ダイソー300円USBスピーカーが売り切れ続出!高音質の評判と使い方は?

ダイソーで買える300円スピーカーをご存知ですか?最近SNSで話題となって売り切れ続出のダイソーのスピーカーですが、その性能は300円という値段以上であると評判です。ダイソーのスピーカーの使い方や性能、自作できる簡単な改造も紹介しますので活用してくださいね。

目次

  1. ダイソーの300円スピーカーが話題!
  2. ダイソーの300円スピーカーとは?
  3. ダイソーの300円スピーカーの性能
  4. ダイソーの300円スピーカーの使い方
  5. ダイソーの300円スピーカーは改造できる!
  6. ダイソーの300円スピーカーのイマイチなところ
  7. ダイソーの300円スピーカーの口コミをチェック
  8. ダイソーの300円スピーカーは安くても高性能!

ダイソーの300円スピーカーが話題!

ダイソーの300円スピーカーは売り切れ続出

ダイソーをはじめとする100円均一ショップの品揃えは豊富で、最近は品揃えだけでなくその性能もどんどん上がってきています。他のお店で買うと数千円するような商品も、安価に販売されているので驚いてしまうでしょう。その中でもダイソーで買える300円のスピーカーについて知っていますか?

 

そのダイソーで買えるスピーカーはその値段以上のパフォーマンスを見せてくれる素晴らしい商品だとSNSでも話題となっています。ダイソーの店舗によってはスピーカーは売り切れて手に入らないところもあるようです。今回はダイソーで買える売り切れ続出のスピーカーの使い方やその性能、そして自作できる改造方法も紹介しますのでぜひ参考にしてください。

ダイソーの300円スピーカーとは?

100円均一ショップであるダイソーで販売されている300円のスピーカーはUSB端子とイヤホン端子を音楽プレーヤー、パソコン、スマートフォン、テレビなどの機器に繋いで使用するスピーカーです。ダイソーの300円のスピーカーはボックス型で、7.5cm×6.3cm×5.4cmという手のひらに乗るくらいのコンパクトサイズで2個セットで販売されています。

office.diceboxさんの投稿
27892982 126976591462675 5422313064928116736 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

USBスピーカーの相場は安いもので700円から1000円のものが多いです。高いものですと5000円から10000円するスピーカーも販売されています。ダイソーのスピーカーは税抜きで300円ととてもお手頃な値段なのが魅力です。100円均一でスピーカーを買って大丈夫?と言う人もいますが、300円でも十分にスピーカーとして使えるので売り切れ続出などSNSで話題となっています。

ダイソーの300円のスピーカーにはスピーカー本体とUSBケーブルのみが入ってて取り扱い説明書は入っていません。ダイソーのスピーカーはデジタルスピーカーではなくアナログスピーカーです。使い方としてデジタルスピーカーはUSBケーブル一本で接続して音が聴けますが、アナログスピーカーの場合はUSBケーブルの他にイヤホンジャックに差し込む必要があります。

最近のスマートフォンにはイヤホンジャックがないものもありますので注意してくださいね。またダイソーのスピーカーは300円で購入できるので壊れても気軽に再購入できるのが人気の理由のひとつでしょう。予備で何台か買っておいても良いですし、自宅用と持ち運び用と分けておけば一台の消費量が少なく済み長持ちするでしょう。ダイソーは全国外5000店舗以上あるのですぐにスピーカーが欲しい時にも良いですね。

ダイソーのスピーカーにはBluetoothも登場

ダイソーのスピーカーには300円のUSBスピーカーの他にBluetoothスピーカーも発売されています。その価格は税抜きで600円です。このダイソーのBluetoothスピーカーは防水仕様となっていて、お風呂への持ち込みができるという優れものです。スマートフォンやパソコンからBluetoothで音声データを飛ばしこのスピーカーで電波をキャッチして音と鳴らすという仕組みとなっています。

スマートフォンにはBluetooth機能は入っているので使えますし、パソコンは入っている機種と入ってない機種がありますので入ってなければUSBに挿すアダプターがあれば使えます。Bluetoothスピーカーには、スピーカー機能の他に簡単なリモンやハンズフリー通話、お風呂場のタイルなどに貼り付けられるような吸盤機能が搭載されています。

Bluetoothスピーカーは色は白、緑、青の三色あって手のひらサイズとなっています。本体の他に充電用のUSBケーブルと取扱説明書(日本語・英語)が同梱されています。技適マークがあり、この技適マークとは「技術基準適合証明等」のマークの略称です。WiFi機器やBluetooth機器を日本国内で仕様するにはこれが必要とされています。

音質は小型ラジオで聴くAMラジオよりはマシな程度であまり良くはありませんが、お風呂で音楽やラジオを聴く程度なら十分と言えます。最初スマートフォンとBluetoothスピーカーを相互に認識させる作業であるペアリングが必要となります。電源を入れるとBluetoothスピーカーが喋り出しペアリング待機モードになります。スマートフォンのBluetooth画面を開いて「BTS-032A」検索して押しましょう。

そうすると「Bluetooth connected.」と喋り出せば認識完了となります。使い方としては本体にある3つのボタンを押して使います。真ん中が曲の再生や停止、長押しで接続キャンセルになります。左のボタンは長押しすれば音量を小さくし、短く押すと曲の頭出しができます。右のボタンは長押しすれば音量を大きくし、短く押すと次の曲の頭出しになります。

ダイソーの300円スピーカーの性能

ダイソーの300円スピーカーはスマートフォンやパソコンなどの音楽を流すことができ、その性能としては出力が3W+3W、インピーダンス6Ω、周波数帯域35Hz〜20kHz、USBケーブルは1mとなっています。周波数特性はかなりあるので優秀なスピーカーと言えます。USBケーブルが1mなので少し短めですが、300円と考えれば性能の良いスピーカーと言えるでしょう。

chie_87さんの投稿
30078709 154954285339443 7926648747935662080 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ダイソーの300円スピーカーに関して気になるのは音質ですが、300円と安い割には高音質だと話題になっています。このスピーカーは低音こそあまり良くありませんが、中域の音やボリュームもかなり上がるので音室はとても良いです。ボリュームをそこそこ上げても音割れしないので問題ないと言えるでしょう。人の声は中域の音になるのでパソコンで動画を見る人は聞きやすいのでおすすめですよ。

大手ブランドの同じタイプのUSBスピーカーと比較してみると、音の締まりがとても良いと言われています。また音がこもる感じもあまりないと言われています。最近では音質を向上させるために、ダイソースピーカーを改造してオリジナルスピーカーを作る人もいるようです。自作で改造することで300円と思えないほどさらに高音質のスピーカーにできるでしょう。

ダイソーのスピーカーを分解してみるとなかなか本格的なスピーカーユニットが搭載されています。このスピーカーユニットに採用されているマグネットもかなり大きなサイズで、一般的な100円均一のスピーカーと比較すると本格的なことがよく分かるでしょう。ちゃんとしたダンパーも付いていて、そのサイズはガスケットの外形で50mmほどです。

さらに「8002A」というモノラルアンプが使われています。8002Aのデータをみてみると、歪み率が10%なので、あまり良い品質とは言えません。このあたりが300円である理由でしょうか?出力が大きくなればなるほど、歪み率の影響を受けてしまいますが、これはパソコンやスマートフォンで使う程度でしたら音質に影響もあまりなく問題ないと言えるでしょう。

ダイソーの300円スピーカーの使い方

ダイソーで300円で買えるスピーカーの使い方は2つのボックススピーカーから伸びている2つのコード内の1つをパソコンやスマートフォン、テレビ、音楽プレイヤーに繋いで音楽を流し、もう1つのコードはUSBになっているのでパソコンに接続するかコンセントにアダプターをつけて電源を引くことで使えます。コンセントアダプターは付属していないので別に買う必要があるでしょう。

売り切れ続出のダイソーのスピーカーですが、2つのボックススピーカーの片方のみにダイヤル型ボリュームが付いています。激安の小型スピーカーは大抵ボリュームが付いていませんよね。パソコンやスマートフォン側の音量に依存している商品が多いのですが、このスピーカーにはボリュームがあるので音量調節できます。またこのスピーカーには左右(LとRのような)表記がありませんが、ボリュームダイヤルが付いている方が左となるようです。

rie8753さんの投稿
30830611 577168692660812 624252171960975360 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ダイソーの300円スピーカーは改造できる!

売り切れ続出のダイソーの300円スピーカーは、もちろんそのまま使ってもコストパフォーマンスが素晴らしい商品ですが、一工夫加えるとさらにスマートフォンやパソコンなどの音楽をもっといい音で聴く使い方ができます。ここでは自作できる改造方法を紹介していきます。ただ、あくまでダイソー公認の使い方ではないので自己責任で改造してみてくださいね。

ダイソーの300円スピーカーのエンクロージャーを自作

売り切れ続出のダイソーの300円スピーカーのエンクロージャーを自作してみましょう。まずダンボールを使ってダンボールスピーカーにする改造方法をおすすめします。ダンボールのサイズを調節して自分好みのダンボールスピーカーで自作できますよ。エンクロージャーを自作することにより、より高音質なスピーカーに変えることができます。

ダイソーのスピーカーはダンボールで包むだけで音質が上がると言われていますが、ポイントとしては、このダイソーのスピーカーのサイズぴったりのダンボールで包むよりも、スピーカーの奥行きの2倍位の大きさのダンボールで包むことがおすすめです。ダイソーのスピーカーの弱点と言われる低音域の表現がかなり豊かになります。また高音域もグッと締まりのある音に変化するでしょう。

ダイソーのスピーカーは元の性能が良くシンプルな内蔵設計になっているので、DIY初心者の人でもオリジナルスピーカーに改造できます。改造する時はケーブルの扱い方に注意してください。ダンボールを使った立体的なエンクロージャーだけでなく、平面型にも改造することができます。ダイソーで購入できるコルクボードを使えばおしゃれな見た目のエンクロージャーが自作できます。平面型に改造すると音が軽快になるようですよ。

次に紹介する改造は木を使ってエンクロージャーを作る方法です。ダイソーで買えるスピーカーに、乃祖で買える木枠次に紹介する改造は木を使ってスピーカーボックスを作る改造です。使うものはスピーカーとダイソーで買える木枠 、ホームセンターで買えるMDF材、工作木材、ボルトやナット、ネジなどがあれば自作できます。この改造で音質はずいぶん改善できます。詳しい改造方法を動画で紹介していますのでチェックしてくださいね。

ダイソーの300円スピーカースタンドを自作

ダイソーのスピーカーはスタンドを使うことによって音が反響するようになり音質も良くなります。そこまで本格的な改造はできないという人でも、スピーカースタンドはダンボールやMDF木材で簡単に自作できます。既製品を購入したい人はダイソーでも見つかるかもしれまんせん。スタンドをつけるだけでパソコン周りが一気に整理整頓されるので見た目も綺麗ですし高級感が出ますのでおすすめですよ。

ダイソーの300円スピーカーをもっと高音質に自作する

売り切れ続出のダイソーの300円スピーカーを比較的簡単に高音質にできる方法は、スピーカーを分解して中に吸音材を入れる方法です。ダイソーのスピーカーの中は基盤が入っているだけで意外とスカスカです。その中に吸音材を入れると音漏れを防ぐことができ、より高音質になるでしょう。分解の仕方はとても簡単で、4本のネジを取れば分解できます。

売り切れ続出のダイソーのスピーカーを分解した後、吸音材として定番のフェルトを使いましょう。分解したスピーカーの空間部分にフェルトを入れてその空間を埋めます。空間を埋めるだけで300円とは思えないほど高音質に自作で改造できます。またフェルトもダイソーで購入できますので、合わせても400円ととてもコストパフォーマンスの良いスピーカーになるでしょう。

フェルト以外でラッピング用のコーンクッションでも代用できます。次に紹介する改造もフェルトを空間に詰めるものと似ていますが、少し手間がかかるぶんだけいい音質にすることができます。それは防水テープをしっかりと貼るだけの作業なので、とても簡単にさらに高音質にすることができます。詳しい改造方法は動画で紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

またこのスピーカーを幅広い輪ゴムでぐるぐる巻きにするだけで音質がアップする効果があります。そもそもスピーカーはエンクロージャーを振動させて音を鳴らすのですが、エンクロージャー以外の振動は雑音になります。幅広い輪ゴムでぐるぐる巻きにすることでスピーカーを置いているテーブルなどの振動を抑え無駄な雑音が大幅に減少するでしょう。優秀な中音域はよりクリアに表現されますよ。

売り切れ続出のダイソーのスピーカーですが、どうしても低音が気になるという人も多いです。そんな人に簡単にバスブーストさせる方法を紹介します。バスブーストとは低音(バス)を強調(ブースト)することです。必要なものはパソコンとペットボトルのみなので誰でも簡単に自作できるでしょう。バスブーストさせるには分解する必要はなく置いて繋げるだけですので動画を確認してみてくださいね。

ダイソーのスピーカーで本格的に音楽を聴きたい人には、トーンコントロールの改造もできるようです。これからはある程度オーディオの知識がある人や本格的に高音質で聴きたいという人におすすめする自作方法です。このような方法を使って改造すると300円とは到底思えないほどの高音質で音楽を楽しむことができるでしょう。他の人とは違ったオリジナリティも出るのでぜひ試してみてくださいね。

最後に紹介する改造は半田ごてを使って配線をいじる多少本格的な改造となっています。「共鳴菅型スピーカー」に自作で改造するので、これまで紹介したその他の簡易的な改造と比べるとかなりいい音を楽しむことができるでしょう。慣れていない人には難しい改造と言えますが、詳しい改造方法を動画で紹介していますのでぜひ参考にしてやってみてください。

ダイソーの300円スピーカーを自作してオシャレな使い方に

ダイソーのスピーカーは300円と安価なものなので質感や入れはどうしてもチープさがでてしまいますよね。そんなダイソーのスピーカーの見た目が気になる人は自分好みにデコレーションすることをおすすめします。木の板を使ってサイズに合わせて枠組みを作れば高級感漂うスピーカーに見せることができるでしょう。部屋の雰囲気に合わせて色を塗っても良いですし、ダイソーで木の質感をだした商品も売っているのでチェックしてくださいね。

ダイソーの300円スピーカーのイマイチなところ

売り切れ続出のダイソーのスピーカーですが、やはり300円という安価なだけあってイマイチなところもあります。ひとつは低音はあまりいい音が出ないという点です。低音は音質にこだわる人は重要視するポイントなので、他に高価なスピーカーを使ったことがある人や音質にこだわりのある人にも向かない商品かもしれません。

chrome.expさんの投稿
28753389 2050600205217037 7958386902690693120 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

またこのダイソーのスピーカーは音を大きくしすぎると、音割れしてしまうので大音量で音楽を聴くという使い方には向いていません。一般家庭ではあまり大音量で音楽を聴くという使い方をしないはずですので、自室で音楽を聴く程度の使い方でしたら問題ないでしょう。ただ、みんなで集まって音楽を聴くというほどの商品ではありませんね。

その他のイマイチな点としては、もともと広い部屋で使うように作られていないスピーカーなので、コードが短いという点があります。そのためコンセントやパソコンの近くでスマートフォンや音楽機器に繋がないと使えません。ただ300円のスピーカーに全てを求めること自体無理がありますし、ちょっといい音質で音楽を手軽に聴きたい程度では全く問題ないスピーカーと言えるでしょう。

コードの長さについて使い方を考えてみるなら、このスピーカーをモバイル専用とする使い方としてはありだと言えるでしょう。小型なわりに音質は悪くないので、300円のスピーカーに匹敵するスピーカーはなかなかないでしょう。スマートフォンの充電器があるなら、USB端子に挿せば給電もできるのでもバイス専用とする使い方は最適と言えるのではないでしょうか?また室内で移動して使うノートパソコン用に使っても良いでしょう。

ダイソーの300円スピーカーの口コミをチェック

ではコストパフォーマンスのよい売り切れ続出のダイソースピーカーの口コミをチェックしてみましょう。「2つのスピーカーが付いているので、2方向から音楽を流すことができるので厚みのある音楽を楽しむことができます。何より300円で買えるという価格帯が有難い。」という口コミが多いです。さすがに何万円もするスピーカーと比べると音質は良くありませんが2000円程度のスピーカーと比べると大差ない位の音質を持っています。

「300円とは思えない音で驚いた。」「下手なスピーカーよりもずっと良い。」「それなりに音量は上げられるし音割れはないので良いです。」「思っていたよりもホワイトノイズが少なくてよかったです。」「1000円払ってもコスパ良いんじゃないかと思う位です。」という良い口コミが目立ちました。300円というお手軽さによって売り切れる理由が良くわかりますね。

またスマートフォンでこのスピーカーを使う人がとても多いようです。口コミとして「スマートフォンはどうしても音量が小さいのでダイソーのスピーカーの効果はかなり大きいです。スマートフォンでは低音が出ないのでこのスピーカーのレベルでも低音を感じられてとても良いです。」というものがありました。今まであまり音にこだわってなかった人が安価に厚みのある音楽を聴くことができるのでおすすめです。

口コミという点ではイマイチという口コミも一応紹介しますと、「ダイソーの300円スピーカー売り切ればかりでやっと買えたけど、低音がしょぼい。300円だから仕方ないけど、低音が微妙。イコライザーをいじれば多少改善するかも。」という、やはり低音に付いてのレビューがありました。これには先ほど紹介したフェルトを詰めるなどの改造方法は効果的と言えます。

「コードが短い。人によっては長さが足りないかもしれません。USBとミニプラグが二股になっている点も、それぞれを離れた場所に繋ぐことができないので困る。」という口コミもありました。また音が大きすぎると音割れを起こすので爆音で聴くのには向いていません。1人で部屋で聴くとかキッチンに置いていて料理をしながら聴くとか言う使い方をおすすめします。

ダイソーの300円スピーカーは安くても高性能!

ダイソーの300円スピーカーは値段の割に性能が良く、高音質なので売り切れ続出の人気商品となっています。さらに改造してさらに高音質にしたりおしゃれなスピーカーにしたりと楽しんでいる人もとても多いです。使い方も単純でとても簡単な作りとなっていますし、スピーカーの元の性能が良いので自在に改造できる商品としての評判も高いようです。

スマートフォンで聴く音楽がさらに良い音質で聴くことができ、サイズがコンパクトなのでパソコンの横に置いても邪魔にならず、意外と馴染むのもスピーカーが売り切れてしまう理由も分かるでしょう。見た目が気になる方や低音を改善したい人は紹介した改造方法で簡単により良くできますので、ぜひ試してみてくださいね。300円以上の価値を見いだせるスピーカーと感じられるでしょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ