キャンピングカーを自作しよう!材料やハイエースなどの車のDIY方法を大公開!

キャンピングに便利なものといえばキャンピングカーですよね。でもキャンピングカーを購入するとなるとかなり高額なので、そう簡単に購入することはできません。キャンピングカーは自作できるんです!ハイエースや軽自動車などキャンピングカーの自作方法をご紹介します。

目次

  1. キャンピングカーを自作したい
  2. キャンピングカー自作<ハイエース>
  3. キャンピングカー自作<軽自動車>
  4. キャンピングカー自作<セレナ>
  5. キャンピングカー自作<トラック>
  6. キャンピングカー自作<バス>
  7. キャンピングカー自作Q&A

キャンピングカーを自作したい

キャンプなどのアウトドアが人気ですが、アウトドアが好きな方はキャンピングカーが欲しいと思っている方も多いのではないでしょうか?キャンピングカーがあれば、車一台でキャンプなどのアウトドアを楽しむことができるので素敵ですよね。外国の映画などでもよく見かけるキャンプカーは、確かに素敵ではありますが、購入するとなるとかなり高額です。

holysmokejpさんの投稿
18722529 431427447230018 8158165584182247424 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

最近ではいろいろな材料で軽自動車をキャンピングカーにカスタマイズしたお手軽なものも登場しているので、キャンピングカーの価格帯としては安ければ100万円代で購入することもできます。また新車にこだわりがなければ中古のキャンピングカーを購入するというのもお得です。でも中古のキャンピングカーでも高額なことに変わりはありません。

キャンピングカーとは

キャンピングカーといえば、キッチンやシャワー、トイレなど車一台ですべての生活ができる家のような空間をイメージする方も多いですよね。外国の映画に出てくるキャンピングカーは住みたくなるほど素敵なものが多いです。でも日本でいうキャンピングカーは車中泊ができる設備が整っている車を指すことが多いようです。

キャンピングカーの種類

kawaiicampingcarさんの投稿
47581816 127573298265508 5634607619843286301 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

キャンピングカーには、軽キャン、バンコン、キャブコン、バスコン、トラキャンなどさまざまな種類があります。軽キャンは最近特に人気があるキャンピングカーで、軽自動車をキャンピングカーにカスタマイズしたタイプで、コンパクトサイズで小回りが利き、低価格なのが魅力です。

車に材料やベッドをつけてキャンピングカーに

キャンピングカーを購入するとなると高額なので、最近ではいろいろな材料でキャンピングカーを自作するのが話題になっています。キャンピングカーを自作するとなるとかなり大変なイメージがありますが、軽自動車やハイエースなどにベッドや必要な材料を取り付けると素敵なキャンピングカーも自作することができます。材料さえあれば意外と簡単に自作できますよ。

_izumi_no2さんの投稿
47294377 275752833095431 189097467754471923 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

自作したキャンピングカーは、確かにきちんとしたキャンピングカーよりも内装面で見劣りする部分はありますが、必要な材料で自分でカスタマイズすることができるので、愛着もわきますし、これから先もいろいろなカスタマイズを加えることができるのが魅力です。ベッドなども専用のものではなく自作することもできるのので、世界にたったひとつだけのキャンピングカーに!

coney1173さんの投稿
47584380 137306410595402 467938666660021469 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

キャンピングカーといえば、豪華な内装が素敵ですよね。自作するとさすがに見劣りする部分がありますが、最低限必要なものといえば、ベッド、テーブル、照明です。人によっては冷蔵庫やテレビ、電子レンジ、ヒーターなどが必要になります。ベースが軽自動車なのか、ハイエースなのか、トラックなのかなどによっても置ける材料は変わってきます。

walk_w_dukeさんの投稿
47692325 125946858428063 3057835348318676826 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

当然ですが、軽自動車よりも大型の車になればなるほど、スペースが広くなるので、いろいろなものを置けるようになり、いろいろな材料を使って内装も充実させることができます。逆にスペースの狭い軽自動車だとコンパクトで可愛らしい内装になります。これから車を購入してキャンピングカーを自作するなら、内装なども考えて選ぶと良いかもしれませんね。

toruogawa.bryanさんの投稿
47585772 1417700155031258 8373167670348571503 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

キャンピングカーの自作は一見難しそうですが、ベッドや必要な材料があれば女性でも意外と簡単にカスタマイズすることができます。ここではいろいろな材料を使った車ごとのキャンピングカーの自作方法をご紹介します。

Thumb車中泊に必須&便利なグッズ!冬・夏に対応!おすすめの販売店も | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

キャンピングカー自作<ハイエース>

キャンピングカーの自作で人気のある車といえばハイエースです。ハイエースは高さや広さも十分なので、キャンピングカーにカスタマイズしやすいので人気です。ハイエースといえば商業用のイメージが強いですよね。機材や工具を運ぶイメージが強いですが、最近ではいろいろな材料を使って車中泊やキャンピングカーにカスタマイズして楽しむ方が増えています。

jintankobu_cho_さんの投稿
46662400 2143302415735308 3454635824735783748 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ハイエースでキャンピングカーを自作するにあたってポイントとなるのがベッドです。キャンピングカーでは寝心地の良し悪しが非常に重要なので、まずはベッドを設置するための基礎作りから始めるようにするのがおすすめです。

ハイエースでキャンピングカーを自作①床張り

ayame5400さんの投稿
23596200 2079173968995212 579093670335086592 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ハイエースの後部にホームセンターなどで購入できる板を張ります。ハイエースの床にピッタリ合うように板をカットして張り付けるとガタガタせずにしっかりとした床にすることができますよ。

ハイエースでキャンピングカーを自作②ベッドを設置

momotaka32さんの投稿
46676706 208225996719880 1547337589605095076 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

床張りが住んだらベッドを設置しましょう。ベッドは取り外すことができる簡易ベッドにするのがおすすめです。分割タイプのベッドにすればさらに自由度が増しますよ。ベッドの上に置く寝具は、キャンプ用のものではなく、寝室で一般的に使われるマットレスを使う方が寝心地がアップします。寝心地の良い寝具を選ぶことで運転の疲れも取れるでしょう。

ハイエースでキャンピングカーを自作③断熱材を入れる

santahouse_sさんの投稿
46511991 2234389706885716 7707822614997295431 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ハイエースはキャンピングカーにカスタマイズするのにピッタリの車ですが、残念ながら寒さを防ぐことはできません。そのため必要になるのが断熱材です。断熱材は住宅用のものを天井部分に貼り付けるだけで十分な効果がありますよ。貼り付けるときは養生テープを使うと剥がすときもスッと剥がせて便利です。オールシーズンキャンプを楽しみたい方は必須です。

ハイエースでキャンピングカーを自作④サンシェードを貼る

naofumi_ikeさんの投稿
40865272 1206380929502335 8320773057132403596 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

周りの視線や太陽の光から守ってくれ、快適にキャンプをするために必要なのがサンシェードです。ハイエースには専用のサンシェードがありますからそれを貼っても良いですし、自作しても良いですね。サンシェードは運転席の窓を含めたすべての窓に必要です。自作すればコストを抑えることができますよ。

ハイエースでキャンピングカーを自作⑤内装

ハイエースでキャンピングカーを自作する最後の工程が内装です。内装で肝心なものが照明です。照明は車には車内灯がありますが、車内灯をつけるには、キーを回しておかなければなりません。蛍光灯を取り付ける方法もありますが、少し大がかかりになってしまうので、キャンプ用や非常用のランタンを使うと、コストを抑えられて便利ですよ。

ayame5400さんの投稿
39333812 2669644446593063 9121685988882513920 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ハイエースはスペースが広いため、テレビのモニターやDVDプレイヤーを置くことで、映画などを楽しむこともできます。映画を楽しむならスピーカーもあった方が良いでしょう。ハイエースの広さを活かして、いろいろなものを乗せてキャンピングカーとして充実させましょう。

キャンピングカー自作<軽自動車>

aogawakyoさんの投稿
46028718 1921237711245997 3080709465731626157 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ハイエース同様、軽自動車もキャンピングカー自作ベースとして人気がある車です。軽自動車にもいろいろなタイプがありますが、キャンピングカー自作のベースにするなら軽トラックがおすすめです。軽トラを扱っているメーカーは、ダイハツ、スズキ、ホンダ、日産、三菱、トヨタです。中古車でもOKならスズキも取り扱いがありますよ。

軽自動車でキャンピングカーを自作①ベッド選び

honohono_natsuさんの投稿
37550414 2035985109768224 1562721149115170816 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

キャンピングカーで重要なベッド選び。軽トラでキャンピングカーを自作する場合、軽トラ専用のベッドキッドが販売されていますので、そちらを購入して設置しても良いですし、ホームセンターでベニヤ板とコンテナを購入して自作しても。コストを抑えるなら断然自作がおすすめです。自作といってもコンテナを敷き詰めてその上にベニヤ板を乗せるだけと簡単です。

軽自動車でキャンピングカーを自作②寝具

cocon_asleepさんの投稿
47467837 209786323309250 9212549314969414425 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

寝具はiやはりハイエースでキャンピングカーを自作するとき同様に、キャンプ用の寝袋などよりもきちんとしたマットレスを選ぶ方が良いでしょう。一般的に寝室で使う寝具を選ぶと快適な睡眠を取ることができ、運転の疲れをしっかり取ることができますよ。

軽自動車でキャンピングカーを自作③断熱材を入れる

prepper56さんの投稿
47694725 2176814235872600 4199200413320792359 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

軽自動車や軽トラは小型とはいえ、寒さ対策は必要です。断熱材を入れると寒さを防ぐことができ、オールシーズンキャンプを楽しむことができます。断熱材は住宅用のもの、もしくはアルミシートでも代用できます。天井部分に貼り付けるだけと簡単です。養生テープで簡単に取り外しができますが、マジックテープを使っても良いですね。

軽自動車でキャンピングカーを自作④サンシェードを貼る

ryu50fugaさんの投稿
26152263 139505853401253 2486346586150404096 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

軽自動車、軽トラでキャンピングカーを自作するうえで大切なのが、プライバシーを守ってくれる差シェードです。夜照明をつけると、思っているよりも車の中が丸見えになってしまうので、ハイエース同様に全窓にサンシェードを貼り付けましょう。

軽自動車でキャンピングカーを自作⑤内装

軽自動車、軽トラでキャンピングカーを自作する最後の工程が内装ですが、照明はハイエース同様にランタンを使用するのがおすすめです。きちんとした照明を取り付けたいなら、最近ではたくさんの種類の車内専用照明が販売されています。

238yamadaさんの投稿
20180544 1860026684315421 7915478276733140992 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

主には乾電池タイプと、サブバッテリーからコンセントを引いて使うタイプがあります。お好みで問題ありませんが、使いやすい方を選びましょう。それぞれにメリットデメリットがあり、乾電池タイプは取り付けや取り外しが簡単で配線を考えずに済みますが、長時間使用する場合は電池の減りが早いので電池の管理が必要です。

tomozzo2227さんの投稿
37360894 277469272808656 4648283666684837888 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

サブバッテリーからコンセントを引いて使うタイプは、配線の取り付けをする必要がありますが、きちんとサブバッテリーに接続さえされていれば、安定して使用することができます。

キャンピングカー自作<セレナ>

yuna_hanaさんの投稿
47689913 550782771994663 5153178723259777024 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

日産の人気のミニバン「セレナ」。セレナもキャンピングカーを自作するベースとしてはおすすめの車です。ミニバンにもS~LLといくつかのサイズがありますが、セレナはMサイズで、キャンピングがーを自作しやすいサイズ感です。セレナはシートアレンジがききますし、何といても中が広いのが特徴です。2列目と3列目のシートを平らにすることができるフルフラットが魅力です。

セレナでキャンピングカーを自作する①ベッド

セレナはフルフラットが魅力ですが、フルフラットといっても完全にまっ平になるわけではなく、多少の凸凹があります。少し車内で仮眠をとる程度なら十分ですが、キャンピングカーのベッドとしてそのまま使うのには向いていません。やはりフルフラットであってもベッドは必要になります。セレナにおすすめのベッドは、エアーベッドやキャンピングマットです。

hamamoautoさんの投稿
47691677 383794532373504 6211273693637640192 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

10cm程度厚みのあるエアーベッドを使えばフルフラットの凸凹も気にならずに快適に眠ることができます。セレナなどのミニバンにピッタリサイズのキャンピングマットを使用すれば、ピッタリフィットし、収納もかさばりません。本格的なベッドにするならセレナ専用のベッドキッドが販売されています。

セレナでキャンピングカーを自作する②断熱材を入れる

レセナにも断熱材は必要です。冬のキャンプを快適に過ごすには断熱材は欠かせません。やはりハイエースや軽自動車同様に断熱材が必要です。住宅用の断熱材やアルミシートを使って寒さを防ぎましょう。またキャンプシーズンの夏も快適に車内で過ごすための対策は必要です。

remaxtokyoさんの投稿
42080551 940526329478189 8340543894010853327 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

車内は冬寒くて夏暑いものですから、夏は扇風機を設置するのがおすすめです。窓を開けて風を通すことはできますが、残念ながら風がない日もあります。そんなときにはやはり扇風機が役立ちます。また保冷剤とクーラーボックスでクーラーを自作するのも涼しくておすすめです。

nakarincoさんの投稿
19955682 154982615063688 8414872004187914240 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

セレナでキャンピングカーを自作するなら、暑さ対策に冷却シートを用意するのも良いでしょう。熱帯夜のキャンプでも暑くて寝られないということもなくなり、運転の疲れも残らないでしょう。

レセナでキャンピングカーを自作する③サンシェードを貼る

レセナにもプライバシーを守るためにサンシェードは必要です。レセナは窓が大きく作られていますから、サンシェードは必須です。ミニバン専用の目隠しカーテンを使うと過不足なくピッタリフィットしますよ。ただし少し値段が高くなるので、遮光性の高いカーテンで自作してもコストが抑えられるのでおすすめですよ。

shindommsss_officialさんの投稿
13167458 1751111798462926 1493535501 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

サンシェードと一緒にあると便利なのが車の窓用の網戸です。換気のために窓を開ける場合に気になるのが虫ですよね。車の窓専用の網戸があると虫の多い季節でも窓を開けて換気をすることができるのでおすすめです。

セレナでキャンピングカーを自作④内装

old_storm_lanternさんの投稿
47184993 133137987704489 3048212488271542921 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

セレナは広いので、内装も充実させることができます。テレビなどのオーディオ機器はもちろん、電子レンジを置いて食事を楽しむこともできます。広さがあるので照明はしっかりしたものを使うのがおすすめです。手軽なランタンを使うなら2つあった方が良いですし、LEDの照明を取り付けて本格的な照明にするもの良さそうです。

キャンピングカー自作<トラック>

voltaro33881さんの投稿
46570500 330026107594108 7437083633461439826 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

トラックでキャンピングカーを自作①トラック選び

トラックにもいろいろな大きさがありますが、本格的なキャンピングカーを自作するなら2tトラック、もしくは1.5tトラックが良いでしょう。そしてカスタマイズしやすい平タイプボディのトラックがおすすめです。また荷台を居住空間にするので、乗り降りに不便な高床タイプは避けたほうが良いでしょう。

林道などを走ることも考えると駆動は四駆がベストです。後輪はシングルとダブルがあり、荷台の重さなどを考えて安心できるのはダブルです。トラックは中古でも購入できますので、ベストなトラックを見つけましょう。

トラックでキャンピングカーを自作②床

238yamadaさんの投稿
17268001 1868578563390743 4746909653537914880 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

トラックでキャンピングカーを自作するために、まず荷台部分に床を作ります。雨対策や保温を考えると床作りは欠かせません。ホームセンターで板を購入し、荷台部分に敷き詰めましょう。べニア板を使う場合は、シックハウス対策F☆☆☆☆のものを選びましょう。

トラックでキャンピングカーを自作③横壁

床を作り、居住部分に2×4で柱を立てます。柱ができたら横壁を作っていきましょう。トラック全体の高さなどを考えて横壁は取り付ける必要があります。室内をかがんで移動してもOKという方は低めでも良いですし、かがんで移動するのは嫌だという方は自分の身長を考えた高さに設定しましょう。

gangustaさんの投稿
43914299 198534951037567 4432652307011746179 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

左右の壁をつなぐための梁も必要になるので、梁の幅も考えて横壁の高さを決めるのがポイントですよ。身長が175cmくらいまでであれば、6フィートの2×4(183cm)がコストが抑えられるのでおすすめです。

トラックでキャンピングカーを自作④窓

トラックでキャンピングカーを自作するなら、換気も考えて窓は必要です。窓は市販のアルミサッシを利用しても良いですが、その場合はサッシの厚みをしっかり確認しましょう。トラックのアオリ部分から窓枠が大きくはみ出してしまうと道路交通法に触れてしまいます。積荷の幅は車体までと定められているので、はかり間違いのないようにしましょう。

e_boy64kgさんの投稿
17931977 185100278674398 4936149077990572032 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ちょうど良い大きさの窓が市販されていない場合は、アクリル板や松材などの材料で自作することもできます。自作する場合は引き戸よりも跳ね上げの方が、雨の日でも中に雨が入りにくいのでおすすめです。

トラックでキャンピングカーを自作③屋根

トラックでキャンピングカーを自作する最後の工程が屋根です。屋根は、左右の壁をつなぐ梁を使って板を乗せていきましょう。この時点で少し隙間が空いていても大丈夫です。仕上げに隙間をコーキング材で塞ぎましょう。これは屋根の下地なので、上からきちんと防水加工した屋根が必要です。

e_boy64kgさんの投稿
17663165 299236400510233 4255210222554972160 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

屋根の仕上げ材として使えるのが、ポリカーボネート板やガリバリウム鋼板、ライトルーフ、トタンなどがありますが、お好みの仕上がりや取り付けやすさで選びましょう。

トラックでキャンピングカーを自作④外壁

tsukuru_syoukaiさんの投稿
47690199 593512184403431 6285080286407507363 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ここまでに、床、壁、屋根の下地を作ってきました。最後に外壁を整えましょう。下地にしている横壁にお好みに塗装した板を張り付けていきましょう。防水効果のある防腐塗料をまんべんなく塗ります。塗装はキャンピングカーらしさを出すために白くする方が多いですが、お好みのお色で。

トラックでキャンピングカーを自作⑤内装

キャンピングカーの外枠が出来たら次は内装です。せっかく広いスペースが確保できるトラックですから、ベッドや照明、テーブル、AV機器などこだわってみても良さそうですね。

トラックでキャンピングカーを自作するうえでの注意点

トラックは通常新車で購入すると、初回の車検は2年、その後は1年ごとに必要になります。キャンピングカーを自作してもキャンピングカーの8ナンバーを取得するには、コンロの設置、ベッドの設置、シンクの設置が必要になりますので、なかなか8ナンバーを取得するのが難しいです。

miyabi_1985さんの投稿
47582027 592535297835083 2993264889272256768 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

キャンピングカーとしての8ナンバーが取得できないとなると、居住部分は積荷扱いになります。1年に1回車検が必要になるので、その場合は積荷は下ろさなければいけません。車検前に解体し、車検後にまた組み立てるという作業が必要になります。

キャンピングカー自作<バス>

バスでキャンピングカーを自作する場合、人気があってよく使われているのが、幼稚園バスなどのスクールバスです。オークションなどで50万円以下で手軽に購入できるものが多いようです。運転席以外の座席部分、天井、側面パネルをすべて取り外してカスタマイズしていきます。

kenken40924さんの投稿
29089087 2074268982838145 947375566800027648 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

バスを使えば本格的なキャンピングカーも作ることができます。床を整えたら、洗面台やベッドなどお好みの家具を設置しましょう。コンロやベッド、シンクなどの給排水を設置して、キャンピングカーの8ナンバーを取得できれば、高速道路料金もお得になりますね。

キャンピングカー自作Q&A

キャンピングカーを自作しても車検は通るの?

キャンピングカーを自作すると、車検が気になりますよね。せっかくキャンピングカーを自作したのに車検に通らなければ辛いですよね。キャンピングカーを自作するにはいろいろな材料が必要になりますが、それも無駄になってしまいます。車検はキャンピングカーを自作したベースの車で受けます。一般的な車検と同じと考えて間違いありません。

キャンピングカーとして8ナンバーを取得していない倍は、一般的な車検と検査項目も変わりませんが、自作した部分は貨物扱いになるので、車検前に降ろせるものは降ろしておきましょう。

8ナンバーを取得している場合は、一般的な車検チェック項目にプラスして、ベッドや水道施設、炊事施設が目視でチェックされます。また一部の業者は、8ナンバーの車検は受けていないところもありますから、車検に出す場合は事前にしっかり確認しておくことが大切ですよ。

電子レンジなどの電気設備はどうやって?

自作したキャンピングカーに電子レンジなどの電気設備を置きたいという方も多いでしょう。電子レンジはとても便利ですよね。まずは電子レンジは落下しないようにしっかりと固定させることが大切です。電子レンジは消費電力も大きいので、インバーターやサブバッテリーは必須です。

freedesign_jpさんの投稿
46586618 627635877691598 3081319584112453032 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

電子レンジ以外にもスマホやテレビ、パソコンなどの家電は必要ですよね。短時間の使用であれば、ACコンバーターで問題なさそうです。シガーコンセントに差し込んで、使用したいテレビなどのコンセントをACコンバーター本体に差し込むだけで使えます。コンバーター本体は小型ですが、いろいろ材料を工夫して目立たないように収納すると見た目がすっきりしますよ。

shinobu.hiranoさんの投稿
33545934 157964775060976 6980657784102584320 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

長時間使う場合はバッテリーが上がってしまう可能性があるので、サブバッテリーを使うのがおすすめです。サブバッテリー専用の充電器もあり、シガーソケットから充電できるので乗せておくと安心です。サブバッテリーは純正バッテリーと同等かそれ以下の容量のものを使わないとトラブルの原因になるので注意しましょう。

kitano_tsukuruさんの投稿
18812709 218931511947234 9115382905332301824 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

キャンピングカーを自作すれば、オールシーズンキャンプを楽しむことができます。カスタマイズするときの材料はいろいろと必要になりますが、キャンピングカーを購入するよりもかなりコストを抑えることができますし、使用する材料を工夫すると素敵なキャンピングカーになりますよ。

souten_stone_artさんの投稿
14449273 1745412999041338 2323501294804795392 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

キャンピングカーを自作する場合、ベースにする車をどれにするかで使用する材料やできる内装などが違ってきます。トラックやバスでキャンピングカーを自作する場合は免許も必要になるなど注意が必要必要です。キャンピングカーを自作して素敵なキャンプを!

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ