豆乳味噌汁人気レシピ!具材に染み込む濃厚なコクがたまらないヘルシースープ!

豆乳味噌汁を食べたことがない人には、一度食べてもらいたい料理です。豆乳だけを食べると青臭くて食べられないという人には味噌を入れて味噌汁にすれば、食べやすくなり栄養満点で体にもいい料理です。一度食べてみると濃厚でコクのある味噌汁の虜になります。

目次

  1. 美容効果があり美味しい豆乳味噌汁が話題!
  2. 豆乳味噌汁のおすすめレシピ
  3. これぞ豆乳味噌汁レシピ
  4. きのこたっぷり!豆乳汁レシピ
  5. ブロッコリーと人参のカレー豆乳スープ
  6. 豆乳味噌汁レシピ
  7. かぼちゃとしめじの豆乳味噌汁レシピ
  8. きのこのヘルシー豆乳味噌汁レシピ
  9. トマトとニラの豆乳味噌汁レシピ
  10. 健康志向の女性に人気の豆乳味噌汁を食べてみよう!

美容効果があり美味しい豆乳味噌汁が話題!

豆乳を使った料理の中にはスープレシピもたくさんあります。豆乳を使ったスープは美容にも効果的で、女性には人気の料理です。豆乳の成分が女性のダイエットにも有効です。

豆乳に含まれている成分にびっくりさせられます。ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEなどが含まれていて肌の張りと潤いをもたらす効果があります。大豆に含まれているイソブラボンには女性ホルモンのエストロゲンに似たような働きをします。そんな豆乳を使ったヘルシー料理を食べてみてください。

豆乳味噌汁のおすすめレシピ

豆乳の効果はわかりましたので、次にそんな栄養が豊富な豆乳を使った料理をご紹介していきたいと思います。豆乳にいろいろな具材を入れてから作るスープはシンプルでありながら美容効果を感じることが出来ます。

豆乳スープに味噌を加えると、飲みやすくて健康へのよい影響があります。今回、豆乳と味噌を使ったおすすめレシピを紹介します。

これぞ豆乳味噌汁レシピ

豆乳味噌汁はスープの基本中の基本と言えて、誰でも簡単に作れます。具材にコーンとベーコンさえあればいつでも作ることが出来ます。冷蔵庫にある残り物を入れても美味しい豆乳スープが出来ます。

材料と調味料

これぞ豆乳味噌汁3人前を作るときの材料は、玉ねぎ2分の1個、ベーコン1枚、コーン大さじ2杯、豆乳400ccを用意します。調味料は、コンソメスープの素1個、塩こしょう適量を用意します。

作り方

たまねぎを薄切りにしてベーコンを千切りにしてから、鍋で炒めます。たまねぎがしんなりとしてきたら、水とコンソメスープの素を入れてから3分ほど煮込みます。豆乳とコーンを入れて、塩こしょうで味付けをします。

きのこたっぷり!豆乳汁レシピ

女性がヘルシー料理を作るときは、キノコの豆乳スープがおすすめです。具材にキノコがたっぷりと入った豆乳スープは、ダイエット中の人にもおすすめです。

材料と調味料

きのこたっぷり!豆乳汁2人前を作るときの材料は、玉ねぎ半分、ぶなしめじ1束、ブロッコリー半束、ベーコン4枚、豆乳500ccを用意します。調味料は、コンソメスープの素2個、バター少々、塩コショー少々を用意します。

作り方

鍋にバターを入れてたまねぎ、ぶなしめじ、ベーコンを入れて炒めます。たまねぎがしんなりとしてきたら、豆乳とコンソメスープの素を入れて煮詰めていきます。ブロッコリーを入れてから、最後に塩こしょうで味を調えると完成です。

ブロッコリーと人参のカレー豆乳スープ

カレー味の豆乳スープでカレーの味がアクセントになり、豆乳の臭みを全く感じません。豆乳が嫌いな人でも美味しく食べられます。スープにはたまねぎ、にんじん、ブロッコリーとシンプルでオーソドックスな具材を使用した人気の豆乳スープです。

材料と調味料

ブロッコリーと人参のカレー豆乳スープ4人前を作るときの材料は、ブロッコリー1株、人参1本、タマネギ1個、豆乳200ccを用意します。調味料は、塩こしょう適量、バター15g、固形コンソメ2個、カレーパウダー小さじ2分の1杯を用意します。

作り方

にんじん、ブロッコリー、たまねぎをみじん切りにしておきます。鍋にオリーブオイルを入れます。次に野菜とバターを入れて炒めていきます。ある程度炒めたら水、固形コンソメカレーパウダーを入れてよくかき混ぜます。

程よく煮込んでから、豆乳を入れてもう一度沸騰させます。野菜たっぷりの豆乳スープの出来上がりです。朝食に最適で、ダイエット食としても利用できるレシピです。

豆乳味噌汁レシピ

豆乳味噌汁の中でもコンソメを効かした中華風味噌スープです。ちょっと変わった味噌汁でも朝食で食べるとダイエット効果もあります。

材料と調味料

豆乳味噌汁4人前を作るときの材料は、ベーコン2枚、じゃがいも1個、人参1本、玉ねぎ1個、豆乳250ccを用意します。調味料は、コンソメ2個、味噌大さじ2杯を用意します。

作り方

ジャガイモの皮を剥き食べやすい大きさに切ります。にんじんの皮を剥き、乱切りにします。たまねぎの皮を剥き、繊維を断ち切るように切っていきます。ベーコンは1cm幅で切っていきます。

鍋にベーコンを入れて炒めます。程よく油が出たところで、たまねぎを入れて、しんなりとするまで炒めます。残りのにんじん、ジャガイモを入れて、水とコンソメを入れて溶かします。最後に豆乳と味噌を入れて、よく混ぜ合わせながら味を整えます。お好みで塩コショウで味を調えることも出来ます。

かぼちゃとしめじの豆乳味噌汁レシピ

かぼちゃがメインの具材になった豆乳味の味噌スープです。基本、豆乳は少量なので、普通の味噌汁とほとんど変わりません。これであれば、豆乳が嫌いな人でも食べやすくなっています。豆乳嫌いな人にも人気の、かぼちゃ豆乳味噌スープレシピです。

材料と調味料

かぼちゃがメインの具材になった豆乳味の味噌汁です。基本、豆乳は少量なので、普通の味噌汁とほとんど変わりません。これであれば、豆乳が嫌いな人でも食べやすくなっています。豆乳嫌いな人にも人気の、かぼちゃ豆乳味噌汁レシピです。

作り方

かぼちゃは食べやすい大きさに切り、たまねぎは薄切りにします。しめじは石づきを取り、手でほぐして分けていきます。鍋に水、コンソメ、しめじかぼちゃ、たまねぎを入れて火にかけます。10分ほど煮込んでからやわらかくなったところで火を止めます。豆乳と味噌を入れて味を調えます。弱火で沸騰する手前まで熱します。あとは、火を止めて完成です。

きのこのヘルシー豆乳味噌汁レシピ

キノコを使った、ちょっとヘルシーな豆乳味噌汁です。豆乳を食べたときの舌触りはまろやかで、食べやすくなっています。豆乳味噌スープは、味噌の豊富な栄養素を摂取出来ます。

材料と調味料

きのこのヘルシー豆乳味噌汁4人前を作るときの材料は、しめじ1パック、カニカマ2本、豆乳400cc、細ねぎ少々を用意します。調味料は、砂糖小さじ2杯、みりん小さじ2杯、味噌大さじ2杯を用意します。

作り方

しめじの石づきを切り取ってから、カニカマをほぐします。鍋に水とだしの素を入れて沸騰させます。しめじを入れてから中火で温めていきます。あとは味噌を溶かして、豆乳を入れます。砂糖とみりんで味を調えます。最後にカニカマを入れて、ある程度火にかけたら完成です。味噌を入れてからは沸騰させないようにしてください。味噌のうまみ成分が飛んでしまいます。

トマトとニラの豆乳味噌汁レシピ

具材にはトマト、にら、切り干し大根を入れた味噌汁です。豆乳はあまり使わないので、豆乳の臭みを感じないで、美味しく食べられます。純和風の中にトマトがアクセントになっていて、女性に人気のレシピです。

材料と調味料

トマトとニラの豆乳味噌汁 1人前を作るときの材料は、切り干し大根3g、生姜5g、ニラ2本、トマト20g、豆乳大さじ1杯を用意します。調味料は、味噌小さじ2杯を用意します。

作り方

切り干し大根の汚れを水で洗い流します。その後水に浸しておきます。しょうがをすりおろしておいて、トマトも食べやすい大きさに切ります。切干大根を取り出して、ざく切りにします。鍋に切り干し大根の戻し汁を入れてから沸騰させます。しょうが、にら、トマト、豆乳を入れてよく混ぜ合わせます。沸騰する手前で火を止めて完成です。

健康志向の女性に人気の豆乳味噌汁を食べてみよう!

健康志向の人で、特に女性にはおすすめなのが豆乳味噌汁です。豆乳と言えば飲みにくいという印象があります。たしかに、豆乳をそのまま飲むと青臭さがあり確かに飲みにくいものです。ただし、豆乳に味噌を入れて食べると臭みをあまり感じなくて、美容効果やダイエット効果まであります。

そんな豆乳の飲み難さを無くした、豆乳味噌スープはおすすめの料理です。豆乳に味噌をプラスすることでマイルドになります。そんな豆乳味噌スープを紹介してきましたが、一度ご家庭でも豆乳味噌汁を作ってから食べてみてはどうですか?豆乳味噌汁をもう一度食べたくなりますよ。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ