トースターで焼き芋の作り方!自宅で簡単にホクホク美味しくなるコツ!

焼き芋が美味しい季節、石焼き芋の車が回ってくるのは待てません!焼き芋は石焼き芋屋さんでなくてもトースターとサツマイモがあれば簡単に作ることができるんですよ。トースターで簡単にできるホクホクの焼き芋の作り方をご紹介します。

目次

  1. トースターで簡単に作れる焼き芋の作り方が知りたい!
  2. トースターで焼き芋を作るときアルミホイルは必要?
  3. 簡単!トースターを使った焼き芋の作り方
  4. トースターで焼き芋を作ると美味しい理由
  5. トースターでもっと時短で焼き芋を作るには?
  6. トースターで作る焼き芋におすすめの種類
  7. 焼き芋にピッタリのさつま芋の見分け方
  8. 美味しい焼き芋を作るトースターのワット数
  9. 秋の味覚!トースターで美味しい焼き芋を作ろう!

トースターで簡単に作れる焼き芋の作り方が知りたい!

秋の味覚といえば焼き芋ですよね。昔から「芋・タコ・南京」といわれているように、さつま芋は女性も大好きですね。さつま芋はスイートポテトやパウンドケーキなどさまざまな美味しいスイーツがありますが、さつま芋の味そのものを楽しめるのはやっぱり焼き芋です。焼き芋は特別な調味料も必要ないにも関わらず、とても甘くて美味しいうえに栄養価も高いんですよね。

そんな焼き芋が美味しく食べられるといえば、焼き芋屋さんですよね。でも焼き芋屋さんはいつ来るかわかりませんから、食べたいときにすぐ食べることができません。美味しい焼き芋は焼き芋屋さんを待たなくても、トースターがあれば家で簡単に作ることができるんですよ。ホクホク美味しいトースターを使った焼き芋の作り方をご紹介します。

トースターで焼き芋を作るときアルミホイルは必要?

自宅のトースターで焼き芋を作るとき、よくアルミホイルを巻いて作っている方がいますが、アルミホイルは本当に必要なんでしょうか。ネットや本などにはたくさんの焼き芋レシピが載っていますが、レシピによってアルミホイルを使っていたり使っていなかったり、はたまた新聞紙を使っていたりと、どうやってトースターで焼くのが一番美味しくなるのかわかりませんよね

トースターで焼き芋を作る場合、アルミホイルを使わないほうが、石焼き芋屋さんのあのホクホクとした焼き芋と同じように焼くことができるんです。アルミホイルを使うとさつま芋全体に熱が回りにくくなるんだそうです。アルミホイルを巻く手間も省けるので、使わない方が美味しいのであれば、それが1番ですよね。

簡単!トースターを使った焼き芋の作り方

それでは早速トースターを使った美味しい焼き芋の作り方をご紹介します。必要なものはさつま芋だけです。下準備としてはさつま芋をしっかり洗って土を落とすことです。焼き芋は皮をむく派と一緒に食べる派に分かれますが、どちらにしても表面はしっかりと洗って汚れを落としましょう。凹みがあったりして汚れが落としにくいので、その部分はたわしなどを使っても良いですよ。

さつま芋表面の汚れや土をしっかり落とせたら、トースターに入れて30分~40分時間をかけてしっかり焼くだけととても簡単です。30分~40分トースターで焼くだけで、ねっとりとしたホクホクのあの石焼き芋屋さんの焼き芋が作れます。美味しく作るコツはしっかり時間をかけることです。しっかりと時間をかけることで甘みが増してホクホクとした焼き芋になるんですよ。

トースターで焼き芋を作ると美味しい理由

トースターで焼き芋を作ると美味しい理由は、石焼き芋と同じ状態を作れるからです。さつま芋は焼き芋にするとスイーツのように甘く美味しくなりますよね。甘くなる理由は、さつま芋に含まれる「β-アミラーゼ」という消化酵素が関係しています。この消化酵素がデンプンに作用し、「麦芽糖」という甘み成分を作り出すからです。

この甘み成分は70℃前後でどんどん増えていくので、焼き芋を作るときにはさつま芋の中の温度が70℃前後で長時間保たれるような作り方をするのがポイントです。その状態を作り出せるのがトースターなんです。トースターで時間をかけて作ると、この甘み成分がどんどん増えてまるで長時間かけてじっくり加熱することが大切なんです。だからまるで石焼き芋屋さんの焼き芋に!

トースターでもっと時短で焼き芋を作るには?

ホクホクで美味しい焼き芋をトースターで作るにはじっくり時間をかけて焼くのがベストですが、なかなか時間をかけられないこともありますよね。「30分~40分も待ちきれない!」場合には、専用アイテムを使った作り方や電子レンジを併用する作り方もありますよ。専用アイテムとしてはさつま芋に早く熱を回すためのアルミホイルを使うのがおすすめです。

電子レンジを併用した作り方は、まずキレイに洗って半分にカットしたさつま芋をラップで包み、電子レンジで5分間加熱します。ワット数は600Wです。そのあとラップを外し、トースターで約15分加熱しましょう。トースターだけで作る作り方よりも約半分の時間で、ねっとりホクホクとした美味しい焼き芋が完成します。待ちきれないときには時短レシピもおすすめですよ。

トースターで作る焼き芋におすすめの種類

さつま芋が旬を迎える時期になると、スーパーにはいろいろな種類のさつま芋が並ぶようになりますよね。さつま芋は1年中スーパーで取り扱いがありますが、9月頃から量や種類が増え始めます。トースターで焼き芋を作るためにはどんな種類のさつま芋を選べば良いのでしょうか。

安納芋

ねっとりした触感が味わえるのが安納芋です。焼き芋にしても水分が多いのでねっとり食感が味わえます。糖度も非常に高く、焼き芋にすることで糖度は40度前後にもなりますよ。ですから安納芋はスイーツだという方も多いんですよ。

紅はるか

紅はるかも焼き芋におすすめです。安納芋と人気を二分するほどの高い人気を誇っているさつま芋で、糖度も高く、時間をかけて焼くと柔らかくなります。

鳴門金時

鳴門金時も甘みが強く、ホクホクとした食感で人気のさつま芋です。甘みが強いので、焼き芋だけでなくスイーツ作りに使うときでも、ほとんど砂糖を使わなくてよいほどです。

シルクスイート

シルクスイートは最近できた品種なので、聞いたことがない方も多いと思います。甘みは強いですが、繊維が口の中に残りにくいので、口どけの良さが人気です。甘みは普通のさつま芋と安納芋のちょうど中間といったところです。

焼き芋にピッタリのさつま芋の見分け方

スーパーに並んでいるさつま芋はどれも美味しそうな焼き芋を作れそうですが、やっぱり当たりはずれがありますよね。美味しそうに見えていざ焼き芋を作ってみると、甘味がイマイチだったりホクホク感が足りなかったり。トースターで焼きあがってからガッカリしないよう、焼き芋にすると美味しく食べられるさつま芋の見分け方をご紹介します

焼き芋にして美味しいかどうかは、さつま芋の端っこを切ってみるとわかります。切り口が白いものと黄色いものがありますが、トースターでの焼き芋に向いているのは、切り口が黄色いものです。白いものは残念ながら焼き芋にしてもイマイチのできになってしまうので、お味噌汁や煮物、お菓子作りなど別の使い方をすると美味しく食べられますよ。

またさつま芋を購入する時期も大切になります。トースターで美味しい焼き芋を作るためには、11月以降のさつま芋がおすすめです。9月にはたくさんのさつま芋が店頭に並びますが、まだ甘みが不十分です。トースターで焼き芋を作るなら11月に入ってから購入するのがおすすめですよ。

美味しい焼き芋を作るトースターのワット数

トースターで美味しい焼き芋を作るには、トースターの温度が大切です。トースターの温度はワット数によって変わります。焼き芋を作るのにおすすめの温度やワット数は850Wがおすすめです。850Wというワット数と温度で片面約20分焼き、裏返して再び約20分焼きましょう。

もちろんこれはあくまで目安です。さつま芋の大きさによって加熱時間も調節が必要ですし、焼き芋を作るためだけに適した温度やワット数のトースターを買い替えるわけにはいきませんよね。できるだけ長くさつま芋の中を70℃前後の温度に保ちたいので、お手持ちのトースターのワット数が小さければ時間を長めに、大きければ時間を短めに調節して作りましょう。

秋の味覚!トースターで美味しい焼き芋を作ろう!

秋の味覚といえば焼き芋を真っ先に頭に思い浮かべる方も多いですよね。トースターとさつま芋があればいつでも食べたいときに作ることができるのでとっても便利です。作り方も簡単なので、美味しいさつま芋が手に入ったら、早速トースターでさつま芋を作りましょう!

関連するまとめ

アクセスランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ