせますね!

掃除が楽

先程紹介したようにソファーがあるとソファー周りの掃除や、ソファー自体の掃除がとても大変です。しかし、ソファーなしの場合、その分の掃除をする必要はなくなります。

oja.homaさんの投稿
28764188 141804053314726 8863750422251175936 n

リビングは家族みんながくつろぐ団らんスペースです。家族が長い時間過ごすリビングは、汚れやすい場所です。そのリビングで、飲み物や食べ物を食べて汚してしまっても、ソファーがないと障害物がなく掃除も楽に行えますね!

リビングソファーなしのおしゃれレイアウト画像

おしゃれなソファーなしリビングにするレイアウトは?

先程、ソファーなしのリビングのメリットなどを紹介しましたが、最近では、リビングにソファーが置いてあるレイアウトが多いですよね!実際、ソファーなしのリビングの場合は、どのようなレイアウトにすれば良いのか悩みますよね。そんな悩みを解消すべく、おしゃれなソファーなしリビングのレイアウトの画像を参考にしましょうね!

おしゃれなソファーなしリビング画像①:生活感のないシンプルで重厚感あるリビング

下の画像のソファーなしリビングは、テレビ・テレビボード・テーブルのみのとてもシンプルなリビングです。画像を見る限り、重厚感のある家具で、とても落ち着くリビングです。

myhome3333さんの投稿
46820910 156800685281589 701132448709945773 n

画像を見ると、テレビもテレビボードも壁に付いているので、掃除がとてもしやすいレイアウトです。物がなくスッキリとしているので、生活感がなく、おしゃれなリビング空間です。画像に見えるテレビのサイズは、60インチの大きさですが、圧迫感もないですよね!

おしゃれなソファーなしリビング画像②:スッキリとした奥行があるリビング

opt.basicさんの投稿
47200428 336604506921783 3423581255557804602 n

上の画像のソファーなしリビングは、テレビ・テーブル・ラグがあります。画像の左側に窓があり、その窓の下の壁には収納棚があります。この収納棚は、低い高さなので、収納棚に腰掛けることもできますね。このリビングは縦長な形で、ソファーなしにすることで障害物がなく、より奥行が感じられるスッキリとしたレイアウトです。

おしゃれなソファーなしリビング画像③:ナチュラルな優しい雰囲気のリビング

collabo_houseさんの投稿
46291661 257781674890275 4067830642109894315 n

上の画像は、LDK(リビング・ダイニング・キッチン)の間取りで、リビングはソファーなしのレイアウトです。ソファーなしのリビング空間が、とてもスッキリして広々しています。また、画像の左側には大きな窓があり、さらに開放的なリビング空間を演出しています。木目調の家具と、ラグの緑色と白い壁のコントラストが落ち着きますよね!

おしゃれなソファーなしリビング画像④:木目を感じる暖かな印象のリビング

下の画像は、縦長のLDK(リビング・ダイニング・キッチン)のレイアウトです。リビングには、テレビ・テレビボード・リラックスチェアがあるだけです。ソファーなしのリビングは、とても開放的ですよね。また、物をあまり置いていないので、床の木目と白い壁がとても暖かい雰囲気を演出しています。

matsunami.co.jpさんの投稿
45893320 346632086154656 7983278096197667990 n

画像の右側はアイラインドキッチンになっており、たくさんの人を呼びホームパーティーをするために、あえてソファーなしのレイアウトにしたそうです。

おしゃれなソファーなしリビング画像⑤:やわらかシックなリビング

下の画像は、ソファーなしのリビングですが、ソファーの代わりとしてビーズクッションが置いてあります。画像を見る限り、決して広いリビングではないので、ソファーを置くと狭さ感じそうですね。ソファーの代わりに、ビーズクッションを置いて、圧迫感を無くしているのかもしれません。

mimt38さんの投稿
40550724 2037110372974848 2951425772013609629 n

また、壁の白色とビーズクッションと床のグレーがシックな印象を与え、テーブルの木目と観葉植物の緑色がナチュラルなやわらかい雰囲気があります。ビーズクッションや木目のテーブル、観葉植物のレイアウトは素敵ですよね!

おしゃれなソファーなしリビング画像⑥:シンプルなリビング

srms_houseさんの投稿
45283858 856683271389350 631963303328641734 n

こちらの上の画像もソファーなしリビングに、ビーズクッション3個・ローテーブルがあります。家具が少なく、とても落ち着くおしゃれなリビングのレイアウトですよね!ラグがないので、床の木目がナチュラルな優しい雰囲気をリビングに演出しています。

おしゃれなソファーなしリビング画像⑦:畳とフローリングをミックスしたリビング

matsunami.co.jpさんの投稿
45739778 2485778464772008 8244011335824466630 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

上の画像は、リビングの一部が畳になっています。琉球畳とフローリングの良いところが、両方楽しめるリビングです。大きな家具もなくスッキリしたソファーなしのリビングのレイアウトです。また、畳で座って過ごすことも考えて、壁に置いてあるテレビボードや奥にある棚も背が低い家具を選んで、圧迫感を感じさせていませんね。

おしゃれなソファーなしリビング画像⑧:UR団地と無印良品とコラボ

mujihouseさんの投稿
45275605 1489353981195142 607515978853962137 n

上の画像は、UR団地と無印良品がコラボレーションして、リノベーションしたリビングのレイアウトです。リビング空間は琉球畳で、ソファーなしの代わりにビーズクッションがあります。シンプルで優しい雰囲気が無印良品ならではの素敵なレイアウトですよね!

ソファーなしのおしゃれリビングのレイアウト画像の共通部分

ソファーなしリビングのレイアウト画像を見ていると、リビングの形や大きさが異なりますが、それぞれのソファーなしリビングのレイアウトの共通部分があります。それは、どのリビングも天井近くまである高い家具が少ないことです。

arus.nakameguroさんの投稿
32750271 2112288795650091 2348613307159543808 n

ソファーなしリビングでは、人はソファーがある場合と違い、床に近い低い位置で座ったりしてくつろぎます。ソファーなしリビングでは、人の目線の高さが低くなるので、圧迫感がある天井までの収納家具のレイアウトに注意が必要になります。

omatsuri_houseさんの投稿
45521198 1804082929719924 6344936338859740496 n

もう一つは、床が程よく見えていることです。これは、家具や物であふれているリビングではなく、必要な家具を置き、床が程よく見えています。そして、最後に、リビングに置く家具や床などの色に統一感があることです。リビングの床・壁・家具などの色を3~4色以内にすると統一感が出て、5色以上使うと視覚的に統一感がないように見えてしまうので、色選びには注意しましょうね。

リビングソファーなしでも快適に過ごすコツは?

ソファーなしでリビングを快適に過ごすには?

ko_kun555さんの投稿
46149178 1920217568046554 8125917207245986981 n

先程説明したようにソファーは、LDK(リビング・ダイニング・キッチン)の間取りをソファーで空間を区切る役割や、リビングで心地良く過ごすための椅子としての役割があります。ソファーなしリビングでは、ソファーの役割を別のもので代用することが必要です。

リビングソファーなしの対策:クッション

リビングで座るのに、ソファーの代わりにクッションがあると便利ですよね。また、クッションはカバーもおしゃれで素敵なデザインのものがたくさんあります。クッションは選び方次第で、リビングのおしゃれなインテリのポイントにもなります。

tocotoco.10さんの投稿
46180384 1008445639342066 3375618871562464806 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

もちろん、普通のクッションでも良いですが、先程紹介したおしゃれなソファーなしリビングのレイアウト画像で使用されていたビーズクッションもおすすめです!ビーズクッションは、細かいビーズが入っているクッションです。

marimo.chicoriさんの投稿
30957269 2078332525527480 171776220571107328 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

今はビーズクッションは色々なお店から販売されています。このビーズクッションの特徴は、体にフィットするので、どんな体勢でも快適に過ごせることができます。多くのビーズクッションは、カバーが洗濯出来たり、中身のビーズを補充できます。

haru_matsuさんの投稿
13741157 307081279628746 238463779 n

お店によりビーズクッションの形や大きさも様々あり、またデザインも豊富にあります。きっと、リビングに合うおしゃれで機能的なビーズクッションが見つかりますよ!また、ソファーよりも値段が安いのもうれしいですよね!

リビングソファーなしの対策:座布団

chhr6さんの投稿
43585895 2134634799901341 1487471612601339035 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

和室ではお馴染みの座布団も、ソファーなしリビングでは活躍します。先程紹介したクッションと同じように座布団にも、様々の形や大きさがあります。自分のリビングに合うおしゃれなデザインの座布団を選ぶと、リビングのおしゃれなインテリにもなりますよね!

birchtreefield0604さんの投稿
44417951 252968338712114 4517836075930661111 n

また、小さい子供や赤ちゃんがいる家庭では、小さい子供や赤ちゃんがお昼寝してしまった時の布団替わりにもなり、とても便利です!クッションと同様に、カバーも色々あり、洗濯が可能なので、まさに小さい子供や赤ちゃんがいる家庭では、リビングにソファーなしで座布団を使うのがおすすめです。

リビングソファーなしの対策:椅子・座椅子

先程紹介したおしゃれなソファーなしリビングのレイアウト画像にもありましたが、ソファーの代わりに椅子や座椅子を使用することも良いですよね。リビングに置く椅子は、リラックスチェアなどがおすすめです。

coleman_japanさんの投稿
36630256 276582969761557 6913073278244356096 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

リラックスチェアは、ゆったりと座れる一人用の椅子が多く、一般的な椅子に比べて大きいサイズのものが多いですが、デザインがおしゃれでリビングに置いていても素敵なインテリアになります。リラックスチェアは、パーソナルスペースが形成されるので、パーソナルチェアとも呼ばれています。

gallery.ubeさんの投稿
40500127 303522640431820 5744448655337489021 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

リラックスチェアは、長時間座っていても、疲れないように設計されているので、読書や映画鑑賞などゆったりとくつろいだ姿勢で座れます。また、折り畳み式やリクライニングタイプなどの機能もあるので、その家に合うリラックスチェアを探して見て下さいね!

kayoko.tsuchiyaさんの投稿
44849181 294695451143804 2596262370116429519 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

また、日本人には馴染み深い座椅子も、ソファーなしリビングではあると良いアイテムです。座椅子も色々なおしゃれなデザインの座椅子があります。そして、今はソファーの座りごごちをそのまま座椅子にした座椅子ソファーがあります。

sumicia.interiorさんの投稿
34078473 1835090650127924 7823974208945258496 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

この座椅子ソファーは、ソファーのふわふわで弾力のある座面と背もたれがあるのが特徴です。ソファーにはない床置き出来る点やリクライニング出来る機能は座椅子ソファーにしかないメリットです。また、座椅子ソファーの商品によっては、頭から脚まで包み込むぐらい大きい座椅子ソファーや、リクライニング機能が42段階あるものまであります。
 

リビングソファーなしはラグの併用がおすすめ

ラグとは?

フローリングのある家では、敷物としてラグを敷いている方もいますよね。同じ敷物でもラグとカーペットがありますが、ラグは一般的に部分的に敷いているもので、大きさとして3畳未満(200cm×250cmぐらい)のサイズの敷物です。

kinarino_officialさんの投稿
46171569 2247386478880492 6505491072970520778 n

カーペットは敷物全体のことを指し、ラグもカーペットの一部で、サイズが小さいカーペットのことをラグと言います。また、ラグはデザインも様々でおしゃれなデザインのラグも多数あります。また、ラグは安いものから高級なものまで価格も様々です。

ラグの素材の種類

aoni_textilesさんの投稿
46563655 388826945249855 7926958907138806727 n

ラグに使用している素材は、大まかに天然繊維と化学繊維に分かれます。そして、天然繊維は、綿・麻などの植物繊維と、毛(ウール)・絹(コットン)などの動物繊維が一般的に多く使われます。これに対し、化学繊維は、石油・天然ガスなどから化学的に作られた合成繊維です。合成繊維には、ナイロン・アクリル・ポリエステルなどの多くの種類があります。

ラグの毛足やテスチャーの種類①:シャギータイプ

シャギータイプのラグは、毛先が約25mm以上の長めのパイルを使用していて、フワフワした心地良い手触りが特徴です。また、毛先が長いので寒い時期はやさしく足元を暖めてくれますが、通気性が良いので、暑い時期でも熱気がこもることがなく、サラサラと快適に過ごすことができます。長いパイルの毛先は動きがでるので、ゴージャスな印象がある装飾性の高いラグです。

ラグの毛足やテスチャーの種類②:ループタイプ

ループタイプのラグは、先程紹介したシャギータイプのラグと違い、毛先がカットされていないことが特徴です。長繊維をクルッと巻きつけて、毛先がループ状になっており、繊維の端が出ることはありません。そのため、手触りはツルツルとした滑らかさがあり、耐久性に優れたお手入れが簡単なラグです。

適度の硬さがあるので、よく人が歩く場所や椅子を動かす場所でも使用できます。毛先が短いタイプなので、年中敷いておくラグとしては最適です。

ラグの毛足やテスチャーの種類③:シェニールタイプ

シェニールタイプのラグは、太い起毛のあるタイプのモール糸とも言われる柔らかな質感が特徴です。表面にある柄を作り出すため、様々な色の糸を下地に使用し、表面の糸を抜いて柄の濃淡を出す独特の織り方です。こちらのラグも先程紹介したループラグと同じように、ループ状に糸を巻き付けて作られています。

hirookilimgalleryさんの投稿
45619671 562806000812590 7658797950882571622 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

しかし、使用する糸自体が太く柔らかい糸なので、ループラグのように硬さがなく、手触りも柔らかく滑らかで、シェニール織りならではのモールのような独特な光沢があります。摩擦には弱くので、頻繁に擦れるような場所には向きません。しかし、毛先は短いので、掃除はとてもしやすいですよ!

ラグの毛足やテスチャーの種類④:モケットタイプ

モケットタイプのラグは、先程紹介したラグのタイプの中で、最も毛足が短く約3mm程度です。その約3mm程度の長さの繊維が高密度で並んでいるので、ベルベットのような手触りです。また、この生地は、電車やバスなどの公共交通機関の乗り物の座席椅子や、アンティーク椅子に使用されています。

akiyo0919さんの投稿
45905081 773738166298489 8882755691165606362 n

毛足が短いので細かい柄を再現しやすく、カラフルなデザインが多いです。このラグは、起毛の密度が高いので、冬場では暖かくホットカーペットにも対応でき、夏場は繊維が絡みつくことはないので、サラサラと心地良く過ごすことができます。

ラグの4つの役割

ラグは、おしゃれなデザインから、部屋のアクセントとして使っている方もいます。しかし、ラグはそれだけの役割ではありません。ラグは、床の冷たさ和らげるため、つまり断熱の役割もあります。日本では、家で靴を脱いで生活し、床に座る習慣があります。ラグは、床に直接座るのではなく、クッションのように座り心地を良くしています。

tenten._.2525さんの投稿
46339126 512531705822676 8434342959873388952 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

また、ラグを敷くことで、クッションのように衝撃を吸収しますので、防音の役割もあります。さらに、ラグは空間を区切る役割もあります。最近は、LD(リビング・ダイニング)やLDK(リビング・ダイニング・キッチン)の間取りが多く、ひとつの部屋にリビングとダイニング、そしてキッチンがあります。ラグを敷くことで、ゆるやかにこの空間を分けることが出来ます。

ラグの選び方

豊富なラグの種類から、リビングに合うラグを選ぶのは悩みますよね。リビングに合うラグ選びは、①色やデザイン、②サイズ、③素材、④毛先、⑤お手入れ方法を考慮して選ぶと失敗しにくいです。まず、ラグの色やデザインですが、ラグにはカラフルなデザインが多数あります。しかし、個性的でカラフルなデザインのラグは一見とてもおしゃれですが、部屋全体のコーディネートのバランスが難しく、上級者向けです。

interia_favoriteさんの投稿
47219623 316512778949493 1865674122288800577 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

初心者としては、シンプルなデザインのラグの方がとても扱いやすいです。またラグの色は、リビングの床と同系色を選ぶと失敗が少ないです。リビングの床の色が明るいナチュラルな色なら、グレー系のベージュなどを選ぶと良いですよ。

chie6_26さんの投稿
46843094 334971420435594 4636210617282603758 n

ラグのサイズですが、置く場所を決めて選びましょう。また、ラグは正方形や長方形、そして丸い形などもあります。正方形や長方形のラグは、部屋をスッキリとまとめられ、丸い形などは楽しい雰囲気になります。リビングの目指す雰囲気で選んで下さいね。

aoni_textilesさんの投稿
47355752 278656956129141 4945913212525768119 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

次にラグの素材ですが、ラグの素材の違いはラグの見た目や手触り、そして機能面からも違いが出てきます。大まかに説明すると、ポリエステルは防汚・防虫性が高く、ウールは快適性が高く、ナイロンは耐久性や害虫に強いなどの素材によって機能が違うので、必要な機能に強い素材を選んで下さいね。

dr_cottonさんの投稿
37038757 2084524365136856 2399388629576187904 n

ラグの毛足は、先程紹介したようにラグはカットしてあるものと、糸を巻き付けたループ状のものがあります。だいたい見た目や手触りを重視するのなら、カットしてあるラグを、実用性を重視するなら、ループ状のラグです。しかし、先程紹介したように特殊な織り方や糸の太さでループ状のラグでも、手触りが良い場合もあります。

simplelife.yさんの投稿
47078624 196187707988252 3068463763156251918 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

最後にラグのお手入れ方法です。ラグは、素材によってはクリーニングで洗うものもありますが、洗濯できるラグもあります。特に小さい子供や赤ちゃんがいる家庭では、自分の家で洗濯できるラグは、とても気軽に使えて便利ですよね!

gabbehartgalleryさんの投稿
45600255 310158699599994 6209707822012135606 n

以上の選ぶ項目の内、全部または自分の家庭で優先順位が高い条件が満たしているラグを購入すると、デザインや機能面でも納得できるラグが見つけられますよ。

ラグマット ウォッシャブル
5,280円
楽天で詳細を見る

リビングソファーなしが向いていない場合も

家族に腰や膝が悪い人がいる

腰痛を訴える人は、全人口のの約10人に1人の割合で、また65歳以上の高齢者では約5人に1人の割合でいます。腰痛には様々あり、日常生活の姿勢や動作によって、腰の骨を支える筋肉に疲労が溜まって起こる腰痛(慢性筋肉性腰痛)や、急に腰に負担をかける動作で腰に痛みが出るぎっくり腰(急性筋肉性腰痛)、また若い時に腰に負荷をかけすぎて、40歳ぐらいに腰痛になる方もいます。

madokaseikotuさんの投稿
45882547 931462617047107 8915000796439570934 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

また、腰痛の次に多い膝の痛い症状も、老化や体重増加や筋力の低下などで起こります。これらの症状が家族でいる場合、床に座る姿勢は腰や膝に負荷がかかり、苦痛を伴います。床に正座やあぐらなどの座る姿勢は、背中が丸まりやすく、腰に負担になり、さらに腰痛が悪化してしまうことがあります。

humanlink_bodylaboさんの投稿
45284873 338079843439956 5345631899941339136 n

また、膝が痛い方の場合、立つ体勢から床に座る動作や床に座っている体勢から立つ動作の膝の負荷が大きく、痛みを感じやすくなり苦痛になります。そのようなことから、腰や膝に痛みや違和感がある方が家族にいる場合には、ソファーがリビングにある方が良いですよね。

腰や膝の痛みがある方が家族でいる場合のソファー選び

腰や膝の痛みがある場合のソファーの選び方として、①座面の硬さ、②座面の高さ、③座面の奥行、④ひじ掛け付きの有無の項目に注意して選ぶと良いです。座面の硬さは、ソファーが柔らかすぎると体を包み込まれる心地よさがありますが、お尻が深く沈み込むことで正しい姿勢で座れず、腰への負担が大きいです。

knd_exerciseさんの投稿
12965737 1569874620009217 1750552090 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

また、体が深く沈み込む状態は、その分だけ座面が低くなっているので、立ち上がる時に膝への負担もかかります。次に座面の高さは、足が床に着き、膝が直角に曲がるくらいの角度が保つことが出来る高さが負担が少ないです。そして、座面の奥行は、背もたれを体に着けた状態で座った時の膝裏から腰までの距離と同じぐらいか、少し短いぐらいの奥行のソファーが良いです。奥行が深くても浅くても腰へ負担がかかります。

design.furniture.dvpさんの投稿
46217763 1996765360412202 1488055547671630748 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

最後に、ソファーのひじ掛けの有無です。腰や膝に痛みがある場合は、ソファーはひじ掛けがあった方が良いです。ソファーから立ち上がる時にひじ掛けがあると、体をひじ掛けに支えながら立ち上がることが出来ます。そのように体重を分散させることにより、腰や膝への負担が減ることができます。

リビングソファーなし生活を楽しもう!

日本の住宅は、畳からフローリングに床が変わり、間取りもLD(リビング・ダイニング)やLDK(リビング・ダイニング・キッチン)の家が主流になりました。それに伴い、リビングでソファーを使う需要も多くなりました。しかし、狭小住宅という言葉があるように、日本のリビングは必ず広い空間とは限りません。

tsutomuyagiさんの投稿
45595058 364429227695753 6624523331532844192 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

逆に、ソファーは日本の住宅環境を考えて設計されていますが、しかし、人が快適に座ることを考えているので、家具の中では大型家具に分類され、狭いリビングには不向きの場合もあります。リビングには、ソファーが置いてあるレイアウトが多く、ついついリビングの必要な家具として認識されがちです。

ageishi2151さんの投稿
45881945 906805876197412 7946087024109094875 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

しかし、各家庭それぞれのライフスタイルを考えたら、ソファーなしのリビングの方か快適に過ごすことができる場合もあります。今回紹介したソファーなしのリビングのメリットや、おしゃれなソファーなしリビングのレイアウトを参考にして、皆さんもソファーなしでも快適に過ごせるリビングの良さを考えてみて下さいね!

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ