コンクリートの作り方は意外と簡単?DIY初心者にも出来る簡単な作り方

コンクリートの作り方をご存知ですか?最近はDIYという言葉をよく耳にするようになりましたが、実はコンクリートも意外と簡単に作れるのです。そこで、コンクリートの作り方としてDIY初心者にも出来る簡単な作り方などをご紹介していきましょう。

目次

  1. コンクリートの作り方は意外と初心者にも簡単
  2. コンクリートの作り方<材料>
  3. コンクリートの作り方<水の量>
  4. コンクリートの作り方<攪拌(かくはん)>
  5. コンクリートの作り方<活用方法>
  6. コンクリートの作り方Q&A

コンクリートの作り方は意外と初心者にも簡単

コンクリートの作り方を知ってDIYに生かしたい!

evipineさんの投稿
29417674 1994403124155187 3339353741408075776 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

コンクリートの作り方は意外と簡単だということを知っていましたか?最近は、DIYが流行っていますので何かと自分で作れるものは作ってみる人が増えてきました。コンクリートは生コン工場に頼む方法もありますが、品質が保証されている分価格も高くなっています。庭などに少ししか使用しない生コンクリートなのであれば、自分でコンクリートのDIYに挑戦してもいいでしょう。

コンクリートDIY初心者でも意外と簡単に生コンクリートは作ることができるようです。ここでは、初心者でも簡単な生コンクリートの作り方や生コンクリートを作る際に必要な道具や材料、水加減、撹拌方法、作りすぎた生コンクリートの処理の仕方、夏場と冬場での生コンクリートの作り方の注意点なども踏まえてご紹介していきましょう。

crimson518cloverさんの投稿
39935152 2128250684160849 2775637265173446656 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

生コンクリートの作り方をマスターすることで、庭などの外溝などのコンクリートの割れの修繕にも役立ちます。少量の生コンクリートを使用するだけであれば、DIYで生コンクリートの作り方を楽しむのもいいでしょう。

生コンクリートとコンクリートとモルタルの違い

生コンクリートとコンクリート、モルタルの違いは何なのでしょうか?ここでは、生コンクリートやコンクリート、モルタルの違いについてご紹介します。セメントとは、粘土や石灰石などを焼成して、粉砕した灰白色の粉末のことを言います。セメントは無機質接着剤の総称となっています。通常、セメントと言えば、モルタルやコンクリートの主原料のポルトランドセメントを意味しています。

arisa4473さんの投稿
34009261 220021745265359 349278830843658240 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

コンクリートとは、セメントに砂利や砂、水を調合して、練り混ぜて固めたものをいいます。これらが固まっていないものを生コン、生コンクリートと言います。モルタルとはどのような物なのでしょうか?モルタルとは、セメントや砂、石炭を混ぜ合わせて水で練ったものをいいます。モルタルは主に壁の下地塗りや上塗り、ブロックやレンガなどの目地塗りに使用します。

モルタルは、それ以外にもコンクリートの表面の仕上げに使用されることもあります。コンクリートと生コンクリートの違いは、固まっているのか?固まっていないのか?によって呼び名が異なります。コンクリートとモルタルの違いは、材料の種類が異なります。モルタルは最終仕上げに使用されるので粘度が高いです。

コンクリートの作り方<材料>

生コンクリート作りに使用する材料と道具

ここからはコンクリートの作り方として、まずはコンクリートに必要な材料をご紹介しましょう。生コンクリートを作る際には材料と道具を用意する必要があります。コンクリートを作る際の材料としては、セメントと水、砂、砂利が必要となります。これらの材料を練り合わせていくことで生コンクリートが出来上がります。生コンクリートとはコンクリートが乾いていない状態です。

anann.kさんの投稿
32466912 253088765257915 2800571903968804864 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

生コンクリートが完全に乾いた状態をコンクリートと言います。また、コンクリートなどの仕上げに使用することが多いモルタルは、セメントと砂、水を練り合わせて作り上げたものを言います。モルタルは、ブロックやレンガの目地塗りや壁の上塗り、コンクリートの表面仕上げに使用します。

コンクリートとモルタルの違いとしては、材料の違いになっています。モルタルはコンクリートに比べて砂利が入っていない分キメが細かいですので、表面の仕上げに意匠することが多いのです。モルタルとコンクリートの違いをマスターしてDIYの作り方に活かしましょう!

ta.kikitty704さんの投稿
43645424 176676519927539 7716207290024006651 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

生コンクリートの作り方に欠かせない材料と道具をご紹介していきましょう。最近は、生コンクリートの作り方に使用するDIYの材料は近くのホームセンターで簡単に手に入れることができます。セメントの価格としては、ポルトランドセメントは1袋10kgで400円~500円とお手頃価格となっています。また、砂利と砂も1袋20kgで200円~400円となっています。

左官用練り舟(箱型の容器)

生コンクリートをDIYすることでかなりリーズナブルに生コンクリートを作ることができますので、初心者の方にもおすすめです。生コンクリートを作る道具としては、左官用練り船、コンクリートを練る箱型の容器が必要となってきます。

生コンクリートの材料を練り合わせていくためには強固な箱型の容器が必要となってきます。左官用練り船は大きさによって価格も異なってきますが、40リットル~80リットル用で1.000円~3.000円となっています。お手軽に購入できるのはいいですね。

練り混ぜスコップ

金象 磨きショベル丸A 000802
2,484円
楽天で詳細を見る

生コンクリートを作るには、練り混ぜているスコップが必要不可欠です。練り混ぜスコップにも様々な種類が用意されています。ちょっとしたDIY用の生コンクリートを作るのであれば、小錬スコップがおすすめです。先幅が小さくなっていますので練り混ぜには最適な大きさとなっています。スコップの価格としては、2.000円~3.000円となっています。

工事用一輪車(深型)

生コンクリートを作る際には練り混ぜた後の生コンクリートを運ぶ道具を用意しておくといいでしょう。生コンクリートを運ぶには工業用の一輪車の深型がおすすめです。練り船の代用としても使用できますので、練り船を使用せずに工業用一輪車と兼用してもいいでしょう。価格は3.000~8.000円となっています。

バケツ(20L程度)

生コンクリートを作る際には、材料の計測用や練り混ぜた生コンクリートを運ぶためにも使用できる20リットルくらいのバケツが必要です。価格は2.000円くらいとなっています。

左官コテ

生コンクリートを作る際には、生コンクリートの表面をならしてくれる左官コテが必要になってきます。価格は300円~500円程度のもので十分でしょう。

コンクリートの作り方<水の量>

ここからは、生コンクリートの作り方としても重要な水の量をご紹介していきましょう。生コンクリートを作る際には、どれくらいの生コンクリートが必要なのかを見積もる必要があります。DIYなどで作る際の例としては、高さ35cm×4m35cm×幅12cmに必要な量としては、mで計算して、0.35m×4.35m×0.12m=0.1827立米(りゅーべ)いわゆる㎡という単位であらわします。

misaki_120さんの投稿
35459253 1829273484035642 3827051126159572992 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

例として、0.1827立米コンクリートを作るのであれば、材料はどれくらい必要なのでしょうか?重量と体積は単位が違いますので、基本的に比べられないように感じますが、0.1立米(㎡)=230kgとなっています。生コンクリートの基本的な材料の配合をご紹介しましょう。

okabec2000さんの投稿
29717201 186565488812703 1070347537115774976 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

生コンクリートの基本的な配合量としては、水が19kg(リットル)、セメント30kg、砂86kg、砂利91kgとなります。合計で226kgとなります。0.1立米が230kgなので、これらを照らし合わせて必要量を計算していくといいでしょう。これで生コンクリートの水の量を始め、他の材料の量も計算することが可能となります。

モルタルやコンクリートの作り方の材料の量は、セメントや砂などの袋にもわかりやすく書いてありますので、それをもとに計算して購入してもいいでしょう。上記の材料の割合はセメント、砂、砂利の割合が1:3:3となっています。強度を考えると色々な割合があるようです。材料の袋の目安に従った方が良いでしょう。

コンクリートの作り方<攪拌(かくはん)>

☆RYOBI/リョービ パワーミキサ 中速型 
13,025円
楽天で詳細を見る

ここでは、初心者でも簡単に作れるコンクリートの作り方に必要な撹拌する道具についてご紹介していきましょう。生コンクリートを少量DIYで使用する際には、特に撹拌機は必要ないでしょう。しかし、少々大掛かりなDIYの場合は、撹拌機があると便利かもしれません。

☆RYOBI/リョービ PM-1011F パワーミキサ プロ用
17,064円
楽天で詳細を見る

お菓子作りで言えば、ミキサーのようなものです。生コンクリートやモルタルと言った材料によっても粘度が変わってきますので撹拌機を選ぶ際にも扱い素材によって適切な撹拌機を選ぶようにするといいでしょう。

【マキタ】 カクハン機UT1305
15,210円
楽天で詳細を見る

ちょっとした生コンクリートの撹拌であれば、スコップなどでも十分です。初心者やちょっとした量のDIYなのであれば、わざわざ撹拌機を購入することもないでしょう。

コンクリートの作り方<活用方法>

生コンクリートの作り方(DIY)

ここからは、初心者でも簡単にできる生コンクリートの作り方をご紹介します。生コンクリートを初心者が作る際にはさまざまな注意点があります。生コンクリートは多く作りすぎてしまうと処分するのにも費用が発生してしまいます。それゆえに初心者で生コンクリートを作るのであれば、使用する量を慎重に計算するようにしましょう。

kirakirachikakoさんの投稿
46827723 211092873148646 3849010360468880719 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

大量に生コンクリートを使用する場合には、初心者には難しいということができるでしょう。大量の生コンクリートは自分で練り交ぜていくのは、体力的にも厳しくなってきます。ましてや初心者の場合は作り方自体初めてなので少量の場合以外は生コン会社に運搬してもらった方が良いでしょう。

では、初心者でも簡単に作れる生コンクリートの作り方をご紹介します。生コンクリートを作る際には、必ずゴム手袋をするようにしましょう。ゴム手袋がない場合は軍手でも大丈夫です。セメントは強いアルカリ性になっていますので、セメントが長時間手に付くことで手が荒れてしまいますので注意が必要です。

michiko3409さんの投稿
47025848 2231735133817200 631147822236746318 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

プロの業者さんの中には素手で生コンクリートを扱っている人もいますが、初心者のDIYであれば、まずはマスクとゴム手袋の着用をおすすめします。材料の割合はセメント1:水1.5~1.8:砂3:砂利3となっています。極端に砂の量を多くしないようにしましょう。砂の量を多くすることで生コンクリートが硬くなります。

tonchunnanさんの投稿
44349434 1896181967133458 2829844062131234034 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

生コンクリートの作り方として、生コンクリートの1回に練り合わせる量は使用する練り船の半分の量がおすすめです。作り方を把握してから量も多すぎないことが重要です。まずはモルタルの作り方を見ていきましょう。セメントと砂を練り船の中で練り混ぜます。その後に水を入れます。作り方のポイントとしては、水を一気に入れずに少しずつ投入していくことです。

nudy_swayさんの投稿
42317901 257354551633363 1073703415021101065 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

作業しやすい硬さになったら一旦ストップします。そこへ砂利を入れて混ぜていきます。砂利を入れると水分が少なくなるので硬くなります。その時に残りの水分を足して微調節する作り方をします。作り方の硬さの目安としては土間などの水平部分は柔らかめ、傾斜のある部分は硬めに作ると作業がしやすいでしょう。

夏場と冬場の注意点

生コンクリートの作り方の注意点としては、夏場と冬場によって異なります。夏場の生コンクリートの作り方としては、硬くなる時間が早いという特徴がありますので、作業性が落ちるでしょう。夏場の作業では、コテ均しが大変になります。夏場の作り方の注意点としては、コンクリートにひび割れが入りやすくなります。翌日以降は固まっている状態を確認しながら散水するといいでしょう。

shapla1997さんの投稿
42880217 110956523153865 6087865728353253768 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

夏場の生コンクリートの作り方の注意点としては、表面が急激に乾燥することでのひび割れを防ぐために2~3日はコンクリートに散水をしてあげると良いでしょう。冬場の生コンクリートの作り方の注意点としては、硬くなるまでの時間が遅くなります。それゆえに表面の余分な水分の浮きも多くなります。

iwata_takeyukiさんの投稿
41301323 406587949873784 9025599822349991936 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

冬の生コンクリートの作り方の注意点としては、外気温がマイナスになる時には保温養生が必要となってきます。コンクリートを作ってから2~3日はコンクリートがマイナスにならないようにするために費用と手間がかかってきます。夏場、冬場によっても生コンクリートの作り方の注意点は異なります。作り方の注意点をしっかりと理解することが重要です。

作りすぎた生コンクリートの処理方法

生コンクリートの作り方通りにせっかく作ったものも作りすぎてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?作りすぎた生コンクリートの処理方法についてご紹介します。

shipowerpower5855さんの投稿
42078566 304188277073962 4173710143660857487 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

作りすぎた生コンクリートを処理したい時には、産業廃棄物扱いとなっていますので処理費用が必要となってきます。生コンクリートの作り方でせっかく作ったのであれば、庭の他に使用するところはないか探して有効活用するようにしましょう。

mashu2016310さんの投稿
39756292 2066822093632760 3517835453900259328 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

生コンクリートは強アルカリとなっていますので、道具を洗った水なども中和しないので下水に直接流してはいけません。庭の支障なさそうなところに穴を掘ってから、水で極力薄めてから流すようにしましょう。アスファルトの上で洗うと乾燥した後に白い跡が残りますので注意が必要です。

Thumbトイレをおしゃれにするインテリア!DIYで賃貸でも素敵に!人気の壁紙も紹介 | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

コンクリートの作り方Q&A

yuurivolantさんの投稿
43038553 2064219713638018 830354132335939066 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ここからは、コンクリートの作り方Q&Aについてご紹介していきましょう。コンクリートの作り方Q1:強いコンクリートを作るためにはセメントの量をたくさん使用した方が良いのでしょうか?作り方A1:砂利と砂をセメントで練り合わせて作るのがコンクリートとなっています。セメントは砂を砂利を混ぜ合わせるペーストの役割をしています。

miu.haruさんの投稿
42807538 2185995798321770 6720383828323170533 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

接合力が強ければ強いほど強度は増すことができます。しかし、使用する上では流動性も重要ですので、水セメント比で50~60%がおすすめです。コンクリートの作り方Q2:コンクリートは早く乾燥させた方が強度が増すのでしょうか?作り方A2:コンクリートを混ぜて数時間経つとだんだんと流動性がなくなってきます。これを凝固と言います。この後硬化が始まります。

tonchunnanさんの投稿
44349434 1896181967133458 2829844062131234034 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

硬化の初期に何もしないで乾燥させるとひび割れが起きて強化が弱まってしまいます。散水などをして水とセメントとの水和反応を中断しないようにしましょう。急激に乾燥させないことでひび割れの原因を防ぐことができます。夏場の作り方の注意点のようにゆっくりと乾燥させるようにしましょう。

生コンクリートの作り方をマスターしよう!

chisami628さんの投稿
43915349 2271504103129323 4400751036117035309 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ここでは、生コンクリートの作り方として、DIY初心者でも簡単に作れる作り方や、生コンクリートを作る際に必要な材料や道具、使用量の計算など、生コンクリートについてさまざまご紹介してきました。また、モルタルとコンクリートの違いもご紹介しました。

crimson518cloverさんの投稿
43985272 357545074992258 4054758433042397959 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

庭先に使用する少量の生コンクリートでしたら、DIYで手作りしてしまいましょう。生コンクリートの作り方は意外と簡単です。話題の生コンクリートの作り方・DIYに挑戦してみましょう!

Thumb焚き火台を自作するなら100均が人気?バケツなどでオリジナルDIY! | 素敵女子の暮らしのバイブルJelly[ジェリー]

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ