車のカーボンシートおすすめをご紹介!簡単に出来る貼り方とコツは?!

車にカーボンシートを貼り付けると、違った雰囲気に見えてきます。そんなカーボンシートを簡単に張り付ける方法やカーボンシートおすすめを紹介していきます。カーボンシートおすすめを知り、車の塗装に優しい使い方で、自分の車の雰囲気を変えてみましょう!

目次

  1. 車のカーボンシートがおすすめの理由
  2. 車のカーボンシートのおすすめ<特徴>
  3. 車のカーボンシートのおすすめ<種類>
  4. 車のカーボンシートのおすすめ<貼り方>
  5. カーボンシートのおすすめ<剥がし方>
  6. 車のカーボンシートのおすすめランキング
  7. カーボンシートの純正品は粘着力が違う
  8. カーボンシートのおすすめ品を使ってみよう!

車のカーボンシートがおすすめの理由

カーボンシートとは?

ansonytakanoさんの投稿
39935422 2060154184294842 2941799000013894401 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

車に使われるカーボンは、炭素繊維強化プラスチックで強くて軽いのが特徴です。レーシングカーなどに使われいる特徴的な素材です。デザイン的にもシンプルで、車のチューンアップで軽量化にも使われているのを見かけます。このカーボンをフイルム風にシートにしたのがカーボンシートです。

selectshophikoさんの投稿
42002665 333572457401124 4396825472091399707 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ドライカーボンと言われるカーボンは、車だけでなく、自転車や航空機に使われているので有名です。最近では、ゴルフクラブのシャフトや掃除機にもカーボンファイバーが用いられるようになっています。とにかく軽くて、熱にも強く、強度が高いのです。サーフィンボードやスキー板もカーボン製品です。

リアル カーボンシート
980円
楽天で詳細を見る

炭素繊維のカーボンのように見せるビニールシートがカーボンシートです。街中でボンネットやルーフが黒い車を見かける事があります。本物である場合とカーボンシートである場合の見分けは車種で分かる場合もあります。いかにも走り屋のスポーツカーなら本物の可能性が高いようです。

a.hasegawa_747さんの投稿
45821052 322631308337038 7074360362310561229 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

炭素繊維であるカーボンにも2種類あり、樹脂を成形して作られています。エポキシ樹脂で形成されたカーボンはドライカーボンと呼ばれています。また、ポリエステル樹脂で形成されたカーボンをウエットカーボンと呼ばれています。強力なエポキシ樹脂で形成されたカーボンは強く、飛行機の翼にも使われています。

車を好みにアレンジ

hirokawa0324さんの投稿
44550054 2206126236086473 2946759203036384292 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートにはカラーも豊富に揃っていますし、デザインもシンプルなものが多く、車のどの部分にも使えるのがおすすめです。カーボン製の車のパーツは、値段も高く、簡単に買えない人が多いのが実情です。カーボンシートなら、金銭的な余裕がない人でも購入する事が出来ます。コツさえつかめば貼り方も簡単で、車を自分好みにアレンジすることが出来ます。

printpark.bizさんの投稿
44734731 711417065909112 2562222111051841333 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

人気の車だと街中で同じ車を多く見かけます。誰でも人と違う車に乗りたいと思うのが正直な気持ちのようです。ボディパーツを替えなくても、カーボンシートをカットして貼り付けるだけです。自分オリジナルの車になるだけでなく、簡単に他の人と差をつける事が可能です。高級感も増します。

paine_soda_1976さんの投稿
44886804 224217508499957 6329019389317157272 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートは、コツさえつかめば簡単に加工しやすく、どんな物にも貼り付ける事が出来ます。貼り方に工夫すれば、本物っぽく見せる事も可能ですし、カーボンシートを使う楽しみも増えてきます。ここでは、貼り方のコツや簡単な貼り方、おすすめのカーボンシートを紹介していきます。

車のカーボンシートのおすすめ<特徴>

katsumi6479さんの投稿
26070436 160903287883398 7818209761538605056 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートとは、カーボン調のシートのことで、カーボンのきれいな見た目を塩ビビニールのシートにしています。見た目がカーボンですし、高級感が漂っています。車のボンネットに張り付けるカーボンシートは、見た目も良くなりますが、飛び石などからボディを保護する目的で使われている場合もあります。ドレスアップと保護を兼ねたカーボンシートは、コストパフォーマンスも高く、カーボンファイバーの製品よりずっと経済的と言えます。

カーボンシートおすすめ:①かっこいい

カーボンシートは炭素繊維の素材をシートにしているので、見た目がそのままカーボン製品に見えます。普通の人がしていない車のドレスアップが簡単に出来上がるのが特徴の1つです。普通のカッティングシートと同じように安くカッコ良く仕上げれば、周りからの視線も感じるようになるかもしれません。

カーボンシートおすすめ:②どこにでも貼れる

カーボンシートは、貼り方さえ間違わなければ車のボンネットやルーフに限らず、車内のどこにでも簡単に貼り付ける事が可能です。シフトレバー周りやコンソールパネルにもカッコ良く似合うのです。傷が付いた場所や落ちない汚れが付いた場所を隠すためにカーボンシートを使う方法もあります。

カーボンシートおすすめ:③財布にやさしい

カーボンシートには、本物のカーボンで作られているカーボンシートもあります。値段が高く、失敗が許されないので気軽には使えない人が多いようです。塩ビなどを素材にしたカーボンシートは価格帯も安く、見た目だけで車をカッコ良く見せる事が出来るのです。デザインも本物のカーボンとの違いが分からないくらいです。

カーボンシートおすすめ:➃実用的にドレスアップ出来る

akira.316.komatsuさんの投稿
46576836 460178897840977 5590692803829798145 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンのようにカッコ良く、経済的にドレスアップしていく事が可能になったのは、カーボンシートの性能がアップしている事もあります。カーボンシートをカットして貼り付けるだけで自分の車に高級感や速い雰囲気を出してくれます。コストパフォーマンス抜群のドレスアップグッズと言えます。

カーボンシートおすすめ:⑤貼り方が簡単

カーボンシートは貼り方のコツを覚えれば、簡単になんにでも貼り付ける事が出来ます。車のドレスアップに限らず、家の外装やインテリアにもおすすめなのです。カーボンは炭素繊維なので黒系が多いのですが、赤や青などのカラーが選べるのもカーボンシートだからです。

車のカーボンシートのおすすめ<種類>

カーボンシートおすすめ:①3Dタイプ

aiko_cx5kfさんの投稿
41895321 571429993290753 2510591645146427776 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートには大きく分けて3種類のタイプに分かれています。3Dタイプのカーボンシートは艶が無いのが特徴です。カーボンシートの表面保護シートも貼られていないタイプになります。派手さを抑えた落ち着きのあるカーボンシートが好みの場合は3Dタイプのカーボンシートがおすすめです。

カーボンシートおすすめ:②5Dタイプ

m.studio_masaさんの投稿
10387869 784957458216290 1117030112 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

5Dタイプのカーボンシートは、艶が強めで表面保護シートが貼られています。カーボンの模様がくっきりと明るく、カーボンを目立たせています。カーボンシートの印象を強く主張したい人におすすめです。カーボンをリアルに見せる事が出来ます。

カーボンシートおすすめ:③4Dタイプ

satoshi_okubo89さんの投稿
20479155 1242331779209945 5314802873798754304 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

3Dのカーボンシートでは地味すぎるけれど、5Dのカーボンシートでは派手過ぎて恥ずかしいと思われる人におすすめなのが、4Dタイプのカーボンシートです。カーボンシートに艶があり、表面保護シートが貼られていないタイプです。さりげなくカーボンを見せたい人におすすめです。3Dタイプのカーボンシートより立体感があるのが特徴です。

カーボンシートのおすすめ:④6Dタイプ

ktr321ickさんの投稿
40579014 258360925020289 5878057702461052628 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

4Dタイプのカーボンシートに似ていますが、より立体的になっているのが6Dタイプのカーボンシートです。カーボンシートも進化を続けているのです。値段的には少しだけ高くなりますが、リアル感が違います。車好きのドライバーに人気があります。

車のカーボンシートのおすすめ<貼り方>

必要な道具:①カッター

cams_fenceさんの投稿
46618655 229465414447271 7079318070564487168 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートを綺麗に張り付けるには、少し大きめにカーボンシートをカットします。その時に必要になるのがハサミやカッターです。車にカーボンシートを簡単に張り付ける場合、曲線が多くなる場合もあるので、曲線も綺麗にカット出来るカッターがおすすめです。

必要な道具:②ドライヤー

yu_kusshiさんの投稿
46319780 215145209367085 2290764456069382779 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートを簡単に車に張り付ける貼り方として、ドライヤーは必需品とも言えます。カーボンシートをドライヤーで温めることで、カーボンシートが柔らかくなり、曲線部分も綺麗に貼り付ける事が出来るようになります。カーボンシートをそのまま貼り付けようとすれば、曲線部分はしわだらけになってしまいます。ドライヤーを使う事がおすすめの貼り方です。

必要な道具:③ヘラ

yoshiakitadakiさんの投稿
46067059 501984863621329 5887005771859593303 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートをドライヤーで温めながら貼り付けていても、どうしても空気の気泡が出来てしまう場合があります。その場合、やわらかめのヘラを使って気泡を外側に向かって押し出します。ヘラが固いとせっかくのカーボンシートに傷が付く場合があります。やわらかいヘラでゆっくり気泡を押し出すのがコツです。気泡を押し出しながら、カーボンシートを車に貼り付ける貼り方がおすすめです。

必要な道具:➃車の掃除ケミカル

giantstorekumamotoさんの投稿
43205491 1421239281344553 5983560451465050184 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートを車に張り付ける前に、車を綺麗にするのが基本的な準備です。貼り付ける面に油分やほこりが付いていると、でこぼこになってしまいますし、はがれやすくなります。車専用の汚れ落としケミカルを使って、カーボンシートを貼り付ける部分を綺麗にしてから作業を始めるのがコツです。

必要な道具:⑤霧吹き

kokono_jpさんの投稿
46193181 120311145657432 665546111801050215 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートで水貼りタイプのカーボンシートがあります。その場合、霧吹きで湿らせて貼り付けないといけません。カーボンシートを張り付ける面積に合わせた霧吹きを準備するのがおすすめです。広い面積にカーボンシートを張り付けるのに、小さい霧吹きでは効率が悪くなってしまいます。

用途に合わせたカーボンシート

be_stickerさんの投稿
46112336 119816732277144 6224444807237431963 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

最近ではカーボンシートも百均のダイソーでも見かける事が出来ます。用途や大きさに合わせたカーボンシートを用意しましょう。ボンネットやルーフに張り付ける場合は、1枚物にすることできれいに張り付けることができます。不安なら百均のカーボンシートで練習して、貼り方のコツを掴んでからチャレンジするのがおすすめです。

貼り方のコツ:①車の洗車

tokusan999さんの投稿
46660590 271834716864335 1165240474709460758 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートを簡単に綺麗に張り付けるコツは、車を綺麗にすることから始まります。これを怠ると、どんなに貼り方がきれいでも失敗となります。車の汚れをきれいに洗い流すのがコツです。ゴミや油分が残っていると、カーボンシートを貼り付けたあとに目立つことになります。いつもの洗車より時間をかけて、汚れ落としのケミカルなどを使うのがおすすめです。

貼り方のコツ:②カーボンシートを大きめにカットしておく

カーボンシートを準備したら、貼り付ける部分に合わせて大きめにカットしておきます。車の貼り付ける部分に置いてカットする目安をマークしておくのがおすすめです。その時に、どう貼り付けていくのかを考えながらカットするのが簡単に貼り付ける貼り方のコツです。

貼り方のコツ:③ゆっくり貼り付けていく

カーボンシートを車に張り付けるコツは、一気に貼り付けないように注意しましょう。ゆっくり気泡が出来ないようにヘラを使いながら貼る貼り方がうまく貼るコツです。曲線部分になれば、ドライヤーで温めてカーボンシートをのばしながら貼り付けていきます。ボンネットやルーフにカーボンシートを貼り付ける場合、カーボンシートを内側に巻いて貼り付けていくのが、簡単でやりやすい貼り方です。

kazusirociviさんの投稿
42526288 1382313851898839 6486530808847499961 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートは、曲面にも貼り付けられますが、ドライヤーで温めながら作業します。慌てて曲げてしまうとカーボンシートの表面がひび割れてしまう場合があります。また、温めすぎると接着糊が溶けてしまい、接着力が弱くなってしまうので、ドライヤーの加減を調整しながら貼るのがおすすめです。

貼り方のコツ:➃余った部分をカットする

大きめにカットしていたカーボンシートを貼り終えれば、余った部分を切り落とします。ハサミではうまくいかない場合が多く、カッターを使うのがおすすめです。カッターにも種類があり、刃の先が細くなっているカッター刃を選ぶのがコツです。アートナイフのようなカッターが簡単で使いやすい場合もあります。

カーボンシートの余った部分を切り落とす時には注意が必要です。カーボンシートを車に張り付ける最後の工程で失敗しないためにもゆっくりと作業しましょう。また、カッターで車のボディやパーツを傷つけないようにしないと後悔することになります。面倒でもカッターが当たらないように簡単に保護マスキングしておくのもおすすめです。

貼り方のコツ:⑤全体を見渡してみる

カーボンシートを貼り終えたら、1度ゆっくり見てみましょう。気が付かなかった気泡やシワが見つかれば、ドライヤーで温めながらヘラで修正していきましょう。貼り付けたカーボンシートが傷ついていないかの確認にもなります。1度貼り付けてしまえば、貼り方のコツは分かってきます。追加や張替えの時にスムーズに張り付けられるようになるのでおすすめです。

カーボンシートをボンネットに貼る場合

pon_ea11rさんの投稿
27581618 422858984813704 7615554688909312000 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートをボンネットやルーフに貼る場合、サイズ合わせは少し大きい位が適しています。1枚物で、カーボンシートの真ん中から気泡が出来ないように張り付けていきます。徐々に張り付けていき、張り付け終えたらドライヤーで温めながら伸ばしていきます。ヘラを使いながら気泡が出来ないように張り付けるのがコツです。

カーボンシートをドアミラーに貼る場合

m88jijiさんの投稿
47170674 1983994901682759 3245983511196805673 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートをドアミラーに貼る場合、曲線が多く、ボンネットより難しいと思われがちですが、チャレンジする価値はあります。カーボンシートをドアミラーより大きめにカットしておきます。貼りはじめたら、だいたいの形を決めて、ドライヤーで温めながらカーボンシートを伸ばしていきます。気泡が出来ないようにヘラを使うのがコツです。

カーボンシートの貼り方のコツをつかむ

renko2018さんの投稿
44787203 501516597010339 1072145321649873311 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートをきれい貼り付けるには、1度は練習しておくのがおすすめです。平らな物なら簡単にコツがつかめるようです。スマホの保護フィルムを張り付けた事がある人でしたら、平面部分は意外と簡単に出来てコツが分かるようです。失敗を恐れずにチャレンジしてみましょう。

カーボンシートのおすすめ<剥がし方>

カーボンシートは粘着力のあるフイルムシートです。傷がついたカーボンシートを張り替える時に、無理に剥がそうとすれば、車の塗装を傷めてしまいます。カーボンシートを貼り付けていったようにドライヤーで温めながら剥がしていきましょう。

カーボンシートを剥がすときは、動画のように剥がせる場合以外は、ゆっくりと剥がしていきます。カーボンシートをドライヤーで温めて、粘着力を落とします。カーボンシートの端をめくって、ドライヤーで温めながら剥がしていくのがおすすめです。

カーボンシートをドライヤーで温めながら剥がしていけば、接着剤を出来るだけ残さないように剥がすことが出来ます。温めすぎると、接着剤が溶けてべとべとになってしまうので注意が必要です。無理に剥がせば、車のボディの塗装を傷めてしまいます。臨機応変にカーボンシートを剥がす必要があります。これもコツを掴むことが大事になります。

kamr_sさんの投稿
36136738 225484001510635 8245031143125024768 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートを車に張り付けた場合、傷んできたら早めに剥がせばきれいにはがせます。長い期間貼り付けた状態だと剥がしにくいのが普通です。メーカーにより違いがありますが、カーボンシートを購入する時にメーカーにより違いがありますので、参考にするのがおすすめです。

shoman._.pさんの投稿
43985382 329616024284261 538086858772982739 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートを剥がすときは、どうしても接着糊が残る場合があります。揮発性のクリーナーではなかなか落ちません。1番いいのが灯油です。灯油を布に含めて拭き取れば手っ取り早く接着糊を取り除くことが出来ます。その後は当然洗車してワックスがけをしておくのがおすすめです。カーボンシートを剥がす時は、車の塗装を傷めないようにするのが大切です。

車のカーボンシートのおすすめランキング

おすすめランキング8位:Smilemallリアルカーボンシート4D

この商品は、リアルタッチな4Dタイプのカーボンシートです。程よい艶があり、貼りやすいと評判でおすすめです。3Dタイプのカーボンシートに飽きた人が買い求めている商品です。より本物に近いカーボンファイバー柄で、本物に近い質感と耐久性を求めた商品です。

おすすめランキング7位:DragonOneブラック5D

kazubou03rengowさんの投稿
27574022 2015270702087223 1070004528142614528 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

この商品は、カーボンシートの中でも保護シートが貼られている5Dタイプのカーボンシートです。耐久性、耐摩耗性があり、アイデア次第で様々なものに張り付ける事が出来るのがおすすめです。車のボディには恥ずかしいけれど、内装にカーボンを使いたい人に人気があります。ミラーやコンソールボックス、パネルに張り付けるのがおすすめです。

おすすめランキング6位:harryカスタマイズカーボンシート

この商品は5Dタイプのカーボンシートで、保護フィルムが貼られており、耐久性や耐候性があります。少し厚目でカーボンのリアル感があります。伸びるので、ドライヤーで温めながら張り付ければ、曲線部分にも綺麗に張り付けることが出来ます。

おすすめランキング5位:ホークスアイHE-0020

crz_tabidoriさんの投稿
35294445 885587514976722 9048850456008196096 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ホークスアイのカーボンシートの業務用です。ボンネットなど面積の大きい部分にカーボンシートを貼り付けるのにはピッタリです。Amazonでも人気のベストセラー商品になっています。光沢を抑えており、より本物のカーボンに近い雰囲気を楽しむ事が出来るのでおすすめです。ドライ貼り、水貼りのどちらにも対応しています。

おすすめランキング4位:イルモンドモールカーボンシート

このイルモンドモールのカーボンシートは5Dタイプで、立体感があり、保護シートも張り付けられています。カーボンシート裏面に目盛があり、カットしやすくなっているのがおすすめです。防水加工がされており、雨にさらされても剥がれることがありません。また、色落ちにも強いタイプで、長く張り付けてもいい場所に張り付けるのに適しています。

おすすめランキング3位:TAROWORKSカーボンシート3D

この商品は152センチ幅で、長さが様々なサイズから選ぶ事が出来ます。はじめてカーボンシートを貼り付ける人にも貼りやすいとおすすめされています。エア抜き溝使用で気泡が出来にくいのが特徴です。リアルなカーボンにこだわった3Dタイプとなっています。

おすすめランキング2位:ハッピークロイツカーボンシート

このハッピークロイツのカーボンシートは、コストパフォーマンスに優れた商品としておすすめされています。しっかり貼れて綺麗に剥がせ、初心者にもおすすめです。粘着力が強いものの、糊残りを最小限に迎える特殊糊が使われているので、車のカーボンシートを剥がす時も簡単です。特殊なエア抜き加工がされていて気泡が出来にくい商品です。

ハッピークロイツのカーボンシートの特徴は、伸びやすいのに張り付け後も縮みにくいことです。張り付け後に型崩れしないのがおすすめです。カーボンシートが初めての人にぜひおすすめの商品です。また、カーボンシートを剥がすときも、糊残しがなく、きれいに剥がせるのはうれしいです。車の塗装面を傷めない、やさしいカーボンシートだと言えます。

カーボンシートの貼り付けは面だけでなく、線として張り付けてドレスアップする場合、初めからテープ状になっている商品がおすすめです。カーボンシートの余剰が邪魔にならず、簡単に張り付けていくことが出来ます。カーボンシートの無駄も手間もなくす事が出来るので、長い直線で張り付けるなら利用する価値が高いです。

おすすめランキング1位:3Mカーボンシート

3Mカーボンシートは、サイズやカラーが豊富で、黒以外でもカーボンファイバーの雰囲気が出せるのがおすすめです。車のボディ以外で、ドアハンドルやガソリンタンクの部分にアクセントとして簡単に張り付けることが出来ます。控えめにカーボンシートを使うことで、イメージアップになります。

3Mは建築材料のシートとしてもカーボンシートを販売しているメーカーです。きれいなカーボン繊維の織り目を再現しています。質感が高く、厚みがあるものの、ドライヤーで温めればしっかり柔らかくなるので加工が楽に出来るのです。

カーボンシートの純正品は粘着力が違う

カーボンシートはカーボン調のビニールシートがメインで加工しやすく、手軽に購入できて車のドレスアップにおすすめされてきました。純正のカーボンシートは、塩ビフィルムではなく、炭素繊維で出来ており、金額も10倍以上のものになります。そのため、車に張り付けるのも簡単ではなく、それなりの技術も必要とされます。

カーボン調のカーボンシートは、塩ビビニールに粘着剤が付いており、簡単に言えばビニールテープです。一方で純正のカーボンシートは、炭素繊維で出来ています。こちらも分かりやすく簡単に言えば、布に接着剤を塗布して貼り付けるイメージだと考えれば理解しやすいです。当然、粘着力は全く違います。1度張り付ければ剥がすことはないと考えておくのが良いでしょう。

カーボンシートのおすすめ品を使ってみよう!

yoshitakahosomiさんの投稿
41552317 2041642122565084 7674634618436777314 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートは、安く簡単に車のイメージを変えてくれます。車の衣替えも可能なのです。車全体に張り付けなくても、ワンポイントでイメージは変えられるのです。張り付けて車の衣替え、剥がすだけで元に戻せる手軽なアイテムとして利用するのがおすすめです。また、飛び石の多い路面走行が多い場所では、車のボディを飛び石の傷から守ってくれる役目も果たしてくれるのです。

aqua5884さんの投稿
38835524 552082495224007 4413214200994725888 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カーボンシートにも種類があり、派手に仕上げるのもよし、リアルなカーボンを主張するもよし、ドレスアップに欠かせないアイテムとなっています。車の外装のみならず、内装にもカーボンシートを使うことでイメージを変えてくれるのです。不満があったハンドル周りやコンソールパネルを貼るだけで自分のタイプに変えることが出来ます。個性的な演出をしてみましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ