豆乳コーヒーの効果は?分離しない淹れ方と美味しい飲み方!

豆乳コーヒーには嬉しい効果や様々な美味しい飲み方、アレンジ方法があります。しかしせっかく作っても、豆乳とコーヒーは分離しやすいのが少し残念な部分です。そんな豆乳コーヒーの分離しない淹れ方や美味しい飲み方や嬉しい効果を紹介します。

目次

  1. 豆乳コーヒーとは?
  2. 豆乳コーヒーの効果
  3. 豆乳コーヒーの分離しない淹れ方
  4. 豆乳コーヒーには無調整豆乳がおすすめ
  5. コーヒーや豆乳が苦手な人にもおすすめ
  6. 豆乳コーヒーは牛乳が飲めない方にも
  7. 豆乳コーヒーの美味しい飲み方
  8. 豆乳コーヒーのおすすめアレンジ法
  9. 豆乳コーヒーの注意点
  10. 豆乳コーヒーで健康な美ボディを

豆乳コーヒーとは?

牛乳の代わりに豆乳を

豆乳コーヒーは、コーヒーに牛乳の代わりに豆乳を混ぜて作っているドリンクです。スタバで人気の『ソイラテ』。まさにあのような感じです。豆乳が女性にとって嬉しい効果がある事や、ダイエット効果がある!という事はよく知られているでしょう。ですが、まさかカフェインにも嬉しい効果がある!という事はあまり知られていないのではないでしょうか?是非覚えていきましょう。

まろやかでおいしい

牛乳で作られたカフェオレやラテに比べて、カロリーも抑えられていて、ふわっとしたまろやかな甘さが、クセになります。そんな豆乳コーヒー。作り方や、美味しい飲み方を知っていて損はないですよね!豆乳とコーヒーは分離しやすいのですが、合わせる事によって嬉しい効果も増します。分離しにくい方法などを紹介していきますので、是非、作り方や飲み方を覚えてみましょう。

Thumb豆乳でバストアップ効果?期間や飲み方など成功した・しないの意見を交え紹介![ジェリー]

豆乳コーヒーの効果

豆乳の主な効果

豆乳の効果は、みなさんもよくご存じなのではないでしょうか?主に大豆イソフラボンが有名ではないでしょうか?主に『女性ホルモンを整える』『お通じを良くする』『ダイエット効果がある』などの効果がよく知られているでしょう。この通り、ダイエットをサポートし、肌を綺麗にと、女性には嬉しい美容効果が期待されるでしょう。

カフェインの主な効果

カフェインといえば、覚醒効果があるのはよく知られているでしょう。なので、眠気を覚ましたい時などにはいいというようにお考えでではないでしょうか?カフェインの効果はそれだけではないのです。美容にも良いあまり知られていない効果があるのです。主に『脂肪燃焼効果』『新陳代謝UP』です。どうでしょうか?ダイエット効果がある事が、見えてきたのではないでしょうか?

豆乳とカフェインの良い部分を

豆乳コーヒーの原材料である、豆乳とコーヒーには、どちらにも女性に嬉しい効果があることがわかりましたね!牛乳で作るカフェオレよりも、カロリーが抑えられ、豆乳による様々な美容効果と、コーヒーに含まれるカフェインのダイエット効果があります。上手な飲み方をすると、体内の不要物を排出し、ダイエットや美容にも効果があり、健康にも効果があるのです。

ThumbインスタントコーヒーおすすめランキングTOP11!手軽で美味しいのはコレ![ジェリー]

豆乳コーヒーの分離しない淹れ方

混ぜ合わせるときのコツ

豆乳コーヒーにかかせない2つの材料は、実は分離しやすいという少し残念な特徴もあります。作り方も様々ですが、インスタントコーヒーでできる方法を、まず紹介します。カップに豆乳を注ぎ、別のカップでお好みの量のインスタントコーヒーを少量の水で溶かします。ダマがなくなれば豆乳に注いで混ぜ合わせましょう。この後ホットにする場合は温めすぎないようにしましょう。

それぞれを同じぐらいの温度で

一番簡単な方法は、同じ量の豆乳とコーヒーを用意し、レンジでどちらも同じくらいの温度になるように調節します。その時に熱くなり過ぎないように注意するといいでしょう。豆乳に含まれているたんぱく質が、熱によって分離しやすくなります。そして、混ぜ合わせる際には、豆乳の入ったカップに混ぜながら、同じくらいの温度にした同量のコーヒーを注いでいきましょう。

酸味の強いコーヒーを避ける

その他、分離の原因となるのは、コーヒーの酸味成分によるものもあります。酸味のあるコーヒーは美味しくて好きな方も多いでしょうが、豆乳とコーヒーを作る際には、酸味が強いものよりも苦味があるコーヒーを選ぶのが適しているでしょう。そして、浅煎りより深煎りの方が酸味が抑えられています。

豆乳コーヒーには無調整豆乳がおすすめ

成分豊富でカロリーも低い

調整豆乳に比べて無調整豆乳は、大豆と水のみで作られているので、カロリーも抑えられていて、豆乳本来の成分効果を得る事が可能です。豆乳とコーヒーを作るにあたって、分離しにくいのは調整豆乳ですが、ダイエット効果を考えると、無調整豆乳を選ぶといいでしょう。無調整豆乳が苦手と感じられている方でも、コーヒーと混ぜれば飲みやすく、美味しいドリンクになるでしょう。

甘さ控えめ

豆乳とコーヒーは、コーヒーと豆乳を混ぜてしまうので、まろやかな甘みが出ます。普段ブラックコーヒーを好んで飲まれている方や、甘いものが苦手な方は、調整豆乳よりも無調整豆乳を選ぶ事で、甘さとまろやかさが抑えられ、豆乳を混ぜても、多少はさっぱりとしたドリンクに仕上げる事ができるでしょう。特にダイエットにはカロリーが抑えられている方が嬉しいですね!

コーヒーや豆乳が苦手な人にもおすすめ

コーヒーの苦味がまろやかに

豆乳コーヒーは、コーヒーの苦みが苦手。という人には、とてもおすすめのドリンクになります。豆乳本来のまろやかさが、カフェインの苦みをうまい具合に抑えてくれ、美味しく飲めるでしょう。ちょっと一息つきたいから、牛乳と砂糖を入れて甘いものを。というときは是非牛乳を豆乳に変えて、豆乳コーヒーの嬉しい効果を得ましょう。

豆乳独特の香りと味が甘みに

豆乳の独特な味や香りが苦手!という方も多いでしょう。それでもこれだけ嬉しい効果がたくさん得られるなら、豆乳を摂取したいと考えるようになりますよね。そこでコーヒーと混ぜる豆乳コーヒーは、コーヒーに含まれるカフェインの苦みで、豆乳の香りや臭みが見事に軽減されます。カフェインが強いコーヒーを選ぶ事によって、更に豆乳独特の臭みをけすことが可能です。

豆乳コーヒーは牛乳が飲めない方にも

牛乳アレルギーの方も

牛乳が飲めない方も、豆乳に変えればまろやかな甘さになり、美味しく飲めるでしょう。牛乳が好きという方でも、カフェオレを飲む際、牛乳を豆乳に変えるだけで、摂取できるたんぱく質の量は、牛乳と豆乳ではそんなに大差はないのですが、牛乳に比べカロリーが低く、更にカフェインと合わさって脂肪を燃焼させる効果が増す事が期待できるので、おすすめです。

豆乳コーヒーの美味しい飲み方

市販のフレーバー豆乳でも

豆乳コーヒーを、市販のフレーバー豆乳で作るという飲み方もあります。フレーバー豆乳は様々な種類があり、豆乳コーヒーを作る際に、豆乳をフルーツフレーバーに変えると、豆乳コーヒーの分離のもとである酸味も、豆乳自体にに酸味があるので酸味を加えたり、フルーティーに味を変えたりと、楽しみながら様々な健康や美容にいい、ドリンクが作れるでしょう。

ココアを少し混ぜて

豆乳コーヒーだけだと、豆乳やコーヒー嫌いが克服できなかったという方は、ココアを混ぜてみましょう。豆乳が甘すぎて克服できなかった方は、カカオ成分の強いココアを。カフェインの苦みを克服できなかった方は。甘い目のココアを選ぶといいでしょう。ココアのカカオにもたくさんの嬉しい効果がつまっているので、是非このアレンジ法でも飲んでみてはいかがでしょうか。

豆乳コーヒーのおすすめアレンジ法

パン作りに!

最近様々なパン作りキットなどが発売されていたりと、簡単に手作りパンが作れるので、ミルクパンや、豆乳パンなどを手作りされる方も多いでしょう。素朴な甘さが美味しいパンですよね。自宅でパンをよく手づくりする方なんかは是非、ミルクや豆乳を、豆乳コーヒーに変えて作ってみてはいかがでしょうか?

甘酒の豆乳コーヒー割り

飲む点滴とも言われ、最近ブームでもある甘酒。こちらも独特な甘さ、香りが苦手という方が多くいるように感じますね。それでも体にいいもの、美容にいいものは、摂取したいですよね。豆乳コーヒーを甘酒で割って飲む『豆乳コーヒーの甘酒割り』も最近ブームになりつつあります。体にいいものの苦手な特徴を、うまく消しあって美味しく飲めるドリンクは嬉しいですね。

ぷりんも作れちゃう!

豆乳コーヒーはアレンジも自在です。アイデア1つで様々なものに変え、摂取する事もできます。嬉しい事ですね。プリンを作る際、牛乳の代わりに豆乳コーヒーを使用するだけで、豆乳コーヒープリンの完成です!カロリーも抑えられていて、嬉しいおやつもできちゃいますね!

豆乳コーヒーの注意点

空腹時は避けて

コーヒーに含まれるカフェインは、空腹時に摂取すると胃酸を分泌する働きもあるので、胃酸によって胃が荒れる原因にもなってしまいます。痩せたいし、朝目覚めが悪く食欲もないから豆乳コーヒーを1杯!という考え方はしないようにしましょう。せっかく健康や美容の為の効果が詰まった豆乳コーヒーの残念な飲み方になってしまいます。

寝る前は控えよう

カフェインの覚醒作用によって夜は眠りにくくなってしまうでしょう。ダイエットはもちろん美容や健康を維持するには睡眠は不可欠です。確かにカフェインの覚醒作用には単に眠気を覚ますだけではなく、自律神経の交換作用の活発化などの効果もあり、それが体内の活動も活発にし、ダイエット効果にもつながるのですが、睡眠は大切なので眠る前は避けましょう。

豆乳コーヒーで健康な美ボディを

女性ホルモンのバランスを整えたり、代謝を高めたり、美容に嬉しい効果がたくさんあるイソフラボンが豊富な豆乳と、脂肪燃焼効果などがあるカフェインを含むコーヒーを組み合わせて作る豆乳コーヒー。分離しない淹れ方、飲み方やアレンジ法を試して、内側から綺麗に、そして健康な体を手に入れましょう。是非、自分のお気に入りの淹れ方を研究してみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ